生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

カレーの保存方法で鍋ごとでもできる注意点やポイント

2018.10.17

カレーってたくさん作って何度でも楽しみたいという人も多いのではないでしょうか?

では、余ったカレーを保存するにはどんな保存方法がいいのでしょうか?鍋ごとでも保存はできるの?

また、カレーを保存するときの正しいポイントとはどんなことでしょう?注意点とはどんなこと?

そこで、カレーの保存方法で鍋ごとでもできる注意点やポイント、さらにカレーのアレンジレシピについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夏は自然の癒しが欲しい!おすすめ夏の自然スポットをご紹介

夏は自然に溶け込み日頃の疲れから解放されたい!そんな風に感じることはありませんか? 夏の自然の癒し...

足のサイズを小さく見せる為に!今日から出来ることをご紹介

足のサイズが大きい人というのは、なんとか小さく見せたいと思いますよね。 足のサイズを小さく見せ...

父親と娘でお風呂に入るのは何歳まで?実は気を遣っているパパ

父親と幼い娘が一緒にお風呂に入っているようすは円満なファミリーの一場面。微笑ましい…と思うのは日本だ...

夫の小遣いが8万!多いのか少ないのかは年収次第・・・

夫には毎月お小遣いを渡しています、という家庭は多いといいます。 みんなはどのくらいもらっている...

住民票のコピー、写し、原本は別物?その違いをご紹介します

何かの手続きをする際に、住民票が必要になることがありますよね。 その際に「住民票の原本」「住民...

包丁の使い方のコツを知って料理上手になろう!

包丁の使い方を間違っていませんか? 包丁は使い方一つで食材の味や見た目も違います。 包丁の使...

じゃがいもレシピをご紹介!簡単にお家で出来ちゃいます!

じゃがいもって家にあることが多い食材のひとつですよね。 このじゃがいもとシンプルな食材を合わせ...

車の契約を取り消したい。車を買う時はこれだけは覚えておこう!

車の購入を決意したけど、やっぱりやめたいというような悩みを持っている方はいませんか? 車の契約...

ラムネはレモネード?お菓子のラムネを英語で言うとこうなる!

子供の頃、誰しも食べた記憶があるお菓子のラムネ。もちろん、ジュースのラムネを模して作られたお菓子なの...

玉ねぎをすりおろしたら苦い!苦みや辛みの改善法や抑える方法

玉ねぎはタレやドレッシング、ソースにすりおろして使う人も多いと思います。 すりおろした玉ねぎを...

一人暮らしの部屋が実家に近い!?メリットとデメリット

実家の近くに一人暮らしする必要はあるのでしょうか? 学校や職場が近ければ実家から出る必要性を感...

車内の匂い、香水で良い香りを持続するための効果的な方法

車内の匂いって気をつけていても臭いが染み付いていることってありませんか? では、車内の匂いを消...

車のキーレスを紛失してしまったときの対処方法や必要費用

車の電子キーを紛失してしまったときには、どうしたらいいのでしょうか? まずは、もう一度ゆっくり...

小麦粉の保存は密封ケースと冷蔵庫で!常温保存は危険です

開封後の小麦粉はどうやって保存していますか? まさか輪ゴムで止めて常温保存? 実はきちんと密封...

新築のフローリングを白にする時のメリット・デメリット

新築の場合、フローリングを白っぽくするか、ダークな感じにするのか迷ってしまいますよね~。 失敗...

スポンサーリンク

カレーの保存方法とは?鍋ごとでも大丈夫?

たくさん作って次の日も食べたいカレーですが、気になるのが保存方法ですよね?

このカレーを保存する時、鍋ごとでもいいのでしょうか?それとも容器に移し替えたほうがいいのでしょうか?

冷蔵庫に鍋ごと入れる事ができるスペースがあれば、保存は鍋のままでもOKですよ!
鍋を冷蔵庫に入れる余裕がないという人は、タッパーなどの容器に移し替えるといいでしょう。

タッパーに入れる時は、ラップをひいてから入れると、色がタッパーに付かなくていいですよ!

