生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

体重が増えた!戻らないからと言って焦ってはいけない

2018.11.17

体重が増えた!食事や運動に気をつけてもなかなか戻らない!
焦りますよね?
ダイエット中ならなおのこと。
超焦ってしまいますよね?

でも、体重が減ったからと言って、体脂肪が減ったとも限りませんし、体重が増えたからと言って、体脂肪が増えたとも限りません。

体重をダイエットの基準にしすぎると、ストレスを感じてしまいますので注意しましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

婦人科の内診ってどんなもの?未経験者に伝えたい内診の必要性!

婦人科の内診をしたことがない!未経験だという方に向けた情報をご紹介していきます! 婦人科の内診...

便秘続きで体重に変化が。体重増加と便秘の関係。

気になる体重と便秘問題。便秘が続くと体重が増えていくのはどうして?便秘と体重の変化にはどんな関係が?...

筋トレとストレッチの違いとは?正しいストレッチのやり方

筋トレとストレッチは何が違うの?ダイエットに向いているのは筋トレ?それともストレッチ? 筋トレ...

腹筋を1週間で割るために出来る事をご紹介します!

腹筋の割れている男性や女性に憧れて頑張って鍛えているけどなかなか割れてこないという方もいるのではない...

ショートカットの人が美容院へ行く頻度、最適な回数とは

ショートカットが似合う女性って素敵ですよね。 でもショートだと美容院に行く頻度が多くて大変そう...

眼鏡をかけると視力って悪くなるの?その真相を解明!

”眼鏡を掛けると視力が悪くなる”というウワサを聞いたことはありませんか? そのウワサの真相はど...

ジョギングで毎日10km走るのはキツイ。こんな方法も!

健康やダイエットのためにジョギングを始めるという方も多いでしょう。 走るのは苦手な人は、毎日1...

髪のカットを自分でするのはありかなしか。こんなメリットが!

髪の毛が伸びてきた・・・。美容室に行きたいけれど予約が面倒・・・。時間もお金もかかるし。 自分...

大学生女子の体重のぽっちゃりボーダーラインを聞いてみました

日本人の体形は他の国と比べると「細い」傾向にあるようです。 と、言っても体重は気になりますよね...

入院中の食事のカロリーは患者にあわせて!こんな工夫も!

様々な理由で入院されることはありますね。 入院すると楽しみなのは食事でしょうか? 入院中...

蕁麻疹が全身に出る!しかも夜だけ!その原因と対処法

毎晩夜になると全身に蕁麻疹が出て痒い・・・。痒みで眠れない、熟睡できないといったお悩み、一体どうすれ...

納豆とネギと卵は最強の組み合わせ!その効果について解説!

納豆を食べる時に、ネギと卵は絶対にはずせない・・・という人も多いと思いますが、その健康効果を知ってい...

朝のランニングはダイエットに最適!?さらに日焼け対策にも!

朝のランニングは晴れていると、清々しい気持ちになりますよね。 でも日焼けが心配・・・。そんな方...

成長ホルモンの分泌には、ツボ刺激が効果的!

成長ホルモンの分泌を促すには、ツボを刺激するのが効果的です。 ツボは、耳や腰、足の裏などさまざ...

夜の食事を食べないと健康的に痩せるって本当?驚きの効果とは!

夜の食事を食べすぎてしまうことってありますよね!そうすると体に脂肪が蓄積されて太る原因になります。 ...

スポンサーリンク

体重が増えた!調整しても戻らない時には?

