生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

犬がカメラを嫌いな理由とは?可愛く撮るコツやポイント

2018.10.28

犬がカメラを嫌いなのはどうして?可愛い愛犬の姿を写真に撮りたいだけなのに…。

なかなか上手くいかないときには、このような方法でカメラに慣れさせてあげましょう。ちょっとしたコツやポイントを押さえると楽しく撮影ができるはず!

どんな表情でも愛犬は可愛いものです。色々な表情やポーズを思い出として残しましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

No Image

入籍後の住民票は別居ならどうする?別居婚の注意点

入籍後は一緒に住む方が多いですが、仕事の都合上独身時代のまま別居する方も当然います。 いわゆる...

No Image

新車のオイル交換のタイミング!目安の時期や走行距離はコレ!

新車を購入した時は、メンテナンスもしっかりと行って車の状態を保ちたいですよね!新車のオイル交換の...

No Image

カラオケが上手いと点数低い!点数が低い理由と高得点を出す方法

カラオケが上手い人って羨ましいですよね!歌を聞いていると心に響いて感動してしまうこともあります。...

No Image

部活を辞めるときは挨拶やタイミングをきちんとすれば大丈夫

部活を辞めると決断してから、なかなか他の部員や先輩に伝えられずに悩んでしまうこともありますよね。...

No Image

コンビニのサラダが栄養ないと言われているのは誤解です!

コンビニに行くといろいろなサラダが並んでいて、これで野菜不足が解消できる!と思っている人も多いで...

No Image

カラオケが苦手。場の空気を壊さない断り方とは?

カラオケが苦手です!カラオケで盛り上がれる人って、カラオケが嫌だという人の気持ちを、まったく理解...

No Image

妬みと嫉妬。心理学的な違いとその裏にある悪意について

妬みと嫉妬は心理学的には違います。 妬まれて嫌がらせを受けたり、嫉妬により追い詰められたり...

No Image

友達の遊びを断るポイントと使える言い訳とは?答え方が重要!

友達から「○○に遊びに行かない?いつ暇?」と誘われて、嬉しい時もあれば気乗りしない時だってありま...

No Image

クッキーはこのコツでサクサクに美味しく作ることができる

クッキー作りはコツやポイントを掴めば、初心者でもサクサクに美味しく作ることができます。 で...

No Image

料理をしない男が多いワケとは。料理が出来る人がいいという意見

夫婦共働きの場合でも、料理をしないという男性は多いものです。 実家で暮らしていた、一人暮らの経...

No Image

3人家族で食費を4万円以内に!買い物や冷蔵庫の節約術を紹介

みなさんの一ヶ月にかかる食費はどのくらいですか? 家族の人数によって金額に差はありますね。3人...

No Image

毒親の介護。一人っ子にのしかかる介護の重圧から逃れなさい

毒親の介護について。 ことさら、一人っ子なら、自分以外介護する人間はいないと考え、自分で自分を...

No Image

ネオンテトラの水温には注意!夏場の水温上昇の対策とは

熱帯魚といったら「ネオンテトラ」がすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。 熱帯魚の専門店やホー...

No Image

旦那の手取りが少ないならココを見直そう!節約術をご紹介

旦那の手取りが少ないときには、どこを削ればいいの?もう、どこを節約すればいいのかわからない!とい...

No Image

犬の表情が悲しいときの対処法と笑顔にするためのポイント

犬の表情が悲しいとどうしたのか飼い主さんも心配になってしまいますよね。 では、犬が悲しいと...

スポンサーリンク

犬がカメラを嫌いなのはどうして?その理由とは?

犬ってどうしてカメラを向けると、途端に嫌がって逃げてしまうのでしょうか?実は、こんな理由があるようです。

犬はレンズと目線を合わせるのが怖い

犬にとっては、生き物と目を合わせることは、相手に敵意を持っていることを意味するようです。スマホのカメラであればこの限りではありませんが、1眼レフのような大きなレンズを向けた時、犬にとってはそれが見ず知らずの得体の知れない、生き物の目であると錯覚してしまう可能性があるのです。
カメラを向けられることによって、自分が大きな目で見られていることへの警戒感が働くのかもしれません。

また、カメラを向けた状態で、大きな声で「動かないで!」「じっとしてて!」などと叫ばれたことを覚えていて、それを犬は叱られたと認識している可能性もあります。その状態がたびたび起こることによって、「大きな目(カメラ)を向けられるとまた叱られる」と怯えているのかもしれませんね。

犬がカメラを嫌いなら、まずは慣れることから始めよう!

