生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

猫のトイレシートは交換や掃除がとにかく楽!使い方のポイント

2018.10.31

猫のトイレでよく使われるのが猫砂ですが、猫砂を使うととにかく掃除が大変です。

そこでおすすめしたいのがトイレシート。
猫よりも経済的で衛生的、何より交換や掃除がとにかく楽だと評判なのです。
また、トイレシートにするメリットは交換のしやすさだけではないようです。

猫用トイレシートの使い方やポイントをご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

猫がネズミを育てるなんてあり得る?出会う時期が重要です

猫はネズミを追い回し、ついには食べてしまうもの。そんなイメージは絶対じゃないんです。 世界には...

チワワの散歩回数は?毎日必要?気になる疑問を解決!

チワワって体が小さくて可愛らしいですよね。 犬を飼う際に欠かせないのが散歩ですが、体が小さいチ...

犬に吠えられる原因と対策や吠え方でわかる犬の気持ち

犬によく吠えられる人っていますが、それには原因があるのをご存知でしょうか? では、犬に吠えられ...

犬がカメラを嫌いな理由とは?可愛く撮るコツやポイント

犬がカメラを嫌いなのはどうして?可愛い愛犬の姿を写真に撮りたいだけなのに…。 なかなか上手くい...

子猫を拾ったけど飼えない!飼えない時の対処法とできること

「捨てられている子猫を見つけて拾ったけど自分では飼えない…。でもそのまま見捨てることはできない。」と...

トイプードルのしつけでトイレを覚えさせる方法とコツ!

トイプードルは室内で飼うことが多いので、トイレのしつけは欠かせません。 トイプードルは犬の中で...

インコを放鳥している時のフン処理はすぐに拭き取ることが大切

インコを飼ってみたいと思ってはいるものの、部屋の中に放鳥している時のフン処理やしつけに対して不安に思...

グッピーは稚魚のうちから性別がわかる?稚魚の飼育ポイント!

グッピーの稚魚飼育で大切なのが性別ごとの隔離。しかし、大人のグッピーはオスに綺麗な尾びれがついている...

金魚の水槽の砂利は交換が必要?ジャリの掃除方法とは

金魚の水槽に砂利は必要なのでしょうか?金魚の水槽に砂利を使うメリットとは?砂利の交換や砂利掃除をする...

ハムスターがペレットを食べないときの理由と対処法

ハムスターのエサと言えば少し前までひまわりのエサやナッツ類、生の野菜や果物でしたが、現在の主流はペレ...

ハムスターの飼い方のポイント!掃除の仕方の注意点や頻度

ハムスターを飼う場合にはケージの中の掃除が必要になりますが、どのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか...

犬を仕事に行ってる間にお留守番させるときのポイント

どうしても、犬をお留守番させなくてはいけないときってありますよね。 こんなときはいったいどうし...

犬を飼いたい子供には犬の面倒について具体的に話そう

家で犬や猫などのペットを飼うことは、子供の情操教育にプラスな面がたくさんあります。 でも「自分...

小赤の金魚の寿命って?寿命を長くする飼育方法ありますよ

小赤の金魚の寿命って、ズバリどの位? お祭りの金魚すくいなどで小赤を飼育した経験がある方結構い...

犬のオムツに人間用のオムツは代用出来ます!方法を紹介

長年飼っている愛犬が高齢によってオムツが必要になったり、マーキング防止や生理の時などオムツが必要にな...

スポンサーリンク

猫のトイレはトイレシートがおすすめ?交換する頻度

猫のトイレはトイレシートがおすすめです。
その理由は、「猫砂が散らからない」「片づけが簡単」「軽い」の3点からです。

とはいえ、いきなりシートに変えても、猫は「ここがトイレだ」と認識してくれないことがありますので、トイレにシートを敷いた上に、いつもの猫砂を敷き、徐々に砂を減らしてシートへ移行していきましょう。
交換する頻度は、猫ちゃんがウンチをした時や、シートが1週間ほど経ったら交換するようにしましょう。

捨て方は、自治体によって異なりますが、基本は燃えるゴミのところが多いようです。
また、猫のウンチをトイレに流すという人もいますが、猫のウンチは毛が混じっている事が多く、そのため配管に詰まってしまう事がありますので、シートに包んで、ビニール袋に入れるなどして捨てるようにしましょう。

猫のトイレにトイレシートを置くメリットは交換のしやすさだけ?

