生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ガスコンロの火がつかない朝は大変だ!火がつかない原因を探る

2018.5.31

朝は朝食やお弁当の準備に大忙し!当然ガスコンロをフル稼働して料理をしますが、突然火がつかないとなると一大事ですよね。

調べてみると、ガスコンロに火がつかない原因はいくつかあることがわかりました。

ぜひこちらを読んで、火がつかない原因を探ってみてください。

ガスコンロの汚れが火がつかない原因にもなっています。ガスコンロの掃除方法についてもご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

クッキーを作るのにオーブンなしでも簡単に作れる方法

クッキーを作る時にオーブンなしだと作れないと思ってはいませんか?実はオーブンがなくても簡単に作れる方...

大掃除に重曹と酢を利用して家中をピカピカに!

大掃除にたくさんの洗剤を駆使していませんか?重曹と酢だけでしつこい汚れもキレイに落とす事ができますよ...

学生の一人暮らしで不安な事や、対策方法を紹介します

進学や就職で、一人暮らしを始めるという学生や社会人の方も多いでしょう。 一人暮らしは楽しみ?そ...

卵で作れる簡単料理レシピをご紹介!卵があればなんとかなる

卵が冷蔵庫にあるならこの簡単料理がおすすめです。いざというときに役立つ卵料理のレシピを紹介します。 ...

靴の革を簡単に柔らかくする事ができる方法をご紹介します

靴の革って硬い場合ありますよね・・・。そんな時自然に柔らかくなるまで待っていませんか? 実は簡...

車のフロントなどの雪かきはどうやる?傷つけたくない方必見です

雪が車に積もると、車の雪下ろしが必要ですよね。 フロントの雪かきは、氷を無理に取ろうとすると傷...

煮物の味付けが濃い!薄める方法や作り方について

煮るだけなので簡単に思われがちな煮物ですが、味付けがうまくいかなかったりしますよね。 煮ている...

夏は自然の癒しが欲しい!おすすめ夏の自然スポットをご紹介

夏は自然に溶け込み日頃の疲れから解放されたい!そんな風に感じることはありませんか? 夏の自然の癒し...

車のワイパーは思った以上に劣化する?交換作業を解説!

車のワイパーは、雨や雪をはじく以外にも泥はねやホコリを除去して視界をクリアに保つために必須なアイテム...

魚の正しい食べ方!切り身、刺身、煮つけのマナー!

魚を使った料理には切り身、焼き魚、刺身、煮つけなど様々なメニューがあります。 種類も食べ方も豊富な...

野菜たっぷりうどんを食べて風邪を予防する方法

風邪をひいたときには消化の良い食べ物が一番ですが、消化の良い食べ物と言えばうどんですよね。 う...

カレーをタッパーで冷凍するときのコツをご紹介します

大量にカレーを作ったときには、タッパーに入れて冷凍するのが一番!? このときにはどのように冷凍...

コバエが大量発生して窓が開けられなくなる前にやること

コバエが大量発生していた経験ありませんか?大量に発生していたら窓もあけれない状態になりますよね。 ...

パンの発酵が上手く行かないと、膨らまないパンが出来る!

パンを作る時、発酵してる時の膨らみを見るのって楽しいですよね。 でも上手く膨らまない時も・・・...

片付け方法は?机を整理整頓するポイントとコツ・片付け方法

机の上が散らかっている、片付けたいと思っても良い片付け方法がわからないという人もいますよね。机の整理...

スポンサーリンク

ガスコンロに火がつかないと朝が大変!火がつかない原因は?

朝起きてガスコンロに火がつかない?何度やってもつかない時、その原因は一体どこにあるのか不安になりますね。

そんな時にはまず以下のことを確認するようにしましょう。

火がつかない!ホースは折れてない?

ガス栓とガスコンロをつなぐためのゴムホースは、折れていませんか?
例えば前日に掃除をしたなどで、少し動かしたと言った場合には、折れていないかを確認してみましょう。

ガスコンロが電池切れしていない?

ガスコンロは乾電池が必要なのをご存知ですか?。ガスコンロの種類によっては、電池切れを知らせるサインがあります。もしランプが点滅や点灯している場合には、すぐに電池を新しいものと交換するようにしてください。

バーナーキャップはきちんと設置されている?

