生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

バスケのシュートは回転が必要!?回転をかけるための練習方法

2018.6.6

バスケのシュートをする時には、回転をかけた方がいいと言われますよね。

では、シュートに回転がかからないときは何が原因なのでしょうか?

また、ボールに回転をかけた方がいいのはどうしてなのでしょう?

そこで、バスケのシュートで回転をかけるための練習方法や成功率が上がるコツなど、さらにバスケが上達するためのドリブルのコツについても併せてご紹介いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ドラムは練習方法で初心者でもうまくなる。ポイントやコツとは

ドラムはどんな練習方法をすればうまくなることができるのでしょうか? では、初心者が上達するため...

ミサンガが簡単に作れちゃう!初心者向けのミサンガ

手首や足首に付けるミサンガ!切れると願いが叶うと言われていますよね。 このミサンガ初心者でも簡...

卓球の「ドライブ」とは、ボールに回転をかけて打つ技術のこと

卓球の試合では小さなボールが実際にどんな動きをしているかまでは目で追うことはできません。 しか...

くるみボタンを使った簡単可愛いヘアゴムの作り方

自分の好きな布を簡単にボタンにできちゃうくるみボタンは、アクセサリーの材料としても人気です。 ...

おいしいコーヒーの入れ方を伝授!素敵なコーヒータイムにする方法!

みなさんおいしいコーヒーのいれ方って知っていますか? あのお店のように自宅でもおいしいコーヒー...

バスケのレイアップシュートが上手くなりたい時の練習方法

バスケのシュート方法でよく見られるレイアップシュートは、ランニングしながらジャンプしてシュートに持ち...

上手なピアノの先生の選び方とは?3つのコツを教えます!

子供にピアノを習わせたい・・・ピアノを始めるにあたり、大切になるのは先生・教室の選び方です。 ...

横浜で友達と遊ぶならハマっ子もオススメの場所がある!

横浜は観光やデートや友達と出かけてもシゲキが一杯で楽しいところですね。 見どころも遊びところも...

トランプの遊び方~。1人でも楽しめるゲームをご紹介

トランプというと、複数で遊ぶカードゲームというイメージを持っている方がほとんどでしょう。 たま...

バレーのサーブが入らない!?それならコレを練習しよう

バレーのサーブがなかなか入らない・・こんなときはどんな練習を重ねたらいいのでしょうか? バレー...

車が趣味だとどうして「貧乏」と言われるのかを検証!

車が趣味だという男性は多くいらっしゃると思います。車って男のロマンですよね。 車を所有するだけ...

アラベスクをキレイに!バレエの練習をする時に心掛けることとは

アラベスク。バレエをしていても、していなくても、憧れるポーズですよね。 アラベスクをキレイに保...

ドールカスタムのメイク道具をご紹介いたします

ドールカスタムって知ってますか?自分でメイクをしてオリジナルのドールを作る事が出来るんです。 ...

ソフトテニスのサーブを打つときのコツとポイントについて

ソフトテニスはサーブから始めるスポーツですが、そのサーブが入らないとゲームを進めることはできません。...

バイクの趣味はお金がかかる?節約にはメンテナンスが重要です!

バイクが趣味だとメンテナンスやパーツにガソリン…お金がどんどん出て行ってしまう! でも、メンテ...

スポンサーリンク

バスケのシュートで回転がかからない原因とは

バスケのシュートで回転がかからないときは、何が原因なのでしょうか?

まず、考えられる原因のひとつとして、手首が返ってないことが考えられます。

これは、よくバスケのシュートをするときに、手首を返すように言われますよね。

または、手首にスナップをきかせるように言われるでしょう。

もしも、手首を返していない状態でシュートを打つと、ボールに回転がかからないことがあります。

なので、シュートを打つときには、きちんと手首を返しているかどうか気を付けましょう。

手首とは、返すものではなく、返るものとも言えます。

手首は意識しなくても自然に返るのです。

なので、逆に意識しすぎて正しいフォームができていないこともありますので、注意してくださいね。

あくまでも自然に打って、それで手首が返っているかチェックしてみましょう。

バスケの無回転シュートはやめた方がいいですか?

無回転のシュートというのは、リングに当たったときにダイレクトに当たって跳ね返ります。

これが、回転のかかっているシュートであれば、滑り落ちるようにリングに入ったりするのです。

ですから、バスケのシュートは回転がかかっている方がいいのです。

また、無理な体勢からのシュートの場合、回転がかかってていることによって、どこに落ちるかを予測することができます。

逆にこれが無回転だと、どこにボールが落ちているのかわからないんですよね。

なので、バスケのシュートで無回転をするのはやめた方がいいでしょう。

例え、シュートが入っていたとしても、回転をかけたシュートの練習をするべきです。

手首のスナップがしっかりできていれば、シュートのときに回転がかかるはずですよ。

ぜひ試してみてくださいね。

バスケのシュートに回転をかける練習メニュー

では、バスケのシュートで回転をかけることができるためには、どんな練習をするといいのでしょうか?

まずは、いつも使っているボールよりも、重いボールを使ってシュートの練習をしてみましょう。

重いボールを使ってシュートの練習をすると筋力がつくため、元のボールを使ってシュートの練習をしたときに、より飛ばすことができますよ。

それから、シュートの飛距離を少しずづ伸ばす練習もオススメです。

これは、まずゴール下からシュートを打ち、その後だんだんリングから遠ざかってシュートを打つというものです。

このようにやってみると、自分が楽にシュートを打つ飛距離がわかってきますよ。

そして、これを繰り返すことで、正しいシュートのフォームも身に付いてきます。

繰り返し練習をする中で、ボールに回転をかける感覚を覚えていきましょう。

すると、キレイな回転をボールにかけられるようになっていくでしょう。

ボールに回転をかける理由と成功率が上がるコツ

ボールに回転をかけるのはどうしてなのでしょうか?

それは、ボールに回転をかけるとボールの軌道がブレなくなるからなのです。

また、ボールがリンクに当たったときのリングの衝撃も、回転をかけることによって吸収されるそうです。

これにより、ボールはリングから離れにくくなるので、このままリングの中に吸い込まれることもあるのです。

では、シュートの成功率を上げるためには、どうすればいいのでしょうか?

シュートの成功率を上げるためには、シュートを打つときに、利き手の指先をリングに向けましょう。

利き手を右手とする場合、シュート後の右手の指先が、リングに向いていることは大切ですよ。

さらに、シュートを打つ時に足先をリングに向けるのも良いでしょう。

足先をバスケのリングへまっすぐに向けることは、良いシュートのコツとも言えます。

このように、体がねじれていることを修正することで、シュートの成功率を上げることができるのです。

ぜひ試してみてくださいね。

バスケが上達するためのドリブルのコツ

バスケには、シュートだけではなく、ドリブルも大切ですよね。

そこで、バスケが上達するためのドリブルのコツもご紹介いたします。

ドリブルは、どこかの一点に大きな負荷がかかっていてはいけません。

体のバランスを保ち、リズムよく、気持ちよくドリブルをしましょう。

手のひらで弾くのではなく、一度受け止めて制御するように行うといいですね。

はじめのうちは、少しずつ周りを観ながら、移動しながらつけるようになっていくといいでしょう。

上手なドリブルとは、周りの影響を感じ取りつつもバランスが揺らがない体の感覚が必要ですよ。

落ち着いて呼吸をして、ドリブルをしましょう。

きっとドリブルも上達していくことでしょう。

ドリブルが上達すると、きっとさらにバスケが楽しくなりますよ。

誰にもボールを奪われずに、シュートまで持ち込めるような強さがあるといいですね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 趣味のコツ