生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

走行中のナビ操作が違反となる基準について解説!注意しよう

2018.10.25

走行中についナビ操作をしてしまうことってありますよね。その時は警察に見つからなかったとしても、この行為って実際には交通違反となるのか気になるところ。

メーカー純正のナビは走行中操作ができないようになっているけど、それ以外の走行中のナビ操作は少しだけでも違反となるのでしょうか?スマホのナビの場合は?

走行中のナビ操作が交通違反となる基準について詳しく説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

生活保護受給中の入院中の生活費は支給されるか?について検証

生活保護を受けなければならない生活の中で体調を崩し入院することになった場合、入院費や生活費は入院中も...

社会保険が未加入の時、告発したらどうなるの?教えて下さい!

あなたの会社は大丈夫でしょうか?社会保険に加入してますか? 社会保険未加入なんだけど・・・告発した...

事故の慰謝料について知りたい!主婦休業に休業損害は支払われる

事故にあってしまった時、相手に非がある場合は慰謝料を請求することが出来ます。専業主婦は仕事をしていな...

当て逃げで警察が捜査する場合としない場合の境目とは

駐車場に止めていて当て逃げされてしまったり、あるいは乗車中に当て逃げ被害に遭ってしまうこともあります...

子供同士のトラブル。対処の仕方や弁償の方法をご紹介

子供がいる家庭では、常に起こる可能性のある子供同士のトラブル。 学校や、お友達の家で遊んでいる...

足ギブスで運転してもいいの?運転してもいいかどうかの判断基準

足にギブスをつけて過ごすのはとにかく大変です。 特に車通勤している方にとっては毎日のことですから、...

ガソリンを入れる時エンジンは停止して!ガソリン給油中のルール

ガソリンスタンドでガソリンを給油する時、「エンジンをお切りください」という案内がありますよね。給油中...

交通事故にあってしまった!休業補償はあるの?専業主婦の場合

もしも交通事故にあってしまったら?休業補償や慰謝料って専業主婦でも受け取ることができるの? 交...

生活保護世帯での入院費やオムツ代の費用の仕組みについて

やむを得ない状況で生活保護世帯となってしまった場合、突然の病気などで入院を余儀ない生活となってしまっ...

報酬がある場合は確定申告をするの?報酬と所得の違いを知ろう!

報酬を受け取っている場合、確定申告をする必要があるのか頭を悩ませている人もいるかと思います。 ...

ETCのバーを破損すると弁償金額はどのくらい?ETCの通り方

ETCのバーを通過するときには、いつ上がるの?とドキドキしてしまいますよね。このETCバーを破損して...

駐車違反の反則金の納付書はいつ届く?その流れを教えます

「ほんのちょっとだけ…」そう思って車を停めたものの、戻ってきたら駐車違反のステッカーが貼られていると...

高速のトラブルで停止する際に三角表示板がないと違反になるのか

三角表示板を積んでいる車は少ないと思いますが、高速道路で緊急停止する際、この三角表示板がないと違反に...

キラキラネームを後悔!でも改名は出来る!その方法を紹介

キラキラネームって知っていますか? 子どもの名前で、見ただけでは読むことが出来ない個性的な名前...

子供名義の貯金口座は作るべき?その必要性とトラブルの可能性

子供が貯金するための口座は、子供名義で作った方がいいのでしょうか。 将来の学費のために親が子供...

スポンサーリンク

走行中にナビ操作すると交通違反となるの?

