生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ゴミの分別をしない人。ルールを守らない人に言えることとは

2018.10.7

ゴミを分別しない人って、何を考えているのでしょうか?

ゴミの分別はルールがあります。なぜ、ルールがあるのでしょうか?

それは、ゴミを捨てる時に分別し、リサイクルできるものはリサイクルし、燃やすものは燃やすなど、ゴミの用途をある程度捨てる人がしないと処理が大変なんです。

ゴミの分別、面倒ですよね?しなくても持っていってくれるし、ゴミ箱一つしかないし、なんて言っててはいけません。

ゴミを分別しない人は、あとは他人がと思いがちです。ここではゴミを分別しない人についてを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

No Image

体重が増えた!戻らないからと言って焦ってはいけない

体重が増えた!食事や運動に気をつけてもなかなか戻らない! 焦りますよね? ダイエット中ならな...

No Image

北半球と南半球での星座の見え方や種類の違いについて説明します

北半球の日本とオーストラリアやニュージーランドのような南半球では、季節が反対になっていることは皆...

No Image

【ハムスター】生後1ヶ月で噛む理由と上手なしつけ方法

ハムスターは子供にも大人にも人気のペットです。 犬や猫に比べてお世話の手間が掛からないので、ペ...

No Image

運転が怖い!教習が嫌な時は苦手ポイントを克服してチャレンジを

車の免許を取るためには教習所に通う必要があります。でも、運転が怖い・教官が怖いなどの理由で、教習...

No Image

地方都市が衰退する原因とは?仕事だけじゃない衰退の原因

地方都市の衰退が問題となっています。 若者の都会への流出が衰退の原因ともなっていますが、なぜこ...

No Image

地球の温暖化は嘘だった?そう言われる原因を徹底調査!

異常気象のニュースが流れるたびに囁かれる「地球の温暖化」。でもこれが嘘ではないか?と一部でウワサ...

No Image

成人式や同窓会に行かないのはアリ?参加の割合と参加しない理由

一生に一度しかない成人式。新成人の人たちをお云いする意味で各自治体で色々な成人式が行われています...

No Image

ボーナスを新入社員は貰えるの?いつから本採用かで決まる

新入社員はいつからボーナスを貰うことができるのでしょうか? 4月に入社をして、ほとんどの企...

No Image

友達の結婚式のご祝儀相場が知りたい!2万円でも大丈夫な方法

友達の結婚式に招待されたけれど、ご祝儀はいくら用意したらいいの?と悩んでいませんか? 初め...

No Image

古い通帳どうするの?なんとなく処分できない繰越済通帳について

古い通帳、みんなどうしてるの? もし、必要だったら困るからと取ってあるけど、今まで一度も必...

No Image

車内の匂い、香水で良い香りを持続するための効果的な方法

車内の匂いって気をつけていても臭いが染み付いていることってありませんか? では、車内の匂い...

No Image

足の太さが左右で違う人の原因とその直し方を徹底解説!

鏡の前に立って自分の足の太さを見てみると「あれ?なんだか左右で太さが違う?」と感じたことはありま...

No Image

子猫を拾ったけど飼えない!飼えない時の対処法とできること

「捨てられている子猫を見つけて拾ったけど自分では飼えない…。でもそのまま見捨てることはできない。...

No Image

ネオンテトラの水温には注意!夏場の水温上昇の対策とは

熱帯魚といったら「ネオンテトラ」がすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。 熱帯魚の専門店やホー...

No Image

カレーに牛乳を入れて子供用にアレンジ!こんな簡単な方法が

大人も子供も大好きなメニューのカレー。 週末や給料日前はカレーというお家も多いのではないで...

スポンサーリンク

ゴミは分別するもの!分別しない人、自分が捨てられるところじゃないのに捨てる人

昔からたびたび問題になる生活上のトラブルに、ゴミの分別があります。

特に最近は、かなり細かく仕分けて出す自治体も増えているためルールを無視したゴミ出しが問題になることがあります。

正しく分別していない場合や、指定の曜日を間違えるといつまでもゴミが置きっぱなしになることも。

マンションによっては残されたゴミを管理人などが分別しなおしているケースもあるようです。

そんな作業をする管理人は、出されたゴミからなんとなく人物像が見えるようです。

  • 毎回、全く分別しないでゴミを出す人。
  • ペットボトル、ビン、缶を同じ袋に入れている人
  • お酒の空き瓶や空き缶ばかりが目立つ人
  • いつも同じ食べ物の空き袋ばかり入っている人

どの住人か目星が付く場合もあれば、住人じゃない通りがかりや近所の人が捨てているケースもあるようです。

「自分くらいはいいじゃない」とルールを破っていると、さらにルールが厳しくなるなど面倒が増えることは考えないのでしょうね。

ゴミを分別しない人対策で、みんなで負担して監視カメラを取り付け!

