生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

サワガニを飼育する上で重要な冬眠のさせ方や基本について

2018.6.3

サワガニは日本で唯一淡水のみで暮らすカニです。水のきれいな小川に住んでいます。夏休みのキャンプなどで川遊びをしたときに、サワガニをつかまえたことがある人も多いかと思います。

そんなサワガニ飼育を初めてするという人にはとても気になる冬眠事情。

冬の飼育の注意点や冬眠のさせ方、サワガニ飼育に必要な3つのグッズなどをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

セキセイインコのオスとメス、どちらがしゃべるか調査

ペットとして人気のセキセイインコですが、飼うならばやっぱりおしゃべりをして欲しいですよね。 よ...

猫と会話をするための人間からコミュニケーションを取る方法

愛猫ちゃんと会話をしたいと思う飼い主も多いかもしれませんが、そもそも猫は人間と会話することができるの...

猫が寂しい時は鳴き声が違う?猫の気持ちに気付いてあげよう

猫といえば「ツンデレ」という印象がありますよね。それが猫好きにとってはたまらないというところでもあり...

猫が飼い主を見分けるポイントはどんなことから?その謎を検証!

猫が飼い主を見分けるのには、どんな方法なのでしょうか? 毎日一緒に生活しているから、なんとなく...

犬のオムツに人間用のオムツは代用出来ます!方法を紹介

長年飼っている愛犬が高齢によってオムツが必要になったり、マーキング防止や生理の時などオムツが必要にな...

犬の散歩を子供だけにまかせた場合の危険性について考える

近所を散歩していると、子供だけで犬の散歩をさせている光景を見ることってありませんか? その犬の...

犬の鳴き声で苦情を言う時には注意が必要です!

ペットブームにより、犬や猫を飼う人も増えています。それに伴い鳴き声や騒音などのご近所問題も急増してい...

犬にミルクをあげるのはいつまで?量や上手な与え方を教えます

犬は人間と同じく母乳で育ちますが、母親がいない場合は飼い主が代わりにミルクを与えなくてはいけません。...

チワワの散歩回数は?毎日必要?気になる疑問を解決!

チワワって体が小さくて可愛らしいですよね。 犬を飼う際に欠かせないのが散歩ですが、体が小さいチ...

犬に吠えられる原因と対策や吠え方でわかる犬の気持ち

犬によく吠えられる人っていますが、それには原因があるのをご存知でしょうか? では、犬に吠えられ...

子猫にミルクを与える時は哺乳瓶がおすすめ!上手に飲ませる方法

子猫を飼うことになった飼い主さんの中には、どうやってミルクを飲ませたら良いのかわからないという人もい...

手作り!ハムスターが喜ぶ小屋の作り方をご紹介!

ハムスターの小屋を手作りできるって知っていましたか?気になる作り方をご紹介します。 まずは小屋...

ヤドカリの飼い方が知りたい!海水がない場合は人口海水を作ろう

潮干狩りなどでヤドカリを見つけたことはありませんか? 貝を背負って動く姿がかわいいですね!自宅...

犬が散歩中リードを噛む原因と噛まないようにしつける方法

犬を散歩するといつもリードを噛んできませんか? なかなか上手いように散歩もできず、飼い主の反応を楽...

犬がカメラを嫌いな理由とは?可愛く撮るコツやポイント

犬がカメラを嫌いなのはどうして?可愛い愛犬の姿を写真に撮りたいだけなのに…。 なかなか上手くい...

スポンサーリンク

サワガニの飼育。冬の注意点とは。

このような質問がありました。

「私は今年の7月からサワガニのメスを飼い始めました。
今は冬ですが、サワガニは起きているようですが、夏よりも食事量が減って陸地にいるようになりました。でも冬眠しているようでもありません。
このような中途半端な状態は、弱らせてしまわないか心配です。」

これは、サワガニが完全に冬眠するぐらい寒くはないのでしょう。
室内で、暖房で温度の変化が激しい場所に水槽を置くのは避けてください。
温度の変化が少ない、室内でも最も寒い場所に水槽を保管しておくといいですよ!

