生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

雨で洗車をする意味とメリットや運転を快適にするには

2018.10.24

雨が降っていると洗車をするのも面倒になってしまいませんか?

では、雨の日の洗車って意味があるのでしょうか?雨の日洗車のメリットとは?

また、雨の日の運転も快適にするためには、どんな工夫をしたらいいのでしょうか?オススメは?

そこで、雨で洗車をする意味とメリットや運転を快適にするための洗車のススメなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大掃除に重曹と酢を利用して家中をピカピカに!

大掃除にたくさんの洗剤を駆使していませんか?重曹と酢だけでしつこい汚れもキレイに落とす事ができますよ...

じゃがいもレシピをご紹介!簡単にお家で出来ちゃいます!

じゃがいもって家にあることが多い食材のひとつですよね。 このじゃがいもとシンプルな食材を合わせ...

No Image

新車のオイル交換のタイミング!目安の時期や走行距離はコレ!

新車を購入した時は、メンテナンスもしっかりと行って車の状態を保ちたいですよね!新車のオイル交換のタイ...

夫と旦那の正しい使い分けについてを説明します!

結婚したら相手をなんて読んだらいいのか悩みますよね。 夫、旦那、主人、など。どの呼び方が正しい...

貧乏だから節約するって変!家計簿はつけただけでは意味がない

貧乏って何ですか?貧乏だから節約するの?それとも貧乏にならないために節約するの? 貧乏と節約を...

退去費用の一般的な相場はどのくらい?相場事情をご紹介!

住んでいた賃貸住宅を退去する時には、かならず退去費用が請求されます。 その時にかかる退去費用の...

領収書の保管はいつまで?家庭での保管方法をご紹介!

領収書などの書類の保管どうしていますか?会社なら期限が明確に決められていますが、家庭となると困ってし...

水槽をリセットする方法!コケの発生を抑える注意点と掃除方法

水槽内がコケでいっぱい!思わず水槽の中すべてをリセットしたい!と思う人も多いのではないでしょうか。 ...

足のサイズを小さく見せる為に!今日から出来ることをご紹介

足のサイズが大きい人というのは、なんとか小さく見せたいと思いますよね。 足のサイズを小さく見せ...

コバエが大量発生して窓が開けられなくなる前にやること

コバエが大量発生していた経験ありませんか?大量に発生していたら窓もあけれない状態になりますよね。 ...

車のフロントなどの雪かきはどうやる?傷つけたくない方必見です

雪が車に積もると、車の雪下ろしが必要ですよね。 フロントの雪かきは、氷を無理に取ろうとすると傷...

しゃっくりを止める方法は耳に指を入れる!?その他もご紹介!

しゃっくりを止める方法というと、息を止めたり、水を飲んだりと様々な方法がありますよね。 ちなみ...

部屋の湿度の平均は?湿度を上手にコントロールしよう!

部屋の湿度の平均ってどの位?適した湿度は私たちの健康にも大きく関係しているようです。 また湿度...

父親と娘でお風呂に入るのは何歳まで?実は気を遣っているパパ

父親と幼い娘が一緒にお風呂に入っているようすは円満なファミリーの一場面。微笑ましい…と思うのは日本だ...

詰め替えボトルを洗わないとどうなる?雑菌を繁殖させないために

詰め替えをする時は、ボトルを洗って、しっかりと乾かしてから、詰め替えのシャンプーやボディーソープを入...

スポンサーリンク

雨の日の洗車って意味あるの?

「洗車する!」と決めていた日に雨が降ってしまうことありますよね。
せっかく洗車しても、雨で塗れてしまったら意味がないようにも思えます。

ガソリンスタンドの洗車機を使う予定の場合には、雨でも行く事が出来ますが、なんとなく「雨だから別の日に」と思ってしまいます。

雨の日の洗車のメリットの意味について

車の塗装にとっては晴天よりも雨の日の方が優しい

夏のとても天気の良い日などは、洗車日和だと思ってしまいますよね。
でも、直射日光で車は結構熱くなっています。
高温なのに水をいきなりかけると、塗装を痛める原因になってしまうんです。
雨の日にはそんな心配はいりません。
もし、天気の良い日に洗車したいなら、塗装のことを考えるなら早朝や夜間がおすすめです。

