生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

カレーに牛乳を入れて子供用にアレンジ!こんな簡単な方法が

2018.10.14

大人も子供も大好きなメニューのカレー。

週末や給料日前はカレーというお家も多いのではないでしょうか。

小さなお子様がいる場合は、大人用と鍋を分けて作る場合もありますね。
鍋が2つになると作るのも洗うのも大変ですね。

そこで作ったカレーをよそって、子供用にアレンジする作り方を紹介します。

牛乳や果物を入れることでマイルドになり子供もパクパク食べてくれますよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

No Image

キャベツチャーハンを卵なしで作ろう!そのコツを教えます

冷蔵庫に残っているキャベツを使ったチャーハンっておいしいですよね。 チャーハンに欠かせない...

No Image

当て逃げで警察が捜査する場合としない場合の境目とは

駐車場に止めていて当て逃げされてしまったり、あるいは乗車中に当て逃げ被害に遭ってしまうこともあり...

No Image

引き寄せの法則。ノートに結婚相手の具体的な理想を書こう

引き寄せの法則。信じるものは救われる?願いは叶う? そんなことで、思い通りの人生を歩めたら...

No Image

横浜で友達と遊ぶならハマっ子もオススメの場所がある!

横浜は観光やデートや友達と出かけてもシゲキが一杯で楽しいところですね。 見どころも遊びところも...

No Image

野菜たっぷりうどんを食べて風邪を予防する方法

風邪をひいたときには消化の良い食べ物が一番ですが、消化の良い食べ物と言えばうどんですよね。 ...

No Image

【ハムスター】生後1ヶ月で噛む理由と上手なしつけ方法

ハムスターは子供にも大人にも人気のペットです。 犬や猫に比べてお世話の手間が掛からないので、ペ...

No Image

友達を切る方法とは?物理的に接触回数を減らすことが一番

友達といても楽しくない、いつも何かと利用される、マウンティングが多いなど、友達関係に疲れてしまう...

No Image

ステーキのソースは【和風】が一番!その作り方を教えます

ステーキのソースにはいろいろな種類がありますが、やっぱりご飯と一緒に食べるなら「和風ソース」が一...

No Image

北半球と南半球での星座の見え方や種類の違いについて説明します

北半球の日本とオーストラリアやニュージーランドのような南半球では、季節が反対になっていることは皆...

No Image

ゴミの分別をしない人。ルールを守らない人に言えることとは

ゴミを分別しない人って、何を考えているのでしょうか? ゴミの分別はルールがあります。なぜ、...

No Image

待ち合わせに遅刻してくる友達は、あなたのことを甘く見ている

待ち合わせに必ず遅刻してくる友達って、居ますよね? 待ち合わせの時間に、間に合わせようとしたけ...

No Image

カラオケが上手いと点数低い!点数が低い理由と高得点を出す方法

カラオケが上手い人って羨ましいですよね!歌を聞いていると心に響いて感動してしまうこともあります。...

No Image

運転が苦手な女性は多い!苦手な理由と対処法・克服できる練習法

運転が苦手だという女性は多いものです。できれば自分で運転はしたくない、誰かの助手席で目的地まで行...

No Image

成人式や同窓会に行かないのはアリ?参加の割合と参加しない理由

一生に一度しかない成人式。新成人の人たちをお云いする意味で各自治体で色々な成人式が行われています...

No Image

カレーうどんの付け合わせに野菜をプラスして美味しさアップ

カレーうどんってそれだけでも美味しいのですが、せっかくなら付け合わせに野菜を合わせてみてはいかが...

スポンサーリンク

大人のカレーを取り分けて牛乳やりんごで子供用に!

カレーは大人も子供大好きですよね。ですが、好みの辛さが違うのが難点です。
特にお子さんが小さい場合には、一緒というのは難しいでしょう。

だからと言って、甘口すぎるカレーでは、大人は物足りないですよね。
別々に作ればよいのですが、それほど子供が食べない場合には、それも面倒です。

大人用のカレーをアレンジ

作り方は簡単です。
りんごやバナナ、牛乳を用意しましょう。
出来ればバナナは黒い斑点がたくさんあるような、完熟のものが良いです。

大人用のカレーを小さな鍋に取り分けます。
お子さんが食べる分だけでも良いです。

そこに摩り下ろしたりんごとつぶしたバナナと牛乳少々をいれて混ぜましょう。
しっかり混ぜたら完成です。

バナナと牛乳のまろやかさがスパイシーな感じを和らげて、りんごがさわやかな甘みを追加してくれます。

もし水っぽくなってしまって気になるなら、片栗粉でとろみをつけても良いでしょう。

シーフードカレーも牛乳を入れて子供も大好き!

