生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

足のストレッチを寝ながらする方法をご紹介!

2018.6.20

足のストレッチを寝ながら行うと、腰への負担も少なく、余計な力を入れる必要もありませんから、効果的に行うことができます。

太ももやふくらはぎがむくんでいると、全身の血行にもよくありません。

大きな筋肉のある太ももの血流をよくして、全体的にすっきりした体を手に入れましょう!
ストレッチの仕方や、寝ている間のケアについてもご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

身長163cmで体重が45キロ。標準体重とは?

女性なら誰でもスタイルが良くなりたいと思っていますよね。身長163cmで体重が45キロの場合の平均体...

朝、ヨーグルトを食べても下痢にならないためには

朝、ヨーグルトを食べると下痢になると感じている方はいらっしゃいますか? 便秘解消や、腸内環境の...

100均マニキュアで大人可愛いセルフネイルに挑戦♪

最近はセルフネイルを楽しむ女性が増えています。 雑誌やネットでも可愛いネイルが紹介され、さまざ...

婦人科の内診ってどんなもの?未経験者に伝えたい内診の必要性!

婦人科の内診をしたことがない!未経験だという方に向けた情報をご紹介していきます! 婦人科の内診...

風邪をひいても病院に行かないで治す!自宅での安静が重要!

大人になると風邪をひいても症状によって病院へは行かない、という人多いですよね。 早く風邪を治し...

身長168cmなら体重は何キロが理想?理想体重になるためには

身長168cmの女性の場合、体重は何キロになれば理想的なのでしょうか? よく身長に対しての標準...

ランニングで毎日10km走ると、あなたの体はこんなに変わる!

健康のため、ダイエットのため、ランニングを始めたいと思っていませんか? ランニングの習慣がある...

腹筋を1週間で割るために出来る事をご紹介します!

腹筋の割れている男性や女性に憧れて頑張って鍛えているけどなかなか割れてこないという方もいるのではない...

朝のランニングはダイエットに最適!?さらに日焼け対策にも!

朝のランニングは晴れていると、清々しい気持ちになりますよね。 でも日焼けが心配・・・。そんな方...

体重は減るけど見た目は変わらないのはなぜ!?その理由とは

ダイエットをしている時に、体重計で量ってみると減っていると嬉しいですよね。 しかし、鏡を見てみ...

顔をアップするのはやめて!?毛穴の正しい対処方法

気になる顔の毛穴・・・どうしたらキレイになるの? アップにすると、目立ってしまう毛穴を引き締め...

ピアスを開けると運気がアップする?その噂の真相について

今は、ファッションでピアスを開ける方も多いですよね。ピアスも種類が豊富ですから、その日の服装に合わせ...

No Image

ピアスの作り方…ビジューピアスを自分で作ってみよう!

ピアスの作り方を知って、自分好みのビジューピアスを作ってみませんか? ハンドメイドのサイトでもよく...

45歳、中年女性に襲いかかる急激な体重増加を食い止めたい!

45歳、中年期真っ只中の女性に訪れる「中年太り」。 体重の増加もそうですが、お腹周りや背中にたっぷ...

顔のシミは20代から始まることも…原因と対策をご紹介

女性の肌の悩みの一つにシミがあります。 早い方では、20代でもシミがうっすらと顔に現れる方がい...

スポンサーリンク

足のストレッチを寝ながら行う時には力を入れすぎないように注意して!

床やベッドなどに寝転んで、力を入れずにバンザイします。
足も大の字に広げてみましょう!

このポーズを体に力を入れないで取ることができますか?
バンザイした時に、腰が床やマットから浮いてはいけません。

手の先も足の先も遠くへ遠くへ伸びるイメージで、ゆっくりと8数えてください。

体に力を入れずに、手足の先を遠くへ伸ばすのにはコツがいります。
そのコツをつかむまで何度も何度もチャレンジしましょう。

そして、そのコツをつかむことができたら、体の力を抜く方法を習得したといえます。

日中や、寝ている間にも、知らず知らずのうちに、必要以上に体に力を入れているものです。
筋肉や関節を緩めてあげるのも、体をストレッチする前の準備としては必要なことです。
その後に、寝ころんだまま、右足の膝を曲げ、立てます。
それから左足のふくらはぎを右足の膝の上にのせて、膝でふくらはぎをマッサージしましょう。
反対の足も同様におこなうようにしてください。
痛すぎず、ちょうどよい力加減でマッサージすることができるでしょう。

