生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

カレーの保存方法で鍋ごとでもできる注意点やポイント

2018.10.17

カレーってたくさん作って何度でも楽しみたいという人も多いのではないでしょうか?

では、余ったカレーを保存するにはどんな保存方法がいいのでしょうか?鍋ごとでも保存はできるの?

また、カレーを保存するときの正しいポイントとはどんなことでしょう?注意点とはどんなこと?

そこで、カレーの保存方法で鍋ごとでもできる注意点やポイント、さらにカレーのアレンジレシピについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

重曹の食用はどこの売り場で購入できる?重曹の特長も紹介!

お菓子作りをしたくて重曹を探しているけど・・・食用の重曹はどこの売り場にあるのでしょうか? どんな...

クッキーを作るのにオーブンなしでも簡単に作れる方法

クッキーを作る時にオーブンなしだと作れないと思ってはいませんか?実はオーブンがなくても簡単に作れる方...

水草が枯れる原因はナゼ?正しく対処し、魚が住みやすい環境を

水草は水槽内をキレイに見せてくれる役目をしてくれる他、光合成で酸素を出してくれたなど、無くてはならな...

車のエンジンから聞こえるキュルキュル音の原因と対処法とは

車を運転している時にエンジンルームからキュルキュル音が聞こえると「故障かな?」と心配になりますよね。...

雨で洗車をする意味とメリットや運転を快適にするには

雨が降っていると洗車をするのも面倒になってしまいませんか? では、雨の日の洗車って意味があるの...

トイレの消臭をしたい!アンモニア臭を消す方法

掃除をしているのにトイレに入ると「アンモニア臭」が気になる事ありませんか? 気になるアンモニア...

コンビニのサラダが栄養ないと言われているのは誤解です!

コンビニに行くといろいろなサラダが並んでいて、これで野菜不足が解消できる!と思っている人も多いでしょ...

車内の匂い、香水で良い香りを持続するための効果的な方法

車内の匂いって気をつけていても臭いが染み付いていることってありませんか? では、車内の匂いを消...

No Image

ほうれん草の味噌汁を美味しく食べないならアク抜きは必要です

ほうれん草を味噌汁に入れる場合、アク抜きした方がいいのかどうか迷ってしまいますよね。 そもそも...

一人暮らしで実家の近く住むとこんないい事もあります

一人暮らしをしたいけれど不安!という方は、まずは実家の近くから始めてみるのはどうでしょうか?こんなメ...

車の契約を取り消したい。車を買う時はこれだけは覚えておこう!

車の購入を決意したけど、やっぱりやめたいというような悩みを持っている方はいませんか? 車の契約...

味噌汁の美味しい作り方を紹介!簡単に一人分が作れるのは味噌玉

味噌は体にいい食べ物なので、出来れば味噌汁は毎日食べたいものですね。 味噌汁を作ろうと思っても...

パンの発酵が上手く行かないと、膨らまないパンが出来る!

パンを作る時、発酵してる時の膨らみを見るのって楽しいですよね。 でも上手く膨らまない時も・・・...

学生の一人暮らしで不安な事や、対策方法を紹介します

進学や就職で、一人暮らしを始めるという学生や社会人の方も多いでしょう。 一人暮らしは楽しみ?そ...

野菜たっぷりうどんを食べて風邪を予防する方法

風邪をひいたときには消化の良い食べ物が一番ですが、消化の良い食べ物と言えばうどんですよね。 う...

スポンサーリンク

カレーの保存方法とは?鍋ごとでも大丈夫?

たくさん作って次の日も食べたいカレーですが、気になるのが保存方法ですよね?

このカレーを保存する時、鍋ごとでもいいのでしょうか?それとも容器に移し替えたほうがいいのでしょうか?

冷蔵庫に鍋ごと入れる事ができるスペースがあれば、保存は鍋のままでもOKですよ!
鍋を冷蔵庫に入れる余裕がないという人は、タッパーなどの容器に移し替えるといいでしょう。

タッパーに入れる時は、ラップをひいてから入れると、色がタッパーに付かなくていいですよ!

