生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

犬の散歩を子供だけにまかせた場合の危険性について考える

2018.6.15

近所を散歩していると、子供だけで犬の散歩をさせている光景を見ることってありませんか?

その犬の大きさなどにもよりますが、小学校低学年くらいだとちょっと危ないな・・・なんて思うこともあるのでは?

犬の散歩を子供だけでさせるのは非常識だととられるのでしょうか?何歳以上であれば問題ないという基準はあるのでしょうか?

子供と犬の散歩、そして犬を飼うことによって子供に与える影響について考えてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

犬に吠えられる原因と対策や吠え方でわかる犬の気持ち

犬によく吠えられる人っていますが、それには原因があるのをご存知でしょうか? では、犬に吠えられ...

ハムスターがストレスを感じる行動は?変化を見逃さないで!

ハムスターはストレスに弱い小動物です。 強いストレスを感じていると、それが原因で最悪のケースになる...

手作り!ハムスターが喜ぶ小屋の作り方をご紹介!

ハムスターの小屋を手作りできるって知っていましたか?気になる作り方をご紹介します。 まずは小屋...

犬が散歩中リードを噛む原因と噛まないようにしつける方法

犬を散歩するといつもリードを噛んできませんか? なかなか上手いように散歩もできず、飼い主の反応を楽...

犬にミルクをあげるのはいつまで?量や上手な与え方を教えます

犬は人間と同じく母乳で育ちますが、母親がいない場合は飼い主が代わりにミルクを与えなくてはいけません。...

ハムスターは甘噛みをする?手を洗ってから触りましょう

ハムスターが手を甘噛みしてくることがある! ハムスターが噛んでくるときには本気で噛んでくることの...

グッピーは稚魚のうちから性別がわかる?稚魚の飼育ポイント!

グッピーの稚魚飼育で大切なのが性別ごとの隔離。しかし、大人のグッピーはオスに綺麗な尾びれがついている...

金魚の水槽の砂利は交換が必要?ジャリの掃除方法とは

金魚の水槽に砂利は必要なのでしょうか?金魚の水槽に砂利を使うメリットとは?砂利の交換や砂利掃除をする...

【ハムスター】生後1ヶ月で噛む理由と上手なしつけ方法

ハムスターは子供にも大人にも人気のペットです。 犬や猫に比べてお世話の手間が掛からないので、ペット...

ハムスターの飼い方に注意!擬似冬眠させないためのポイント

冬の寒い時期はハムスターを冬眠させないように注意しなければなりませんが、どのような対策を取ればいいの...

猫と会話をするための人間からコミュニケーションを取る方法

愛猫ちゃんと会話をしたいと思う飼い主も多いかもしれませんが、そもそも猫は人間と会話することができるの...

サワガニを飼育する上で重要な冬眠のさせ方や基本について

サワガニは日本で唯一淡水のみで暮らすカニです。水のきれいな小川に住んでいます。夏休みのキャンプなどで...

猫だって飼い主を忘れない!人間にも劣らない記憶力!?

猫は飼い主を忘れちゃう。そんな話聞いたことありませんか? 猫は記憶力が薄い動物?そんなことあり...

犬を仕事に行ってる間にお留守番させるときのポイント

どうしても、犬をお留守番させなくてはいけないときってありますよね。 こんなときはいったいどうし...

猫が寂しい時は鳴き声が違う?猫の気持ちに気付いてあげよう

猫といえば「ツンデレ」という印象がありますよね。それが猫好きにとってはたまらないというところでもあり...

スポンサーリンク

子供だけで犬の散歩をさせるのは非常識?

必ずしも子供だけで犬の散歩をすることが、非常識というわけではないと思います。

地域や土地柄でもずいぶん状況は違ってくるでしょう。

犬の大きさに関しても、体の小さなミニチュアダックスを連れていても、犬の扱いに不安を感じる子供がいたり、逆にガッチリした体の中型犬を連れていても、きちんと散歩ができている子供もいます。

子供の性格もあり、地域のムードもあります。

もし散歩のさせ方や、犬に対する態度に問題があったら近所の人が教えてくれるなんてこともあるものです。

  • 犬の行動には飼い主に責任がある
  • 何か問題が起きたら責任は自分たちでとる

と思えるのなら、子供に任せてみるのも一つの方法です。

普段からきちんとしつけをして、行動をコントロールされている犬なら、子供だけでの散歩でも危険なことはないでしょう。

犬の散歩を子供に任せてしまうのは危険!

