生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

運転が怖い!教習が嫌な時は苦手ポイントを克服してチャレンジを

2018.10.12

車の免許を取るためには教習所に通う必要があります。でも、運転が怖い・教官が怖いなどの理由で、教習所に行くのが嫌になってしまう人も中にはいます。

免許は欲しいけど運転が怖い!教官が苦手!そんな時は苦手なポイントを克服して免許取得を目指しましょう。

運転免許取得に向けてできる、苦手の克服方法と対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

庭に花を植えるなら、こんな花がおすすめです!

庭に花を植えるとしたら、どんな花がいい?できれば一年中ガーデニングを楽しみたい! 初心者や忙し...

煮物を冷凍してお弁当に使おう!注意するポイントを教えます

時間のない朝のお弁当作りって大変ですよね。ゆっくりメニューを考えてなんて余裕もありません。 そ...

靴の革を簡単に柔らかくする事ができる方法をご紹介します

靴の革って硬い場合ありますよね・・・。そんな時自然に柔らかくなるまで待っていませんか? 実は簡...

精神障害者手帳の申請が通らない!申請に必要な条件と対象の疾患

精神疾患で通院をしている時、精神障害の方の自立や坂井参加を促す目的で発行される精神障害者手帳。 ...

カレーに牛乳を入れて子供用にアレンジ!こんな簡単な方法が

大人も子供も大好きなメニューのカレー。 週末や給料日前はカレーというお家も多いのではないでしょ...

キッチンの換気扇から異音がした場合の対処方法

キッチンの換気扇から異音が聞こえてくることありませんか?どのようにしていいのかわからずそのままにして...

ベランダにいる赤いダニを退治しよう!駆除方法について!

よくベランダに発生する赤い小さい虫って小さいけどたくさんいるし気持ち悪いですよね。 この赤い虫...

黒い車に洗車傷をつけないようにするには?洗車のコツをお教えします

黒い車は洗車の傷さえも目立つ!? ピカピカの車を保つための洗車のコツは?洗車傷がついた時の対処...

冷蔵庫に付いたシールのベタベタ!簡単は剥がし方をご紹介

冷蔵庫に貼ったシールの剥がし方、皆さんどうしていますか? 専用のシール剥がし溶剤を利用している...

台所のシンクにスポンジを置かない!見た目スッキリ好印象に!

台所のシンクにスポンジは付き物、そう思っていませんか? しかしその常識を排除すると、見違えるほ...

箸のマナー、 箸を持つのはいただきますの後か先か

よくお箸を手に挟み、「いただきます」をしている光景を見かけますよね。 一見礼儀正しいようにみえ...

夏は蒸し暑くなる部屋で、湿度を下げて快適に過ごす方法をご紹介

夏は温度だけでなく部屋の湿度も上がり、蒸し暑くてイヤな気持ちになりますよね・・・。 どうすれば...

車線変更をした時に接触事故。バイクと車について

車で車線変更した所、その車線にいたバイクと接触してしまい事故・・・。なんてことありませんか? ...

ボールペンの落書きをキレイに消す方法。テーブルや壁編

子供にボールペンなどを持たせると、紙からはみ出しテーブルの上にも書かれてしまったり、気が付いたら壁に...

にんにくとオリーブオイルを使った料理!レシピもご紹介!

にんにくとオリーブオイルを使った料理と言えば何を思い浮かべますか? アヒージョやパスタ…思い浮...

スポンサーリンク

運転が怖いから教習所に行きたくない!「怖い」という感情は大切

周りの友達はみんな教習所に通っているのに自分だけ車の免許を持っていないという人いませんか?

