生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

国民健康保険の金額の平均とは?国民健康保険について

2018.6.16

国民健康保険の金額はいったいどのように決まるのでしょうか?平均額はどのくらいなの?

会社の健康保険だから…と思っている人も、実は関係ない話ではないかもしれません。こんなときには、国民健康保険に加入となり保険の金額も大幅にアップしてしまうかも!?

必ず支払わなければいけない国民健康保険の対策は、退職前にきちんとしておきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

物損事故だと保険料が上がる?保険料の仕組みを知っておこう!

物損事故で保険を利用すると保険料が結構上がるという話を最近耳にします。 実は等級制度が改正され...

仕事で失敗をしてしまった”最大の失敗談”をご紹介!

仕事で失敗をしてしまった時って、どんな言葉も響かずに落ち込んでしまいますよね。 それがとっても...

一人暮らしの費用はどのくらいかかる?札幌の場合

進学や転勤などで一人暮らしを札幌で始める人も多いのではないでしょうか? そこで一番気になるのが...

離婚後の子供の戸籍謄本ってどうなる?の疑問を解決!

妹が離婚後、1歳になったばかりの小さな子供を連れて実家へ戻りました。 そこで、子供の戸籍謄本がどう...

喪中でも結婚式は挙げても大丈夫?祖母の喪中期間とは

結婚式の予定があったのに、祖母が亡くなってしまって喪中に・・・。 そんな場合でも、結婚式を挙げ...

飛行機の機内での服装に迷う!そんな時のおすすめをご紹介

日本は島国ですから海外旅行となると長時間、飛行機の機内で過ごすことになります。 せっかくの旅行...

バイクのウインカーがつかない?早急な修理と緊急時の対処方法

バイクに乗っていてライトがつかないのも問題ですが、ウインカーが正常につかないのは非常に危険! ...

雪で電車やバスが送れる時の都会と雪国での違いと影響について

雪が降る地方では毎年のことなので、雪に対する知識や対策はほぼ万全に理解できていることでも、雪の降らな...

教習所の期間に間に合わない!教習の期限は最大でも○ヶ月です!

自動車の教習所に仕事や勉強の合間を見ながら通っているという人もいますよね。忙しい時間の合間を縫って通...

社保と国保!違いや見分け方のポイントをご紹介!

皆さんは社会保険や国民健康保険の仕組みをしっかり分かって加入していますか? 今自分が加入してい...

大学生の約7割が一人暮らしに不安?その不安の元とは

大学生になって一人暮らしを始める人は多いと思いますが、楽しみな反面、多くの学生があらゆることに不安に...

大学に入学したばかりの人がバイトを始めるタイミングは○○!

大学に合格して晴れて大学生になった人の中には、「バイトをしよう!」と考えている人もいますよね! ...

高速のカメラが光るのは一体何キロ?徹底調査してみました!

高速道路を走行中に気になることと言えばあの「カメラ」ではないでしょうか? 高速道路などに設置さ...

新郎挨拶は紙を見てもOKだがどうしても不安な時のみが正解!

結婚式の締めくくりとして行われるのが、新郎からの挨拶です。 結婚式に出席してくれたゲストへの感...

カラオケにマイクを持ち込みたいと考えているカラオケ好きさん必見!

近年、一人カラオケ店が増えてきている中、myマイクを持ち込みしてカラオケを楽しんでいる人も多いですよ...

スポンサーリンク

国民健康保険の金額の平均はない?その理由とは?

国民健康保険は国民全員が同じ金額なのか?と思う方も多いかと思いますが、この支払う金額は、加入者が住んでいる地域によって金額に違いがあるようです。

インターネットなどで調べても詳しい金額の情報は、ほとんど記載されていません。
もし詳しく知りたい場合には、お近くの市区町村の役所などに行き、保険料の計算方法を確認してください。

国民健康保険の保険料の計算方法は以下のようになっていますので、参考にしてみてください。

  • 所得割…世帯が持つ所得によって算出される
  • 資産割…世帯が持つ資産によって算出される
  • 均等割…加入者一人当たりの支払額として算出される
  • 平等割…一世帯当たりの支払額として算出される

