生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ガトーショコラは濃厚しっとりが定番!ガトーショコラについて

2018.6.1

子供も大人もみんな大好きガトーショコラ!ガトーショコラとはフランス語で”チョコレートケーキ”の事を指します。

日本ではガトーショコラと言えば濃厚でしっとりしたシンプルなチョコレートケーキを想像しますよね?

こちらではガトーショコラの由来や発祥地など、濃厚で美味しいガトーショコラについて紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

車のキーレスを紛失してしまったときの対処方法や必要費用

車の電子キーを紛失してしまったときには、どうしたらいいのでしょうか? まずは、もう一度ゆっくり...

一人暮らしなら低コスパ料理を作ろう!オススメ食材と簡単レシピ

一人暮らしだと何かとお金がかかってしまいますね。そこで一番節約しやすいのは食費ではないでしょうか。 ...

同居は家事の分担がキーポイント!?同居が上手くいくコツとは

同居が決まったら、まずはどんな事を話し合ったらいいの?家事の分担も同居には欠かせない問題です。 ...

子供の騒音問題!社宅でのトラブル解決法について!

社宅に住んでいる方は小さい子供のいる家庭が多く騒音の問題になりやすものです。 子供の騒音による...

魚の正しい食べ方!切り身、刺身、煮つけのマナー!

魚を使った料理には切り身、焼き魚、刺身、煮つけなど様々なメニューがあります。 種類も食べ方も豊富な...

一人暮らしの部屋が実家に近い!?メリットとデメリット

実家の近くに一人暮らしする必要はあるのでしょうか? 学校や職場が近ければ実家から出る必要性を感...

夏に長ズボンは暑い!?少しでも快適に過ごせる工夫をご紹介

夏に長ズボンは暑い!と敬遠していませんか? 照り返しが強いアスファルトの上では、意外に長ズボン...

除湿機を使わず室内をカラっとさせるには?除湿する方法を紹介

じめじめした室内は気分もなんだか、どんよりしてしまいますね。 エアコンや除湿機を使わないで、除...

夫の小遣いが8万!多いのか少ないのかは年収次第・・・

夫には毎月お小遣いを渡しています、という家庭は多いといいます。 みんなはどのくらいもらっている...

キャベツチャーハンを卵なしで作ろう!そのコツを教えます

冷蔵庫に残っているキャベツを使ったチャーハンっておいしいですよね。 チャーハンに欠かせないもの...

夏にジーパンは暑い?暑苦しく見えないコーデをご紹介!

夏にジーパンって暑い感じがしますよね~。 でもコーデ次第では周りからは涼しげに見られる事も! ...

春は風が強いのはなぜ?実は秋よりも強風の日が多い!

風が強いと言えば秋や冬の寒い季節を想像すると思います。 ですが実際には強い風が吹くことが多い季節良...

ゴミの分別をしない人。ルールを守らない人に言えることとは

ゴミを分別しない人って、何を考えているのでしょうか? ゴミの分別はルールがあります。なぜ、ルー...

ホイップクリームの作り方はミキサーなしでも大丈夫!

お菓子作りに欠かせないホイップクリームですが、ハンドミキサーで泡立てるという方が多いと思います。 ...

コバエが大量発生して窓が開けられなくなる前にやること

コバエが大量発生していた経験ありませんか?大量に発生していたら窓もあけれない状態になりますよね。 ...

スポンサーリンク

ガトーショコラは濃厚しっとりが美味しい!由来とは?

ガトーショコラの「ガトー」の意味を知っていますか?フランス語で【ケーキ】を意味しているので「ガトーショコラ」はチョコレートケーキという意味になります。

「ガトーショコラ」といえばバレンタインデ―に向けて手作りする女子も多いですが、カロリーはやや高めの約350kcal(100gあたり)。

粉砂糖をかけたり、生クリームや酸味のあるブルーベリーやラズベリーなどをトッピングしたりなどいろいろアレンジもできます。

使用するチョコレートをミルク多めのものにすれば甘くなり、カカオ成分の多いビターチョコレートを使用すれば大人向けのほろ苦いガトーショコラが作れます。

作ったその日はふんわり、そして翌日になるとしっとりとした味わいが楽しめるようになっています。

バレンタインデ―に渡す人は、前日から作っておいてしっとりしたものをプレゼントした方が喜ばれるかもしれませんね。

日本と海外ではガトーショコラの濃厚さやしっとり感が違う?

