生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

毒親の介護。一人っ子にのしかかる介護の重圧から逃れなさい

2018.10.25

毒親の介護について。
ことさら、一人っ子なら、自分以外介護する人間はいないと考え、自分で自分を追い詰めてしまいがちです。

どんなことでも、自分で決めていいんです。
世間にはびこる『子どもなのに自分の親の面倒も見ないなんて』という呪いの呪文から解き放たれていいんです。

親だからといって、子どもに何をしても許されるわけではありません。
子どもだからといって、親に尽くさなければならないわけでもありません。

年老いた親を見放してもいいんです。
年老いた親を見放す決断を下す親子関係を築いたのはあなたではなく、親なのです。

親のことで苦しまなくてもいいんです。
親とは関わり合わないと決めたら、関わり合わなくてもいいんです。
そのかわり、幸せにならなくてはなりませんよ。
小さな幸せを感じられる生活を、手に入れてください。
手に入れていいんです。
あなたは、何も悪くありません。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

No Image

車は現金で支払いすると得?メリット・デメリットを紹介します

車は現金で支払いをしたほうが安くなる?車を買うときに現金で買う場合とローンを組む場合では値引き自...

No Image

木を切る方法をわかりやすく紹介!大きな木でも自分で切る方法

庭に植えた木が大きく成長して枝が邪魔になったり、リフォームなどで切る機会もあるでしょう。 自分...

No Image

親が過保護!社会人になったら親の過保護を受け入れないこと

親が過保護でいつまでも干渉してくるという人もいますよね。社会人になっても過保護な親から離れること...

No Image

大学中退の理由は面接で聞かれる!話す時のポイントと対処法

大学を中退した経験がある人は、就職活動の面接の時に大学中退の理由を聞かれることがあります。大学中...

No Image

ドラムは練習方法で初心者でもうまくなる。ポイントやコツとは

ドラムはどんな練習方法をすればうまくなることができるのでしょうか? では、初心者が上達する...

No Image

カレーに牛乳を入れて子供用にアレンジ!こんな簡単な方法が

大人も子供も大好きなメニューのカレー。 週末や給料日前はカレーというお家も多いのではないで...

No Image

ネオンテトラの水温には注意!夏場の水温上昇の対策とは

熱帯魚といったら「ネオンテトラ」がすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。 熱帯魚の専門店やホー...

No Image

片付け方法は?机を整理整頓するポイントとコツ・片付け方法

机の上が散らかっている、片付けたいと思っても良い片付け方法がわからないという人もいますよね。机の...

No Image

コンビニのサラダが栄養ないと言われているのは誤解です!

コンビニに行くといろいろなサラダが並んでいて、これで野菜不足が解消できる!と思っている人も多いで...

No Image

食欲と睡眠欲が止まらないときの対処方法とは

食欲や睡眠欲が止まらないのはどんなことが原因なのでしょうか? ついつい食べてしまう、どうし...

No Image

ETCのバーを破損すると弁償金額はどのくらい?ETCの通り方

ETCのバーを通過するときには、いつ上がるの?とドキドキしてしまいますよね。このETCバーを破損して...

No Image

簡単で美味しいスープレシピをご紹介!夜食としてもおすすめ

簡単で美味しいスープレシピを知っていると、いざというときに役立ちます! 夜食によし、朝によ...

No Image

性格が変わるきっかけを知りたい!変えたい自分となりたい自分

性格って変えられないって言うけど、そんなことありません。 変わるきっかけがあれば、変えることは...

No Image

犬が散歩中リードを噛む原因と噛まないようにしつける方法

犬を散歩するといつもリードを噛んできませんか? なかなか上手いように散歩もできず、飼い主の反応...

No Image

お風呂に入らないで寝るリスクとは?寝る前のバスタイムは大事!

「仕事で疲れてお風呂に入るのが面倒だし、今日はいいか!」とお風呂に入らないで寝ることもあるでしょ...

スポンサーリンク

毒親は介護を一人っ子の子どもにしてもらおうと当然のように考えている

独身の子供に対する親の介護負担です。親は子供に面倒を見てもらいたいと考えています。親からすると子供がいるか、いないかは老後を安心して暮らすための重要な要因です。子供がいないと、老後をどのように過ごすのか不安で仕方がありません。

親からすると老後の介護がかかっているので、子供を逃さないためにも色々な言動で子供が逃げれないによう捕まえておかなくてはいけません。「今まで育ててあげた恩を忘れたのか」「親のおかげで今のお前がいる」「親の面倒を見るのは子供の義務」など色々な言葉で子供の行動を縛ります、子供は毒親のことを拒絶することが出来ないので、心の中では嫌だと思っていても、断るという発想がなく従わなければいけない辛い時間を過ごします。そして自分の親にされたことを自分の子供にも当たり前いように要求する負の連鎖が続くのです。

毒親の介護問題。一人っ子だと、絶対に介護しなければならないの?法的には?

