生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

木を切る方法をわかりやすく紹介!大きな木でも自分で切る方法

2018.11.15

庭に植えた木が大きく成長して枝が邪魔になったり、リフォームなどで切る機会もあるでしょう。

自分で切ることは出来るのでしょうか?

素人の場合の目安は、高さは3mまで直径は20cm以下くらいとなっています。

大きな木を切る時の切り方の手順や方法、また必要な道具について説明します。

切る時はヘルメットや防護メガネなどを準備して、安全に行って下さい。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

オートマ車のエンジンブレーキの使い方のコツと注意点

オートマ車に乗っているみなさん、普段エンジンブレーキを使いこなしていますか? エンジンブレーキ...

氷を異常に食べるのは欲求不満があるから?氷食症の原因を探る

ジュースなどの氷を最後に食べることはありますか?実はそれ、欲求不満の表れかもしれません。 「氷...

カラオケの採点にある「しゃくり」で高得点を目指す!

カラオケで採点機能を使って歌ったことはありますか? 気合を入れて熱唱しても点数が低いと悲しくな...

秋じゃがいもの栽培の仕方や収穫時期について

じゃがいもは、5月下旬~6月上旬の春じゃがいもと11月~12月の秋じゃがいもの年に2回収穫されます。...

教習所の期限延長は稀!期限切れになってしまった時の対処法

教習所に通う時間がなくて気付いたら期限切れが迫っていた!ということはよくあります。 期間が延長...

刑務所にいる人と面会するには?仕組みや決まりについて

刑務所にいる人と面会が出来る人は決められているのでしょうか? 面会回数、手続き、差し入れなど、...

性格が変わるきっかけを知りたい!変えたい自分となりたい自分

性格って変えられないって言うけど、そんなことありません。 変わるきっかけがあれば、変えることは不可...

ステレオとモノラルの違いは?再現と臨場感が違います!

ステレオ放送、モノラル音源…音に関してよく聞く言葉ですが、その違いをきちんと知っているでしょうか。 ...

成人式や同窓会に行かないのはアリ?参加の割合と参加しない理由

一生に一度しかない成人式。新成人の人たちをお云いする意味で各自治体で色々な成人式が行われていますよね...

フランスの歴史を簡単説明!フランスの魅力や国民性も紹介

フランスと言えば芸術の国でありおしゃれなブランドの発祥地や世界的に有名な美術館があったり、美しく美味...

血液型がab型の人の特徴のウソ・ホントを調べてみた!

4つの血液型で一番少ないab型。でもab型っていろんなことを言われてしまいますよね。 二面性が...

大学中退の理由は面接で聞かれる!話す時のポイントと対処法

大学を中退した経験がある人は、就職活動の面接の時に大学中退の理由を聞かれることがあります。大学中退と...

刑務所へ面会に行くには?面会時間や規則などが知りたい!

刑務所での面会は、いつでも誰でもできるものなの? 実は、刑務所にも面会に関する規則があるため、...

小学校のプール授業、実施の決め手は水温+気温が基準

季節になると小学校のではプール授業が行われますよね。大人からすると、プールにはちょっと気温や水温が低...

足の長い虫たち…できれば目撃したくない!

足が長い虫って見つけてしまうと「うっ」と思ってしまいますよね? 見た目のグロテスクさに反して実...

スポンサーリンク

庭木を自分で切る場合の方法や目安

成長しすぎて見栄えが悪くなった木、リフォームの邪魔になるなどの理由で庭木の伐採が必要になることありますよね。そのような時に自分で行える庭木の伐採方法を教えます。
とても高かったり、幹が太い木の伐採は素人は難しいです。高さは3メートル、直径は20センチ以下の庭木だと素人でも伐採が出来る目安になります。

日本には古くから木には精霊が宿っていると言われています。何もしないで伐採すると精霊が怒り、思いがけない事故が起こる可能性もあります。現代でもほとんどの業者さんは、伐採前にしっかりお清め、お祓いをしているのです。迷信と思わず、自分の家の木に感謝して伐採することを報告してから作業をしましょう。

