生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ピアノ調律師の人数はどのくらい?調教師への道のりとは

2018.6.9

ピアノは年に一回のメンテナンスが必要ですが、そのメンテナンスを行うのがピアノの調律師です。
調律するプロになりますが、日本にはどのくらいの人数がいるのか気になるところ。

そこで今回は、ピアノ調律師のおおよその人数、調律師の現状、養成所に入学するための条件や年収にいたるまで調べてみました。

調律師の人数が減少しつつあるとはいっても、まだまだ需要がある調律師という仕事。あなたも目指してみては?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

インターネットがwifiで繋がらない!落ち着いて確認しよう

パソコンやスマートフォンで。常時インターネットに繋がっているのが当たり前……そんな状態に慣れてしまう...

スーツにバッジや社章を付ける場合の付け方と位置

スーツや制服に社章やバッジをつける時に、どこに付けたらいいのか困ったことはありませんか? サラ...

45歳で再就職を検討している。 就職に有利な資格

45歳で再就職をするのはとても難しい事になります。でも40代だから有利な資格もあります。 その...

トラックの運転手はどんな生活を送っているのか聞いてみました

トラックの運転手というと、長距離を運転しなければならないので大変!というイメージがありますよね? ...

NHKの受信料徴収員の服装や集金時間について紹介します

突然インターフォンが鳴り出てみると「NHKです。本日は受信契約の契約の件でお伺いしました。重要なお話...

POSレジは誰でも操作できる?その使い方をご紹介します

キャッシュレジスターとは違い、POSレジはネットワークに繋がっている為、即座にデータ集計や管理などを...

深夜バイトは女性でも出来る?始める前に知っておいて欲しいこと

深夜バイトは時給が高い為、女性でもやってみたいと思う方がいると思います。 深夜だと防犯上の心配...

新入社員は電話で失敗がつきもの!知っておきたい電話のポイント

新入社員のうちは、誰しもが電話でいろいろな失敗をするものです。 相手の顔も見えない電話というの...

お中元シ―ズンのバイトはかなり大変!その実態を教えます!

短期間のバイトとして人気のお中元関連のバイトですが、経験者によるとかなり大変だと言います。 お...

派遣会社の営業の仕事内容とは?臨機応変さが大事!

派遣会社の営業マンになろうと考えている方も多いでは?そこで気になるのが仕事内容ですよね。 派遣...

仕事での失敗は新人時代誰しもが経験すること!失敗の回避法

新人時代仕事でたくさんの失敗をした!と言う人もたくさんいるのではないでしょうか? 失敗するのは...

パワーポイントで自己紹介!おもしろいインパクトを残そう

ビジネスシーンではパワーポイントで自己紹介をする場面もあります。 どうせならおもしろい人だと印...

深夜で仕事を探すなら!少しでも楽にバイトをしたい人必見

効率良くお金を稼ぎたいと思うときには、時給の高い深夜の時間帯で働くのもおすすめです。 同じ仕事...

休みの理由を結婚式などの冠婚葬祭にする際の注意点

仕事を休みたい理由様々。身内や友人の結婚式を理由にする場合もよくあるのでは? 結婚式などの冠婚...

会社のデスクトップとなる壁紙は何がいい?オススメを紹介

地味に自己アピールができるパソコンのデスクトップ!しかし、会社の壁紙を勝手に変えるのはよくない? ...

スポンサーリンク

ピアノの調律師は日本にどのくらいの人数がいるの?

ピアノを正しい音で維持するためには、年に1回はメンテナンスが必要になります。このメンテナンスを行うのがピアノの調律師ですが、日本には何人くらいいるのでしょうか?

