生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ホイップクリームの作り方はミキサーなしでも大丈夫!

2018.6.10

お菓子作りに欠かせないホイップクリームですが、ハンドミキサーで泡立てるという方が多いと思います。

しかし、ハンドミキサーがないという場合や故障して動かないという場合、手で泡立てるしかありません。

そのまま行うと、とても時間がかかり意外に重労働な泡立て作業も、ちょっとしたポイントを押さえれば、もっと簡単に作ることができます。

ミキサーなしでのホイップクリームの上手な作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

玉ねぎをすりおろしたら苦い!苦みや辛みの改善法や抑える方法

玉ねぎはタレやドレッシング、ソースにすりおろして使う人も多いと思います。 すりおろした玉ねぎを...

家の電話に非通知電話がくるのはどうして?その真相を追跡!

あなたの家の固定電話に非通知でワンギリしてくることありませんか? その非通知ワンギリが就寝中だ...

失敗しないハンバーグ作り!肉汁逃さないゼラチンがポイント

ハンバーグは簡単なようで、上手に焼くのが難しい料理ですよね。肉汁が逃げてパサパサになってしまうのはあ...

車のオイル交換の費用を抑える方法をお教えします!

車のオイル交換、費用が気になる所ですよね・・・。 そんなオイル交換の費用を最小限で抑えるテクを...

一人暮らしの部屋が実家に近い!?メリットとデメリット

実家の近くに一人暮らしする必要はあるのでしょうか? 学校や職場が近ければ実家から出る必要性を感...

洗濯機のホースの中はキレイ?おすすめのお掃除方法

洗濯機のお掃除、定期的にしていますか?毎日たくさんの洗濯物を洗う、洗濯機が何だがかび臭いと感じる事が...

ガーデニングの雑貨をDIYしよう!意外と簡単ですよ!

庭やベランダが緑やお花やかわいい雑貨や小物、ウッドフェンスなどで飾られているのは、華やかで癒されます...

ハンバーグをジューシーにしちゃうゼラチンを使ったレシピ

ハンバーグは大人も子供の大好きな料理ですよね。 じゅわっと肉汁溢れるハンバーグはたまりません。...

ガスコンロの掃除はやっぱり分解掃除が一番綺麗になる!

ガスコンロで色々な調理をしますよね。コンロで色々な物を調理していると、油やソーススープなどが飛び散っ...

栄養豊富な鯖缶の味噌煮、そのまま食べるだけじゃもったいない

味噌煮の鯖缶は長期保存ができて、ちょっと1品が足りない時などにも活躍する食材です。 常に数個は...

箸のマナー、 箸を持つのはいただきますの後か先か

よくお箸を手に挟み、「いただきます」をしている光景を見かけますよね。 一見礼儀正しいようにみえ...

車のテレビの電波良くする方法をご紹介します!

テレビが付いている車、最近よく見かけるようになりましたよね。子供が車に乗る時などはテレビが付いている...

魚の正しい食べ方!切り身、刺身、煮つけのマナー!

魚を使った料理には切り身、焼き魚、刺身、煮つけなど様々なメニューがあります。 種類も食べ方も豊富な...

郵便局の口座を解約したい!手続きの方法や必要書類について

郵便局の口座を解約したいという場合、どのような方法で解約手続きを行えばよいのか気になりますよね。 ...

夏にジーパンは暑い?暑苦しく見えないコーデをご紹介!

夏にジーパンって暑い感じがしますよね~。 でもコーデ次第では周りからは涼しげに見られる事も! ...

スポンサーリンク

ミキサーなしでホイップクリームの作り方…動物性のものを

生クリームをスーパーに買いに行った時に、『生クリーム』と『ホイップ』という商品があることに気付きましたか?