走行中にナビやテレビを操作したり見てしまってはルール違反になり禁止されています。

●道路交通法第71条第5号の5

(第1~第5号の4まで省略)

・自動車又は原動機付自転車を運転する場合においては、当該自動車などが停止しているときを除き携帯電話用装置、自動車電話用装置その他無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信受信のいずれをも行うことができないものに限る。第120条第1項第11号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第120条第1項第11号において同じ。)のために使用し、又当該自動車などに取り付けられた若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものをの除く。)に表示された画像を注視しないこと。

道路交通法第71条より

認められていない「画像表示用装置」

カーナビやテレビなど
走行中であれば、スマホを使う事だけではなく、ナビやテレビの操作をしたり見ている事も違反とされているという事です。

認められている「道路運送車両法41条第16号、同条17号、同法第44条第11号に規定する装置」

  • ワイパー
  • ルームミラー
  • 走行距離計
  • 速度計などの計器

あくまでも走行中の事ですので、信号が赤で走行していない時など停止している時には操作したり見ていても合法という事です。

操作が必要になったら安全なところで停止し決められたルールを守りましょう。

走行中のナビ操作で違反となる「注視」とはどこまで?

道が分からない時などでカーナビを見たい時もあるかもしれませんが、走行中であれば見ないようにしないといけません。

注視といっても、「注視」とはどの位見る事を示すのでしょうか。

人によってはチラ見の程度なら大丈夫という意見や、2秒以内という意見もありますが、画面上のワンタッチだけの操作だけでも、1秒や2秒程度見るだけでも違反となってしまう事もあるようなので注意しましょう。

見なくても出来るハンドルの近くにボタンがついているような操作でしたら大丈夫になる可能性があったりと、そのものにも違いますが、少しでも画面など他のところを見ながら操作しないといけないものでしたら、ちょっとの時間でも違反行為となってしまう可能性も高くなってしまいます。

道が分からないところに行く時は前もって音量が聞こえるように設定しておいたり、その時々によって停止できるように工夫しましょう。

走行中のナビ操作は違反だけど、テレビを見ることも違反となるの?

走行中のナビの操作や、スマホの操作は違反になりますが、テレビはどうなのでしょうか。

テレビも「注視」しなければ大丈夫であるようです。

テレビを見ていた事によっての注視にも2秒以内と言われており、チラッと見る位なら罰則にはならなかったりします。

カーナビもテレビと同じになりますが、もしもこれがスマホのテレビやナビでしたらスマホの操作として違反になり罰則がかかってしまいます。

走行中にスマホの操作や通話をしていると、交通違反になり罰則がかかるのですが、スマホでナビなどを見ているだけでも取り締まりの対象になる事があります。

スマホを使用する際にも、車に固定できるものが市販されていますので、通常のカーナビなどのように固定し、注視しないようにしましょう。

走行中にナビ操作できない純正のカーナビを制限解除することは違法になる?

純正のカーナビには走行中に操作できないように制限がかかっていますが、この制限を解除する事ができる方法もあります。

「ナビ・キャンセラー」
「テレビ・キャンセラー」

などというものが市販されていて、様々な車種や機種にも使用できるようになっています。

運転手が走行中に操作をしなくても、助手席の人が操作する事も可能になります。

しかし違法になってしまう事もありますので、やはり注意が必要です。

●道路交通法の第七十一条 五の五

・自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、(中略)当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。

走行中にナビやテレビを注視しては違反とされていますので、キャンセラーを使用して注視したとされればルール違反になってしまいます。

改造のうちに入りますので、もしかしたらメンテナンスも受けられなくなってしまう事もあるかもしれません。

スマホのナビ操作も違反になる?その基準は?

走行中のスマホの操作は違反になります。
しかし、「スマホをナビとして使用したい」という場合は、使い方によってはスマホでナビとして使用しても大丈夫な場合があるようです。

スマホをナビとして使用する場合の注意点

  • 操作などでスマホを手に持たない
  • 車にきちんと固定する
  • 運転に支障がないようにする
  • 走行中に操作しない

スマホホルダーなどに設置して固定していても、走行中に操作してしまう事は認められていませんので注意して下さい。
カーナビなども運転中の操作は認められていませんので同様だと思います。

走行中にも使えるのは、助手席の人が使用できるようになっているのかと思っていますので、走行中に手に持って使用したり、注視したりしないように、使用する際には運転に支障がないよう安全を心がけましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 経済・法律のコツ