生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

足のストレッチを寝ながらする方法をご紹介!

2018.6.20

足のストレッチを寝ながら行うと、腰への負担も少なく、余計な力を入れる必要もありませんから、効果的に行うことができます。

太ももやふくらはぎがむくんでいると、全身の血行にもよくありません。

大きな筋肉のある太ももの血流をよくして、全体的にすっきりした体を手に入れましょう!
ストレッチの仕方や、寝ている間のケアについてもご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

157cmの体重は平均どのくらい?女子の理想体重について

157cmの女子は体重がどのくらいなら平均なのでしょうか?また、理想の体重はどのくらいなのでしょうか...

朝体重が減らない原因!睡眠や水分が不足すると減らない可能性が

朝は一番体重が減っているものですが、起きた時に体重を測っても減っていないこともあります。ダイエット中...

ショートカットの人が美容院へ行く頻度、最適な回数とは

ショートカットが似合う女性って素敵ですよね。 でもショートだと美容院に行く頻度が多くて大変そう...

体重は減るけど見た目は変わらないのはなぜ!?その理由とは

ダイエットをしている時に、体重計で量ってみると減っていると嬉しいですよね。 しかし、鏡を見てみ...

アトピーには塩風呂がおすすめ!塩風呂効果と入浴方法

アトピーやアレルギーにお悩みの方は入浴剤を選ぶのも一苦労ですよね。 あまりケミカルなものは使い...

今さら聞けないワックスやスプレーの違いをお教えします!

ワックスやスプレーは今はスタイリングに欠かせないものになりましたよね。でも使い方や特徴の違いって意外...

デジタルパーマを失敗した!やり直しをする場合の注意点!

きれいなカールを期待してデジタルパーマをかけたものの失敗した、思ったよりかかりが悪かった・・・。そん...

蕁麻疹になった場合、病院は何科へ行く?蕁麻疹の治療について

痒くて仕方のない蕁麻疹になった場合、病院は何科に行けば良いのでしょうか? 実は蕁麻疹というのは...

階段の昇り降りがトレーニングになる!驚きの効果とやり方とは

日頃の運動不足が気になりませんか? ですが運動したいと思っても時間がない、面倒なことはやりたく...

さらしの巻き方がわからない!女性のさらしの巻き方をご紹介

お着物を着る際やお祭りの際などに、女性がさらしを身に着けることがあります。 普段あまり身に着け...

dv加害者の職業の関係性、dvを起こす人の特徴とは

dvは身体的に受ける暴力だけではありません。そしてごく一部で起きていると思われがちですがごく普通の家...

ジョギングを30分する効果!脂肪燃焼やダイエットの効果がある

元気で健康的な体を維持したい・蓄積された脂肪をどうにかしたいと思ったら、ジョギングを取り入れてみまし...

鼻の毛穴から白いにゅるにゅるが!その正体とは!

鼻の毛穴から白いにゅるにゅるが!これっていったい何? 実はこれは「角栓」です。長い時間詰まって...

コーヒーアレルギーでくしゃみが止まらない?徹底解説!

アレルギーというと卵や小麦粉、そばなどが有名ですが、コーヒーがアレルギーの原因になるということがわか...

身長168cmなら体重は何キロが理想?理想体重になるためには

身長168cmの女性の場合、体重は何キロになれば理想的なのでしょうか? よく身長に対しての標準...

スポンサーリンク

足のストレッチを寝ながら行う時には力を入れすぎないように注意して!

床やベッドなどに寝転んで、力を入れずにバンザイします。
足も大の字に広げてみましょう!

このポーズを体に力を入れないで取ることができますか?
バンザイした時に、腰が床やマットから浮いてはいけません。

手の先も足の先も遠くへ遠くへ伸びるイメージで、ゆっくりと8数えてください。

体に力を入れずに、手足の先を遠くへ伸ばすのにはコツがいります。
そのコツをつかむまで何度も何度もチャレンジしましょう。

そして、そのコツをつかむことができたら、体の力を抜く方法を習得したといえます。

日中や、寝ている間にも、知らず知らずのうちに、必要以上に体に力を入れているものです。
筋肉や関節を緩めてあげるのも、体をストレッチする前の準備としては必要なことです。
その後に、寝ころんだまま、右足の膝を曲げ、立てます。
それから左足のふくらはぎを右足の膝の上にのせて、膝でふくらはぎをマッサージしましょう。
反対の足も同様におこなうようにしてください。
痛すぎず、ちょうどよい力加減でマッサージすることができるでしょう。

