生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

髪のカットを自分でするのはありかなしか。こんなメリットが!

2018.5.28

髪の毛が伸びてきた・・・。美容室に行きたいけれど予約が面倒・・・。時間もお金もかかるし。

自分でカットするのってあり?セルフカットする人は案外います。そこにはどんなメリットがあるのでしょうか?

自分で髪の毛をカットする時のポイントややり方を紹介します。

また小さな男の子ならママがお家でスッキリとカットしてあげましょう。バリカンは意外と簡単に出来ますよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夜の食事を食べないと健康的に痩せるって本当?驚きの効果とは!

夜の食事を食べすぎてしまうことってありますよね!そうすると体に脂肪が蓄積されて太る原因になります。 ...

うつ病になった時の接し方は?旦那さんへの理解を!

うつ病の患者数は年々増加傾向にあります。あなたの旦那さんもいつうつ病になるかわかりません。 で...

腹筋を1週間で割るために出来る事をご紹介します!

腹筋の割れている男性や女性に憧れて頑張って鍛えているけどなかなか割れてこないという方もいるのではない...

鼻の毛穴から白いにゅるにゅるが!その正体とは!

鼻の毛穴から白いにゅるにゅるが!これっていったい何? 実はこれは「角栓」です。長い時間詰まって...

女子顔負けの男性メイクとは!?イマドキのメイク事情を解説

最近は女子顔負けするほど、きれいにメイクする男性が急増しています。 しかし、男性がメイクしてい...

バーベルとダンベルベンチプレスの違い、メリット・デメリット

バーベルとダンベルベンチプレス、同じくベンチプレスと付きますが、その違いが素人には全く分かりません。...

デジタルパーマを失敗した!やり直しをする場合の注意点!

きれいなカールを期待してデジタルパーマをかけたものの失敗した、思ったよりかかりが悪かった・・・。そん...

朝、ヨーグルトを食べても下痢にならないためには

朝、ヨーグルトを食べると下痢になると感じている方はいらっしゃいますか? 便秘解消や、腸内環境の...

婦人科の内診ってどんなもの?未経験者に伝えたい内診の必要性!

婦人科の内診をしたことがない!未経験だという方に向けた情報をご紹介していきます! 婦人科の内診...

身長163cmで体重が45キロ。標準体重とは?

女性なら誰でもスタイルが良くなりたいと思っていますよね。身長163cmで体重が45キロの場合の平均体...

No Image

ピアスの作り方…ビジューピアスを自分で作ってみよう!

ピアスの作り方を知って、自分好みのビジューピアスを作ってみませんか? ハンドメイドのサイトでもよく...

バドミントンの試合前はストレッチで筋肉をほぐしてケガ予防!

バドミントンの練習や試合前などには、ウォーミングアップをすることは大切です。 ウォーミングアッ...

化粧下地の基本的なやり方とキレイなベースメイクのポイント

きれいなベースメイクを目指すなら、やはり化粧下地の使用をおすすめします。 イマイチ下地の重要性...

身長168cmなら体重は何キロが理想?理想体重になるためには

身長168cmの女性の場合、体重は何キロになれば理想的なのでしょうか? よく身長に対しての標準...

生理がこないのに検査薬は陰性!2週間生理がこないのは病気かも

生理がこないから妊娠検査薬で検査したけど結果は陰性!これってどうして? 2週間も生理が遅れてい...

スポンサーリンク

髪を自分でカット!そのメリットとは!

髪の毛を切りたいと思っても、人気の美容室なんかはすぐに予約は取れませんよね。

それに、美容室で髪を切って、染めて、なんて考えるとけっこうお金もかかります。

できることなら、自分で切ることができたらいいのにと思うことありませんか?

