生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

犬はなぜジャーキーなどを丸呑みする?その理由を解説!

2018.5.5

愛犬がジャーキーなどを丸呑みしてしまう・・・。そんな経験はありませんか?

なぜ犬は噛まずに丸呑みしてしまうのでしょうか?その原因は何なのでしょうか?丸呑みをさせないために飼い主ができることとは?

実は犬としての習性に原因がある?犬がジャーキーなどを丸呑みしてしまうしてしまう理由とその予防策について詳しく教えます!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

猫の腸閉塞は手術が必要?治療と手術の流れと誤飲の予防策!

猫が腸閉塞になったら、最悪な場合は開腹手術が必要になってしまいます。 腸閉塞になると、どんな症...

犬を飼いたい子供には犬の面倒について具体的に話そう

家で犬や猫などのペットを飼うことは、子供の情操教育にプラスな面がたくさんあります。 でも「自分...

小赤の金魚の寿命って?寿命を長くする飼育方法ありますよ

小赤の金魚の寿命って、ズバリどの位? お祭りの金魚すくいなどで小赤を飼育した経験がある方結構い...

猫のトイレシートは交換や掃除がとにかく楽!使い方のポイント

猫のトイレでよく使われるのが猫砂ですが、猫砂を使うととにかく掃除が大変です。 そこでおすすめし...

インコを飼うのにかかる費用って?飼育費用の他にこんな費用が!

インコを飼うと、どのくらいの費用がかかるのでしょうか? インコを飼う時の初期投資はほかのペット...

金魚の水槽の砂利は交換が必要?ジャリの掃除方法とは

金魚の水槽に砂利は必要なのでしょうか?金魚の水槽に砂利を使うメリットとは?砂利の交換や砂利掃除をする...

犬に吠えられる原因と対策や吠え方でわかる犬の気持ち

犬によく吠えられる人っていますが、それには原因があるのをご存知でしょうか? では、犬に吠えられ...

子猫にミルクを与える時は哺乳瓶がおすすめ!上手に飲ませる方法

子猫を飼うことになった飼い主さんの中には、どうやってミルクを飲ませたら良いのかわからないという人もい...

カブトムシのメスが産卵しないのはナゼ?考えられる原因について

カブトムシのメスがなかなか産卵しない…。 そんな時は、飼育ケースの大きさや腐葉土が適しているかどう...

猫がネズミを育てるなんてあり得る?出会う時期が重要です

猫はネズミを追い回し、ついには食べてしまうもの。そんなイメージは絶対じゃないんです。 世界には...

モルモットの鳴き声はうるさい?アパートでの飼い方

モルモットの鳴き声はどんなものなのでしょうか?アパートで飼っても大丈夫? あまり聞いたことのな...

ネオンテトラの水温には注意!夏場の水温上昇の対策とは

熱帯魚といったら「ネオンテトラ」がすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。 熱帯魚の専門店やホー...

チワワの散歩回数は?毎日必要?気になる疑問を解決!

チワワって体が小さくて可愛らしいですよね。 犬を飼う際に欠かせないのが散歩ですが、体が小さいチ...

猫が苦手で克服したい時の対処法!苦手な理由を考えて好きになる

猫が苦手でどうしても近づくことができない、触ることができないという人もいますよね。苦手なものに対して...

サワガニを飼育する上で重要な冬眠のさせ方や基本について

サワガニは日本で唯一淡水のみで暮らすカニです。水のきれいな小川に住んでいます。夏休みのキャンプなどで...

スポンサーリンク

犬がジャーキーなどを丸呑みする理由とは?

犬が喜ぶと思って、美味しそうなジャーキーを念入りに選んで購入してきたのにいざ与えてみると、そのまま丸呑みしてしまいおやつタイムが一瞬で終わってしまったという切ない経験をしたことがあります。

私としては、ジャーキーを時間をかけて噛み噛みして味わって欲しいと思っていたのでびっくりと同時に悲しい気持ちも少しありました。

それに丸呑みって健康にも悪そうですよね。

そこで、なぜ丸呑みしてしまうのかを調べてみたところある結論にたどり付きました。
犬がおやつなどを噛まずに丸呑みしてしまうのは、”犬の習性”なのだそう。

犬は今でこそ家庭で大切に育てられているペットの代表ですが、元々は野生で狩りをして暮らしていた動物です。

ですから捕らえた獲物を横取りされる前に飲み込んで食べてしまわないといけないという習性がそのまま現在も残されているからです。

またもう一つの理由は犬の歯の形も関係しています。犬の歯を見てみるとわかりますが、すべて尖っています。人間の奥歯は噛み合い食べ物をすりつぶす機能がありますが、犬は噛みちぎることに特化した歯の形になっているためそもそも食べ物を長く噛みしめることができないお口の構造になっているのです。

このため、おやつを与えるときは丸呑みするものだと頭に入れ、消化に良さそうなものを選ぶのが良いという事になります。

ガムのような硬いものよりも、薄いジャーキーやクッキーなどの方が消化に良さそうだとは思いませんか?

