生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

髪のカットを自分でするのはありかなしか。こんなメリットが!

2018.5.28

髪の毛が伸びてきた・・・。美容室に行きたいけれど予約が面倒・・・。時間もお金もかかるし。

自分でカットするのってあり?セルフカットする人は案外います。そこにはどんなメリットがあるのでしょうか?

自分で髪の毛をカットする時のポイントややり方を紹介します。

また小さな男の子ならママがお家でスッキリとカットしてあげましょう。バリカンは意外と簡単に出来ますよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

体が柔らかくなる食べ物についてをご紹介します!

普段体を動かすことが少ない方は体が硬くなってしまっていませんか? 体を柔らかくするためにはどう...

アトピーには塩風呂がおすすめ!塩風呂効果と入浴方法

アトピーやアレルギーにお悩みの方は入浴剤を選ぶのも一苦労ですよね。 あまりケミカルなものは使い...

筋トレとストレッチの違いとは?正しいストレッチのやり方

筋トレとストレッチは何が違うの?ダイエットに向いているのは筋トレ?それともストレッチ? 筋トレ...

歯の矯正でなぜ抜歯が必要なの?4番目の歯を抜くには理由がある

歯の印象って大切ですよね!笑顔がキレイだし清潔感も感じられます。 最近は大人でも歯列矯正をする...

色白や色黒は遺伝するのでしょうか・・・肌対策はお早めに!

色白さんは色黒さんが羨ましい?色黒さんは色白さんが羨ましい? 肌の色は遺伝なの?努力次第で白く...

バーベルとダンベルベンチプレスの違い、メリット・デメリット

バーベルとダンベルベンチプレス、同じくベンチプレスと付きますが、その違いが素人には全く分かりません。...

入院中の食事のカロリーは患者にあわせて!こんな工夫も!

様々な理由で入院されることはありますね。 入院すると楽しみなのは食事でしょうか? 入院中...

納豆とネギと卵は最強の組み合わせ!その効果について解説!

納豆を食べる時に、ネギと卵は絶対にはずせない・・・という人も多いと思いますが、その健康効果を知ってい...

大学生女子の体重のぽっちゃりボーダーラインを聞いてみました

日本人の体形は他の国と比べると「細い」傾向にあるようです。 と、言っても体重は気になりますよね...

初デートで告白!?遠距離の相手に伝える成功のカギとは

初デートでいきなり告白するのはちょっと無謀に感じてしまいますが、相手が遠距離だと待っていられないとい...

足のストレッチを寝ながらする方法をご紹介!

足のストレッチを寝ながら行うと、腰への負担も少なく、余計な力を入れる必要もありませんから、効果的に行...

朝のランニングはダイエットに最適!?さらに日焼け対策にも!

朝のランニングは晴れていると、清々しい気持ちになりますよね。 でも日焼けが心配・・・。そんな方...

朝体重が減らない原因!睡眠や水分が不足すると減らない可能性が

朝は一番体重が減っているものですが、起きた時に体重を測っても減っていないこともあります。ダイエット中...

ジョギングで毎日10km走るのはキツイ。こんな方法も!

健康やダイエットのためにジョギングを始めるという方も多いでしょう。 走るのは苦手な人は、毎日1...

インフルエンザに旦那が感染!隔離または避難で子供を守る

旦那さんが会社からインフルエンザをうつされて帰ってきた!そんな時は、何とか子供への感染を防ぎたいです...

スポンサーリンク

髪を自分でカット!そのメリットとは!

髪の毛を切りたいと思っても、人気の美容室なんかはすぐに予約は取れませんよね。

それに、美容室で髪を切って、染めて、なんて考えるとけっこうお金もかかります。

できることなら、自分で切ることができたらいいのにと思うことありませんか?

