生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

セキセイインコのオスとメス、どちらがしゃべるか調査

2018.5.4

ペットとして人気のセキセイインコですが、飼うならばやっぱりおしゃべりをして欲しいですよね。

よくテレビで見かけるようなおしゃべり上手なインコに育ててみたいものです。

しゃべるセキセイインコを選ぶためには、ペットショップで注意して見て欲しいポイントがあります。

オスとメス、見分けるための判別方法をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

猫の腸閉塞は手術が必要?治療と手術の流れと誤飲の予防策!

猫が腸閉塞になったら、最悪な場合は開腹手術が必要になってしまいます。 腸閉塞になると、どんな症...

猫のトイレシートは交換や掃除がとにかく楽!使い方のポイント

猫のトイレでよく使われるのが猫砂ですが、猫砂を使うととにかく掃除が大変です。 そこでおすすめし...

ハムスターの飼い方に注意!擬似冬眠させないためのポイント

冬の寒い時期はハムスターを冬眠させないように注意しなければなりませんが、どのような対策を取ればいいの...

猫を飼いたい!反対する人を説得する方法をご紹介!

猫が飼いたい!でも家族が反対するという事も多いのですよね。家族を説得するためにはどうすれば良いのでし...

小赤の金魚の寿命って?寿命を長くする飼育方法ありますよ

小赤の金魚の寿命って、ズバリどの位? お祭りの金魚すくいなどで小赤を飼育した経験がある方結構い...

ハムスターがストレスを感じる行動は?変化を見逃さないで!

ハムスターはストレスに弱い小動物です。 強いストレスを感じていると、それが原因で最悪のケースになる...

手作り!ハムスターが喜ぶ小屋の作り方をご紹介!

ハムスターの小屋を手作りできるって知っていましたか?気になる作り方をご紹介します。 まずは小屋...

犬にミルクをあげるのはいつまで?量や上手な与え方を教えます

犬は人間と同じく母乳で育ちますが、母親がいない場合は飼い主が代わりにミルクを与えなくてはいけません。...

猫がネズミを育てるなんてあり得る?出会う時期が重要です

猫はネズミを追い回し、ついには食べてしまうもの。そんなイメージは絶対じゃないんです。 世界には...

金魚の水槽の砂利は交換が必要?ジャリの掃除方法とは

金魚の水槽に砂利は必要なのでしょうか?金魚の水槽に砂利を使うメリットとは?砂利の交換や砂利掃除をする...

ヤドカリの飼い方が知りたい!海水がない場合は人口海水を作ろう

潮干狩りなどでヤドカリを見つけたことはありませんか? 貝を背負って動く姿がかわいいですね!自宅...

犬がカメラを嫌いな理由とは?可愛く撮るコツやポイント

犬がカメラを嫌いなのはどうして?可愛い愛犬の姿を写真に撮りたいだけなのに…。 なかなか上手くい...

チワワの散歩回数は?毎日必要?気になる疑問を解決!

チワワって体が小さくて可愛らしいですよね。 犬を飼う際に欠かせないのが散歩ですが、体が小さいチ...

サワガニの飼育で知っておきたいサワガニの冬眠について

サワガニはその名前の通り、海ではなく山で見つけることができるカニです。 上流のきれいな水質の場所で...

ハムスターがペレットを食べないときの理由と対処法

ハムスターのエサと言えば少し前までひまわりのエサやナッツ類、生の野菜や果物でしたが、現在の主流はペレ...

スポンサーリンク

メスのセキセイインコはしゃべるの?

セキセイインコやオウムは「おしゃべりができる鳥」として親しまれています。インコのおしゃべりは、鳥独特の口調に愛嬌があって、とても可愛らしく感じます。

ところで、インコやオウムの仲間は全ておしゃべりすることができるのでしょうか。

これには、個体差や性別によっても違いがあり、全てのインコが言葉を覚えるわけではありません。

一般的には、メスよりもオスの方が言葉を覚えたり真似たりすることが多いと言われています。

オスは発情期にメスに対してアピールするために印象づける「一芸」が重要なことも関係しているのではないかと思われます。

とはいえ、メスが全くしゃべらないということではありません。

繰り返えしおしえると、簡単な単語や挨拶程度であればしゃべるようになるインコもいます。

逆にオスでも人間の言葉を覚えるのが不得手な場合もあります。ですから、飼ったインコがおしゃべり好きかそうでないかは、個々の性格もあるということなのです。

しゃべる鳥のセキセイインコ、メスが好きな声は?

