生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

チャーハンを作る時にはご飯を洗う?美味しいチャーハンの作り方

2018.11.8

みんな大好きチャーハンですが、家で作るとどうもべちゃべちゃだったりパサパサすぎたり上手くいかないことが多いですよね。お店とは火力が違うから・・と諦めていませんか?

チャーハンはご飯を洗うとパラパラでありながらもしっとり仕上げることができるそうです。

どのような方法でチャーハンを作るのか気になりますよね。家で作ることができる美味しいチャーハンのレシピを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

冷蔵庫に付いたシールのベタベタ!簡単は剥がし方をご紹介

冷蔵庫に貼ったシールの剥がし方、皆さんどうしていますか? 専用のシール剥がし溶剤を利用している...

好きな人を聞かれた時の対処法!男性をキュンとさせる答え方

男性に好きな人はいるか聞かれた時、上手に対処をするにはどうしたら良いのでしょうか。好きな人を聞いてく...

ペットボトル入りコーヒーの賞味期限。開封後はお早めに!

外出したときに便利なペットボトル入りのコーヒー。キャップの横に賞味期限が記載されています。 買...

クッキーを食べるなら手作りでカロリー控えめレシピ

クッキーはバターが香り、サクサクと美味しくて、よく口にすることが多いお菓子だと思います。 しか...

小麦粉の保存は密封ケースと冷蔵庫で!常温保存は危険です

開封後の小麦粉はどうやって保存していますか? まさか輪ゴムで止めて常温保存? 実はきちんと密封...

一泊二日の旅行に行くなら荷物はコレで決まり!

一泊二日の旅行に行くとき、荷物の量やどんな鞄で行くか迷う事はありませんか? そこで、一泊二日の...

大掃除に重曹と酢を利用して家中をピカピカに!

大掃除にたくさんの洗剤を駆使していませんか?重曹と酢だけでしつこい汚れもキレイに落とす事ができますよ...

庭に花を植えるなら、こんな花がおすすめです!

庭に花を植えるとしたら、どんな花がいい?できれば一年中ガーデニングを楽しみたい! 初心者や忙し...

にんにくとオリーブオイルを使った料理!レシピもご紹介!

にんにくとオリーブオイルを使った料理と言えば何を思い浮かべますか? アヒージョやパスタ…思い浮...

クッキーを作るのにオーブンなしでも簡単に作れる方法

クッキーを作る時にオーブンなしだと作れないと思ってはいませんか?実はオーブンがなくても簡単に作れる方...

子供のための貯金・・・おすすめの銀行と注意点を説明します!

赤ちゃんが生まれると、子供のために貯金してあげたいですよね。 でも、赤ちゃんでも銀行口座って開...

台所のシンクにスポンジを置かない!見た目スッキリ好印象に!

台所のシンクにスポンジは付き物、そう思っていませんか? しかしその常識を排除すると、見違えるほ...

No Image

雨の日の釣りはアジが釣れるのかメリットや注意点とは

雨の日に釣りをするという人も多いかもしれませんが、アジも雨の日に釣ることができるのでしょうか? ...

一人暮らしの節約olの場合○○を抑えると効果的に節約できる

一人暮らしのolは趣味や遊びにお金を使っている感じがしますが、本当は頑張って節約しているんです。 ...

車内の匂い、香水で良い香りを持続するための効果的な方法

車内の匂いって気をつけていても臭いが染み付いていることってありませんか? では、車内の匂いを消...

スポンサーリンク

チャーハンにするご飯は洗うとパラパラに!?

パラパラしたものが好きな人としっとりしたものが好きな人がいますが、基本的には炊き立てのうちのご飯を1度水洗いしましょう。

1度水で洗う事によって、ご飯の水分が減りすぎてしまう事によっておきる硬くなってしまう事を防いですれますし、程よくパラパラした仕上がりになります。

  • ご飯を炊いて、出来上がってすぐの状態のご飯を、サッと軽く水で洗って、すぐに水を切りましょう。
    (洗うというよりも、軽くほぐれる程度に水をかけるだけで大丈夫です)ご飯の粘りの成分を洗い流す事によって、お米の1粒同士がパラパラになりやすいです。
  • ご飯に溶き卵をかけて軽く混ぜてから作りましょう。
    お米の1粒に卵がコーティングされるように覆ってくれるので、お米同士でくっついてしまう事を防いでくれます。調味料も醤油などの液体のものを使用しない事でも簡単にパラパラになります。

水気のない塩気があるもの(たくあんなどの漬物など)を液体の調味料の代わりに入れて、白ごまなどを入れましょう。

チャーハンのご飯は洗うのではなく水をかけるといい!?