カレーの具材はいろいろあるけれど、その中でもシーフードカレーは魚介の出汁が出てとても美味しいですよね。

ですが、外食でシーフードカレーを注文すると、けっこうスパイシーな事が多いですよね。

自宅で作る時には、お子さんも一緒に食べられるように少しだけまろやかさを追加してみましょう。

きっと喜んでくれるはずです。

子供向けシーフードカレーの作り方

まずはスライスした玉ねぎを炒めます。
続いてお好みのシーフードをいれて炒めます。
シーフードの臭みが気になる方は、ここで白ワインなどを回しかけると良いでしょう。

アルコールが飛んだら水を入れて、沸騰したらアクをとりましょう。
いったん火を止めてカレールウを加えて、よく溶かします。

ここまでが普通のシーフードカレーですよね。

仕上げに牛乳を加えて混ぜ、ひと煮立ちさせてください。
このひと手間がまろやかさを追加します。

カレーデビューは牛乳を入れて子供用に!食べやすい工夫

カレーは簡単に作れて経済的だし、お肉もお野菜も食べられるので、子供には好きになって欲しいメニューの一つですよね。

もし、初めてのカレーなら、お肉はひき肉を使うのがおすすめです。
ミートボールなどでも良いでしょう。

玉ねぎやにんじんなどの野菜も、食べやすいように小さくしましょう。
その方が早く煮えるので、時短にもなります。

カレー粉は2歳前後なら大人用の甘口ルウでも大丈夫です。

カレーのスパイシーさを和らげたい時

りんごやバナナ、牛乳を加えてまろやかにします。
まろやかさをもっと求めるなら、牛乳の変わりに生クリームもおすすめです。

また、かぼちゃやサツマイモなどのペーストを入れて、カレー粉の量を減らす方法もあります。
その場合には、味が薄くなるのでコンソメを少し足すと良いでしょう。

まろやかさはあまり追加させませんが、トマトを多めに入れてカレー粉を減らす方法もあります。

1歳になりたて位のお子さんなら、赤ちゃん用のカレー粉を使うのもお勧めです。
甘口でも大人用の方がスパイシーになっているようです。

カレーにあう飲み物はなんですか?

カレーライスを食べていると、飲み物が欲しくなりますよね。

食べている最中に欲しくなるのは、やはりお水や麦茶などの冷たくてサラッとした飲み物ではないでしょうか。

王道は「水」でしょうか。
カレーの味を邪魔しないためには、水が一番という人も多いはずです。

お茶に関しては、好みの別れるところで、ウーロン茶や番茶、プーアル茶やジャスミン茶など、多種多様な意見が多いです。

辛さから開放されたい時に求めるのは牛乳やラッシーでしょうか。
まろやかな飲み口が、辛さを和らげてくれますよね。

個人的には、カレーを食べている最中は、冷えた水が一番です。
そして、食後には牛乳で作られたラッシーを頂きたいですね。
ヨーグルトのさわやかさと、牛乳のまろやかさが、カレーの辛味から開放してくれます。

牛乳を使った飲み物を簡単に作ろう!

個人的にはラッシーは牛乳入りが一番美味しいと思っています。
ですから、ご紹介するのは、牛乳入りのラッシーです。

いろいろなお店で飲むとわかりますが、牛乳ではなく水を使っているところもあります。あっさりした方がお好みの方は、以下のレシピの牛乳を水に置き換えて作ると良いでしょう。

カレーに合うラッシーの作り方

  1. グラスに砂糖を大さじ1、牛乳を大さじ2入れて混ぜます。
  2. そこにヨーグルトを100ml入れてさらに混ぜます。
  3. 最後に氷を追加して、完成です。

このラッシーレシピはわりとドロッとしています。
もっとサラサラの方が好きな方は、牛乳か水をお好みに合せて加えてください。

牛乳を使った飲み物で懐かしい飲み物レシピもご紹介します。
ミルクセーキです。

カレーと共に味わいたいミルクセーキの作り方

ボウルに卵を1つわり入れて、泡だて器で泡立てます。
そこに甘味シロップを少しと牛乳を加えて混ぜて出来上がりです。

牛乳の変わりに生クリームを使うと、お菓子のようなドリンクになりますよ。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 未分類