生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

写真で笑顔を作るのが苦手!素敵な笑顔になる裏技とトレーニング

2018.10.27

写真に写る時、自然な笑顔を作るのが苦手だという人もいますよね。いつも不自然な顔で写真に写ってしまったり、笑顔のない仏頂面で写ってしまうという人もいるでしょう。

写真に写る時、笑顔を作るにはどうしたら良いのでしょうか。素敵な笑顔で写真に写りたい!克服方法は?

そこで今回は、笑顔を作るのが苦手な人が写真に写る時の裏技と、素敵な笑顔になれるトレーニング方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

10年住んでいた賃貸物件を退去する時にかかる費用について

10年間住んでいた、賃貸物件を退去する時、退去費用はどの位になるのでしょうか? 大家さんから、...

郵便局の口座を解約したい!手続きの方法や必要書類について

郵便局の口座を解約したいという場合、どのような方法で解約手続きを行えばよいのか気になりますよね。 ...

食パンとマヨネーズは相性抜群!のせて焼くだけ簡単レシピ

マヨネーズは、肉も野菜も魚介類もいろんな食べ物との相性がすごく良いですよね! 私もマヨネーズが...

一人暮らしの節約olの場合○○を抑えると効果的に節約できる

一人暮らしのolは趣味や遊びにお金を使っている感じがしますが、本当は頑張って節約しているんです。 ...

旦那の手取りが少ないならココを見直そう!節約術をご紹介

旦那の手取りが少ないときには、どこを削ればいいの?もう、どこを節約すればいいのかわからない!という人...

ボールペンの落書きをキレイに消す方法。テーブルや壁編

子供にボールペンなどを持たせると、紙からはみ出しテーブルの上にも書かれてしまったり、気が付いたら壁に...

車は現金で支払いすると得?メリット・デメリットを紹介します

車は現金で支払いをしたほうが安くなる?車を買うときに現金で買う場合とローンを組む場合では値引き自体に...

同居は家事の分担がキーポイント!?同居が上手くいくコツとは

同居が決まったら、まずはどんな事を話し合ったらいいの?家事の分担も同居には欠かせない問題です。 ...

お風呂に入らないで寝るリスクとは?寝る前のバスタイムは大事!

「仕事で疲れてお風呂に入るのが面倒だし、今日はいいか!」とお風呂に入らないで寝ることもあるでしょう。...

包丁の使い方のコツを知って料理上手になろう!

包丁の使い方を間違っていませんか? 包丁は使い方一つで食材の味や見た目も違います。 包丁の使...

ガスコンロの火がつかない朝は大変だ!火がつかない原因を探る

朝は朝食やお弁当の準備に大忙し!当然ガスコンロをフル稼働して料理をしますが、突然火がつかないとなると...

一人暮らしなら低コスパ料理を作ろう!オススメ食材と簡単レシピ

一人暮らしだと何かとお金がかかってしまいますね。そこで一番節約しやすいのは食費ではないでしょうか。 ...

料理のレパートリーを増やす方法は簡単だった!調味料の使い方

毎日の献立で悩んでいませんか? 肉・魚・野菜とバランスの良い食事を摂りたいものですが、料理のレ...

パンの発酵が上手く行かないと、膨らまないパンが出来る!

パンを作る時、発酵してる時の膨らみを見るのって楽しいですよね。 でも上手く膨らまない時も・・・...

雨で洗車をする意味とメリットや運転を快適にするには

雨が降っていると洗車をするのも面倒になってしまいませんか? では、雨の日の洗車って意味があるの...

スポンサーリンク

写真で笑顔を作るのが苦手!どうしたらいい?

写真で笑顔を作るのが苦手と思う方もいるかと思いますが、その場合はどうしたらよいのでしょうか?

写真が苦手で撮られたくない気持ちはそのまま写真に写ってしまいます。
人間誰しも写真写りが良いわけではありません。
写真が苦手な人はだらしない姿勢をとったり、変な顔をしたり、いやという気持ちが顔に出てしまい怖い顔のまま写ってしまったりします。

どうすればよいのかというと、写真が嫌!という気持ちを捨てて最近食べた食事のことなどを考えてみてください。
自然と口角が上がってよい表情になりますよ。

カメラのレンズを直視しないで、カメラの少し上か下を見るようにしてください。
カメラをまっすく見すぎると不自然に写ってしまうので、カメラに正対するよりも少し体をずらすようにすると魅力的に見えるのです。

写真で笑顔を作るのが苦手な人におすすめの裏技

写真で笑顔を作るのが苦手な人におすすめの裏技とは一体なんでしょうか?