足のストレッチを寝ながらする。3つの方法はコチラ

  1. ヨガマットやストレッチマットの上に、正しい姿勢で正座をします。
    正座をした状態でヒザとモモに力を入れたまま、上半身をそらし、仰向けに寝ます。
    そのまま、仰向けに寝ると太ももの前の部分が伸びているのを感じることはできませんか?
    正座の状態でおこなうことがきついと感じたら、片足づづ行ってもかまいません。
  2. 仰向けに寝て両膝をお腹まで曲げていき両腕で両膝を抱えます。
    息を吐きながら太ももをお腹にゆっくりと近づけましょう。
    頭もひざに近づけるようにして、ダンゴムシのポーズです!
    それからゆっくりと両手両足を伸ばし、大の字になります。
  3. 仰向けになって、足の裏を天井へ向けてL時になります。
    この時に腰を床から浮かさないように注意しましょう。
    そして、つま先を天井に向けたり戻したりして、つま先の屈伸を繰返します。

ご紹介した3つのストレッチを10回ずつ、3セット繰り返すようにしましょう。
むくみが改善して、すっきりとした下半身を手に入れることができると思います。

足のストレッチを寝ながらする時に注意して欲しいこと

足のストレッチなどを寝ながら行う際には、必ず「ゆっくりした動作でおこなう」と言うことが基本になります。

寝ながら足などのストレッチをおこなう時に、気を付けたいことの一つに「腰をうかせないようにする」と言うのがあります。

力任せに足を振り上げたりすると、必ずと言っていいほど、腰が浮いてしまいます。
腰を浮かせないように足を上げ、腰を上げない状態でストレッチをおこなうようにしましょう。

寝ながらのストレッチはゆっくりとした動作で、ストレッチしたい箇所を意識しながら行ってください。

また、腰を浮かせないようにするには、お腹に手の平を置くようにするとよいでしょう。そうすると、お腹にどの位力を入れれば、腰を浮かせないで足を持ち上げることができるのかを意識することができます。

下半身がむくんでいると全体的に太って見えちゃう…!

下半身ってむくみやすいんですよね。
下半身のむくみの原因は、流れが悪くなった「血流」と「老廃物」そして「水分」が主な原因だと考えられています。

太ももの筋肉が凝り固まってしまっていると、下半身の血流の流れが悪くなってしまい老廃物が溜まりやすくなります。
こうなると、下半身はむくんでしまいます。

一番大きな筋肉を持つ「太もも」をストレッチして、筋肉を柔らかくしてあげれば、下半身のむくみの解消を期待することができます。

太ももの筋肉がストレッチにより柔らかくなれば、下半身の血流の流れがよくなり、むくみを解消することができるでしょう。
また、むくみを解消することで、新陳代謝を上げ健康な体を作ることができます。

どんなに、上半身の血流がよくても、下半身で滞ってしまえば意味がありません。
上半身も下半身もスムーズに血流を流し、新陳代謝を上げ、流れの良いカラダを目指しましょう!

ストレッチをした後、寝ている間もケアしよう!

美脚ソックスをご存知ですか?
寝る時に美脚ソックスを穿いて寝ると、寝ている間に足がむくんでしまうことを予防する効果を得られると言われています。

美脚ソックスの圧はかなり強いです。
血圧の高い人などには、お勧めできません。
逆に、血圧の低い方には、試して欲しいと思います。
締め付けられる感じに、異常を感じたり、息苦しくなったり、心臓のドキドキが止まらなかったら、すぐに使用を中止してくださいね。

美脚ソックスよりも、効果はゆるめですが、足元にクッションなどを置き、足を乗せて足を高くして寝る方法もあります。
寝ている間にずれてしまうという欠点もありますが、少しの時間でも、足が心臓よりも高い位置にすることで、血流の流れがよくなることでしょう。

寝ている時間も有効活用して、むくまない下半身を手に入れましょう!

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