生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

クッキーを食べるなら手作りでカロリー控えめレシピ

2018.6.2

クッキーはバターが香り、サクサクと美味しくて、よく口にすることが多いお菓子だと思います。

しかし、クッキーは意外にカロリーが高く、美味しいからと何枚も食べてしまうのはちょっと要注意です。

でも、手作りをすると市販のクッキーよりもカロリーを控えめに作ることができます。

少ない材料で簡単に作れるクッキーもありますので、家にある材料で作れますよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

10年住んでいた賃貸物件を退去する時にかかる費用について

10年間住んでいた、賃貸物件を退去する時、退去費用はどの位になるのでしょうか? 大家さんから、...

カレーの保存方法で鍋ごとでもできる注意点やポイント

カレーってたくさん作って何度でも楽しみたいという人も多いのではないでしょうか? では、余ったカ...

車内の匂い、香水で良い香りを持続するための効果的な方法

車内の匂いって気をつけていても臭いが染み付いていることってありませんか? では、車内の匂いを消...

ご飯の冷凍の期限や保存方法を知りたい!美味しく食べれる解凍のコツ!

ご飯を炊いたけど、余ってしまい冷凍することはありませんか? 冷凍する時に、ちょっとしたことに気...

入籍後の住民票は別居ならどうする?別居婚の注意点

入籍後は一緒に住む方が多いですが、仕事の都合上独身時代のまま別居する方も当然います。 いわゆる別居...

No Image

ほうれん草の味噌汁を美味しく食べないならアク抜きは必要です

ほうれん草を味噌汁に入れる場合、アク抜きした方がいいのかどうか迷ってしまいますよね。 そもそも...

旦那の小遣い!その知られざる使い道について徹底調査!

旦那の小遣い。減らしたいけど減らせない。 あいつは一体小遣いを何に使っているのだ!?気になる旦...

テンピュールの枕は洗濯できない?お手入れ方法について

柔らかく寝心地がいいテンピュールの枕を使っている人も多くいると思います。 ですが、テンピュール...

ステーキの焼き方の新常識!冷凍ステーキ肉は解凍せずに焼く

あなたはステーキの焼き方の新常識を知っていますか?今までは冷凍したステーキ肉は解凍してから焼くのが常...

居酒屋に女性が1人で行くのはどうして?その心理と周りの意見とは

近頃流行っている「おひとり様」ですが、居酒屋で女性が1人で飲んでいるのはどうしてなのでしょうか? ...

北海道は夫婦旅行に最適!おすすめスポットをご紹介♪

北海道は夫婦の旅行先としても大変人気があります。広く遠くまで見渡せる大地をドライブするだけでも楽しめ...

ハンバーグをジューシーにしちゃうゼラチンを使ったレシピ

ハンバーグは大人も子供の大好きな料理ですよね。 じゅわっと肉汁溢れるハンバーグはたまりません。...

ガトーショコラは濃厚しっとりが定番!ガトーショコラについて

子供も大人もみんな大好きガトーショコラ!ガトーショコラとはフランス語で”チョコレートケーキ”の事を指...

郵便局で不在連絡票の期間が保管期限切れの場合の対処法について

長期不在で郵便局からの不在連絡票の期間が保管期限切れの時は、どうしたらよいのかと言うお悩みはありませ...

玉ねぎをすりおろしたら苦い!苦みや辛みの改善法や抑える方法

玉ねぎはタレやドレッシング、ソースにすりおろして使う人も多いと思います。 すりおろした玉ねぎを...

スポンサーリンク

手作りクッキーならカロリーも控えめ

クッキーのカロリーが気になる方には、手作りの低カロリークッキーはいかがですか?
洗い物も少なく、簡単なクッキーレシピです。

簡単!カロリーオフクッキー

【材料】約30個分

  • 薄力粉…200g
  • ベーキングパウダー…小さじ2/3
  • マーガリン…80g
  • 砂糖…50g
  • 卵…1コ

【作り方】

  1. 薄力粉とバーキングパウダーを合わせて、ふるいます。
  2. 常温に戻したマーガリンをクリーム状になるまでよく混ぜます。
  3. 砂糖を2~3回に分けて入れ、その都度よく混ぜます。
  4. 溶き卵を2~3回に分けて入れ、その都度よく混ぜます。
  5. 1を加え、切るようにさっくりと混ぜます。
  6. ラップで生地を挟むように伸ばし、冷凍庫で10~15分程冷やします。
  7. 型を抜き、160℃に予熱したオーブンで15分ほど焼けば完成です。