このように最終的な金額が算出されます。

上記の組み合わせや各項目の金額や課金率については、各市町村が独自に定めていますので、住んでいる場所によって保険料は大きく異なるようです。

国民健康保険の金額は平均的に見ても高い!会社の健康保険との違い

会社勤めの方は、国民健康保険ではなく社会保険に加入しているので、健康保険は、会社が半額負担してくれるので、金額もそんなに高くはありません。

しかし国民健康保険の金額は、全額自分で払わなければならないため、社会保険に比べると高いと感じます。

実は金額が高い理由には、加入者の所得平均が低いため所得金額が250万円を超えるだけで、さらに低所が低い方の保険料をカバーすることになってしまうのです。

そういった理由から、社会保険よりも国民健康保険料の方が高いと感じるわけなのです。

所得が低い場合であれば、や減免を受けられる制度がありますが、それを受けられない程の所得になってくると、どうしても支払わなければならない義務があるのは、なんだか複雑な気持ちになりますよね。

国民健康保険の金額が平均の倍?高額な国保とは?

あるご夫婦が定年まで仕事をした後、健康保険の手続きを役所にしに行ったところ、2人合わせて約8万円近くの金額を支払うように言われたそうです。

今は2人とも無職の為、減免のお願いをしたところ、今まで収入があったので、支払わなければならないと言われました。

もし支払えないのであれば、分割でも構わないと言われましたが、いつかは支払わなければならないことには変わりありません。

しかも減免の手続きをしても金額は、ほんの少し安くなるだけです。

正直これに納得がいかないという方も、たくさんいるのではないかと思います。

なので、もし会社を退職する際にはいきなり国保に入ると、保険料は高額になるケースが多いと耳にします。

退職後は2年間だけ、社会保険を任意継続にすることができます。
仕事をしていた時と変わらない金額で加入することができるのです。

なので、定年退職や一時的に仕事ができない時には、国民健康保険に加入するのではなく社会保険を任意継続にすることをおすすめします。

個人事業主の国民健康保険の金額を下げる方法はあるの?

個人事業主の国民健康保険の金額を下げる方法は、あるのかどうかについて調べていくと、「法人を設立する」ことが最も、削減効果の大きい方法のようです。

簡単にご説明いたします。

  • 国民健康保険に加入している個人事業主が、事業の一部を法人化する。
  • 社会保険・健康保険・厚生年金に強制加入する。
  • 国民健康保険から、社会保険に切り替わり保険料が二重になることはない。

※注意点としては、個人事業から法人成りするのではなく、給料の設定の仕方によっても削減効果は違うので注意が必要となります。

社会保険に加入し国民健康保険から脱退することについての根拠

健康保険に加入する人は、自動的に厚生年金とセットで加入となり厚生年金保険に加入している人は、厚生年金保険の制度を通じて国民年金に加入することとなります。

国民年金の保険料は、厚生年金を通じて自動徴収されることになり厚生年金と国民年金の保険料を同時に支払うことは、あり得ません。

そうなると、国民年金保険料を二重に支払っていることになってしまうため、法人を設立して健康保険に加入すれば、国民健康保険は脱退することは当たり前のことで、手続きは必要になりますが、制度上問題ないという事になるのです。

国民健康保険の金額がアップする可能性があるのは?

国民健康保険の金額が急に高くなったかも?と思う時には以下のことが考えられますので、参考にしてみてください。

  • 年収が130万円を超えた時

年収が130万円を超えると、夫の扶養になっている方は第3号被保険者からも外れるため、国民健康保険の金額が高くなります。

  • 引っ越したとき

国民健康保険料は市町村によって金額の計算方法が異なる為、引っ越した月から保険料が高くなることがあります。

  • 家族が増えたとき

国民健康保険に加入している人数が増えると、国保の均等割が増加し、金額が高くなることがあります。子供が生まれたり、サラリーマンが退職して国民健康保険に加入すると、その月から保険料が高くなります。

  • 離婚したとき

女性の方が離婚すると、夫の扶養から外れてしまうので妻に国民健康保険が課され、その月から保険料が高くなることがあります。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 社会生活のコツ