体重が増えたからといって、一気に体重を減らすと、リバウンドで逆に体重が増加することがあります。
一気に体重を落とそうと食事制限だけをすると、栄養不足になりがちです。脂肪ではなく筋肉が減ってしまいます。体重が減って、食事を元に戻したところで筋肉がないためエネルギーの消費がスムーズに行われず、エネルギーは全て脂肪になってしまいます。よって、リバウンドしてしまうという訳です。

なかなか、調整しても体重が増えたまま元に戻らないのであれば、1日のカロリーや糖質の摂取量を考えたほうが良いでしょう。
直ぐ、空腹になってしまうという人は、食事を小分けにして、空腹な時間を減らしてみてください。

食事制限をするとストレスが溜まり、余計に食べ物を摂取したいという衝動にかられてしまう人もいるでしょう。
そんな時は、たんぱく質や良質な脂質を中心とした食事を行い、1日の食事を5回程度に分けてみましょう。空腹時を少しでも減らし、適度なカロリーや糖質の摂取を心がけてください。

体重が増えたらそう簡単に戻らないのは『基礎代謝』が低下しているから!

増えた体重を元に戻そうとしても、以前より簡単に戻らなくなったと感じることはありませんか。それは基礎代謝の低下が原因かもしれません。

10代半ばを過ぎると、基礎代謝が少しずつ落ちてきます。そのため、今までと同じような食生活をしているようでは、代謝が追いつきません。脂肪が落ちにくい上、そのまま脂肪が蓄積されてしまいます。

基礎代謝が落ちていると感じた場合、何をすれば良いのでしょうか。
これ以上筋肉量を減らすことがないよう、運動を適度に行うことが大切です。特別な運動に取り組まなくても、ちょっとした空き時間に簡単に身体を動かしたり、エスカレーターを使わず階段を使ってみたり、電車では座らず立っていたりするだけで、活動量が増えるはずです。

また、外食や加工食品を口にする機会もあるかもしれませんが、そのような食事ばかりに頼ってしまっては栄養が偏ってしまいます。また、間違った食事制限や減量方法を行うことで、栄養不足になってしまっては身体を壊しかねません。ビタミンやミネラルなどが不足しないように、食事の栄養バランスもしっかりと見直すことが大切です。

体重が急激に増えたと心配しても仕方がない!通常の生活に戻れば戻ります!

食事後に体重を測定したら、必ず増えているはずです。急激に体重が増えてしまった、戻らなかったらどうしようと心配しても仕方ありません。通常の生活をすれば、元に戻るのです。

脂肪が蓄積されるのには、まる2日48時間程度かかります。また、エネルギー量7200~7500キロカロリーで、体脂肪1キロ分になります。食事の量とは比例しますが、通常の食事量では、全部吸収されてもさほどの脂肪は増えないはずです。

食事を取った後に体重が増えたのであれば、それは水分の可能性があります。食事の8割程度は水分で出来ています。ですから、食事の前後に体重を計ったとしても、それは無意味と言えるでしょう。通常の場合は、1週間程度で元に戻ります。少し食べすぎてしまったとしても、通常の生活に戻れば体重も元に戻るのです。

しかし、3日程度経過しても体重も元に戻らなかったり、太りやすいという人は、食事の内容とその食べ方に問題があるのかも知れません。
脳に満腹信号を出すレプチンを上手く働かせるためには、ゆっくりと良く噛んで食事をすることです。食べ物を良く噛まずに、早食いしてしまう人は、レプチンの分泌の刺激が、脳に伝わる前に、食べ過ぎてしまうので気をつけましょう。

体重が増えたからと言って、体脂肪が増えているとは限らない!

体重が増えた原因は、全て体脂肪だとはかぎりません。ですから、ダイエットを始めた段階で直ぐに体重が2キロ程度落ちたとしても、それは体脂肪が落ちて痩せたわけではないのです。身体の中の水分と、糖質が抜けて、体重が落ちたと考えられます。

糖質は、1グラムにつき約3グラムの水分と結びつきます。身体は、肝臓や筋肉に500グラム程度の糖質を溜めています。よって、その身体の中の結びついている糖質と水分が一時的に抜けることは、ダイエット中にはよくあることなのです。

体重が2キロ程度落ちた後に、これ以上体重が減らず、元に戻らないと焦ることはありません。体脂肪は1日に100グラム程度しか減っていませんが、一定のペースで減り続けています。

体重の動きを把握することで、正しい判断でダイエットに取り組むことが出来るでしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