気になる人数ですが、この人数は検討もつかないですよね。実は少しの材料があるだけでおよその人数が出せると言います。

日本の人口は約12000万人です。そしてだいたいの一世帯の人数は3人くらいだと思います。

なので、12000万人÷3で日本には約4000万世帯が存在すると考えられます。

そして、このうち家にピアノがある世帯は10軒に1軒くらいで日本のピアノは約400万台だと計算できます。

ピアノの調律は年に1回くらいは必要になります。調律師の仕事が週休二日で月に20日くらい年に240日くらい働くとします。

また、一人の調律師は1日に3台くらいの調律をすると考えると一年に一人の調律師が調律するピアノは720台になります。

なので、400万÷720で日本の調律師は5555人と計算できるのです。

しかし、これはあくまでも推測です。正確な数字ではありません。

日本調律師協会に登録している会員の人数は3000人です。協会に登録をしていない調律師もいると思いますし、ピアノを持っていても調律をしていない人もいるので、推測で出した数字はかなり近い数字だと思います。

ピアノの調律師の人数は減少しつつある!?

ピアノの調律師の人数は年々減少していると考えられています。

その理由には調律師の将来性が関係しているようです。

最近では調律不要の電子ピアノが普及しています。電子ピアノは音量を調節できたり、イヤホンを使って引くことができたりするので人気が高まっています。

なので、調律の必要性がなくなるので調律師の需要が減ってきているのです。仕事として安定性もなくなり厳しくなっていくと思います。

ですが、確実な腕前があれば固定客がつきコンスタントに活躍していくことは可能です。また、需要は減っても仕事がなくなることはありません。

学校やコンサートなどではまだまだピアノが使われているので活躍する場はあります。

ピアノの調律師になる人はピアノが好きな人だと思います。現代では厳しい需要数ですがあきらめずに努力すれば何かピアノに関わる仕事につけると思いますよ。

人数が減少しつつあるピアノの調律師、調律師の養成所に入学するには?

ピアノの調律師になるためには、どのような資格がなければいけないのでしょうか?ピアノの調律師の養成所に入学する為に必要な事をご紹介していきます。

1年間に募集する人数は7名になります。1年単位の通常2年になり、実力によっては短縮になったり延長になったりします。

受験するためには、高卒以上、また卒業見込みであること、身長150センチ以上の健康な男女、右手握力や筋力に自信のある人、片手での親指と小指でオクターブ届く人、また楽譜が読めピアノ(バッハ・インベンション2声ハ長調以上)が正確に弾ける人、年齢の制限はありませんが35歳くらいまでが限度とされています。それ以上の人は相談が必要です。

そのほか、聴力に自信がありピアノ音楽が大好きで明るい人に受験資格があります。

入学試験は面接によって適性試験を行い、合否が決定されます。

入学の書類には履歴書と耳鼻科診断書が必要になります。

調律師になるためには絶対音感は必要ありませんが、聴力は平均より上である必要があります。

ピアノの調律師には身体的条件もあるの?

ピアノの調律師になるためには、ピアノが好きだという以外に身体的な条件もあります。

上でも説明しましたが、身長は150㎝以上なければいけないというのが一般的です。学校や養成所によっては154㎝以上とされているところもあります。

身長に基準があるのはアップライトピアノの調律をするときには150㎝以上の身長がなければ難しいからです。

また、手の大きさや広がりにも基準があります。アップライトピアノの調律をするときには立った姿勢でピアノの鍵盤を88個叩いて調律します。演奏のテクニックは必要ありませんが、音を合わせていく中で、1オクターブ同時に出して合わせて行く作業も必要になります。

立った姿勢で1オクターブを同時に叩き続ける事が出来るかどうかが、重要になるのです。また、ある程度の握力も必要で、調律するときには道具を使って常に腕相撲をしているような姿勢になったり、部品の点検や調節では何個もあるネジをドライバーで回さなければいけないのです。

ピアノ調律師として一人前になるには?年収はどのくらい?

ピアノの調律師は音を少しづつ最適なものに合わせていくのですが、調律師の音と弾く人の音は少し異なります。

なので、調律師は引く人の音に合わせて行く必要があるのです。そのためには相手とコミュニケーションをとり相手の音を汲み取る事が重要なのです。

調律師は学校を卒業したらからと言ってすぐに一人前になれるわけではありません。

先輩の指導を受けながら少しづつ経験をつんでいく必要があります。一人前になるには最低でも5年はかかります。

一般的な調律は一回あたり1万円、高くても10万円です。調律は年に1回程度なので需要は少ないです。なので調律師の年収は高いものではなく、200万円から300万円台が多いですよ。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 仕事のコツ