親の老後の面倒を見る義務はあるのでしょうか。扶養義務というのがあるので法律によって助け合いが必要になります。

民法によると直系血族及び、兄弟姉妹はお互いに扶養する義務があります。家庭裁判所は特別の事情がある時は、三親等内の親族間でも扶養の義務を負わせることが出来るとなっています。

しかし現状の法律によって義務化はできていません。例えば地区町村、入院先から連絡が来ても絶縁していることと伝え、扶養には出来ない、面倒を見ることは絶対に出来ないと断るとそれ以上は押し付けてくることはありません。

担当者によっても対応は異なるので、毒親に育てられたことをしっかり説明し、今は絶縁している、疎遠になっていると話しましょう。一人っ子で自分意外に介護する人がいない場合でも面倒をみたくないと思ったら断ってもいいのです。今までのことを思い出してみましょう。介護は想像している以上に大変です。

毒親の介護を放棄したい。一人っ子だから自分がしないと…。その義務感と罪悪感に折り合いをつけるには?

親との関係が上手く行っていなくて、介護に悩む一人っ子はたくさんいます。難しいのは自分の親が本当に毒親なのかという見極め。

亡くなっても関わりたくない程の毒親、少しぐらいは助けてあげようと思えるのか自分の気持ちを整理することが大切です。

各地域には高齢者の生活や介護の相談窓口の「地域包括支援センター」があります。まずはここと尋ねどのような支援をしてもらえるのか確認しましょう。幼い頃に虐待されていた、親が暴力を振るう、家族関係が悪いなどの事情は包み隠さず話しましょう。親と縁を切るのか、何か出来るのか相談員と話し合うことが大事です。縁を切る場合は、しっかり行政と繋いでおくようにしましょう。日常的に介護していたのにいきなり放棄すると、保護責任者遺棄罪などになる可能性もあります。

もし何か出来るとしたら、自分が関われる範囲と決めましょう。例えば親が施設に入った時は「面会には行かないけど、身元保証人にはなる」など具体的に決めておきましょう。

毒親にかかわり楽しくないなら自分人生を優先しましょう。逃げてもいいんです。そう考えると楽になります。

毒親の介護、しなくてもいいんです。あなたがしないと決めたらしなくてもいいんです

親の介護をしないといけないと思う理由

  • 親の世話をするのは人として当然
  • 親の世話をするのは子供の義務
  • 親の世話をしない子供は鬼

このような道徳観です。このような考えを持っている人は温かい親に育てて貰った人の意見だと思います。人としてまともな親に育てられた人は、毒親に育てられた苦しみを全く理解できません。自分の家庭環境や親との関係から「親は大事」「親に感謝」と言います。

だから「親だから介護するのは当たり前」というのです。しかし毒親に育てられた子供は「親だからこそ介護はしたくない」と言います。

実の親からどんな仕打ちを受けたか、どんなに酷いことをされたか、どれだけ心に傷がついたのか。「家庭」という逃げることに出来ないオリの中で理不尽な扱いを受けてきたのです。

介護は本当に大変なことです。精神的にも肉体的にも経済的にも大きな負担になります。毒親に苦しめられてきたのだから、これ以上苦しむ必要なんてありません。親の介護なんて出来ないと言えばいいのです。

毒親は介護を気楽に考える。一人っ子の子どもに介護してもらえると疑っていない

兄弟がいないことは子供からすると寂しいですが、親の愛情を独り占めすることができます。しかし兄弟がいると親には言えないことを相談したりするこもできます。1人っ子、兄弟がいる場合どちらにもいい所があります。

将来親の介護が必要になるとどうでしょう。そうなると1人っ子は大変ですよね。最近介護疲れという言葉をよく耳にします。介護は想像している以上に大変なんです。子供でも大変なのに、大きな大人の介護はそれはそれは大変です。お風呂はとても1人では入れることが出来ないことが多いので、介護サービスを利用する人が多いのです。しかし費用の問題もあります。在宅でも1人当たり3~5万円が相場になっていて、両親2人介護となると最低でも6万は必要になるのです。

兄弟がいるとみんなで負担することが出来ますが、1人っ子の場合は1人で負担しなければいけません。お金の準備や介護保険などについて調べておくようにしましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 未分類