生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

電話のかけ方。学校への電話で気をつけたいマナーや言葉づかい

2018.10.11

電話のかけ方には社会人としてのマナーがありますが、子供の学校へ電話をかけるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

学校を欠席するときの電話のかけ方のマナーとはどんなこと?名乗るときはどうするの?

また、学校の先生へ電話をかける時間帯やかけたときの基本の言葉づかいとは?

そこで、学校への電話のかけ方で気をつけたいマナーや言葉づかいなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

No Image

部活を辞めるときは挨拶やタイミングをきちんとすれば大丈夫

部活を辞めると決断してから、なかなか他の部員や先輩に伝えられずに悩んでしまうこともありますよね。...

No Image

煮物を冷凍してお弁当に使おう!注意するポイントを教えます

時間のない朝のお弁当作りって大変ですよね。ゆっくりメニューを考えてなんて余裕もありません。 ...

No Image

夢を見る意味について。見る夢は何を伝えようとしているのか

夢を見る意味について、考えたことありますか? 夢を見ない人間はいません。 夢を見ないと思...

No Image

友達に会いたくない時の言い訳で使えるものは?断る時のポイント

友達と会う約束をしていても本当は会いたくないと思っている時、上手い言い訳で会う約束をキャンセルで...

No Image

人生をやり直したいと感じる40代。焦りと不安と少しの希望

人生をやり直したいと感じてしまう40代。 今までの人生を振り返り、この先を見つめる。 ...

No Image

親がストレス!大学生なのにまだ子ども扱いかよ!

親の存在がストレス! そう感じている大学生は多く、実に7割も居るんです。 大学生って中途...

No Image

片付け方法は?机を整理整頓するポイントとコツ・片付け方法

机の上が散らかっている、片付けたいと思っても良い片付け方法がわからないという人もいますよね。机の...

No Image

駐車違反の反則金の納付書はいつ届く?その流れを教えます

「ほんのちょっとだけ…」そう思って車を停めたものの、戻ってきたら駐車違反のステッカーが貼られてい...

No Image

北半球と南半球での星座の見え方や種類の違いについて説明します

北半球の日本とオーストラリアやニュージーランドのような南半球では、季節が反対になっていることは皆...

No Image

成人式や同窓会に行かないのはアリ?参加の割合と参加しない理由

一生に一度しかない成人式。新成人の人たちをお云いする意味で各自治体で色々な成人式が行われています...

No Image

人が変わるにはどのくらいの期間が必要なのか?そのきっかけとは

人は性格や思考回路を変えることができるのでしょうか? 変わるきっかけや環境が整えば、変わる...

No Image

車のエンジンから聞こえるキュルキュル音の原因と対処法とは

車を運転している時にエンジンルームからキュルキュル音が聞こえると「故障かな?」と心配になりますよ...

No Image

旦那の小遣い!その知られざる使い道について徹底調査!

旦那の小遣い。減らしたいけど減らせない。 あいつは一体小遣いを何に使っているのだ!?気にな...

No Image

親が過保護!社会人になったら親の過保護を受け入れないこと

親が過保護でいつまでも干渉してくるという人もいますよね。社会人になっても過保護な親から離れること...

No Image

理性と感情のバランス。バランスを保つために気をつけることとは

理性と感情のバランスを上手に保ち、知的で優雅な雰囲気を醸し出す人間に憧れます。 何事にも怒...

スポンサーリンク

学校を欠席するときの電話のかけ方のマナーとは

小学校、中学校、高校に欠席するときの電話のかけ方のマナーとして気をつけないといけないのは、電話をかける時間帯になります。早い時間にかけても先生がまだ学校に来ていないことや、遅い時間にかけると、朝のホームルームや授業が始まっている場合もあります。

学校によって欠席する場合の連絡時間について指定されている場合もあります。学校に従い連絡をするようにしましょう。ほとんどの学校は7時半~8時までに欠席の連絡をするようになっています。

電話をかける場合は「おはようございます。いつもお世話になっています。何年、何組、〇〇の母(父)です。」ときちんと名乗りましょう。

担任の先生が電話に出ることは少ないので、きちんと担任の先生に代わってもらいましょう。担任の先生にどうして欠席するのか理由を伝えましょう。例えば熱が出ているなど詳しく説明します。担任の先生が不在の時は他の先生に伝言をお願いするようにしましょう。

学校への電話のかけ方について、名乗るときは?

