生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ソフトテニスのサーブトスの上げ方!意識したい4つのポイント

2018.5.21

ソフトテニスのサーブはトスから始まります。ということは、トスの上げ方によってサーブの良し悪しも決まるという事。

より安定したトスを上げるにはどうすればいいのでしょうか。そのポイントとは?

変に力み過ぎてボールをしっかり持ちすぎるのはよくありません。ボールを離すポイントや高さも重要です。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ソフトテニスのサーブを打つときのコツとポイントについて

ソフトテニスはサーブから始めるスポーツですが、そのサーブが入らないとゲームを進めることはできません。...

お酒もタバコもやらない人って何が楽しいの?生きがいを徹底調査

お酒とタバコは人生の楽しみ!という人もいますよね!でも最近はお酒もタバコもやらない人が増えてきていま...

空手の練習で動画を見る効果は?練習方法もご紹介!

ネットを検索すれば、強い選手の動画をたくさん見ることができます。動画を参考に練習に活かすこともあると...

バイクの趣味はお金がかかる?節約にはメンテナンスが重要です!

バイクが趣味だとメンテナンスやパーツにガソリン…お金がどんどん出て行ってしまう! でも、メンテ...

車が趣味だとどうして「貧乏」と言われるのかを検証!

車が趣味だという男性は多くいらっしゃると思います。車って男のロマンですよね。 車を所有するだけ...

バイクのコーナリングが怖いと感じるなんてもったいない!

バイクはコーナリングが最も楽しい!と感じるライダーがいる一方、初心者にとっては「怖い」と感じるポイン...

クラシックピアノ初心者の方へ!おすすめの名曲やレッスン方法

ピアノ初心者の方も、演奏が上達したら弾いてみたいと思う憧れの名曲ありますよね。 まだまだ弾けな...

ドールカスタムのメイク道具をご紹介いたします

ドールカスタムって知ってますか?自分でメイクをしてオリジナルのドールを作る事が出来るんです。 ...

バイク好きの女性必見!ツーリングの必需品やあの悩み対策

女性にお勧めしたいツーリングする時に準備すると良いものとは? 女性1人ツーリングのメリットやデ...

ドラム初心者の練習!ドラムを始めるための基礎知識

ドラムを始めたけど、なかなか上達しないと感じている方はいませんか? ドラムを始めて、まず言われ...

ドラムは練習方法で初心者でもうまくなる。ポイントやコツとは

ドラムはどんな練習方法をすればうまくなることができるのでしょうか? では、初心者が上達するため...

日本の危険な山とは?こんな山が危ない?山の危険について

日本は活火山も多い国ですよね。私もたまに登山でもしてみたいな(もちろん軽い登山から)という気持ちには...

おいしいコーヒーの入れ方を伝授!素敵なコーヒータイムにする方法!

みなさんおいしいコーヒーのいれ方って知っていますか? あのお店のように自宅でもおいしいコーヒー...

横浜で友達と遊ぶならハマっ子もオススメの場所がある!

横浜は観光やデートや友達と出かけてもシゲキが一杯で楽しいところですね。 見どころも遊びところも...

バスケのディフェンスが上達する練習メニューを紹介

バスケのディフェンスが上手くなりたい!ディフェンスを強くするにはどんな練習メニューをこなしたらいいの...

スポンサーリンク

ソフトテニスのサーブが苦手!トスの上げ方は?

ソフトテニスのサーブ!トスのポイント

ボールを持つときは、支える程度にしましょう。ボールは指の上に置くような感覚になります。親指は上にそえてボールを安定させましょう。

余計な力を入れないようにして、真っすぐ上にあげます。

しっかり持ち過ぎてしまうと、タイミングがずれたり手を離すときに指が引っかけてしまいます。

指で持つような形だと、全部の指が同時に離れないとブレる原因になります。

ポイントは、手と地面が平行になるように意識しましょう。ボールを離した瞬間は、手と地面が平行になります。高く上げることは大切ですが、このときに手首の力だけで上にあげないようにしましょう。腕を振り体全体を使うイメージとなります。