ジャーキーを丸呑みする犬に要注意なおやつとは?

こういった、丸呑みしてしまう犬は警戒心も旺盛です。そのため、おやつを与えられると急いで食べなくちゃ!という気になってしまうため落ち着ける環境で与えることも大切なのです。

食べる姿を見たいからとそばで飼い主が見つめていれば、当然取られると思って丸呑みしてしまう事でしょう。

固いものですと喉に詰まってしまったりするので大変です。

あたえるおやつは丸呑みしても良さそうな、クッキーや卵のボーロなどがたくさん入っているので手軽かもしれません。

我が家ではその他に、ほぐしささみや薄くスライスされた砂肝などをよく与えます。

また細くて長さのあるおやつはそのまま与えると飲み込んでしまう危険があるため、飼い主が持ったままかじらせようにしてあげるといいと思います。

ジャーキーを丸呑みする犬・・・早食いをストップさせるためには?

人間もそうですが犬にとっても早食いはあまり健康的な事ではありません。
犬もご飯を食べる速度はそれぞれ違うと思います。

私は犬を2匹飼っていますが、1匹はご飯も一瞬で終わってしまうほど早食いで、もう1匹はのんびりカリカリドライフードをかじりながら食べています。

うちの場合、早食いの方の犬が胃が弱いことも関係してよく、消化不良を起こして体調を崩していました。

なので、胃の負担を和らげるためにフード皿を早食い防止用のものに取り換えて少しだけドライフードをふやかして与えるようにしています。

早食い防止用の皿は、確かにかなり効果がありました。食べずらい、でも食べたいと言った形で今までの2倍くらいの時間をかけて食べています。また少しふやかす事でも食べにくくなって時間が稼げますし、水分を含んでいるので満腹感も得られるようで、早食いのワンちゃんにはぜひ試してみて欲しい方法です。

また食事の回数を増やすのも胃の負担を減らすのに有効です。お腹が空いているとそれだけで早食いの原因にもなりますので、一日に朝と夕の2回だったものを朝昼晩の3回に増やすなど、量は変えずに回数を変えてみるのも良いでしょう。

また多頭飼いしているお家ではご飯がとられるという心配から早食いになりますから、一頭ずつケージで食べさせるなど落ち着いた環境を用意してあげることも早食い防止に良いとされています。

犬が丸のみしてしまうのは満腹感と関係がある?

犬の祖先と言えば狼ですよね。狼もとても早食いで短い時間でできる限りお腹いっぱいにしようとするのです。

それはやはり厳しい自然界で食べるものは貴重で、見つけた時には体内に食いだめしておくことで生きながらえ、必要だったのかもしれません。

人間は食事を食べ始めて20分もするともうお腹はいっぱいと言った状況になるでしょう。人間は満腹感は胃で感じるのではなく脳から発令されるものです。

脳に伝わるまでには時間がかかるために、早食いの人はその間にたくさん食べてしまうため早食いは太ると言われているのです。

犬も同じく満腹感はありますが野生の場合は食べきるまでに時間がかかりしっかりと満腹感が得られると言いますが、人間に飼育されている犬はドライフードなどですとすぐに食べきることができるので満腹感を得られにくくまだ食べたい、まだ食べれると言った顔をしたりおやつを欲しがったりするのです。

ドッグフードをかまずに食べる犬・・・これって問題ないの?

簡潔に言うと、問題ないという答えになるでしょう。
上記でもお伝えしたように、犬の歯の構造上でも習性でも丸呑みする事が通常な動物なのです。ですから丸呑みした食べ物は胃でしっかり消化することができています。
ですが消化に負担がかからないように、丸呑みする子には消化が良くなる工夫をするべきでしょう。

ただワンちゃんも性格によって早食いで丸呑みだったり、カリカリ噛んでお落ち着いて食べる子がいたりと個性はバラバラです。

じっくり噛んでいられる子には、ジャーキーやガムなどを与え噛ませることでストレス解消にもなるので良いでしょう。

飼い主が犬の性格や習性をよく理解した上で安全なものを与えるのが犬の健康にとって一番大切な事なのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 動物・ペットのコツ