生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

アクリルとガラス、水槽を選ぶ場合の基準を教えます!

2018.11.7

観賞魚を飼育しようと思ったものの、水槽をアクリルにするかガラスにするか悩む人も多いでしょう。

ガラスだと透明度は高いけど割れやすいし、アクリルだと強度はあるけど傷がつきやすいというし…初心者にとってはどっちがいいのかわからないですよね。

アクリル水槽にするべきか、ガラス水槽にするべきか、それぞれの特徴と選ぶ基準について説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

新築のフローリングを白にする時のメリット・デメリット

新築の場合、フローリングを白っぽくするか、ダークな感じにするのか迷ってしまいますよね~。 失敗...

フロントガラスの傷を磨き、直したい…その方法を紹介!

フロントガラスに傷が・・・ワイパーで傷がついたり、車の雪を落とす時に傷がついてしまった事はありません...

梅干しを容器で保存するならガラス製が安心安全!

梅干を保存する時には何に保存しますか?梅干しを入れる容器は、金属製の容器は避けましょう。 なぜ...

カレーに牛乳を入れて子供用にアレンジ!こんな簡単な方法が

大人も子供も大好きなメニューのカレー。 週末や給料日前はカレーというお家も多いのではないでしょ...

ボールペンの落書きをキレイに消す方法。テーブルや壁編

子供にボールペンなどを持たせると、紙からはみ出しテーブルの上にも書かれてしまったり、気が付いたら壁に...

子供のための貯金・・・おすすめの銀行と注意点を説明します!

赤ちゃんが生まれると、子供のために貯金してあげたいですよね。 でも、赤ちゃんでも銀行口座って開...

車線変更をした時に接触事故。バイクと車について

車で車線変更した所、その車線にいたバイクと接触してしまい事故・・・。なんてことありませんか? ...

バイクの速度が出ない!?そんな時は自分でも点検してみよう

バイクの速度に変化を感じる。今までよりも速度が出ない!? そんな時に考えられる原因を考えてみま...

夏に長ズボンは暑い!?少しでも快適に過ごせる工夫をご紹介

夏に長ズボンは暑い!と敬遠していませんか? 照り返しが強いアスファルトの上では、意外に長ズボン...

ペットボトル入りコーヒーの賞味期限。開封後はお早めに!

外出したときに便利なペットボトル入りのコーヒー。キャップの横に賞味期限が記載されています。 買...

車の足回りは忘れずに洗浄しよう!そのやり方を教えます!

車のボディは汚れると目立つので、ぴかぴかになるまでキレイにする人も多いでしょう。 しかし、足回りに...

大掃除に重曹と酢を利用して家中をピカピカに!

大掃除にたくさんの洗剤を駆使していませんか?重曹と酢だけでしつこい汚れもキレイに落とす事ができますよ...

コバエが大量発生して窓が開けられなくなる前にやること

コバエが大量発生していた経験ありませんか?大量に発生していたら窓もあけれない状態になりますよね。 ...

ガスコンロ【ビルトインタイプ】の掃除道具と掃除方法

ガスコンロがビルトインタイプの家庭が増えていますが、なんとなく掃除が大変そうなイメージはありませんか...

エンジンの寿命は走行距離で決まる?車の寿命を延ばす方法

車は走行距離が何キロになったらエンジンの寿命となるのでしょうか?よく聞くのが走行距離が10万キロを超...

スポンサーリンク

アクリルとガラス、水槽にするならどっち?まずは特徴について

水槽をガラス素材にするのかアクリル素材にするのか迷いますよね。
ではまず両方にどういった特徴があるのかを見ていきましょう。

ガラス水槽の特徴とメリット

メリットとしてはその透明度が上げられます。
長年使っても透明度は変わることなく、汚れなどに気をつけていれば綺麗な状態を保つこことが出来ます。

変形したり傷もつきづらいのです。

ガラス水槽の特徴とデリット

ガラス素材のため、もし地震などの大きな衝撃が加わった際落して割れてしまう事があります。
子どものいる家庭だとガラスが飛び散ってしまうので危険でしょう。

アクリル水槽の特徴とメリット

メリットとしてはアクリル板で作られた素材のため落しても割れにくい事があげられますので、小さな子どものいる家庭だと安心して使う事ができるでしょう。
そしてアクリル板の中には色のついたものもあるので魅力的であるといえます。

アクリル水槽の特徴とデリット

デメリットとしてはガラス素材のものよりも傷つきやすく、長年使っていると汚くなってしまいます。
温度変化も起こりやすかったり、変形もしやすいです。

アクリル水槽とガラス水槽、どこに置くかによっても安全性は変わる?

