生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

POSレジは誰でも操作できる?その使い方をご紹介します

2018.5.30

キャッシュレジスターとは違い、POSレジはネットワークに繋がっている為、即座にデータ集計や管理などをすることが出来ます。

とても便利なため、コンビニや飲食店など様々なところで使われています。

使い方は難しいのでは・・・と思う方もいるかもしれませんが、覚えてしまえば簡単ですよ!

初めての方でも大丈夫!POSレジの使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

休みの理由を結婚式などの冠婚葬祭にする際の注意点

仕事を休みたい理由様々。身内や友人の結婚式を理由にする場合もよくあるのでは? 結婚式などの冠婚...

受付の仕事は楽しいの?経験者の体験談をご紹介します

綺麗でにこやかなイメージの強い受付嬢。そんな受付の仕事に憧れる女性も多いことかと思います。 受...

公務員試験の面接の順番は成績順?その真偽を調査!

公務員試験の面接当日・・・誰でも緊張するでしょうが、一番気になるのはその「順番」ではないでしょうか?...

トラックの運転手はどんな生活を送っているのか聞いてみました

トラックの運転手というと、長距離を運転しなければならないので大変!というイメージがありますよね? ...

会社の先輩が嫌い!対処方法と克服法をご紹介

会社では学生時代と違って付き合う人間関係を選ぶことは出来ません。どんなに嫌いな先輩が居ようが一緒に仕...

絵師にイラストを依頼する方法とマナー。期日や価格は確実に!

「絵師」という言葉を耳にすることはありませんか?この「絵師」と言う言葉はプロ、アマ含めイラストレータ...

ハロワの求人が年齢不問になった背景と現実

ハロワの求人を見ると、「年齢不問」の文字。年齢不問なら、40歳でもOKだよね?とは限りません。 ...

スーパーでのアルバイト!レジ以外にもたくさんの仕事が存在する

いつも何気なく利用しているスーパーにはたくさんの部門があり一番お客さんの目につくのはレジの仕事ですが...

トラック運転手の食生活の実態!トイレ休憩もままならない現実

トラック運転手と一言でいっても様々ですが、特に長距離トラックに乗っている運転手は、その食生活が問題と...

体や心が弱い新入社員にはどうする!?適切な対応とは

体や心が弱い新入社員がいますが、そんな時にはどう対応することが良いのでしょうか? 仕事によりス...

育児休業を男性が取得する場合の開始日について詳しく説明します

まだまだ日本では育児休業を取得する男性の数は少ないですが、それでも年々増加していると言われています。...

主婦も資格が取りたい!40代だからこそオススメの資格

40代主婦が仕事をはじめるとき、やはり資格があると仕事選びにも有利になります。 でも、40代か...

スーツのスカートの履き方や選び方ポイントをご紹介します

就職活動をする際、まずはスーツ選びから始めますよね。 スーツのスカートの履き方に悩む方もいるか...

深夜バイトは女性でも出来る?始める前に知っておいて欲しいこと

深夜バイトは時給が高い為、女性でもやってみたいと思う方がいると思います。 深夜だと防犯上の心配...

女性の職業で華やかなのは?華やかな職業まとめ!

女性が華やかで輝くことのできる職業はたくさんあります。そして、現に輝いて仕事をしている人を見ると憧れ...

スポンサーリンク

POSレジは手間なくミスも少ない!その使い方とは

POSレジで会計する際は、バーコードを読み取るだけです。読み取り終えたら「小計」のキーを押して合計金額をお客さんに伝えます。そして預かった金額を打ち込み、「現/預」のキーを押すとお釣りの金額が表示されてドロアが開きます。あとはお釣りとレシートを渡せば完了です。

いかがでしょう?難しい事はないですよね。
だいたいどこのメーカーのものでも、この基本の操作手順はあまり変わらないかと思います。

あとは両替をしたり、レシート交換をしたりという作業も必要となります。

便利な点として、同じものを何点か購入された場合の操作方法が一つ挙げられます。購入した数を打ち込んで「×」キーを押し、バーコードを読み込むことが出来るのです。値引き品の場合などは、価格を手入力した上でバーコードを読み込むことも可能です。

レジの近くに生産者全員のバーコードを置いておけば、ラベルが剥がれていたりしてバーコードが上手く読み込めなかった場合でも安心です。

そして、間違えた時はマイナスレジ登録をします。その場合にはレシートをとっておいて、レジに詳しい人がマイナス処理をすると良いでしょう。

POSレジを導入する際は、使い方が簡単かどうかもポイントに!