車の運転が怖いと感じる

その恐怖心があった方が、免許取得後1人で運転するようになっても事故を起こしにくくなるのです。運転することに恐怖心を持っている方がいいのです。

運転を怖がっている自分には運転が向いていないと思わなくてもいいのです。怖さを感じることは運転するには大切なことなのです。しかしガチガチに緊張しても危険です。運転の技術はすぐには上達しません。車の運転は車に乗る回数が多いほど上手になることがあります。

運転があまりに上手ではない人には追加で補講という場合があります。なので運転に自信がなくても安心して教習所に通うことが出来ます。料金は別に必要になる場合もあります。追加で補修を受けたくない人はイメージトレーニングをすることいいです。

教習に行きたくない!路上の運転が怖い時はとにかく冷静に

いよいよ路上運転に出るようになるとドキドキしてしまいますよね。路上運転の教習では冷静さを保つようにしましょう。実際には冷静を保てないことがありますが、冷静さを意識するだけで十分に違います。運転席に座ったら「事故は起きない、私は大丈夫」と心のなかでつぶやきましょう。

路上で教習することが怖いのではない

もし事故が起きてしまったらと考えるから怖いのです。教習の時は、助手席には教官が座ってくれてるので、危険な所では教官がブレーキを踏んでくれます。なので事故が起こる確率はとても低いのです。教習中のマークをつけて練習をしているので、他の車も避けて運転をしてくれます。理由はノロノロと運転しているし、もしかするとぶつけられるかもしれないと思うからです。教習所の中の練習を同じように落ち着いて運転をするように心がけましょう。

高速道路の運転が怖い!教習にポイントは?

高速道路ではスピードに注意しましょう。はじめて高速道路を運転することは怖いですよね。しかし隣には教官も座っているので安心して高速道路で運転の練習をしましょう。高速道路で一番難しいポイントは料金所を過ぎて高速道路本線に合流する時です。本線にはたくさんの車がかなりのスピードで走っています。その中に入っていくことは初めて運転する人にとっては、怖いですし勇気のいることです。

教習で高速の本線に合流するコツ

そのコツを掴むと簡単に合流することができます。まず本線が見えたら本線を走っている車の流れを確認し、車間距離が長いのか、短いのかを判断します。いくら混んでいても車1台分が入れる車間距離はあります。本線と同じ速度で本線に近づき、ウインカーを出し車と車の間に入ります。教習できちんと先生が教えてくれると思いますが、車間距離が短い所に入るのは危険です。入りやすそうな車間距離が長い所を見つけて入るようにしましょう。はじめての時は難しいと思いますが、何度も練習をするとコツをつかむことが出来ます。

怖い教官がいるから教習所に行きたくない人も

教習所の中で練習をするよりも、路上に出て車の運転をする方は先生が厳しくなることもあります。理由は一般の道路は教習生だけでなく、色々な人が利用しているからです。気持ちを引き締めて運転しないと危険な目に会うこともあるからです。教習生が思っているよりも自動車学校の先生は神経を尖らせています。

教習所で厳しいことを言われることもある

例えば方向指示器を出し忘れた場合です。方向指示器は出来るできないではなく、「出す気があるのか」と言われた事です。

なぜこのようなキツイ言い方をされたのかと言うと、もし路上教習の場合に出し忘れた場合に「忘れた」という理由が通用しないからです。本当に危険なことなのです。そのことを理解してもらうために教官が怒ることもあります。

怒る教官を怖いと思い教習所に通いたくないと思う人もいますよね。でも方向指示器を出し忘れた自分が悪いんですよ。どうしても怖いから行きたくないという人は、自動車学校の人に相談して見て下さい。教官を変えてくれるかもしれません。

教習につまずかずに免許を取れた人ってどのくらい?

運転免許を取得する際、どのくらいの人がスムーズに取得できたのか聞いて見たところ、6割の人が1度もつまずかず取得していました。4割の人はつまずいてしまうことになります。

仮免許などはかなり難しいですが、半分以上の人がストレートで取得していることがわかりました。冬の時期は高校生がたくさん申し込みをするので混んでいます。

自宅から通える教習所に行く、又は合宿で短い期間で取得するタイプがあるので自分にあったタイプの教習所に通うようにしましょう。

混んでいる場合学科や実技など自分の空いている時間に予約する事ができない場合もあります。冬休みの期間はとても混んているので朝から夜まで自動車学校にいる人も多くいます。学生のうちに免許を取得しておくと資格の所にも記入ができるので、進学や就職に有利の場合もありますので、是非自動車の免許は取得しておきましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