水槽の置く場所によっても水槽の安全性が変わってきます。

  • 屋内
    屋内に設置する家庭が比較的多いように感じますが、屋内に設置する場合は水槽があらかじめ地震などで衝撃が与えられた時のことを考えておきましょう。
    ガラス水槽は落すと割れやすく周囲にも飛び散りやすいです。
    一方アクリル水槽は割れずらく、割れても飛び散る心配はありません。
    もしペットや小さな子どもがいる家庭の場合はアクリル水槽の方が安全面では上です。
  • 屋外
    屋外に設置する場合は屋内よりもガラス水槽やアクリル水槽の劣化は早まりやすいです。もし冬場に外に水槽を放置したままだと、基本の変化からガラスが割れてしまうので気をつけてください。
    アクリル水槽の場合は直射日光によって変形しやすいので注意する必要があります。

飼育する魚の種類で、水槽はアクリルにするかガラスにするか決めよう

水槽の素材をアクリルにするのかガラスにするのかは、飼育する魚の種類によって決めると良いでしょう。

もし突進してくるような大きい魚を買う場合は、割れる事を想定してアクリル素材の水槽を準備する事をおすすめします。

反対に、小型で観賞用として魚を飼う場合はガラス水槽で十分でしょう。
ガラス水槽は砂などによって傷つきづらいため透明度を保つことが出来ます。

メダカなどの肴は屋外で飼育する事もあります。
屋外で魚を買う際にも注意が必要で、水槽選びは慎重に決めたほうが良いでしょう。

屋外だと何かにぶつけて、水槽が割れてしまう可能性が高くなってしまいます。
そして冬場の場合は水温の変化によってガラスが割れてしまう事がありますので、アクリルガラスの方がお勧めできます。

屋外に水槽を設置する場合は水槽の素材の種類だけでなく、設置する場所も慎重に選んでくださいね。

アクリル水槽とガラス水槽の価格や強度はどのくらい違う?

アクリル水槽とガラス水槽とでは価格や強度は違ってきます。

まず、量産されている小型の水槽であればガラス水槽よりもアクリル水槽の方が安い場合が多いです。

そして大型の水槽になればなるほどガラス水槽のほうが高くなる傾向にあるようですね。
一方複雑な形をした水槽を作る場合は、ガラス水槽で加工することは難しくアクリル水槽での作る事になるため、価格がその分高くなってしまいます。

どちらが良いのかとは一概には言えませんが、もし大型の水槽を購入する場合はその強度を考えて購入した方が良いでしょう。

長年使うとなると劣化したり割れたりしますのでその点でも注意が必要です。
マンションの場合は漏れが水が下の階にまで達して損害賠償にまでなるケースもありますので、水槽選びは慎重に行いましょう。

大きな水槽が必要ならアクリルにしよう

もし90cmを越えるような大きな水槽を使う場合は、アクリル水槽の方がお勧めできます。

まず、大型の水槽の場合はアクリル水槽の方が価格も安いですし、重さも軽くて扱いやすいです。

ガラス水槽は重さもありますから、大型だと移動するときに誰かの助けが必要となります。
しかしアクリル水槽は軽いため、一人でも移動する事ができるので使い勝手が良いのです。

万が一割れた時の事を考えても、破片が飛び散る事が少ないのでアクリル水槽の方が安全面では上であると言えます。

アクリル水槽は傷がつきやすく、透明度はガラスほど保つことが出来ないことがデメリットではあります。

しかし水槽を綺麗に磨いてあげる事である程度は解決させることができますのであまり気にしなくても良いでしょう。

水槽の大きさ・飼育する魚・設置する場所などによって使い分けする事が大切ですので、水槽の購入を考えているのでしたらぜひ参考にしてみてください。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