生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

深夜バイトは女性でも出来る?始める前に知っておいて欲しいこと

2018.6.19

深夜バイトは時給が高い為、女性でもやってみたいと思う方がいると思います。

深夜だと防犯上の心配などがありますが、そもそも女性でも雇ってもらえるのでしょうか?

深夜は暇だと思いきや、意外と重労働だった・・・というバイトもあります。

女性が深夜バイトを始める前に、知っておいて欲しい情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ハローワークの求人に直接電話をかけるのはアリ?その答えは○○

ハローワークの求人情報をチェックしていて働きたいと思った企業を見つけた場合は、ハローワークを通して連...

主婦も資格が取りたい!40代だからこそオススメの資格

40代主婦が仕事をはじめるとき、やはり資格があると仕事選びにも有利になります。 でも、40代か...

トラック運転手の食生活の実態!トイレ休憩もままならない現実

トラック運転手と一言でいっても様々ですが、特に長距離トラックに乗っている運転手は、その食生活が問題と...

ハロワの求人が年齢不問になった背景と現実

ハロワの求人を見ると、「年齢不問」の文字。年齢不問なら、40歳でもOKだよね?とは限りません。 ...

お中元シ―ズンのバイトはかなり大変!その実態を教えます!

短期間のバイトとして人気のお中元関連のバイトですが、経験者によるとかなり大変だと言います。 お...

パワーポイントで自己紹介!おもしろいインパクトを残そう

ビジネスシーンではパワーポイントで自己紹介をする場面もあります。 どうせならおもしろい人だと印...

トラックの運転手はどんな生活を送っているのか聞いてみました

トラックの運転手というと、長距離を運転しなければならないので大変!というイメージがありますよね? ...

会社のデスクトップとなる壁紙は何がいい?オススメを紹介

地味に自己アピールができるパソコンのデスクトップ!しかし、会社の壁紙を勝手に変えるのはよくない? ...

就活の特技や趣味、ピアノも立派なアピールになります!

就活の時の、趣味や特技、何を書けば有利なのか悩む方も多いでしょう。 楽器演奏が趣味という方も多...

絵師にイラストを依頼する方法とマナー。期日や価格は確実に!

「絵師」という言葉を耳にすることはありませんか?この「絵師」と言う言葉はプロ、アマ含めイラストレータ...

育児休業を男性が取得する場合の開始日について詳しく説明します

まだまだ日本では育児休業を取得する男性の数は少ないですが、それでも年々増加していると言われています。...

会社の先輩が嫌い!対処方法と克服法をご紹介

会社では学生時代と違って付き合う人間関係を選ぶことは出来ません。どんなに嫌いな先輩が居ようが一緒に仕...

休みの理由を結婚式などの冠婚葬祭にする際の注意点

仕事を休みたい理由様々。身内や友人の結婚式を理由にする場合もよくあるのでは? 結婚式などの冠婚...

スーツにバッジや社章を付ける場合の付け方と位置

スーツや制服に社章やバッジをつける時に、どこに付けたらいいのか困ったことはありませんか? サラ...

上司に相談するタイミングとは?相談のタイミングや聞き方

上司に仕事上の相談や退職の意思を伝える時には、タイミングや聞き方、切り出し方などをどうしたらいいのか...

スポンサーリンク

コンビニの深夜バイトは、女性でもできるもの?

コンビニの深夜バイトを女性でも雇っているかどうかについては、その店舗の店長次第です。でも結構大丈夫なコンビニが多いみたいですよ!

やっぱり深夜バイトの魅力と言えば、時給が高いことですよね。夜の10時~翌朝の6、7時までという時間帯が多いようです。その店舗の店長の方針によっても変わりますが、女性を採用しているお店も結構あるんですよ。

しかし、防犯のことを考えて一人勤務や、女性のみの二人勤務ということはほとんどないようです。一般的には男性と一緒に入ることが多いみたいです。

そして仕事内容ですが、同じコンビニでも昼と深夜では多少異なります。深夜の場合には通常業務のレジや品出しの他、廃棄チェックがあったり、床や窓の掃除、ショーケースの掃除なども含まれます。なるべくお客さんが少ない時間にやっておくのです。

この深夜の時間帯というのはそもそも希望者も少ない為、週に2~3回入れるのであれば採用される可能性は高いでしょう。ただ、この時間帯はシフトに入れる人自体少ないので、万が一急に休まなくてはいけなくなった場合でも代わりの人が見つからない可能性も高いのです。

