生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

【ハムスター】生後1ヶ月で噛む理由と上手なしつけ方法

2018.10.26

ハムスターは子供にも大人にも人気のペットです。
犬や猫に比べてお世話の手間が掛からないので、ペットを始めて飼うという方や、ペットのための広いスペースがなかなか取れないという方でも飼いやすいですよね。

ハムスターのしつけで「噛む」ことを辞めさせたいという場合には、どのようにハムスターに教えたら良いのでしょうか。

生後1ヶ月くらいのハムスターが噛む理由や、しつけの方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

犬がカメラを嫌いな理由とは?可愛く撮るコツやポイント

犬がカメラを嫌いなのはどうして?可愛い愛犬の姿を写真に撮りたいだけなのに…。 なかなか上手くい...

猫が苦手で克服したい時の対処法!苦手な理由を考えて好きになる

猫が苦手でどうしても近づくことができない、触ることができないという人もいますよね。苦手なものに対して...

猫が飼い主を見分けるポイントはどんなことから?その謎を検証!

猫が飼い主を見分けるのには、どんな方法なのでしょうか? 毎日一緒に生活しているから、なんとなく...

子猫を拾ったけど飼えない!飼えない時の対処法とできること

「捨てられている子猫を見つけて拾ったけど自分では飼えない…。でもそのまま見捨てることはできない。」と...

サワガニの飼育で知っておきたいサワガニの冬眠について

サワガニはその名前の通り、海ではなく山で見つけることができるカニです。 上流のきれいな水質の場所で...

猫が寂しい時は鳴き声が違う?猫の気持ちに気付いてあげよう

猫といえば「ツンデレ」という印象がありますよね。それが猫好きにとってはたまらないというところでもあり...

インコを飼うのにかかる費用って?飼育費用の他にこんな費用が!

インコを飼うと、どのくらいの費用がかかるのでしょうか? インコを飼う時の初期投資はほかのペット...

モルモットの鳴き声はうるさい?アパートでの飼い方

モルモットの鳴き声はどんなものなのでしょうか?アパートで飼っても大丈夫? あまり聞いたことのな...

サワガニを飼育したい!繁殖の方法や冬眠、飼う時のポイント

自分の家や学校でサワガニを飼育したいという人もいますよね!どうすれば上手に飼育することが出来るのか気...

サワガニを飼育する上で重要な冬眠のさせ方や基本について

サワガニは日本で唯一淡水のみで暮らすカニです。水のきれいな小川に住んでいます。夏休みのキャンプなどで...

手作り!ハムスターが喜ぶ小屋の作り方をご紹介!

ハムスターの小屋を手作りできるって知っていましたか?気になる作り方をご紹介します。 まずは小屋...

ハムスターの飼い方のポイント!掃除の仕方の注意点や頻度

ハムスターを飼う場合にはケージの中の掃除が必要になりますが、どのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか...

小赤の金魚の寿命って?寿命を長くする飼育方法ありますよ

小赤の金魚の寿命って、ズバリどの位? お祭りの金魚すくいなどで小赤を飼育した経験がある方結構い...

ハムスターがペレットを食べないときの理由と対処法

ハムスターのエサと言えば少し前までひまわりのエサやナッツ類、生の野菜や果物でしたが、現在の主流はペレ...

犬が散歩中リードを噛む原因と噛まないようにしつける方法

犬を散歩するといつもリードを噛んできませんか? なかなか上手いように散歩もできず、飼い主の反応を楽...

スポンサーリンク

生後1ヶ月のハムスターが噛む理由は環境が原因なことも

ハムスターを飼った事がある人なら、一度や二度噛まれたという経験をお持ちだと思います。
そうはいっても、出来れば噛まれずに可愛がりたいですよね。
生後1ヶ月のハムスターでも噛まれることは珍しい事ではありませんが、噛む理由は、環境が原因なこともあるようです。

  • ケージが狭い
    ハムスターは小さい生き物ですから、ケージも狭いもので良いと思われがちですが、充分な運動をさせる為にも、気持ち大きめのケージを選んであげましょう。
  • 身を隠せる場所が無い
    ハムスターの床材があれば、そこに潜って身を隠しますが、それ以外にも身を隠せる巣箱を用意してあげましょう。
    お家タイプや、どんぐりの形をした可愛いタイプなどがあります。
  • 住家が汚れている、またはキレイすぎる
    ハムスターは縄張り意識の強い生き物ですから、自分のニオイがする住家にしてあげると、安心します。
    とはいうものの、あまりにも汚れていると、ハムスターもストレスを感じてしまいます。
    逆に、掃除をマメにしすぎて自分のニオイが無いと、それはそれでストレスのようです。