サワガニが冬眠する時は、想像するよりも深い地中に潜り込み、ほとんど仮死状態で過ごしています。温度や湿度の変化が少なく、適度な湿り気が維持できる環境が大切です。
つい忘れて乾燥させてしまわないように、時々寒い状態のままでミズゴケの湿り具合を確認してあげましょう。
中まで凍りついてしまうような北国ではないのなら、関東以南なら日の当たらない屋外で、発泡スチロール箱管理をすると、安定した冬眠環境を維持しやすいでしょう。

サワガニの飼育の温度管理と冬眠について

サワガニを飼育する時に気になるのが、温度管理と冬眠についてです。

サワガニを飼育する時は、水槽の置き場所にも注意してください。
それは、サワガニは水温が上がるとすぐに死んでしまうからです。
直射日光の当たらない場所で、風通しが良い所がいいでしょう。

なので、夏の暑い時は、室内に入れて水をこまめに詰めたいものに換えてあげましょうね。そのまま暑い外に置いていたら・・・。
具体的に何度が限界かわかりませんが、水温は28度ぐらいが目安でしょう。

夏の暑い日は絶対にアウトですよね。
私は、夏になると、エアコンのある部屋に水槽を持ってきて、氷を入れてあげたりもしますよ!

また、サワガニの冬眠についてですが、サワガニが活動するのは春から秋までで、冬は冬眠します。
秋になったら、容器の中に土を入れて、凍らない場所に静かに置いておきましょう。

その土にもぐってサワガニは冬眠します。石などで、隠れ場所を作ると、その下でも冬眠します。

サワガニ飼育。冬眠のさせ方、手順を詳しくご紹介

サワガニの冬眠のさせ方を詳しく紹介します。

まずは、隠れ家を用意しましょう。
水槽に土をいれてあげます。その土の中にもぐって冬眠しますよ。

経験がある人はいませんか?実際に3月末ぐらいに田舎で、夏にサワガニがたくさんいる場所にあいている穴を掘って、サワガニを見つけた事を!

私は、土ではなく植木鉢などのかけらで暗がりを作りました。

次は、エサをだんだんと減らしましょう。
夏に1~2日に1度はあげているエサを、11月半ばぐらいからだんだんと減らして、12月にはほとんど与えないでください。

そして、ダンボールか発泡スチロールの箱に入れて少し暗い所でそっとしておいてあげましょう。

何日かおきに、乾燥しないように霧吹きしてあげてください。サワガニにはかけないでね。その後は、ひたすらそっとしてあげます。

こうして、春に近づくと、サワガニの動きがだんだんと復活してくるでしょう!
その時は、エサをあげて、食欲が出てきたら冬眠からの復活ですよ!

サワガニ飼育に必要な3つのグッズと大切なポイント

サワガニを飼育したいのなら!この3つのグッズを準備しましょうね!

それは「飼育ケース」「砂利」「流木など」です。

飼育ケースはプラスチック製のものなどを用意してください。昆虫用でもOK!30センチぐらいあればいいでしょう。その飼育ケースには3センチぐらいの水を張ります。
脱走しないように、蓋も用意しましょうね。

また、飼育ケースの底に砂利を敷くので、これも必要です。砂利を敷くとサワガニが歩きやすくなります。
そして流木なども用意して、サワガニが隠れる場所を作ってあげましょう。

ここで、サワガニを飼育する時に大変な事を紹介します。

それは、脱皮直後です。甲羅柔らかくなっているので、あまり触らないようにしてください。
他にもサワガニがいるのなら、一時的に他の飼育ケースに移してあげましょう。

飼育する時は、直射日光を避けて、水温が上がり過ぎないように気をつけてください。
そして冬は、水が凍ってしまわないようにしてくださいね。

サワガニの基本と主な3つのタイプと特徴

サワガニとはエビ目カニ下目サワガニ科に分類される淡水性のカニです。日本固有種です。青森県からトカラ列島まで分布しています。平均体重は7~9gくらいになります。
この、サワガニという名前は、沢に住むカニということがルーツです。

身近に生息するので、昔から食用として利用されたり、ペットとして飼育されてきました。
そして、サワガニは春から秋にかけて活動し、冬になると冬眠します。約10年くらい生きるので長生きだと思いませんか?

ではここで、サワガニの主なタイプと特長を紹介します。

  • サワガニ・・・日本の青森以南からトカラ列島までに生息し、生息域を大きく広げることはありません。
  • オオサワガニ・・・サワガニの近縁種で奄美大島と沖縄諸島に分布しています。名前の通り、サワガニよりも大きく甲羅の幅が5センチぐらいあります。
  • ヒメユリサワガニ・・・沖縄本島の固有種で、特長は甲羅の幅が4センチぐらいになり、脚が細長い事です。

サワガニはペットショップでも売られていますよ!

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 動物・ペットのコツ