写真を撮られる直前に1秒ほど目を閉じる

写真を撮るとき、いつもシャッターを押される瞬間に目を閉じてしまったり、半開きになってしまうという方は撮られる直前に1秒ほど目を閉じましょう。
シャッターを押されるときに目を開けると瞳孔が開いているので、愛らしい瞳に見えます。

写真写りの良い向きの顔をカメラにむける

人間の顔は左右非対称といわれています。
左右のどちらかはよりよく見える顔で、そのことを利き手のように利き顔と言います。
利き顔をカメラに向けることで写真写りが良くなります。

自分の利き顔がわからない人は、ご飯をよく噛んでいる方をカメラに向けてください。
よく噛んでいる方の顔の筋肉は噛んでいない方に比べて発達していて、写りが良いのです。

舌先を上の前歯の裏側に当てて笑顔をつくる

笑顔を作ろうと思うと、緊張して表情が硬くなってしまいます。
そんな時、舌先を上の前歯の裏側に当てて笑うことで自然な笑顔になるのです。

写真で笑顔を作るのが苦手な人の笑顔トレーニング方法

写真で笑顔を作るのが苦手な人は、良い笑顔を作れるようにトレーニングしましょう。

結婚式など写真撮影が近々ある人は、当日までに筋肉を鍛えるトレーニングをしておくと良いですね。

では、どんなトレーニング方法があるのでしょうか?

  1. 口を閉じて空気を溜めて頬を膨らませます。
    口の中の空気を上下左右に移動させて、それぞれ5秒間キープさせます。
    こうすることで口の内側の筋肉が鍛えられます。
  2. 唇を前に突き出して3秒間キープさせます。
    次に、唇を「い」の形にして口角をできるだけあげ、3秒間キープさせます。
    これらを繰り返すことで口周りの筋肉が鍛えられます。
  3. 右目をぎゅっと閉じ、ウインクした右目に頬と口を引き寄せるように上げ、5秒間キープさせます。
    左目も同じことをし、これを繰り返すことで顔の筋肉がほぐれて自然な笑顔を作れるようになります。

笑顔を作るのが苦手な方はぜひ試してみてください。

写真に笑顔で写るには目元もポイント

写真に笑顔で写るには目元がポイントとなります。

笑顔を作るのが苦手という方は、このポイントをおさえておきましょう。

まずは肩の力を抜いて鏡に向かって立ちましょう。
このとき、洗面台の鏡や姿見などを使うのが良いです。

次に紙を用意して目から下を隠します。
ブルーや黒といった暗い色の紙より、ピンクや金色を使うのが笑顔を作るトレーニングにおすすめです。

口角を上げて歯を見せて笑顔を作ります。
割り箸をくわえるイメージを持つと適度に歯が見えて自然に口角も上がります。

目を細めて目尻を下げます。
このとき、自分が幸福感を覚えるものや体験をイメージすると自然に目尻が下がります。

これらを10秒ほどキープさせましょう。
目が笑っているかしっかり観察してください。
口元は紙で隠れているので、不自然な目になっていると全く笑っているように見えません。

いくら口角が上がっていても、目が笑っていなければ不自然な笑顔になってしまいます。
自然な笑顔は目がポイントになるので、このトレーニングをしっかりやって自然な笑顔を手に入れましょう!

笑顔を作るのが苦手な人が意識すると良いことは?

笑顔を作るのが苦手な人はどんなことを意識すると良いのでしょうか?

人前に立つときや写真に写るときは、顔全体で笑うようにしましょう。
自分では上品に微笑んでいるつもりでも、他の人から見ると不自然な笑顔になっていることがよくあるのです。

自然な笑顔を見せるためには口を「い」の形にするように意識しましょう。
「いー」と伸ばす音を出すイメージを持ち、口角を上げると良いです。

毎日ずっと笑っている人は自然な笑顔ができるかもしれませんが、1日のうちで笑っている時間はそう多くはないですよね。
自然な笑顔を身につけるにはトレーニングなどの練習が必要となります。
顔には表情筋と呼ばれる筋肉がたくさんあり、口の周りは特に筋肉が密集しているのです。

笑顔の練習はこの表情筋を鍛えることになり、表情が明るくなるだけではなく顔の血行を良くして肌を綺麗にする効果も期待できるのです。

日本人は口角が下がっている人が多いですが、表情筋のトレーニングをしたり口角を上げるように心がけると、日常の表情が変わっていくのです。

周りに怒っている印象を与えてしまいがちな人はトレーニングをしたり口角を上げるように意識した生活をすることで印象が変わっていきますよ!

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