猫のトイレにトイレシートを置くメリットは交換のしやすさだけと考える方もいらっしゃいますが、決してそれだけではありません。

  • 車での移動が楽
    病院に連れて行ったり、旅行に連れて行くという場合、車の中で困るのがトイレです。
    キャリーケースに入れた時に、シートを敷いておかないと、ケースの中が大変な事になります。
    また、トイレは砂だからといって、砂を入れておくと、用を足した後、砂を蹴ってしまいますから、今度は車の中が大変なことになります。
  • 重くないから楽
    猫砂は、消臭効果もありますし、固まった部分だけ捨てればOKなど、利点もたくさんありますが、困ることは、その重さです。
    家に1匹しか飼っていない人なら、あまり負担にはならないと思いますが、何匹も買っている人は、その重い砂を頻繁に買いに行かなくてはいけませんから、腰などに負担が掛かると思います。その点、トイレシートは、軽いので、持ち運びもラクチンです。
  • 片づけが楽
    猫は、用を足した後、砂を蹴って、おしっこやウンチを隠す習性があります。
    砂で覆ってくれると、ニオイも出づらくなり、飼い主にとっても、良い習慣ではありますが、同時に床に砂が散らかる原因にもなります。
    シートなら、砂が散らかりませんので、床掃除がとても楽になります。

トイレシートは交換や掃除が楽だけど、猫砂じゃだめなの?

トイレシートは交換や掃除が楽ですが、猫砂ではだめなのでしょうか?
猫のトイレの時の習性を考えると、まったくデメリットはありません。
ですので、どうしてもトイレシートを使ってくれないという場合は、猫砂を使い続けてもOKです。

ただ、猫砂の種類によっては、おからや、紙が配合されているものがあり、それらは自然なもので、燃えるゴミにも出せる利点がありますが、人によってはアレルギーを発症してしまう可能性もあります。
大豆アレルギーや、ほこりアレルギーの人には向いてないかも知れませんので、気をつけて選びましょう。

また、その他の種類を選んだとしても、燃えるゴミとして処理出来ない種類もあり、自治体によっては、燃えないゴミの回収が月に1回だけというところもありますから、捨て方で負担やストレスを感じないものを選ぶようにしましょう。

猫用トイレシートの具体的な使い方

使い方としては、トイレに直接2枚重ねての使用が基本となります。
2枚重ねる理由としては、猫は用を足した後に、砂をかけるしぐさをします。
その時に、1枚目のシートは、爪ですぐにボロボロになってしまいますので、2枚重ねることを推奨します。

また、トイレシートは、吸水性に優れていますが、おしっこをしたすぐ後に踏んでしまった場合は、どうしても足が濡れてしまいます。
ですので、トイレの周りには、足がふけるように、古いタオルを敷くようにしましょう。
他にも、2段式になっているシステムトイレにもトイレシートが役立ちます。
上の段は、吸水性の無いタイプの猫砂を少し敷き、下の段におしっこを吸収する為のトイレシートを敷きます。
そうすると、ウンチの時は、ウンチとその周りの砂だけ取り、おしっこは、シートを1週間に一度交換するだけでOKです。

猫用トイレシートと犬用トイレシートで違いはあるの?

猫用トイレシートと犬用トイレシートで違いはあるのでしょうか?

結論を先に言ってしまうと、両者に大きな違いはありません。
あえて違いをあげるとするならば、シートのサイズに違いがあるくらいでしょうか。
といっても、それは大型犬の時位で、小型の犬でしたら、猫に使っているシートと同じものを使っても問題ありません。

ただ、使い方で言いますと、犬はシートを敷くだけでおおむね問題ありませんが、猫は砂がないと排泄できないものもいますので、猫砂との併用が必要になる事もあります。
とはいえ、その時に使う砂の量は、通常よりも少なく済みますし、万が一災害で家から非難しなくてはいけなくなった時に、猫砂が負担になることもありますので、トイレシートで排泄できるようにしておくと、いざと言う時に役に立ちます。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 動物・ペットのコツ