5の生地を混ぜる時に、ごまやココアをいれても美味しくなります。もちろんそのままでも美味しいです。

また、型抜きで余った生地は、もう一度まとめて再度冷凍庫で冷やしてから型抜きするときれいに型が抜けます。
生地が冷えていないと、べたついて型抜きがしにくくなります。

低カロリーの手作りクッキー、はちみつの香りが優しい味

オリーブオイルとハチミツで簡単サクサククッキーを作ります。
はちみつの香りが優しいクッキーです。ワンボールで作れる手軽さが嬉しいレシピです。

【材料】鉄板1枚分

  • 薄力粉…110g
  • オリーブオイル…40g
  • はちみつ…30g

【作り方】

  1. ボールに薄力粉を入れ、真ん中にくぼみを作ります。
  2. 1のくぼみにオリーブオイルとハチミツを加え、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜます。
  3. 生地をめん棒で5mmくらいの厚さに伸ばし、冷蔵庫で5分くらい冷やします。
  4. 生地を型抜きして、170℃のオーブンで10~15分くらい焼けば完成です。

バターの代わりにオリーブオイルを使ってクッキーをつくることができます。
オリーブオイルをサラダ油に変えても大丈夫です。

クッキーの食感を楽しむなら、厚さを5mm以下にしない方がサクサクとした歯触りを楽しむことができます。

カロリーが気になるなら手作りのクッキーがおすすめ

どこのご家庭にもあるホットケーキミックスを使って型抜きクッキーを作ります。

【材料】約20枚分

  • ホットケーキミックス…150g
  • バター…50g
  • 砂糖…40g
  • 卵黄…1個分
  • 牛乳…小さじ2(必要な場合)

下準備として

  • バターを室温に戻しておく
  • オーブンを180℃に予熱しておく

【作り方】

  1. ボウルにバターを入れて、泡だて器でクリーム状にします。そこに砂糖を入れて混ぜ、卵黄も入れてさらに混ぜます。
  2. 1にホットケーキミックスを入れ、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜます。生地がまとまりにくい場合には、牛乳を少量ずつ加えこねて下さい。
  3. ラップかクッキングシートに生地を挟み、めん棒で5mmくらいの厚さに伸ばし、型で抜いて行きます。
  4. クッキングシートを引いた天板に間隔を空けて並べます。
  5. 180℃のオーブンで10~13分ほど焼いて下さい。こんがり焼き色が付けば完成です。

クッキーとサブレはどう違うの?

クッキーと似たお菓子で「サブレ」というものがあります。
サクサクの食感で、お土産として人気のお菓子もありますよね。

クッキーやビスケットよりもショートニングを多く使い、2倍近く使われているものもあります。そのため。風味が豊かでサクサクとした食感が特徴です。ビスケット作りによく使われるベーキングパウダーを使っていないというのも、大きな違いです。

クッキーはアメリカから伝わったと言われます。
アメリカでは、クッキーもビスケットもどちらもクッキーと呼ぶようです。

しかし、本来アメリカで呼ばれたビスケットは、スコーンのようなものでした。確かにスコーンの形をしたビスケットと呼ばれるメニューがありますよね。日本人から見ると、どう見てもビスケットとは違いますが、アメリカではそのように呼ばれていたのだそうです。

大人の女子におすすめ抹茶クッキー

大人の女子には、人気の抹茶を使ったちょっと大人の抹茶クッキーをご紹介します。

大人女子におすすめ抹茶クッキー

【材料】

  • 薄力粉…260g
  • 抹茶パウダー…12g
  • ベーキングパウダー…小さじ1/4
  • 無塩バター…160g
  • グラニュー糖…95g
  • 卵黄…1個分
  • 塩…少々
    (仕上げ用)
  • 卵黄…1個分
  • 茶葉…適量

【作り方】

  1. 常温で柔らかくしておいたバターをボウルに入れ柔らかくなるまで練ります。グラニュー糖を加え、白っぽくなるまで混ぜます。
  2. 卵黄を加えて混ぜ、塩も加えて混ぜます。
  3. 振るった薄力粉、抹茶パウダー、ベーキングパウダーを加えて混ぜ合わせ、しっかりと混ざったら、生地をめん棒で伸ばし15cmくらいの棒状にしておき、冷蔵庫で固くなるまで1時間くらい冷やします。
  4. 生地がカットできる固さになったら、1cmくらいの幅にカットします。クッキングシートを敷いた天板に並べ、ハケで卵黄を塗り、茶葉を少々散らします。170℃に予熱した
    オーブンで12~15分くらい焼いて下さい。

お茶の苦みが美味しい、大人のクッキーです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