一方、子供だけで犬の散歩は危険が大きいとする意見もあります。

犬を飼うことが増え、朝夕のお散歩タイムには、犬を連れた人をよく見ます。

なかには、きちんとしつけがされていないので、犬に引っ張られて走らされるような飼い主も。

そんな犬は、他の犬を見ても自制することができずに吠え掛かったりしてしまうことがあります。

もし、正しくしつけられていない犬が、子供の手からすり抜けて他の犬や子供に飛び掛かりでもしたら…そう考えると恐ろしくなります。

大人であれば、慌てながらも対処できると思いますが、子供ではそうもいきません。

万が一、子供が犬を散歩させていて、その犬が他人をケガさせるような事態になってしまったら、結局「子供に犬をまかせていた親が悪い」ということになります。

なかにはリードをつけずに犬の散歩をさせている場合がありますが、これも何かあったときに大変危険です。

子供と犬だけの散歩中に何かあったら

テレビの企画で子供が犬の散歩をさせるというものがありました。

10年程度遡れば、犬の散歩は「子供の仕事」でよかったのかもしれませんね。

動物を飼うと、多くの家ではお母さんが面倒を見ることに落ち着きがち。

「お手伝い」として犬の散歩があったものです。

現在はというと、ペット事情も変わり、また物騒な事件や事故も多くあります。

子だけが小型犬を散歩させている状況では、犬に対して暴力を振るったり、盗難にあう危険性もあります。

そんなとき、犯人の顔など覚えているでしょうか。いえ、それよりも、そんな恐怖感を感じてしまったら、子ども自身がショックを受けます。

それが大型犬であれば、何かに驚いたリ興奮したことで、子供を襲ってしまう可能性も否定しきれません。

犬という生き物は、小型犬でも本気で襲ってくればかなりの恐怖を感じるものです。

子供の安全と、同時に周囲へのことも考えると、子供だけでの犬の散歩には注意が必要なのです。

子供が犬の散歩やお世話をすることによって何を学ぶ?

子供は犬と接することで、社会性を学ぶことができるといいます。

子供が犬の散歩をさせていれば、多くの場合で知り合いや近所の人と顔を合わせるでしょう。

あいさつを交わしたり、ちょっとした会話も生まれます。

家族以外の大人とも話をする良い機会になります。

やはり犬を連れた大人であれば、犬の種類や名前を尋ねられるなど、犬をきっかけにした会話が生まれることでしょう。

何度も顔を合わせていれば自分から話しかけてみようと、積極的になれるかもしれません。

家族以外と接することがすくない現代の子供は、大人に対して必要以上に緊張してしまうことも少なくありません。

子供のころから、さまざまな年齢の大人と接する機会として犬の散歩が役立つ可能性があるのです。

また、子供には「自分が役に立ちたい」という本能があります。

家族の役に立っているという自覚は、自立心を育てます。

散歩や餌、トイレのしまつなど犬の世話をすることで多くの社会性が育まれるのです。

犬を飼うことによって子供は責任感を持つようになる!

犬を飼うきっかけが「かわいいから」だったとしても、実際に飼ってみると「一つの命に対する責任を負う」ということを知るでしょう。

多くの子供は「犬が欲しい」と言い始めたときに、「絶対に世話するから」と親と約束を交わします。

しかし、そのうち散歩にも飽き、気が向いたときに遊ぶ以外の世話をあまりしなくなる。よくあることです。

だから「犬を飼うのはダメ」というのではなく、これもまた一つの経験であり学びです。

犬を飼うことの責任の重さや、自分が簡単に「飼いたい」と言ったことの結果を知ることでしょう。

その中で、できる世話を少しでも分担させ、習慣化してしまえば「自分にもできるんだ」という自信と責任感を持つことができます。

犬を飼うことは、責任感や忍耐力を養うためにもプラスの面があるのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 動物・ペットのコツ