チャーハンに使うご飯の粘りの取り方

  • ご飯が炊き上がったらすぐに適量をザルに入れる
  • ご飯が軽くほぐれる位に少し水を軽くかけて、水気をきる

これだけでもある程度の粘りが減るかと思います。

フライパンに油を入れて作り始めましょう。

先ほどのように卵をご飯にかけてから作り始めてもいいですし、先に卵を炒めてから作り始めても大丈夫です。

好きな卵の大きさや固さになるように調節して、ご飯と切るようなイメージで混ぜながら炒めて、パラパラしてきたら塩などで味をつけましょう。

最後に強火にして、ごま油を入れて炒めると香ばしさが出ます。
仕上げに胡椒を適量加えて混ぜれば出来上がりです。

  • 水をかける事のメリット
    ご飯の表面にはでんぷんがあり、炊き立てであればあるほど糊状にくっついています。
    水をかける事によって、でんぷん質の粘りが取れてパラパラになりやすくなります。
  • 油をかける事のメリット
    お米に油をかける事によって、ご飯の1粒ずつの表面に膜をつくり、お米の水分が減ってしまう事を予防してくれます。

チャーハンのご飯を洗うことに抵抗があるならマヨネーズを使おう!

ご飯を洗わなくてもパラパラにしない場合は、マヨネーズを油の代わりに使用しましょう。

マヨネーズをフライパンに入れて火にかけて、マヨネーズが溶け始めてきたら温かいご飯を入れて混ぜて、いつも通りに炒めたりお好みの味付けにしたりしましょう。

火にかける前に先にご飯とマヨネーズを混ぜてから作り始めても大丈夫です。

マヨネーズでチャーハンのご飯がパラパラになる理由

マヨネーズに入っている油と卵黄などで、お米1粒ずつ膜で覆ってくれるために、ご飯粒がくっついてしまう事を防いでくれる効果があります。

サラダ油を使用するよりもコクがあってパラパラの美味しいチャーハンが出来ます。

そのままマヨネーズをサラダなどで使用するのが酢の味などで苦手な人にも、火が通る事によって酢が気化し、臭いもなくなりますのでお勧めです。

美味しいチャーハンを作るコツとは?ポイントは準備と量!

チャーハンは一気に素早く強火で作る事が大切です。
なので、好みの材料は先に切ったりして全てを揃えておきましょう。

たくさんの量を1度に作ろうとして、ご飯などの量が多くなってしまえば火の通りも均等にならずに火が通るのも遅くなっていまう原因になってしまい、パラパラにならない事に繋がります。

複数人分が必要だったりと多くの量を作りたい時は、面倒でも分けて作りましょう。

チャーハンにすると最初から決まっている場合は、ご飯を炊く時に少し固めになるように意識しましょう。

炊きたてのご飯は水分が多いので、使用する分だけ他の器に出して蒸気を飛ばします。

冷たいご飯ならレンジで温めて、温かいご飯を使用しましょう。

パラパラチャーハンを作るコツ

  • ご飯は少し固めに炊く
  • 炊けたら他の器に移して蒸気を飛ばしておく
  • 水をサッと軽くかけて水をきる
  • 冷たいご飯はレンジで温めてから使用する
  • サラダ油の代わりにマヨネーズを使用する
  • 1度にたくさんの量を作ろうとしない
  • 調味料は醤油などの液体は控えめにして、鶏ガラスープの素や塩コショウなどをメインにする

1度に作れる量は、そのフライパンの大きさによっても火力によっても当然違ってきます。
お店で使用している大きめな中華用の鉄のフライパンで、お店の強い火で作る際にも、お店によっては1人前ずつだったり2人前までのところもあるようです。

チャーハンを作るときにはフライパンを振らないほうがいい!?その理由とは?

お店などではフライパンを振ったりして使用していますが、それは火力が強いために焦げやすく、熱も均等に伝わるようにフライパンを振って使用しています。

一般的に家庭のコンロより、お店などのガスコンロは約10倍の火力があると言われています。

ご家庭のガスコンロなのにフライパンを振ってしまったら火力も足りなくなるし、均等に火が通らなくなってしまうので逆効果になってしまうのです。

フライパンの上に均等にご飯を置くようにして炒めている方が美味しくパラパラなチャーハンが作れます。

火をよく通さないといけない具材があれば、先に別で火を通してよけておきましょう。
分けておく事で、結果時間の短縮にもなりますし、他の材料に火を通しすぎてしまう事も防ぐ事が可能になります。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