こびりついた虫の死骸などの汚れは、雨で濡れている方が取れやすい

山道を走ったあとなどは特に、フロントガラスやノーズ周りなどに虫の死骸がたくさんこびりついていますよね。
すぐにとればいいのでしょうが、乾燥してしまったものはなかなか取れません。
乾燥したまま洗車機に入れても、まずとれないでしょう。

雨の日の洗車にも意外にメリットがありますね。

雨の日の洗車の意味は?雨の日洗車のメリット

雨の日に洗車をしようと思いつく人は少ないかも知れません。

ですが、雨は天然のシャワーみたいなものです。
雨の汚れが浮き上がっている状態なので、乾いている状態で洗車するよりも簡単に汚れを落とす事が出来るでしょう。

ただし、雨の強さによっては砂などがまだついているかもしれません。
傷を心配するなら、洗車前にはしっかり一度水で流して洗浄するのがおすすめです。

雨の日のメリットは先ほどもご紹介しましたが、まだあるのです。

洗車をしたあと、皆さん水分をふき取りますよね。
ふき取らずにいると、残った水に埃などの汚れがついて乾燥して、雨ジミと呼ばれるものになってしまうからですよね?

ですが、雨が降っていたら、この工程は省くことができます。
面倒くさがりの人には、雨の日はおすすめの洗車日和となることでしょう。

洗車は雨の前が効果的?その意味は?

雨の日に車に乗ると、走行中に水や泥がはねて車が汚れてしまいますよね。
ですが、乗らずに置いていても汚れがついていませんか?

全く動かしていないのになぜ汚れがつくのでしょう?

実は雨が降る前から車についていた汚れが、雨ジミを引き起こしています。
汚れていると雨水は上手に流れることができません。
あちこちに引っかかってしまうのです。
そして、そこに大気中の埃や砂が付着します。
水滴が蒸発した後には、埃や砂が残って、雨ジミとなるのです。

この雨ジミを予防するには、車を綺麗に洗って雨水を弾く事が大事なのです。

そういう点から、雨の前の洗車はとても効果的と言えるでしょう。

洗車だけではなく、ワックスがけや撥水加工をすると尚良いです。
雨水が車のボディに引っかからずに、上手に弾かれて流れてしまう状態にすることが、雨ジミの予防になります。

また、雨の前に洗車しておけば、綺麗なボディになっているので、雨上がりの手入れも楽になります。

コーティングをすれば、雨の日の運転も快適!

雨の日の運転は憂鬱ですよね。

雨の量にもよりますが、ザーザー降りの時にはどうしても視界が悪くなってしまいます。
特にフロントガラスは、水を弾くのと滲むのでは見やすさが全然違います。
雨の日には、水を弾いてくれる事が快適運転につながりますよね。

雨を弾くためにはコーティングがおすすめです。
コーティングを施工しておけば、撥水効果があるので雨の日の運転の快適性も得られます。
錆や紫外線からも愛車を守ってくれますし、洗車も格段に楽になるのです。

雨の翌日に雨ジミに悩まされていませんか?
それは、車のボディーが汚れて雨が上手に流れていないのです。

コーティングをすれば、その撥水効果で雨水も流れやすくなりますので、残った雨水に埃や砂が付着するのを減らすことが出来るでしょう。

愛車は常にピカピカにしておきたい人には、特におすすめです。

雨の日でも洗車をこまめに楽しもう!

「○○が洗車をすると、すぐ雨が降る」と言われていた友人を思い出します。

ピッカピカに磨き上げたのに、雨にぬれると残念な気分になってしまいますが、雨上がりの事を考えたら、とてもいいタイミング洗車ですよね。

雨の前に水洗いだけではなく、ワックスやコーティング剤などでしっかり磨き上げれば、それは雨が降っても十分意味のある行為です。

磨き上げられたボディーは雨水を弾くので、汚れもわずかしか残りません。
何より洗車の努力が報われて、雨をしっかりと弾く愛車の姿は、頑張ったあなたの心を晴れ晴れとさせることでしょう。

また、雨の真っ只中でも、雨上がりの事を考えれば十分有意義な時間となるのではないでしょうか。

何より雨の日には水分をふき取る工程を省けるというメリットがあるのです。
水分をふき取る作業は、重労働です。
それを省けるだけでも、雨の日に洗車をして良かったと思えるのではないかと思います。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