生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

クッキーはこのコツでサクサクに美味しく作ることができる

2018.10.22

クッキー作りはコツやポイントを掴めば、初心者でもサクサクに美味しく作ることができます。

では、クッキーがサクサクにならない原因とはどんなことでしょう?どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

また、サクサクのクッキーを作るにはどうしたらいいのでしょうか?そのコツやポイントとは?

そこで、クッキーがサクサクにならない原因やサクサクのクッキーを作るコツやポイントなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

北海道は夫婦旅行に最適!おすすめスポットをご紹介♪

北海道は夫婦の旅行先としても大変人気があります。広く遠くまで見渡せる大地をドライブするだけでも楽しめ...

車線変更をした時に接触事故。バイクと車について

車で車線変更した所、その車線にいたバイクと接触してしまい事故・・・。なんてことありませんか? ...

料理を失敗したら捨てる?でも実際に捨てちゃう人は少数派!

私もつくり慣れた料理でも失敗する時がありますし、新しい料理に挑戦した時も大失敗する事が良くあります。...

新築のフローリングを白にする時のメリット・デメリット

新築の場合、フローリングを白っぽくするか、ダークな感じにするのか迷ってしまいますよね~。 失敗...

No Image

新車のオイル交換のタイミング!目安の時期や走行距離はコレ!

新車を購入した時は、メンテナンスもしっかりと行って車の状態を保ちたいですよね!新車のオイル交換のタイ...

ほうれん草はお弁当に便利!冷凍が便利なおかずレシピもご紹介!

お弁当は手早く簡単に作りたいもの。 茶色いおかずが多くなりがちなお弁当の彩りんはほうれん草を使...

食パンとマヨネーズは相性抜群!のせて焼くだけ簡単レシピ

マヨネーズは、肉も野菜も魚介類もいろんな食べ物との相性がすごく良いですよね! 私もマヨネーズが...

たこ焼きの生地のアレンジ方法やおすすめレシピをご紹介

たこ焼きの生地だけが余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにはこのようなアレンジ方法がおす...

車のキーレスを紛失してしまったときの対処方法や必要費用

車の電子キーを紛失してしまったときには、どうしたらいいのでしょうか? まずは、もう一度ゆっくり...

料理のレパートリーを増やす方法は簡単だった!調味料の使い方

毎日の献立で悩んでいませんか? 肉・魚・野菜とバランスの良い食事を摂りたいものですが、料理のレ...

フライパンの焦げが外側!?頑固な汚れはこうやって落とそう

フライパンにつく焦げ、しかも外側につく汚れや焦げはなかなか落ちません・・・。 でもそんな焦げを...

アクリルとガラス、水槽を選ぶ場合の基準を教えます!

観賞魚を飼育しようと思ったものの、水槽をアクリルにするかガラスにするか悩む人も多いでしょう。 ...

ライブの荷物はどこに置く?指定席は自分の席に置いてもOK

好きなアーティストのライブが間近に迫っている!楽しみで夜も眠れないという人もいるでしょう。 初...

キャベツチャーハンを卵なしで作ろう!そのコツを教えます

冷蔵庫に残っているキャベツを使ったチャーハンっておいしいですよね。 チャーハンに欠かせないもの...

No Image

雨の日の釣りはアジが釣れるのかメリットや注意点とは

雨の日に釣りをするという人も多いかもしれませんが、アジも雨の日に釣ることができるのでしょうか? ...

スポンサーリンク

クッキーがサクサクにならない原因は?コツはあるの?

サクサククッキーって美味しいですよね!クッキーは味だけでなく、食感も出来上がりを左右する一つです。

ではサクサククッキーを作るコツはあるのでしょうか?サクサクにならない原因は?