電話を受ける側としては小さな学校なら「○年○組の〇〇です」で大丈夫です。しかし大きな学校になるとフルネームで言わないと同じ名字の人がたくさんいるので必ずフルネームで子供の名前は伝えるようにしましょう。

欠席の場合は「○年○組の〇〇〇〇の母です。今日は熱があるのでお休みをさせます」と言ってもらうとわかりやすいです。欠席理由もわからない、家族の誰がかけてきたのかもわからない時はもしもの時困ります。

基本的は「○年○組の〇〇〇〇の母です」がいいです。同性同名の生徒がいないと下の名前を出さなくてもいいですが、母ですは合ったほうがいいです。大人の女性というのはわかりますが、母親なのか、姉なのかわかりません。何か合った時に困るので誰なのか名乗るようにしましょう。

何度も連絡をしたり、学校でわかっている場合は名字だけでわかる場合もありますが、たまにかける場合は子供名前と親だと言うことを名乗るようにしましょう。

学校の先生へ電話をかける時間帯やかけ方は?

担任の先生に相談事がある場合は、忙しい時間帯を避けて、授業が終わった放課後に電話をしましょう。その場合は「いつもお世話になっています。お忙しい時間に申し訳ありません。相談したいことがあるのでお時間を作っていただけないでしょうか?」と聞くようにしましょう。

面談の時間を作ってもらえる場合は、文句をいうのではなく「事情を伺う」という感じでコミュニケーションを取るようにしましょう。子供からの話は一部で、別の事情があるケースもあるので、話しはしっかり聞くようにしましょう。

例えば、子供が授業中に落ち着きがなく先生によく注意されていることを母親に伝えました。しかし家では全然そんな様子がないので、先生からそのような話を聞かされても母親は否定していました。その子供は慣れない学校生活で緊張しすぎてしまい、落ち着きのない態度が授業中も出てしまっていたのです。否定ではなく事情を聞きましょう。

人はみんな価値観や教育方針が違います。理不尽に感じてもお互いが理解して歩みよるようにしましょう。相手の意見をきちんと聞き、自分の意見も伝え折り合いをつけることが大切です。

学校などへ電話をかけるときの言葉づかいの基本

名前だけではどこの〇〇さん?とわからないことが多いです。「○年○組の〇〇○○の母です」と子供の名前をフルネームで正しく伝えるとわかりやすいです。

その後朝早い時間なら「朝早く申し訳ありません」夕方の忙しい時間帯なら「お忙しい時間に恐れ入ります」と一言添えましょう。その後にいつもお世話になっておりますというようにします。

一番大切なポイントは「今少しお時間よろしいでしょうか?」と相手の都合を尋ねて、電話が迷惑ではないかを確認することです。先生が忙しく都合が悪い場合は「都合のいい時間に折り返してもらえますか?」と尋ねるようにしましょう。

先生がかけ直してくれる場合、もしくは○時にもう一度電話をかけて下さいと言われる場合もあります。先生の希望に合わせるようにしましょう。

電話をかけた時に話を聞いてもらえる場合は「〇〇の件でお電話をしました」と用件を伝えるようにしましょう。話をするのが苦手な人は用紙に話す内容についてまとめて置くと話しがしやすいです。

話し終わったら「お時間ありがとうございます。失礼します」と言ってから電話を切るようにします。

電話のかけ方で気をつけたいマナーについて

要領よく電話をかける方法は、電話をかける前に用件をまとめておくようにします。整理したメモを用意しておくと安心です。

電話をかける場合は時間帯に気をつけないといけません。最低限のマナーとして、早朝や深夜は避けるようにしましょう。どうしてもその時間帯に電話をかけなければ行けない場合は「朝早く(夜分遅く)申し訳ありません」と一言添えるようにしましょう。

電話の基本は「〇〇さんのお宅でしょうか?」と確認することです。こちらの名前を名乗り「ご無沙汰しております」と挨拶してます。そして用件を話す前に「お時間大丈夫ですか?」と相手の都合を聞いてから用件を話すようにしましょう。

電話はかけた方から先に切るようにします。受話器を強く置くと相手が不快に思う場合もあるので、受話器を持ったままフックを指で押さえるようにしましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 未分類