冷蔵庫で保存した場合の賞味期限は、2~3日です。また、冷凍保存した場合の賞味期限については約1ヶ月になるでしょう。

カレーを冷凍保存するときは、じゃがいもに注意です。冷凍保存する前に、つぶしてください。
そのままでは、解凍して食べる時にはカスカスになって美味しくないですよ!
解凍する場合は、前日に冷蔵庫に入れてください。そしてレンジで加熱するか、鍋にうつして温めてださいね。

カレーの保存方法の注意点!鍋ごとまずは冷やすこと

カレーを保存する時にはいくつか注意してほしい事があります。

鍋に残ったカレーを保存する時は、まず鍋ごと氷水につけて冷やしてください。
ゴムベラで混ぜて早く冷やしてくださいね。これで、菌の増殖を抑える事ができますよ。

カレーが冷えたら、鍋ごと冷蔵庫に入るのであればそのままでも良いのですが、鍋の中を次の日も全部食べ切れる量ではない場合、次の日の分のカレーをタッパーなどに移して保存してください。そして、その他は冷凍保存しましょう。

冷凍する時は、氷水に鍋ごとつけて冷やしたカレーを、小分けにしてジップロックなどの保存袋にいれましょう。
平らにする事で、早く冷凍もできて、解凍にも時間がかからないのでいいですよ!

また、先ほどもお伝えしましたが、カレーの具のじゃがいも、そしてにんじんもつぶしてから冷凍するといいですよ!
にんじんは、水っぽくなってしまうのでじゃがいも同様つぶしてください。

カレーの保存方法のポイントは?鍋ごと常温はダメ!

カレーを保存する時に気をつけてほしいのは、菌の繁殖を防ぐ事です。
このためのポイントを紹介します。

まず、鍋ごと常温で保存しないでください。
常温で保存していると、菌が繁殖してしまいます。
だから、常温保存は決してしないでくださいね。
また、菌を繁殖させないように、できるだけ早く冷やすようにしましょう。

冷やさないと、カレーは菌が繁殖しやすい温度になっているので、すぐに冷ましてほしいのです。

そして、次の日食べるのなら、タッパーなどにいれて冷蔵庫にいれて保存してください。先ほども言いましたが、ラップを敷いてからカレーを入れてもいいですよ!
タッパーを洗うのも簡単になりますよね!

次の日以降食べるカレーについては、菌の繁殖を抑えるたえに冷凍保存してください。
そして冷凍したカレーを解凍して食べる時には、鍋でよくかき混ぜながら温めてください。

カレーの正しい保存方法!保存しておいたカレーの温め方

カレーの保存方法について、今までお伝えしてきました。
菌の繁殖を防ぐために、常温で保存する事はNG、鍋ごと氷水につけて冷やす事、そして、次の日以降に食べるカレーについては、冷凍保存という事でしたよね!
冷凍する時は、早く冷凍もできて、解凍に時間がかからないように平らにして保存袋にいれましょう!

では、保存してあるカレーの温め方について詳しく説明します。

冷蔵庫で鍋ごと保存してあったのなら、そのまま加熱してください。

また、冷凍の場合は、冷蔵庫で自然解凍をしてから温めます。温める時は、レンジではなく鍋で温めるようにしましょう。

レンジで温めると、ムラができやすくて、十分に温める事ができないでしょう。
なので、鍋でちゃんと温めてくださいね。弱火でゆっくり、そしてよく混ぜながら全体を加熱してください。

作り置きカレーのアレンジレシピ!

たくさん作り置きしたカレーを、ご飯にかけて食べるだけではなく、たまにはカレーうどんにしてみませんか?

作り置きのカレーを使った、カレーうどんのレシピを紹介しますよ!

カレーうどんの作り方(1人前)

材料は、ゆでうどん1人前と、水が100~150ml、粉末ダシ小さじ1/4、きざんだネギが適量と、作り置きカレー1人前です。

温めた作り置きカレーに、水と粉末だダシを入れてください。味をみて調整してくださいね。

カレーつゆが簡単に出来上がりです。後はうどんを茹でてカレーつゆを注ぎ、ネギをのせてできあがり!

カレードリアの作り方(1人前)

材料は、ごはん1人前、トマト半分、ピザ用チーズ適量と、作り置きカレー1人前です。
耐熱皿にご飯を入れて、温めたカレーをかけてください。
そして、その上にカットしたトマトと、チーズをかけてこんがりと焼き色がつくまで焼きましょう!

作り置きカレーは色々活用できるので、あなたも挑戦してみてはいかがですか?

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