これも掃除や鍋などを置き、外した時に多少ずれてしまうと火がつかないことがあります。きちんとセットされているかを確認してみましょう。

朝ガスコンロに火がつかない時はガス栓とゴム管をチェック!

上記での方法を試し、それでも火がつかない時にはさらにはどんな原因があるのでしょうか?

掃除をする時に、ガスコンロの元栓を閉める方も多くいるかと思いますが、ガスの元栓は閉まっていないでしょうか?これを開けないことにはどんなことをしてもガスはつきませんので、当たり前のことですが、開いてるかを必ずチェックしてくださいね。

意外にうっかり忘れていた!なんてことは割りと多くあるようですよ。

また、ゴム管が長いとガスのつきがあまり良くないとも言われています。あまりにも長すぎてホースがぐちゃぐちゃになっている場合には、適した長さに直す必要があります。

ゴム管は意外に硬いので、切る時はハサミではなくカッターやノコギリで切るようにしてください。

基本的なテーブルコンロの幅は60cmですので、台所のガス台に合わせてガスホースを切って調節をしましょう。ホースを切る際は、ネジレ、折れに注意し取り付けてください。

朝ガスコンロに火がつかない!直しても火がつかないときは?

いろいろ試してみたけど、どの方法でも直らない・・・。そんな時には説明書を読んでみましょう。トラブルはが起きた時の原因や対応方法が記載されているはずです。

なんらかの解決方法があると思いますので、きちんと目を通すようにしましょう。
購入して間もない場合なら無料保証で直すことができますし、部品交換で直る場合もあります。

もしどんな方法も当てはまらず、コンロも10年以上の使用をしている場合には、『寿命』かもしれません。部品も取り寄せができないこともありますので、そんな時には買い替える方法しかありません。

節約するために自分で修理しようと思う人もいるかもしれませんが、素人では分かりかねないことが多々あり、危険ですので絶対に辞めるようにしてください。

必ずガス屋さんに見てもらい判断をするようにしてください。

ガスコンロの火がつかない原因は他にも!

最近のガスコンロには、安全を守るための温度センサーがついているものがあります。
長時間火をつけて料理をしている時には、そのセンサーが働き火を消してくれるのです。

もし、そんな長い時間使用していない時には、温度センサーの不良があるかもしれません。そんな時には水で固く絞った布や雑巾で、温度センサーを手で動かないように固定し汚れを拭き取りましょう。またあまりにも軽い鍋を使用した時には、センサーがきちんと反応しない場合がありますので、少し水を多く入れたりすることで使用できることがあります。

また弱火で煮物を長い時間煮込んでいると、外にあるガスメーターの安全装置が働き、ガスが止まってしまうこともあるようです。

その他にも震度5以上の地震の時には、安全装置が働きガスが自動的に止まってしまうことがあるようです。

その時には、安全を確認した状態で外のガスメーターを確認し、赤いランプが点滅しているかを確認しましょう。安全装置が起動している時には「解除ボタン」を押し3分待てば再びガスを使用することができます。

ガスコンロの火がつかないのは汚れが原因かも?掃除方法は?

ガスコンロの火がつかないのは、実はコンロに付着している汚れも原因の一つと言われています。掃除をここ何年もしていないと言う方は、まずはコンロの天板部分と、五徳と言われる鍋を乗せるものを掃除をしましょう。

まず掃除で必要なものをご紹介します。

必要なものはキッチンペーパー、ラップ、中性洗剤、重曹です。

まず天板の掃除手順ですが、中性洗剤を天板にかけて、伸ばしキッチンペーパーでふたをします。その上にラップをし放置します。そうすることで汚れを浮かし落としやすくする効果があります。この時に中性洗剤ではなく重曹でも汚れを落とすことができます。

同じく五徳もこげつきのひどいところに直接重曹をふりかけて、20分程度放置します。
そうすると、汚れが浮き落としやすくなります。

しかし表面的な汚れが落ちただけなので、さらには60度のバケツなどのお湯の中に大さじ約5〜6杯の重曹を加え五徳を入れて約20分ほどつけ置きしブラシなどで汚れをこすり落としてください。お湯が温かいうちに行うことで、汚れをきれいに落とすことができますよ。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