クッキーをレシピ通り忠実に再現すること

同じ砂糖ならグラニュー糖を使わなくてもいいよね?小麦粉も自分のお家にあるものを使っちゃえ!そうなってくると、クッキーは出来上がりますが、食感が違ってきます。

サクサクよりも硬かったり、柔らかかったりとレシピに書いてある食感にはならないのです。

またトッピングの水分が関係している場合もあります。食感までレシピどおり忠実に再現したいのであれば、材料や分量、作り方、しっかりとレシピと同じように作る事!それがコツです。

クッキーがサクサクに作るには?そのコツとは

クッキーに使う小麦粉について

上記でレシピどおり忠実に!とお話しましたが、小麦粉にポイントを当ててみましょう。

小麦粉は薄力粉、中力粉、強力粉とあります。その違いはたんぱく質の量です。小麦粉をそれぞれに向いている料理があるので、分けて使うのが一般的です。

パンのようにモチモチさせたいのであればグルテンが多い強力粉、軽い仕上がりがポイントのお菓子を作るのなら薄力粉です。

これを反対に使ってしまうと、サクサクのクッキーは出来上がらないのです。

クッキーの打ち粉には強力粉を使うのはなぜ?

そこにもちゃんとした理由が存在します。

薄力粉は粒子が細かいため、打ち粉に使うと生地に吸着しやすくなってしまい、割合が違ってきてしまうのです。

そうなると、そこまではレシピに忠実に作っていても、打ち粉を変えてしまうだけで食感が変わってしまう可能性が出てきます。

そんなところにもコツが存在しているんです。

サクサクのクッキーを作るコツやポイント

クッキーの油分について

サクサククッキーを作るコツは、それだけではありません。砂糖、小麦粉の種類についてお話しましたが、油分の量や種類によっても違いがあります。

私も色々なレシピを試して見ましたが、油分を多く含んだもののほうが食感が軽くサクサクします。

また油分もバター、マーガリン、ショートニングとレシピによって様々です。レシピと違う油分を選択してもクッキーは出来上がりますが、やはり食感には違いがあります。

忠実に作ることが一番です!とはいっても油分に含まれている成分が気になる方もいらっしゃいますよね。

そんな時は、自分が好みの油分を使っているレシピを探しましょう。どの油分でもサクサククッキーの作り方を探す事が出来ます。

砂糖、小麦粉、油分についてサクサククッキーのコツについてお話してきました、まだまだポイントがあります。次は材料の混ぜ方についてのコツをご紹介します。

初心者でもできる!サクサククッキーのコツ

クッキーを作る時にはバターをクリーム状に練ること

そう最初に書かれているレシピがほとんどです。

冷蔵庫からバターを出し忘れたからといって、液状になるまでレンジにかけてしまうと食感が変わるので注意をしましょう。

バターがクリーム状になったら、砂糖を入れていきます。サクサクを目指すなら砂糖はグラニュー糖がオススメです。またレシピにもグラニュー糖と書かれているはずです。

この時の混ぜ加減は、フワフワになるように、ケーキのバタークリームのようなホイップ上を目指します。

そこに少しずつ溶き卵を入れていきますが、この時生地と卵が分離をしてしまっても失敗ではありません。混ぜるうちになじみますし、最終的には小麦粉を入れると馴染むので大丈夫です。

ここまでは割りとしっかり目に混ぜてきた材料ですが、薄力粉は混ぜすぎ禁物!混ぜすぎるとグルテンが出て、サクサクではない仕上がりハードめなクッキーになってしまう可能性があります。

ひとまとめになればOK!この時軽く混ぜるために、小麦粉をふるいにかけていないとだまが残ってしまいます。必ずふるいにかけた小麦粉を使ってください。

ここまでがサクサククッキーを作るための、混ぜ合わせのコツです。

アイスボックスクッキーがこのコツでサクサクに!

油分が比較的多い搾り出しクッキー

その名の通り生クリームなどを絞る時の絞り袋を利用して、クッキーを作ります。これならあまりクッキーの厚さを気にすることがありません。

しかし四角い形に成形をして、カットをしていくアイスボックスクッキーなら、その厚さにもサクサクになるコツがあります。

厚すぎても薄すぎてもダメなんですよね。薄すぎるとカリカリな食感に、厚すぎるとふんわり半生タイプの仕上がりになってしまいます。

こちらもやはりレシピどおりの厚さに目安にして、カットするのが一番です。

もちろん型で抜くタイプのクッキーも同じ厚さになるように、生地を均一に伸ばす事がポイントになります。

ちなみにサクサクではなく、ザクザクにするには、クッキーの周りにグラニュー糖をまぶすとザクザクの仕上がりになりますよ。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