一度決まったシフトはきちんと守るように心がけましょう。

女性のコンビニ深夜バイトは、想像以上に大変だという意見も

深夜のコンビニバイトって、お客さんが来ないから楽そう!・・・なんて思っていませんか?そんな気持ちで深夜のコンビニバイトを始めると、痛い目に遭いますよ。

とにかく深夜というのは、納品が集中する時間帯です。食材や本などが大量に届くのです。お弁当やおにぎり、パン、飲み物、カップ麺、お菓子、アイス・・・等々、とにかく何でも届きます。

惣菜コーナーなどは深夜は行っていない店舗もありますが、そういった場合でも使った食器などを掃除しなくてはいけないのです。

時には一人で深夜バイトに入らなくてはいけない時もあり、納品や検品、陳列、レジ・・・全てのことをやらなくてはいけないのですから、想像以上の肉体労働なのです。

特にキツイと感じるのが、コミックの搬入です。一つ一つを紐で縛ったり、しゃがみながら重たいコミックを陳列するのはかなりの重労働なのです。

飲み物を持ち運ぶのは男性でさえ結構大変なんですよ。だから、女性からすると本当にキツイと思います。

飲み物が何本も入った段ボールが何十箱も届いて、それを置き場まで持っていき、そこから一本ずつ取り出して補充しなくてはいけません。

男性でもハードな仕事だということを知っておきましょう。

女性におすすめの深夜バイトはこれだ!

深夜バイトをしたくても、コンビニ以外にどんな仕事があるのか思い浮かばないという方も多いのでは?

そこで女性におすすめしたいのが、病院受付の深夜バイトです。時給1400円くらい貰うことができ、時間は夜10時~翌朝5時くらいまでです。途中で仮眠をとることが出来たりもするみたいですよ。

どのようなことをするかと言うと、夜間に患者がやってきた時に医者や看護師へ引継ぎをしたり、電話対応、入院患者の対応(医療行為に関係しない内容)などがあります。

深夜に病院へ電話がかかってくるということも少なく、そしてかかってきた場合でも担当部署へ繋げば良いだけですので、そう難しいものではありません。

そして、仮眠を取れるというのも魅力の一つです。夜の間ずっと起きている必要は無く、何かあった時にすぐに対応できる状況であれば仮眠を取ることを認められています。仮眠を取っている間もお給料は発生するというのがほとんどのようです。

拘束時間で考えると少し長いように感じるかもしれませんが、その分お給料も貰えます。そして、仕事内容は少ないにも関わらず高時給である為、割りが良いと言えるでしょう。特に女性にはおすすめの深夜バイトです。

主婦が深夜バイトをする際に、気を付けてほしいこと

頑張りすぎないこと

深夜バイトを経験したことがある人がよく言うのは、「とにかく眠たくて、体が慣れるまでは大変だった。」「シフトを入れ過ぎてしまって、疲労で休日は動けなくなった。」ということです。疲れからイライラしてしまい、家族にも迷惑をかけたと反省している人も多いようです。

最初からあまりシフトを入れ過ぎず、最初は週2~3日から始めてみると良いでしょう。あまり頑張り過ぎず、少し余裕のある働き方をすることをおすすめします。

体調に気を付けること

人間の体は基本的に、日が出ているうちに活動をして、夜は寝るように出来ています。そんな中で深夜バイトをすると、寝不足にもなりますし、生活が不規則になって体を壊してしまう可能性も高まるのです。

気分転換の為に、少しでも稼ぐ為に・・・と働いているのかもしれませんが、そこで体を壊してしまっては元も子もありません。決して無理はせずに、休める時にはしっかり体を休ませてあげてください。

きつくても深夜バイトをしたい!そのメリットとは

普通は皆が寝ている時間帯に仕事をするっていうのは、キツイですよね・・・。それでも深夜バイトをする人がいるのは、それだけのメリットがあるからです。

まずは時給が高いこと。夜10時以降というのは深夜時給になり、通常の時間帯よりも25%時給が上がります。時給1,000円であれば1,250円になるということです。

そして深夜から翌朝にかけては拘束時間も長いので、一度入るだけで結構稼ぐことが出来るのです。日中の場合には、他のバイトもいてあまり長くシフトに入れないということがありますからね。

そして、そもそも入れる人が少ない時間帯である為、採用もされやすい傾向にあります。もし過去にコンビニでバイト経験がある場合には、即戦力として大切に扱ってもらえるかもしれません。

そして防犯面が心配という方も多いかと思いますが、今はセキュリティシステムもしっかりしているのでそこまで心配する必要もありません。

深夜バイトの場合には一人だけで働くことが出来るというのも大きな魅力です。人間関係を気にせず、ある意味自由に仕事をすることが出来ます。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 仕事のコツ