分別せずにゴミが置かれることが続き、張り紙などで注意を促したにも関わらず改善されなかった自治体では、監視カメラを設置するケースもあります。

費用負担や「そこまですべきか」という意見もあったものの、実際に効果があったそうです。まるで脅しのような方法を使ってルールを守らせるということに抵抗がなかったわけではありません。

ゴミの分別をせずに、適当にゴミ出ししてしまう人の多くは「面倒だから」ということなのでしょう。もちろん、誰だって細々とゴミを分別するのは面倒に感じることがあるでしょう。でも、周辺への迷惑やルールを守ることを考えるのが常識ある行動です。

ゴミ出のルールを守らないことが、いかに迷惑な行為であるかは、管理する側にならないと理解できない人がいるのでしょう。本来はそこまでしなくても守ってもらいたいものです。

分別に関するトラブル以外にも、ゴミを出す時間に関するルールが問題になることもあります。ただ、こちらは分別ルールの逸脱とは違い、生活時間帯の違いもあるので、あまり口うるさく言う必要はないのではないかと思います。

ゴミの分別をしない人のゴミ袋の中身を見る

明らかにゴミの分別がされていないゴミ袋がある場合、管理者としては誰が出したゴミかといったことや、必要な分別のためにゴミ袋を開けることがあります。

これに対して「プライバシーの侵害」「他人のものを覗き見ている」と異論を唱える人もいます。しかし、ゴミというのは基本的に所有権を放棄したものであるとみなされるため、中を見てはいけないという決まりはありません。

しかし、過去にはゴミ袋を開けて捨てた人物を探し当て、直接注意した管理人が住人とトラブルになったケースもあります。

そこまでの行動に出る前に、まずゴミ置き場に注意を促す張り紙や分別方法を目立つように掲示するところから始めましょう。

それでも続くようなら、実際に出されたゴミのようすを撮影した写真を張り出して注意したり、防犯カメラの設置を検討するといったステップが考えられます。

中にはルール違反のゴミがあるたびに黙々と分別しなおす管理人の姿から、マナー違反が減ったケースもあります。

ゴミ置き場がきれいな状態で保たれていると、ルール違反をする人が少ない傾向があるのは事実です。

ゴミの分別をどうしてしなければならないのか?

ゴミの分別方法は、地域や自治体によっても違いがありますが、一般的には次のようなものがあります。

  • 可燃ゴミ
  • 不燃ゴミ
  • 危険ゴミ(スプレー缶・電池類・蛍光灯など)
  • 資源ゴミ

この中で、さらに細かく分類され10種類以上に細かく分類されるケースもあります。

それぞれに回収後の処理方法が違い、可燃ゴミなら焼却されますが資源ゴミは材質などをさらに分別してリサイクルされることになります。

このとき、正しく分別されていないゴミがあるとゴミ収集センターに集められてから分別する必要があります。そのためには多くの人員や時間がかかり、その分人件費がかかることになります。

分別や処理にかかる費用は、各市町村が支払うことになるので結果的には税金の値上がりやゴミ収集・処理の有料化(ゴミ袋の有料化)といったことに繋がります。

つまり、面倒くさがってゴミをきちんと分別せずに捨てることは、結果として自分たちの負担に跳ね返ってくるのです。

ゴミが分別できないのは、なんらかの問題を抱えてるかも?

ゴミの分別ができないどころではなく、大量のゴミを家の中に溜め込み、ひどくなると玄関先や敷地の外まではみ出してしまう「ゴミ屋敷」。近年、あちこちで社会問題化しています。

また、片付けられない人の部屋を「汚部屋」と呼んでテレビなどに取り上げられるケースもあります。マンションやアパートの一室に、びっちりとゴミが詰め込まれているといった場合でも、外からはわかりにくいため周囲の人が気付かないこともあります。

これらの住人は、単に「だらしない」というだけではなく、メンタル面に問題があって物を溜め込んでしまうことがあるのです。

人は通常、自分にとって「必要なもの」と「不要なもの」を判断して、身の回りを整理整頓します。こういった人たちの中には、この判断力に障害が生じている可能性もあるのです。

必要か不必要かが判断できないまま、いろいろなものを購入し家に溜め込んでしまう。溜め込んだものに対して「いつか使えるかも」という執着心から、普通の人からはゴミでしかないものも溜め込んでしまうのです。

さらに、溜め込む人の多くは整理整頓も苦手なことが多く、結果としてゴミ屋敷になってしまうことになるのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 未分類