犬がカメラを嫌がる場合にはカメラの存在を身近に

普段からカメラで犬を撮影することが少なく、せいぜいたまにお出かけした時くらいだとするのであれば、なかなかカメラ嫌いを克服することは出来ません。
日常生活の中でカメラの存在に慣れさせることによって、カメラを身近に感じて自然と良い表情を見せてくれるようになることも。

犬の早い動きには連写機能を使って

せっかくカメラに慣れてくれても、犬の予期せぬ動きに対応できず、いつもブレブレになってしまうなんていう悩みをお持ちの方も数多くいらっしゃることでしょう。そんな時は、カメラの連写機能を使ってみましょう。
犬の早い動きに合わせて自動的にシャッターを切ってくれるので、簡単に躍動感のある写真を撮ることが出来ます。スマホにも連写機能がついているので、一度試してみてください。

また、デジカメで「ISO感度」を高めに設定することで、手ブレを防ぐことも出来ますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

犬がカメラを嫌いにならないように工夫してあげよう!

1眼レフの大きなレンズが苦手なワンちゃんであれば、スマホで撮影してみてはいかが?反対に、スマホが嫌いなのであれば、デジカメなど別のカメラで試してみると、意外とあっさり良い写真が撮れることも。

また、光や音に敏感に反応してしまう場合は、フラッシュ機能やシャッター音をオフに設定することで解決することもあります。

最初から至近距離でアップを狙うより、まずは遠くからズーム機能を使って撮影してみましょう。慣れてきたらそのうち徐々に距離をつめ、やがては愛犬のかわいいアップが撮れることを目指しましょう。

ペットショップなどでかわいい衣装や帽子などを見かけると、「うちの子もこんなかわいい格好をさせて写真が撮りたい!」と盛り上がってしまう気持ちもわかります。ですが、ただでさえ窮屈な格好をさせられたうえに、執拗にカメラを向けられては、ますますカメラが嫌いになってしまう可能性も…。
まずは、カメラ自体に慣れさせることが先決です。

カメラで犬を撮るときにはおやつをあげてみよう!

一番てっとり早く良い写真を撮るには、おやつを使ったこんな方法もあります。

  1. カメラを片手に持ちつつ、もう片方の手で犬におやつをあげる
  2. 犬が慣れてきたら、少しずつ犬にカメラを向けながらおやつをあげる
  3. さらに犬がカメラ自体に慣れてきたら、犬からカメラを離した状態でシャッターを押し、おやつをあげる
  4. 犬がシャッター音に慣れてきたら、カメラを近づけた状態でシャッターを押し、最後にもまたおやつをあげる

犬にとっては「カメラ=おやつをくれる」という認識を植えつければ、カメラに対して良い印象を持ってくれるでしょう。

また、写真を撮るためにじっとしていてもらいたい時にも、おやつは効果を発揮します。おやつを見せつつ待てをさせている間に撮れば、ブレる心配もありませんね。

まだ生まれて間もない子犬を撮影する際にオススメなのは、カゴや箱の中に入れる方法です。子犬が上を見上げる姿は、想像しただけでたまりませんね!

良い表情が撮りたいのであれば、床に寝そべって犬と同じ目線で撮影するのも良い方法です。

カメラで愛犬を上手に撮るにはココがポイント!

これは他のペットにも共通して言えることなのですが、ペットの写真を上手に撮るには、ピント合わせをしっかりする必要があります。アップで撮影する際は、目玉の真ん中にピントを合わせるのではなく、目玉と眉毛の境目あたりを狙うとピントがずれることが少なく済みます。

飼い主にとっては、せっかく写真を撮るならば、愛犬の自然なかわいらしい表情を写したいと思いますよね。「目は口ほどにものを言う」ということわざにもあるとおり、感情は目に表れることが多いものです。

しかしながら、こと犬に関しては、そのときの感情が目だけでなく耳に表れることも多いのです。カメラを向けた途端に耳を後ろに引いてしまっているような場合は、カメラを怖がっている可能性が高いのです。そのような状態でいくら頑張っても、良い写真など撮れるわけがありませんよね。

まずはカメラに慣れさせてから、焦らず少しずつ緊張感を解きほぐしてあげましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 未分類