POSレジを選ぶ際のポイントについてご紹介していきます

まずは、導入の目的を明確にしてください。どうしてかというと、ひとえにPOSレジといっても沢山の機能があり、その機能を増やすほどもちろん費用もかかります。

例えば飲食店であればオーダーエントリーシステムだったり、小売事業なら棚卸しや出庫依頼を・・・というように、その仕事内容によっても使う機能と使わない機能があるからです。

まずは、導入目的をハッキリとしておいてください。

次に、誰でも使いやすいかどうかというのも重要になってきます。実際にPOSレジを使うのは、アルバイトや社員などになるでしょう。その為、出来るだけ皆にとって簡単で使いやすいものを選んであげると良いかと思います。

最後に、規模と拡張性も考えるようにしましょう。小規模のお店なのか、大規模なのか、その地域だけなのか、全国展開していく予定なのか・・・などです。

もし全国展開していく予定なのであれば、システムや機能が追加出来るものをおすすめします。

美容室でのPOSレジの使い方とは

美容室では、お店のコンセプトや雰囲気に馴染めるようなタブレットPOSレジを活用することが出来ると思います。

美容院に通う人というのは常連さんが多いかと思いますので、POSシステムの顧客管理機能が役立つでしょう。お客様が今までに利用した頻度やコースなどを記録することが出来る為、接客に活用することも出来るかと思います。

仕上がりがイメージできていない新規のお客様や、担当が変わった場合などには、カット前にタブレットを使ってヘアカタログを見せることも出来ます。ヘアスタイルを選びやすくなることでしょう。

カットする前に希望をしっかりと聞いて共有し合うことは、お客様の満足度を上げる為にもとても重要なことです。こんな風にして、レジだけでなくタブレットそのものとして活用することも可能なのです。

そしてカット担当者とレジ担当者もわけることが出来て、役割分担もスムーズにいくでしょう。

バイトで初めてのPOSレジ操作・・・研修はあるけど、誰でもできるもの?

一昔前のレジというのは、手入力で商品のカテゴリやコード名を金額と一緒に打つというものでした。しかし、現在のレジはとても簡略化されて便利になっています。

しかし操作が簡単になることで、大きなミスにも繋がりやすくなると言えるかもしれません。これはレジだけでなく、他のものに関しても同じことが言えるでしょう。

研修があるという場合は、まずは落ち着いて丁寧に操作することを大切にしてください。最初は正確に慎重にやって、慣れてきたら徐々にスピードは上がるはずです。

研修でも確認について言われるかと思いますが、クレジットカードの場合は特に注意が必要です。リーダーにカードを通す際、名前や方向をきちんと確認せずに何回も通してしまって、カード会社から二重請求が来たというミスが過去にありました。店員の子も慌ててしまったのです。

端末も据付型のものから移動できるようなものまで、本当に色々な種類のものがあります。とにかく、まずは最初は落ち着いて対応することから学んでいくと良いでしょう。

POSとは何のこと?POSレジのメリットをご紹介

ところで、POSレジの「POS」とは何のことなのか考えたことはありますか?

POSとはPoint of salesの略で、日本語では販売時点情報管理のことを言います。商品が買われた時点で、すぐにその商品の値段や売れた時間などの情報を記録し、そして分析します。これらをPOSレジやPOSシステムなどを呼んでいます。

このPOSレジがあることで、業務の効率化がUPすることが何よりも魅力です。売上とレジ内にある現金が一致するかどうかを確認することをレジ締めと言いますが、これがとても効率化するのです。オーダーエントリーシステムというものを使えば、この時間を短縮することが出来るのです。在庫や売り上げを把握するのも簡単になります。

そして、リアルタイムで売り上げの情報を知ることが可能になったのです。これらのデータを集めて分析してくれるので、マーケティングに役立てることも出来ます。

あと、このPOSシステムではレジ担当者の履歴が残るようになっています。そして金額を打ち込む必要は無く、セール時の割引などもあらかじめ登録しておくことが出来ます。

その為、不正やミス防止に繋がっているのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 仕事のコツ