冷蔵庫で保存した場合の賞味期限は、2~3日です。また、冷凍保存した場合の賞味期限については約1ヶ月になるでしょう。

カレーを冷凍保存するときは、じゃがいもに注意です。冷凍保存する前に、つぶしてください。
そのままでは、解凍して食べる時にはカスカスになって美味しくないですよ!
解凍する場合は、前日に冷蔵庫に入れてください。そしてレンジで加熱するか、鍋にうつして温めてださいね。

カレーの保存方法の注意点!鍋ごとまずは冷やすこと

カレーを保存する時にはいくつか注意してほしい事があります。

鍋に残ったカレーを保存する時は、まず鍋ごと氷水につけて冷やしてください。
ゴムベラで混ぜて早く冷やしてくださいね。これで、菌の増殖を抑える事ができますよ。

カレーが冷えたら、鍋ごと冷蔵庫に入るのであればそのままでも良いのですが、鍋の中を次の日も全部食べ切れる量ではない場合、次の日の分のカレーをタッパーなどに移して保存してください。そして、その他は冷凍保存しましょう。

冷凍する時は、氷水に鍋ごとつけて冷やしたカレーを、小分けにしてジップロックなどの保存袋にいれましょう。
平らにする事で、早く冷凍もできて、解凍にも時間がかからないのでいいですよ!

また、先ほどもお伝えしましたが、カレーの具のじゃがいも、そしてにんじんもつぶしてから冷凍するといいですよ!
にんじんは、水っぽくなってしまうのでじゃがいも同様つぶしてください。

カレーの保存方法のポイントは?鍋ごと常温はダメ!

カレーを保存する時に気をつけてほしいのは、菌の繁殖を防ぐ事です。
このためのポイントを紹介します。

まず、鍋ごと常温で保存しないでください。
常温で保存していると、菌が繁殖してしまいます。
だから、常温保存は決してしないでくださいね。
また、菌を繁殖させないように、できるだけ早く冷やすようにしましょう。

冷やさないと、カレーは菌が繁殖しやすい温度になっているので、すぐに冷ましてほしいのです。

そして、次の日食べるのなら、タッパーなどにいれて冷蔵庫にいれて保存してください。先ほども言いましたが、ラップを敷いてからカレーを入れてもいいですよ!
タッパーを洗うのも簡単になりますよね!

次の日以降食べるカレーについては、菌の繁殖を抑えるたえに冷凍保存してください。
そして冷凍したカレーを解凍して食べる時には、鍋でよくかき混ぜながら温めてください。

カレーの正しい保存方法!保存しておいたカレーの温め方

カレーの保存方法について、今までお伝えしてきました。
菌の繁殖を防ぐために、常温で保存する事はNG、鍋ごと氷水につけて冷やす事、そして、次の日以降に食べるカレーについては、冷凍保存という事でしたよね!
冷凍する時は、早く冷凍もできて、解凍に時間がかからないように平らにして保存袋にいれましょう!

では、保存してあるカレーの温め方について詳しく説明します。

冷蔵庫で鍋ごと保存してあったのなら、そのまま加熱してください。

また、冷凍の場合は、冷蔵庫で自然解凍をしてから温めます。温める時は、レンジではなく鍋で温めるようにしましょう。

レンジで温めると、ムラができやすくて、十分に温める事ができないでしょう。
なので、鍋でちゃんと温めてくださいね。弱火でゆっくり、そしてよく混ぜながら全体を加熱してください。

作り置きカレーのアレンジレシピ!

たくさん作り置きしたカレーを、ご飯にかけて食べるだけではなく、たまにはカレーうどんにしてみませんか?

作り置きのカレーを使った、カレーうどんのレシピを紹介しますよ!

カレーうどんの作り方(1人前)

材料は、ゆでうどん1人前と、水が100~150ml、粉末ダシ小さじ1/4、きざんだネギが適量と、作り置きカレー1人前です。

温めた作り置きカレーに、水と粉末だダシを入れてください。味をみて調整してくださいね。

カレーつゆが簡単に出来上がりです。後はうどんを茹でてカレーつゆを注ぎ、ネギをのせてできあがり!

カレードリアの作り方(1人前)

材料は、ごはん1人前、トマト半分、ピザ用チーズ適量と、作り置きカレー1人前です。
耐熱皿にご飯を入れて、温めたカレーをかけてください。
そして、その上にカットしたトマトと、チーズをかけてこんがりと焼き色がつくまで焼きましょう!

作り置きカレーは色々活用できるので、あなたも挑戦してみてはいかがですか?

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