生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

自己PRを面接で聞かれたときは?短大入試の面接対策

2018.6.17

大学や短大での入試の面接では、志望動機などの他に自己PRを聞かれることが多いでしょう。

では、そもそも自己PRとは、どんなことを話すべきものなのでしょうか?面接では重要視されるのでしょうか?

また、短大入試の面接で自己prを聞かれたときのために、どんな準備をしていたらいいのでしょう?

そこで、短大入試の面接における自己PR対策についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

勉強の仕方がわからない人必見!効率の良い勉強法を教えます

勉強はしているのに、成績に結び付かない・・・そんな人は勉強の仕方がわからないのかもしれません。 ...

大学の成績表はいつ届く?遅いと言われる理由を解説!

大学の成績がどうだったんだろう・・・。大学生なら気になるところでしょう。特に就活中なら特に気になって...

原稿用紙の書き方!かぎかっこの使い方をご紹介します!

読書感想文などを書くときに、原稿用紙を使う場合が多いですよね。この原稿用紙の書き方に細かいルールがあ...

教習所の卒検に落ちた時、不合格はどんな基準で判断されるのか!

教習所の卒検は、これから免許を取得するのに大きな影響をもたらします。合格であれば路上を運転する楽しみ...

大学受験で現代文が苦手な人集合!解決策を教えます!

大学受験で国語の中でも特に現代文が苦手だという高校生も多いと言われています。しかし、一番配点が高い現...

センター試験は社会人でも受けられる?受け方と注意点

センター試験はすでに大学を卒業している社会人でも受けることができるのでしょうか? 社会人になっ...

模試の偏差値UP!数学の苦手意識を克服する勉強法

模試の数学が不得意で、どんなに勉強しても良くならなくて悩んでいる受験生はいませんか? 自分は数学が...

古典が苦手なあなたにおすすめなのが音読。その効果とは?

古い時代につくられた書物の古典。現代の感覚で読もうとすると何だかよくわかりませんよね? 古典を...

高校の部活を引退!大学受験に向けて上手な切り替え方法はコレ!

一生懸命部活に取り組んで高校生活を過ごしてきたという人も、時期が来れば引退をしなくてはなりません。 ...

教習所では決められた期間で卒業する必要あり。最長でも9ヵ月!

免許取得のために通う教習所は、教習のスタート日から一定の期間で卒業する必要があり、それは最長で9ヵ月...

高校の部活がきついから辞める!その前にもう一度考えよう

高校の部活がきついから、もう辞めたい・・・。そう考えたことがある高校生は多いのではないでしょうか? ...

勉強ができない障害って?勉強ができないことで考えられる病気

「勉強しようと思ってもなかなか覚えられない」「やる気はあるのに出来ない」このような状態、学習障害かも...

就職に有利な資格が知りたい!理系学生が取得すべき資格とは

就職を有利に運ぶために今や常識ともなっているのが資格取得です。理系学生が取得しておくべき資格もありま...

大学生にパソコンは絶対必要!その理由と選び方を教えます!

大学生になったら、レポート提出などで必要になるパソコン。 でも自分専用のものって絶対必要なので...

子供に朝勉強を勧めてみよう!脳がクリアな朝に勉強する意味とは

子供に朝、勉強する習慣を、身に付けさせてみませんか?時間の使い方を少し変えてみただけで、勉強の効果が...

スポンサーリンク

短大入試の面接における自己PRとは

大学や短大での入試では、学力試験の他に面接もありますよね。

大学や短大での入試の面接では、どうしてこの学校を選んだのかなど志望動機についてや自己PRについて聞かれることがあるでしょう。

では、自己PRとはどのようなことを伝えたらいいのでしょうか?