どちらもスイーツ作りに使うクリームになりますが、それぞれの特徴というとわからないことが多いですよね。
まずは、この2つの違いを知ることによって、お好みのクリームを作ることができます。

  • 生クリームの特徴

生クリームは動物性の脂肪で、店頭などでは純生などの記載があるものがあります。
純生クリームは、コクがあり濃厚な味で、泡立てやすいという特徴もあります。

牛乳を分離させて、乳脂肪のみにした脂肪分が18%以上のものをクリームと呼びます。
クリームには、添加物を使用しないものがほとんどです。
コクのあるクリームは、ケーキのデコレーションにも最適です。

  • ホイップの特徴

ホイップは、植物性の材料で作られています。
脂肪分が少ないので、あっさりとした味わいです。
牛乳の味があまり得意でない方には、こちらの方が食べやすいでしょう。

ホイップには、乳化剤や安定剤などの添加物が入っているので、生クリームよりも泡立てにくいという特徴もあります。

ミキサーなしでホイップクリームを上手に作る作り方

ホイップクリームを泡立てる場合、生クリームの状態や使う道具によっても泡立てやすさは変わります。

  • 生クリームの温度

冷やすことによって油脂の状態が安定するので、冷蔵庫でしっかりと冷やしておくことが大切です。
3~6℃の温度が泡立てやすいでしょう。
生クリームの温度はデリケートで、高すぎても低すぎてもよくないのです。

  • ボウル

使用するボウルはしっかりと水分を拭き取り、清潔なものを使用して下さい。
ボウルの大きさは、大き目の方が混ぜる時に空気を取り込みやすくなるので、小さすぎないものがベストです。
素材はガラス製がおすすめです。

  • 砂糖を入れるタイミング

砂糖を入れるタイミングは、生クリームに少しとろみがついたくらいに入れるのが、泡立ちやすいでしょう。
砂糖の分量の目安は、生クリーム200mlに対し、グラニュー糖大さじ2杯くらいです。

ホイップクリームの作り方はミキサーなしならレモン汁を加えて

お菓子作りは好きだけど、ホイップクリームを泡立てるのが面倒、という方は多いと思います。

そこで、ホイップクリームを短時間で泡立てるために、あるものを加えてみて下さい。

それは…、レモン汁!
ホイップクリームの中に、レモン汁を少量加えるだけで、ホイップクリームが固まりやすくなります。

では、どうしてレモン汁で固まるのでしょうか?
ホイップクリームは泡立てることによって脂肪球が変化していきます。
そして、空気を含みながらふんわりとしたクリーム状になります。

ホイップクリームの中の水、油脂、タンパク質は分離しやすくクリーム状になるまでには、手間と時間が掛かります。

そこにレモン汁に含まれるクエン酸が、pHを下げる働きがあり、ホイップクリームのタンパク質が変化していきます。
レモン汁の酸によってpHが変わることで、固まりやすくなります。

レモン汁以外にも、酸が含まれた食品なら同じような働きがありますが、レモン汁ならクリームの風味や味の邪魔をしないので、レモン汁が最適でしょう。

生クリームの泡立てにはフードプロセッサーも

生クリームを泡立てるときには、ハンドミキサーを使うという方がほとんどだと思いますが、実はフードプロセッサーで泡立てる方法もあります。

フードプロセッサーで生クリームを泡立てる方法

材料

  • 生クリーム…100ml
  • 砂糖…大さじ1
  • レモン汁…小さじ1/2

作り方

  1. 材料全部を、油分や水分の付いていないフードプロセッサーに入れて混ぜます。
  2. 混ぜてくると途中から膨らんでくるので、途中でスプーンですくって固さを確認して下さい。

ハンドミキサーを使うよりも、さらに短時間で生クリームが泡立てられます。

使い切れなかった生クリームは冷凍保存がおすすめ

使い切れなかった生クリームは皆さんどのようにしてますか?

生クリームは一度封を開けると、2~3日で傷んでしまうので、他の料理などで使う予定がない場合には、冷凍保存がおすすめです。

生クリームの冷凍保存というと、ちょっと驚いてしまいますが、きちんと冷凍しておくと1ヶ月は持ちます。

ゼリーやプリンに少量だけトッピングしたい場合や、コーヒーや紅茶に入れるのもおすすめです。
少量だけ泡立てるというのは面倒なので、冷凍ストックがあるとて手軽で嬉しいですよね。

冷凍保存したい生クリームが多めにある時には、タッパーなどに入れて冷凍するのも良いですし、少量のみ残ったという場合であれば、シリコントレーが便利です。
絞り袋を使って、絞った状態のクリームを冷凍しておくのも良いですね。

また、冷凍した生クリームをそのまま食べてもアイスのように美味しい味です。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