トスを上げるときにはある程度、高さが必要です。高すぎても低すぎても打ちにくいものとなるので自分のベストになる高さを見つけてください。

ボールを上げる方向は、打つ方向と体を結んだ線上になるように上げましょう。

ソフトテニスのサーブトスの上げ方の基本!意識したい4つのポイント

ソフトテニスのサーブトスをするときに意識するポイント

  • ボールの持ち方
    ボールは持つというようりも4本の指に乗せるというイメージになります。
  • 体重移動
    体重の移動は、前にある重りを後ろに持って行きその反動をボールにぶつける感じです。その一番力がぶつかるタイミングがサーブを打つタイミングとなります。
  • ボールを離すポイント
    ボールを離すタイミングは、自分の目の高さになります。この離すタイミングがずれてしまうとまっすぐに上がらなくなってしまいます。
  • トスの高さ
    トスの高さの目安は自分の身長の2倍となります。トスの高さが低いとスイングがコンパクトになってしまうので伸び伸びと打てる高さがどのくらいなのか確認しましょう。

トスを失敗してしまうと、サーブの失敗に繋がったり力のないサーブとなります。トスアップが安定すればそのぶん、サーブも安定すると言えます。

トスを上げるときは、腕の肘と手首を動かさないようにすることで安定したトスを上げることができます。

ソフトテニスのサーブトスの上げ方、安定したトスを上げる方法と練習方法

トスを安定させるには以下のことに気をつけましょう。

手首、ヒジを使わないでトスを上げられるように練習しましょう。腕全体でトスをあげることでトスが安定します。

腕全体であげるのは、肩の関節の動きが重要となります。手首やヒジを使うことで、トスがまがってしまったり無理な力がかかってしまいます。

腕を伸ばした状態のまま、上に押し上げましょう。ボールは投げるというよりも上に上げるというイメージになります。

ボールの持ち方はいろいろありますが、どの持ち方でも共通しているのが軽く持つことです。

また、トスしたボールが回転しないようにすることも大切です。腕全体を使っていない、ボールをしっかり握っていると回転がかかってしまいます。

サーブトスの練習は、あえて壁際に立ってするのもいいでしょう。そうすることで、ボールがまっすぐに上がっているか確認してみてください。

ソフトテニスで速いサーブを打つには?

では、速いサーブを打つにはどんなことを意識したらいいのでしょうか?

速いサーブを打てる人と打てない人の違いを考えると、速いサーブを打てるヒントがあるかもしれません。

もちろん、経験や体格の差、練習の差はあります。

あなたがレベルアップするのに一番適しているのが自分自身を知る、自分の体をイメージ通りに動かせることが速いサーブを打つことに繋がります。

速いサーブを打てる人は、力の入れ具合、サーブを打つタイミング、腕を振るタイミングなどが自分の出せる一番良いタイミングを知っている人と言えるでしょう。

また、練習でその微妙なタイミングを調整したり掴むことができているのです。その自分の力が試合でも出せる人が、速いサーブを打てる人になります。

最終的には、練習次第となりますがトスを上げるときの体のひねり、トスの高さなどが自分の力が最大限に出せるポイントでできれば速いサーブを打てるようになるでしょう。

ソフトテニスで勝てるサーブの打ち方は?

センターへサーブを打つときには、サーブが相手に届くまでの距離が最短になることを意識しましょう。

なぜ、サーブが相手に届くまでの距離が最短になることを意識したほうがいいのでしょうか?

それは、サーブが相手に届くまでの距離が最短になれば相手はかまえる時間が短くなり、強い球が返しにくいためです。

サービスエースが一番取りやすいコースと言えます。

センターにサーブを打った場合、前衛はポーチを狙ってください。相手にプレッシャーを与えるため、ボールがバウンドしたタイミングで一歩横に動きましょう。

ワイドコースへのサーブも有効です。センターコースのように、サービスエースを取りやすいコースとなります。ワイドに行けばいくほど相手は動かなければいけません。

ワイドにいいサーブが入ったときには、後衛は少し前で浅く返ってきたボールをたたくといいでしょう。

サーブはできるだけ速い球を打とうと誰もが思いますが、速く打つほど入る確率は低くなってしまいます。確率重視で、確実に入れるようにしましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 趣味のコツ