足のストレッチを寝ながらする。3つの方法はコチラ

  1. ヨガマットやストレッチマットの上に、正しい姿勢で正座をします。
    正座をした状態でヒザとモモに力を入れたまま、上半身をそらし、仰向けに寝ます。
    そのまま、仰向けに寝ると太ももの前の部分が伸びているのを感じることはできませんか?
    正座の状態でおこなうことがきついと感じたら、片足づづ行ってもかまいません。
  2. 仰向けに寝て両膝をお腹まで曲げていき両腕で両膝を抱えます。
    息を吐きながら太ももをお腹にゆっくりと近づけましょう。
    頭もひざに近づけるようにして、ダンゴムシのポーズです!
    それからゆっくりと両手両足を伸ばし、大の字になります。
  3. 仰向けになって、足の裏を天井へ向けてL時になります。
    この時に腰を床から浮かさないように注意しましょう。
    そして、つま先を天井に向けたり戻したりして、つま先の屈伸を繰返します。

ご紹介した3つのストレッチを10回ずつ、3セット繰り返すようにしましょう。
むくみが改善して、すっきりとした下半身を手に入れることができると思います。

足のストレッチを寝ながらする時に注意して欲しいこと

足のストレッチなどを寝ながら行う際には、必ず「ゆっくりした動作でおこなう」と言うことが基本になります。

寝ながら足などのストレッチをおこなう時に、気を付けたいことの一つに「腰をうかせないようにする」と言うのがあります。

力任せに足を振り上げたりすると、必ずと言っていいほど、腰が浮いてしまいます。
腰を浮かせないように足を上げ、腰を上げない状態でストレッチをおこなうようにしましょう。

寝ながらのストレッチはゆっくりとした動作で、ストレッチしたい箇所を意識しながら行ってください。

また、腰を浮かせないようにするには、お腹に手の平を置くようにするとよいでしょう。そうすると、お腹にどの位力を入れれば、腰を浮かせないで足を持ち上げることができるのかを意識することができます。

下半身がむくんでいると全体的に太って見えちゃう…!

下半身ってむくみやすいんですよね。
下半身のむくみの原因は、流れが悪くなった「血流」と「老廃物」そして「水分」が主な原因だと考えられています。

太ももの筋肉が凝り固まってしまっていると、下半身の血流の流れが悪くなってしまい老廃物が溜まりやすくなります。
こうなると、下半身はむくんでしまいます。

一番大きな筋肉を持つ「太もも」をストレッチして、筋肉を柔らかくしてあげれば、下半身のむくみの解消を期待することができます。

太ももの筋肉がストレッチにより柔らかくなれば、下半身の血流の流れがよくなり、むくみを解消することができるでしょう。
また、むくみを解消することで、新陳代謝を上げ健康な体を作ることができます。

どんなに、上半身の血流がよくても、下半身で滞ってしまえば意味がありません。
上半身も下半身もスムーズに血流を流し、新陳代謝を上げ、流れの良いカラダを目指しましょう!

ストレッチをした後、寝ている間もケアしよう!

美脚ソックスをご存知ですか?
寝る時に美脚ソックスを穿いて寝ると、寝ている間に足がむくんでしまうことを予防する効果を得られると言われています。

美脚ソックスの圧はかなり強いです。
血圧の高い人などには、お勧めできません。
逆に、血圧の低い方には、試して欲しいと思います。
締め付けられる感じに、異常を感じたり、息苦しくなったり、心臓のドキドキが止まらなかったら、すぐに使用を中止してくださいね。

美脚ソックスよりも、効果はゆるめですが、足元にクッションなどを置き、足を乗せて足を高くして寝る方法もあります。
寝ている間にずれてしまうという欠点もありますが、少しの時間でも、足が心臓よりも高い位置にすることで、血流の流れがよくなることでしょう。

寝ている時間も有効活用して、むくまない下半身を手に入れましょう!

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