生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

絶縁し友達がいる。連絡をしなくなって数年。モヤモヤの正体とは

2018.11.19

絶縁している友達をふと思い出してしまいます。
もう交流はないのです。
いろいろと、いやな思いをさせられました。
もう、これ以上嫌な思いをしたくないと思い連絡を絶ったのに、何年もたった今心に引っかかり、事あるごとに「彼女は今、何をしているのだろう」と気になってしまいます。

この、心理ってなんでしょう。

友達付き合いで嫌な思いを散々しました。
悩みに悩んで、友達付き合いをやめました。
連絡を取らなくなってもう、何年も経っているのに事あるごとに思い出される縁を切った友達のこと。

相手に対して『悪いことをした』という罪悪感を感じているのではありませんか?
自分が嫌な思いをする相手とは、付き合っても良いことを生み出しません。
ですから、離れて正解だったんですよ。

縁があればまた、交流することもでてくるかもしれません。

友達との関係を精算することに、罪悪感を感じる必要って、本当にないんですよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

家族が不仲の原因って?家庭が安心できる場所であるためには

家族が不仲の原因としてあげられるのが、両親が不仲であるというのがあります。 仲の良くない両親が...

本音を言えない性格は改善できる?詳しく説明します!

本音を言えない性格で悩む人が多いといいます。 その心理を占めているのは「嫌われたくない」という...

大学生といえばサークルに仲間との遊び!その実態を調査!

待ちに待った大学生としての生活がスタート! バイトやサークル活動など、やりたいことは山ほどあり...

部活を辞めるときは挨拶やタイミングをきちんとすれば大丈夫

部活を辞めると決断してから、なかなか他の部員や先輩に伝えられずに悩んでしまうこともありますよね。 ...

No Image

未読スルーする友達の心理!LINEが未読スルーの原因と対処法

友達にLINEを送った時、メッセージが未読のままで既読がつかないと、イライラしたり不安になったりしま...

バツイチ女性の特徴!こんな特徴は恋愛対象になります!

離婚率が高く、バツイチ女性も珍しくない昨今。 そんなバツイチ女性の特徴や、恋愛対象になる特徴が...

夫が家事を手伝わない時は、こんな方法を試してみて!

家事を手伝わない夫は、あなたの周りにもいませんか? 自分だけが忙しすぎてイライラしてケンカにな...

酒を飲み過ぎた…記憶がない…そんな失敗を繰返すのは危険です!

酒による失敗は武勇伝のように語られますが、あまり褒められたことではないですよね。 お酒を飲んで...

幼稚園の役員決めはトラブルに発展しやすい!?その原因とは

子供が幼稚園に通っているママにとって避けては通れないのが役員決めです。 率先して役員を引き受け...

妬みと嫉妬。心理学的な違いとその裏にある悪意について

妬みと嫉妬は心理学的には違います。 妬まれて嫌がらせを受けたり、嫉妬により追い詰められたりと、...

友達の結婚が寂しい!でもそれは一歩踏み出すチャンスかも

仲の良い友達が結婚してしまうと、置いていかれた気分になり寂しいと感じてしまうことがあります。 ...

水瓶座が誕生日でA型やその他の血液型の性格や特徴について

誕生日の星座が水瓶座の人は、個性派な人が多く、周囲の人を大切にする性格と言われています。さらには頭の...

理性と感情のバランス。バランスを保つために気をつけることとは

理性と感情のバランスを上手に保ち、知的で優雅な雰囲気を醸し出す人間に憧れます。 何事にも怒りと...

電話のかけ方。学校への電話で気をつけたいマナーや言葉づかい

電話のかけ方には社会人としてのマナーがありますが、子供の学校へ電話をかけるときにはどんなことに気をつ...

友達グループへの入り方を覚えて、楽しい学生生活を!

新学期、新しいクラスにワクワクしていたものの、タイミングを逃して友達グループに入りそびれた・・・。な...

スポンサーリンク

絶縁した友達。絶縁を決めたのは『お金』のこと。もう連絡は一切しません!