短大の入試の面接における自己PRとは、自分の強みとなる部分をアピールするべきです。

また、さらに具体的なエピソードなどを交えながら、わかりやすく自分の意欲を伝えるといいでしょう。

基本的には自由に自分おアピールしたい部分を伝えられることが多いのですが、学校によってはテーマなどの題材を元にした自己PRを求められることもあります。

ですから、単に自分の強みだけを伝えるのではなく、その学校が求める自分仏像に合っていることを伝えるのも大切です。

自己PRは面接において、必ずと言っていいほど聞かれる質問のひとつなので、ある程度伝える内容を考えておく必要があるでしょう。

短大の面接で自己PRを聞かれたときは

では、短大入試の面接で自己PRについて聞かれたときは、どのように答えたらいいのでしょうか?

自己PRについて考えるときは、まず資格や実績など外部から客観的に評価を受けたことを伝えるのがいいでしょう。

もしくは、自分の性格においての長所を伝えましょう。

どうしてもあれもこれも伝えようとすると、長くなってしまう可能性があるので、できるだけ簡潔に答えられるようにまとめましょう。

なので、はじめに結論から伝え、それから具体的な内容、そしてさらに結論という順番を意識するといいですね。

部活を続けることで得ることができた協調性などもアピールできるポイントです。

これまでの自分の高校生活を振り返って、どの部分が強みになるかを考えてみましょう。

短大の面接での自己PRはどのようなものにしたらいいの?

短大入試の面接では、どんな自己PRがいいのでしょうか?

自己PRを考えるあまりに、まるで台本のようなものを用意して読み上げるのはやめましょう。

やはり自分の言葉で話せるようなものがいいですよね。

例えば、もし保育士になりたいのであれば、自分はどんな先生なら良い先生と思うのかをよく考えてみてください。

あなたが明るい性格で、それを強みにできるのであれば、子供たちにも明るく接して、友達と一緒に過ごす楽しさや仲間の大切さなどを伝えていきたい、なんていうのもいいのではないでしょうか。

ポイントとしては、結論から具体例、そしてこれからどのようになっていきたいかを簡潔にまとめて伝えましょう。

学校の先生にも相談して、よりよい自己PRを考えましょう。

また、現在も何か努力していることなどがあれば、そちらもアピールするといいでしょう。

資格の勉強など未来に繋がる努力は伝えると好感が良いですよ。

面接の自己PRは準備が大切!

自己PRというと、自分に自信が持てるものってなんだろうって、なかなか思いつかなかったりしますよね。

ですから、自己PRを答えるためには、そのためのしっかりとした準備が必要になります。
まずは、日常生活を振り返って、自分のアピールできる部分を探してみましょう。

自分の得意なことや努力していることなどメモに書いてみるといいでしょう。

また、自分を分析することも大切なポイントです。

例えば、学校の先生や家族、友達など自分の長所やどんなところが強みになるかを客観的な意見を聞いてみるのもいいでしょう。

それから、具体的なエピソードがあると人に伝わりやすく、説得力があります。

ぜひ具体的なエピソードも交えてまとめてみましょう。

そして、まとめたメモを丸暗記するようなことはやめましょう。

そうすると、話し方も不自然になってしまったり、ひとつ忘れてしまうとなかなか言葉が出なくなってしまうことがあります。

要点だけを頭に入れておくのがオススメですよ。

自己PRの他に、面接ではこんなことが聞かれます!

短大入試の面接では、自己PR以外にも聞かれることがあります。

例えば、入学後の抱負について聞かれることもあるでしょう。

合格したら、この学校で何を学びたいのか、そして将来はどのようになりたいのかなど、自分の目標について聞かれることもあるので、答えられるようにしておきましょう。

また、実際に見た学校の印象などについて聞かれることもあるようです。

どんなところに魅力を感じたのか、この学校でどんな学生生活を送りたいのかなど、素直な自分の意見を述べましょう。

実際に楽しみなイベントなどがあれば、それを伝えるのもいいでしょう。

それから、部活動などについて聞かれることもあるみたいです。

それは単にどんな部活だったか感想を聞いているのではなく、その部活によってどんな経験をすることができたのかなど、何を学んだかを答えるといいでしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 勉強のコツ