簡単な方法として、専門業者に依頼するとほとんどの場合はお祓いも一緒に行ってくれます。自分で伐採を行う場合は、お祓いも自分で準備しないといけません。神社にお願いすると安心です。

そこまでしたくないという場合は自分で行います。塩とお酒を用意し。木の四隅に少し撒いて手を合わせます。しっかり行うようにしましょう。

高い木を切る方法はあります!手順を紹介

山で見かける針葉樹などはとても背が高い木です。周囲に盛が広がり危険がない場所では根元から切り倒すことが多いです。しかし住宅地では電柱より、遥かに成長してしまった木も珍しくありません。電線や家屋の間に生えています。このような木はそのままにしておくと、倒木したときに思わぬ被害をもたらすこともあります。

住宅地で高い木を切る場合は根元から切ると電線や家屋にあたってしまう可能性もあるので、木に登り少しずつ切ります。

切った木が落下してもいい方向に受け口を呼ばれるV字の切れ込みを入れます。この切れ込みで倒れる方向が決まるので、あらかじめ印をつけて慎重に作業をしましょう。切れ込みは下側が斜めになるように入れます。

30~45度の角度で木の中心を超える程度に受け口を入れたら、次は追い口を入れます。追い口は受け口の反対側です。木を倒すための切れ込みになります。追い口を入れるとそのまま倒れます。高い木を伐採する時ははこのように木を切っていきます。

木を切る方法を知ったら必要な道具は?

伐採を行うのに必要な道具はチェンソーです。木を伐採するためには絶対必要な道具です。値段はピンからキリまであります。安いものだと1万円以内で購入出来、高価な物でも3万円以内で購入できます。当たり前の話しですが、高価なチェンソーの方が性能もいいです。

木を切る方法がわかったら用意するのは防護メガネ

チェンソーを使うとものスゴイ勢いで木のクズが飛んできます。目の保護のために防護メガネをつけましょう。

気を切る時は防護服

チェンソーの刃から身を守るために防護服を着ましょう。作業服に近い物も売っています。

ヘルメット

高い所から木が折れて落下することもあるので、ヘルメットも必ずかぶりましょう。

手のこぎり

チェンソーが使えない場面で活躍するのが手のこぎりです。手のこぎりはスマートなタイプが多く、片手で使え切れ味のいいものが多く売られています。

これらの必要な道具を用意して伐採を行うようにしましょう。

伐採とは?剪定との違いとは

伐採とは立木をそのまま1本根元から切ることです。林業で伐採は材木を生産するために行うことで、材木を取るための丸太にする主材や、山林の木の育ちを良くするために間引きします。

伐採は主にチェンソーやのこぎりで行います。

伐採と剪定は目的や行為が全く違います。伐採は林業なら材木の生産を目的になり、庭木や街路樹の伐採は除去の目的になります。剪定は木の育成のコントロールを目的として、葉や枝を整えることを目的にしているので木は切らないのです。

植木の職人さんが一般の家庭からお願いされると、伐採と剪定を間違えて依頼されることが多くあります。自宅の木のお手入れを業者の人にお願いする時は、伐採と剪定を確認してからお願いするようにしましょう。

庭木や植木の剪定の時期とは

庭木や植木のお手入れに欠かせないのが剪定です。むやみに切っても樹木はうまく育たない、間違った時期やお手入れの方法で花が咲かなかったり、枯れる場合もあります。

観賞用の庭木は美しい形を保つために行います。一方栽培を目的とする植木は、生長させたい幹や枝の生長させるたために、余分な枝を払うのです。

常緑樹、針葉樹は新芽が出る前、新葉の生長が一段落して新枝がある程度固まった頃、落葉樹は葉が落ちた後に剪定を行うようにしましょう。剪定時期は種類や生長により異なるので生育サイクルに合わせて行います。

自分ではお手入れが難しい場合は業者さんにお願いするという方法もあります。業者さんはその道のプロなので庭木のお手入れを綺麗にしてくれます。

近所のお宅ではお手入れはもちろん、雪から庭木を守るために冬囲いも業者の方にお願いをしています。四季を通し色々なお花や庭木がとても綺麗なお宅です。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 知識・雑学のコツ