セキセイインコは学術的に表現すると「オウム目インコ科セキセイインコ属」に分類されています。

体調は成長で18~23センチメートルほど。オスとメスで体の大きさには、さほど違いがありません。

とても派手な色合いが特徴で、原産はオーストラリア。

ペットして売られているセキセイインコには青や紫、全身が白や黄色などさまざまな色合いがありますが、野生のインコは黄緑色の個体ばかりです。

セキセイインコはよく人の口真似をしますが、これは発情期になるとオスがメスにアピールすることと関係しています。

メスは、自分の声に似たオスを好む傾向があり、そのためオスは声真似するのが得意になったんですね。

一度つがいになると、一生添い遂げると言われるインコ。

一部の種類は仲の良さから「ラブバード」とも呼ばれます。

人間には「似たもの夫婦」という言葉がありますが、セキセイインコも長く一緒にいると鳴き声が似てくるという研究結果もあるのだそうです。

しゃべるセキセイインコを選ぶならメスよりオスがおすすめ

上手におしゃべりできるセキセイインコに育てたいのであれば、ヒナのうちから飼うのがおススメです。

よく懐くのもヒナから飼った場合が多く、成長になってからだとなかなか懐いてくれない場合もあります。

ただし、ヒナの飼育は温度管理に気を配る必要があったり、給餌の回数が多いなど手間もかかります。

生活環境や家族の協力など、きちんと世話ができるか事前によく考慮しておく必要があります。

すこし懐きにくくはなってきますが、生後2~3ヵ月になって自分で餌を食べられるようになったインコを飼うという選択もあります。

おしゃべりするインコにこだわる場合は、オスを選びましょう。

ただ、あまりヒナの時期は、オスかメスかの判別が難しいので、お迎えして大人になってから思った性別ではなかった!…ということもありえますので、ご注意を。

セキセイインコのオスとメスの見分け方

セキセイインコを見分けるポイントで一番わかりやすいのは「鼻」。

インコのクチバシのすぐ上にある鼻の部分を「ろう膜」と言います。オスとメスでは、このろう膜の色が違います。

一般的な色のセキセイインコのオスは、ろう膜が青や紺色です。

ただし、体の色素の関係でハルクイン種やアルビノ種・ルチノー種など身体が淡いもの、白や黄色の淡色などでは、ろう膜はピンク色です。

一方、メスのろう膜は白やベージュ、茶色などで表面もすべすべしていないことがあります。

また、少しわかりにくいかもしれませんが「脚の色」でオス・メスの判別ができる場合もあります。

オスの脚は青みがかっているように見え、メスは肌色っぽい色に見えることがあります。
ろう膜の色と似たような感じですね。

ただ、この見分け方は少々不確実で、肌色に近い色をしたオスもいるとのことです。

セキセイインコはどれくらいからおしゃべりを始めるの?

セキセイインコに言葉を教えて、どれくらいで話すようになるかということについては諸説あります。

3ヵ月程度で話し始めたという人がいれば、1年はかかったという人もいます。

もちろん、毎日どれくらいの時間言葉を教えたかといったコミュニケーションや学習の頻度によっても、その期間に違いは出ます。

それに、インコだからといて必ずしゃべるわけではありません。

人間にも個性があるように、インコの中にも「話が苦手で無口なタイプ」もいるのです。

言葉を教えるのであれば、できるだけ若いうちから始める方が良いというのも人間と同じですね。

インコの近くで言葉を話して聞かせると、口の動きをじっと見つめてきたリ、首をかしげながら聞いてくることがあります。

インコが首をかしげるのは「どうして?」と考えているのではなく「もっとちゃんと聴こう」というサイン。

インコの耳は羽毛に隠れていますが、目の横にあるので首を傾けながら、気になる音をじっと聞いているのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 動物・ペットのコツ