本場フランスのガトーショコラは、日本のガトーショコラと比べるとより甘くて濃厚だと言われています。

日本ではバターとチョコレートを溶かし、その中に泡立てたメレンゲと小麦粉を加えて焼きます。濃厚ではありますが、どちらかと言うと食べやすい甘さに仕上がっています。

健康ブームの影響もあり、豆乳や米粉などを使ったカロリーが低めのガトーショコラも登場してきました。

では日本のガトーショコラよりも濃厚だと言われるフランスのガトーショコラ、作り方に違いがあるのでしょうか?

一番の違いは焼き方です。日本のガトーショコラは中までしっかりと、もしくはぎりぎりまで火を通しますが、フランスではそこまで火を通していないのです。

フランスではレアな状態が好まれています。そして素材そのものの味をそのまま濃厚に味わいたいと思っているので、日本よりも甘くそして濃厚になっているのです。

ガトーショコラの発祥地はここだ!濃厚でしっとりな伝統のお菓子

ガトーショコラはフランスのお菓子の中でも長い歴史を持っています。日本で言えばお団子のようなものとも言えるでしょう。

1500年代、ヨーロッパにカカオが伝えられるようになりましたが、カカオはもともとアフリカの飲み物だったため、それから約200年間は飲み物や飲み薬として使われていました。

その後1700年代になって、チョコレートケーキとして食べられるようになったと言われています。

一番古いレシピが「チョコレートトルテ」だったようです。そして、その風味をお菓子に活かそうと世界中でいろいろなチョコレートケーキが生まれました。

「ガトー」は焼き菓子という意味もあります。日本ではガトーショコラと言えばチョコレートケーキしか思い浮かばないかもしれませんが、オペラというケーキもガトーショコラに含まれるようです。

ガトーショコラはひとつではない!いろんな種類のケーキがある

上記で紹介した「オペラ」というケーキもフランスが発祥地となっています。ビスキュイ・ジョコンドというアーモンド生地とチョコクリーム(ガナッシュ)を何層かに重ねて最後にチョコレートでコーティングしているケーキですが、表面に金箔が貼ってあるのが特徴です。

そしてアメリカ発祥の「ブラウニー」もガトーショコラに含まれます。直方体の形をした濃厚なチョコレートケーキですが、ナッツを混ぜて作ることもあり、一般的には手づかみで気軽に食べれるようになっています。

フォンダンショコラもガトーショコラです。これもフランス発祥ですが、中まで火を通さないで焼くので、中のチョコレートが液体のようになっているのが特徴。これもバレンタインに手作りする人が多い人気のチョコレートケーキです。

なんとなく似ているガトーショコラとブラウニー、違いを比較!

フランス発祥のガトーショコラとアメリカ発祥のブラウニー、どちらもチョコレートケーキですが、ガトーショコラは「焼きチョコ」という意味になります。

日本で「ガトーショコラ」というと、フランスのチョコレートケーキを指して使われることが多くなっていますが、「ブラウニー」はアメリカの代表的なチョコレートケーキを指します。

作り方を比較しても、卵の使い方に違いがあります。ガトーショコラは卵の黄身と白身を分け白身をメレンゲにして生地に混ぜますが、ブラウニーは卵を分けずに生地に混ぜています。レシピによっても違いはありますが、日本での作り方は上記のようになっています。

出来上がった形にも違いがあります。ガトーショコラは普通のケーキの形をしていますが、ブラウニーは平らに焼いて一口大の四角い形に切り分けます。ガトーショコラはお皿にのせてフォークで食べますが、ブラウニーは手づかみで食べるのが一般的です。

ガトーショコラはメレンゲを使うため、生地も柔らかい感じですが、ブラウニーはナッツなどを混ぜて作ることが多いので、食感もいろいろ。

似ているような2つのチョコレート菓子ですが、全然違うのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