噛むハムスターにしないために生後1ヶ月は人間との接し方にも注意

ハムスターの生後1ヶ月は、まだ赤ちゃんです。
とはいえ、多少の自我はありますから、慣れていない人が触ると「知らない人だ」と警戒して噛んでくることがよくあります。
だからといって、叩いたりするのは、絶対にやめてください。
人間が接し方に注意しないと、噛むハムスターになってしまいます。

自分では優しく接しているつもりでも、抱き上げる時に、急に持ち上げたり、あまりの可愛さに大きな声を出しながら接してしまうと、赤ちゃんハムスターにとっては、大きなストレスです。
いきなり持ち上げず、何日かかけて自分の手のニオイを覚えさせる事から始め、大きな声や音を立てないように、ソフトに接する事を心がけてください。

また、エサを手であげることも習慣付けておくと、「このニオイの人は、エサをくれる人だ」と学習し、触っても警戒しなくなります。

生後1ヶ月の噛むクセのあるハムスターには少しずつスキンシップ

人間でも、初対面の人がいきなり抱きついてこようとしたら、警戒しますよね。
それは、ハムスターも同じです。
いきなり触られて持ち上げられたら、防衛本能が働いて、その人の手に噛み付いてしまいます。
ですので、生後1ヶ月で噛むクセのあるハムスターには少しずつスキンシップするようにしましょう。

飼い始めは触りたい気持ちを抑えて、まずそっとしておき、ケージの環境に慣れさせることから始めましょう。
エサや水は、エサ箱やお皿においておくだけにします。
そして、2~3日経ってから、ケージの隙間からおやつをあげる感覚で、エサを一粒ずつ与えます。
それから4日から6日くらいで、ケージの中に手を入れて、直接手でエサをあげたり、手のニオイを嗅がせたりして、飼い主の手が怖くないと認識させましょう。
そして、1週間から10日ほど経ったら、手のひらにのせてみましょう。
真上や後ろから持ち上げると警戒しますので、ハムスターの前に手を置いて、のるようにうながして、上手くのったら、驚かせないようにゆっくりと持ち上げます。

ずっと回し車で遊ぶハムスターは大丈夫なの?

ハムスターによっては、せっかく用意した回し車で遊ぼうとせず、ウロウロ歩き回っている固体もいますが、ずっと回し車で遊び続けているハムスターも、それはそれで心配ですよね。
ハムスターがずっと回し車で遊び続けているのは、大丈夫なのでしょうか?

その答えは「大丈夫」です。
野生のハムスターは常にエサを探して走り回っていますから、ケージの中で飼われていると運動不足になってしまいます。
ですので、常に回し車で遊んでいても、ハムスター本来の体力を考えたら、自然な姿と言えます。
ただ、夜も回し車で遊ばれると音が気になると言う人は、音が静かなタイプの回し車もありますから、思い切って買い換えてみるのはいかがでしょうか。

なつくハムスターを育てるヒント

可愛いハムスターになついてもらう為にも、なつくハムスターを育てるヒントを見ていきましょう。

  • 縄張りを荒らさない
    ハムスターは縄張り意識が高い動物なので、そこに進入してくるものは敵だと見なします。
    ですので、可愛いからと言って、寝ている巣箱に手を入れて無理やりだしたりすると、あなたが敵だと思って、噛み付いて来る可能性が高くなります。
  • ストレスを溜めさせない
    ハムスターはストレスに弱い生き物です。
    縄張りを在らされる事だけではなく、暑さや寒さなど住む環境にも気を配らないと、大きなストレスになります。
  • お母さんと一緒に育てる
    人間の子供も、一人だけで、知らない大人と接することがあったら、きっと不安がりますよね。
    でも、もしそれが、自分の母親と一緒だったら、かなり安心出来ます。
    ハムスターも同じで、自分を産んでくれた母親と一緒に過ごせて、その母親が飼い主と仲良しだったら、赤ちゃんハムスター達も安心することでしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 動物・ペットのコツ