実は、自分で髪の毛を切るセルフカットをしてる人って、案外いるみたいですよ。

そこで、自分で髪の毛をカットすることのメリットについてご紹介いたします。

まず、自分で髪の毛をカットすれば、自分のしたいように思い通りに切ることができます。

そして、美容室に行く時間を短縮することができるんですよね。

それに、一番のメリットはなんと言っても節約になります。

ただし、自分で髪の毛をカットするということは、上手には切れない可能性もあるというものです。

なので、自分で髪の毛をカットするときは、焦らずに、ゆっくりと、少しずつ切るようにしましょう。

大きな失敗をしないように気を付けましょうね。

髪を自分でカット!基本のすき方を紹介します

自分で髪の毛をカットするときに、髪の毛をすきたいと思うこともあるでしょう。

だけど、髪の毛をすくのって難しいですよね。

そんなときは、髪の毛をすくことができるすきバサミを使えば、自分でも髪の毛をすくことができますよ。

髪の毛をすくときは、まず、しっかりとコームで髪をとかしましょう。

コームでとかさずに切ってしまうと、仕上がりが不自然になってしまいますよ。

目の細かいコームを使うといいでしょう。

そして、ハサミを入れる角度は、縦に入れた方が自然な段差ができます。

髪にハサミを入れるときの角度に気を付けましょう。

もしも、頭皮に対して平行にハサミを入れたのなら、段差はそのまま切った髪に段差ができてしまいます。

また、斜めにハサミを入れてしまうと、切った髪が揃ってしまうので、気を付けましょう。

縦に入れた方が、仕上がりが自然ですよ。

髪の毛を自分でカットする!メンズの場合

男の人でも自分で髪の毛をカットするという人もいるでしょう。

そんなときの切り方のポイントについてご紹介いたします。

例えば、自分で前髪をカットするときは、まず髪の毛を乾かしたら、クセや割れ目がないようにまっすぐおろしましょう。

前髪は縦に4つくらいに分割して、少しずつねじってまとめるといいでしょう。

一束ずつ、根本から手前に向かって、3回くらいに分けてすきバサミを入れます。

それから、サイドの髪の毛のカットするときは、指で下から髪を挟むようにサイドの髪を少しずつとりましょう。

そして、横に引っ張り出します。

指から出た髪をハサミでカットしていくといいでしょう。

あとは、全体のボリュームなどを確認しながら、すきバサミで調整してください。

さらに、後ろや襟足の髪を自分で切るには、指を上手に使って切るのがポイントになります。

後頭部の場合、髪を5本の指の間で挟むようにして、指を通して毛束をつかみます。

そして、指から出た部分を指に沿わせてハサミを入れていきましょう。

襟足部分は横一直線に指で髪を挟みます。

そして、はみ出た部分を指に沿ってハサミを入れていくといいでしょう。

これが、メンズのセルフカットの方法になります。

髪をセルフカットする時の準備をしよう

自分で髪の毛をカットするためには、道具を揃えなければなりません。

まず髪を切るハサミは、できるだけ切れるハサミを使いましょう。

髪切りようのハサミは、切れ味が鋭くて切り口がきれいなので、髪を傷めません。

それから、髪のボリュームを調整するためには、すきバサミが必要です。

ハサミの片方の刃がクシの様になっているのが特徴ですよ。

髪を整えるためには、ヘアブラシもいりますね。

切る前には、必ずヘアブラシで髪を整えましょう。

切る髪の量を調整するためには、クシがあると便利ですよ。

もちろん、鏡はバランスの確認をするためにも必要です。

手鏡を使って合わせ鏡をして、後ろや横のバランスも確認しましょう。

髪は濡れている方が切りやすいので、霧吹きもあると便利です。

それから、切る時にはケープを付けたり、床に落ちた切った髪の毛を片付けるためにも古新聞などを床に敷いて行ってくださいね。

男の子の髪はママがカット!

子供の髪の毛を切るというお母さんも多いですよね。

特に、男の子の髪の毛はバリカンがあると便利ですよ。

バリカンを選ぶときには、アタッチメントがついているものを選ぶといいでしょう。

そうすれば、刈る髪の長さも調節できるので便利です。

まずは長めのアタッチメントを使って、両サイドを刈りましょう。

ヘアピンなどで髪の毛を止めてから行うとやりやすいですよ。

また、片手で軽く押さえつつ、下からすくいあげるようにバリカンを動かすのがポイントです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