色んな人とあって、友人になっているうちに、その中には、絶縁した友達もいると思います。自分が「この人とは絶縁する」と決めた友達であっても、連絡って一切とらないものなのでしょうか。

友達と絶縁するきっかけですが、その原因が「お金」であることもあると思います。仲良くしていたからこそ、お金関連のトラブルがあると、もう関わりたくない、絶縁になることもあると思います。

友達から「お金貸して!」であったり、経済関連のことで相談があった場合ですが、あっさりと断ることも視野に入れた方が良いのかもしれませんね。お金となると、貸す、借りる、いつ返すの話になり、友達としての関係にも傷がつく可能性がありますから。

難しい問題だとは思いますが、友人関係でお金のやりとりが絶縁を生み出すのは、仕方ないことなのかもしれません。

絶縁を自分の中で決めた友達とは、連絡は絶対に取らない

お金に関することで友達との関係が崩れた、絶縁になって連絡をとらなくなったということをみてきましたが、お金以外では、どういった事で、人は友達と連絡をとらなくなるのかについてみていきたいと思います。

友達との交流の際ですが、相手の方と喧嘩になるようなことはやっぱり避けたいですよね。それが、上記ではお金についてですが、それ以外にも色々と要因はあると思います。

お互い未熟だった部分もあって、時間が経つと許せたり、自分が悪かった部分もあるなと思えるかもしれませんが、あまり喧嘩ばかり続くと、自分のパワーも消耗されますので、とにかく喧嘩は避けた方が良いですよね。

絶縁といいますか、よく喧嘩になる友人とは、少し距離をおいて、連絡をとる回数を減らしたほうが良いのかもしれませんね。

絶縁した友達へのもやもや感。連絡する?しない?

よく喧嘩をして、エネルギーを費やしてしまう友達とは連絡をしない、少し距離をとった方がよいことについてみてきましたが、自分が絶縁を決意した友達、そんな友達とはもう連絡をしない方がよいのでしょうか。

人生、色んな人と出会うと思いますが、その中には、気の合う人もいれば、気が合わない人もいると思います。全員が全員と気が合うわけでもありませんし、自分が「絶縁する」と決めなくても、自然と別れになる友達もいると思います。

自分が「この人と仲良くしたい」と思っても、できない場合もあると思いますが、違う人とは気兼ねなく話せたりもすると思います。

全員と気が合わない、全員と話せないとしても、そこまで気にすることはないのではないでしょうか。「もうこの人とは絶縁する」と決めたとしても、その後、連絡をする、しないについても、流れに任せてみたり、深く考える必要もないのかな?っと思います。

人間、全員とはコミュニケーションはとれませんし、好き嫌いも出てきてしまうのが、現実だと思います。

絶縁したい友達と、イヤイヤ付き合っているのは自分が悪者になりたくないから?

人は、全員と仲良くする必要がないこと、また気が合わない人と無理にコミュニケーションをとらなくてもよい事についてみてきましたが、自分が合わないと思う人、絶縁したいと思う友達でさえ、愛を与えていきたい、と言う意見をみていきたいと思います。

ある方の意見ですが、どうせ生きていくのであれば、自分が愛している人、大切にしている人とコミュニケーションをとりたいと思っているという意見もあるようです。

理想論であって、実際はどこまで頑張れるかはわかりませんが、基本、人の良いところを見続けて、自分が「この人嫌だな」と思っているとしても、愛を与える、そんな考え方もあると思います。

人の悪口であったり、批判を言わずに、相手を褒めたり、相手の存在に感謝をしたり、中々難しいかもしれませんが、それを自分が「絶縁したいな」と思っている相手にできたら、より人として成長していけるかもしれませんね。

自分にとって「この人嫌だな」と思う人も、自分を成長させてくれる要素を用いているのかもしれません。

絶交宣言されてしまった友達と連絡を取りたいと思うのはワガママですか?

自分が嫌いだ、絶縁したいと思っている人でさえ、自分を成長させてくれる人かもしれないことをみてきましたが、自分が既に絶縁すると決めた友達に再び連絡をとりたいと思うのはワガママなのでしょうか?

その時ですが、もし相手に対して酷い言葉を発してしまっているのなら、謝る必要はあるのかもしれませんね。相手を傷つけてしまった、そんな言葉を発してしまった、自分でそう思っているのなら、謝罪して、関係の回復を図ってみてはいかがでしょうか。

また、相手ももしかしたら、悪かったなと思っているかもしれませんし、あなたが謝ることで、相手ももしかしたら謝ってくるのかもしれません。人はそうやって、許しあうことで、生活できるのかもしれませんよね。

そういった意味では、人は全員未熟であり、全員成長していかなくてはいけないかもしれませんよね。許しあい、励ましあいをすることができますように。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 人間関係のコツ