実は、自分で髪の毛を切るセルフカットをしてる人って、案外いるみたいですよ。

そこで、自分で髪の毛をカットすることのメリットについてご紹介いたします。

まず、自分で髪の毛をカットすれば、自分のしたいように思い通りに切ることができます。

そして、美容室に行く時間を短縮することができるんですよね。

それに、一番のメリットはなんと言っても節約になります。

ただし、自分で髪の毛をカットするということは、上手には切れない可能性もあるというものです。

なので、自分で髪の毛をカットするときは、焦らずに、ゆっくりと、少しずつ切るようにしましょう。

大きな失敗をしないように気を付けましょうね。

髪を自分でカット!基本のすき方を紹介します

自分で髪の毛をカットするときに、髪の毛をすきたいと思うこともあるでしょう。

だけど、髪の毛をすくのって難しいですよね。

そんなときは、髪の毛をすくことができるすきバサミを使えば、自分でも髪の毛をすくことができますよ。

髪の毛をすくときは、まず、しっかりとコームで髪をとかしましょう。

コームでとかさずに切ってしまうと、仕上がりが不自然になってしまいますよ。

目の細かいコームを使うといいでしょう。

そして、ハサミを入れる角度は、縦に入れた方が自然な段差ができます。

髪にハサミを入れるときの角度に気を付けましょう。

もしも、頭皮に対して平行にハサミを入れたのなら、段差はそのまま切った髪に段差ができてしまいます。

また、斜めにハサミを入れてしまうと、切った髪が揃ってしまうので、気を付けましょう。

縦に入れた方が、仕上がりが自然ですよ。

髪の毛を自分でカットする!メンズの場合

男の人でも自分で髪の毛をカットするという人もいるでしょう。

そんなときの切り方のポイントについてご紹介いたします。

例えば、自分で前髪をカットするときは、まず髪の毛を乾かしたら、クセや割れ目がないようにまっすぐおろしましょう。

前髪は縦に4つくらいに分割して、少しずつねじってまとめるといいでしょう。

一束ずつ、根本から手前に向かって、3回くらいに分けてすきバサミを入れます。

それから、サイドの髪の毛のカットするときは、指で下から髪を挟むようにサイドの髪を少しずつとりましょう。

そして、横に引っ張り出します。

指から出た髪をハサミでカットしていくといいでしょう。

あとは、全体のボリュームなどを確認しながら、すきバサミで調整してください。

さらに、後ろや襟足の髪を自分で切るには、指を上手に使って切るのがポイントになります。

後頭部の場合、髪を5本の指の間で挟むようにして、指を通して毛束をつかみます。

そして、指から出た部分を指に沿わせてハサミを入れていきましょう。

襟足部分は横一直線に指で髪を挟みます。

そして、はみ出た部分を指に沿ってハサミを入れていくといいでしょう。

これが、メンズのセルフカットの方法になります。

髪をセルフカットする時の準備をしよう

自分で髪の毛をカットするためには、道具を揃えなければなりません。

まず髪を切るハサミは、できるだけ切れるハサミを使いましょう。

髪切りようのハサミは、切れ味が鋭くて切り口がきれいなので、髪を傷めません。

それから、髪のボリュームを調整するためには、すきバサミが必要です。

ハサミの片方の刃がクシの様になっているのが特徴ですよ。

髪を整えるためには、ヘアブラシもいりますね。

切る前には、必ずヘアブラシで髪を整えましょう。

切る髪の量を調整するためには、クシがあると便利ですよ。

もちろん、鏡はバランスの確認をするためにも必要です。

手鏡を使って合わせ鏡をして、後ろや横のバランスも確認しましょう。

髪は濡れている方が切りやすいので、霧吹きもあると便利です。

それから、切る時にはケープを付けたり、床に落ちた切った髪の毛を片付けるためにも古新聞などを床に敷いて行ってくださいね。

男の子の髪はママがカット!

子供の髪の毛を切るというお母さんも多いですよね。

特に、男の子の髪の毛はバリカンがあると便利ですよ。

バリカンを選ぶときには、アタッチメントがついているものを選ぶといいでしょう。

そうすれば、刈る髪の長さも調節できるので便利です。

まずは長めのアタッチメントを使って、両サイドを刈りましょう。

ヘアピンなどで髪の毛を止めてから行うとやりやすいですよ。

また、片手で軽く押さえつつ、下からすくいあげるようにバリカンを動かすのがポイントです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