生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

イギリスへ食べ物は持ち込み禁止!?持ち込める食べ物もあります

2018.5.19

イギリスへ旅行や留学などで訪れる時は、持ち込み禁止の食べ物について調べておくことも大切です。

意外にもいろいろな物が禁止とされていますので、空港などで無駄な時間を過ごさない為にも事前に確認をしておきましょう。

もちろん持ち込める食べ物もあります。留学などで長期滞在する場合のあってよかった日本の食べ物についても調べてみましたので、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

性格が変わるきっかけを知りたい!変えたい自分となりたい自分

性格って変えられないって言うけど、そんなことありません。 変わるきっかけがあれば、変えることは不可...

ブラックホールとホワイトホールの違いとは?宇宙の神秘について

「ブラックホール」という言葉を聞いたことがありますよね。 しかし宇宙には「ホワイトホール」とい...

引き寄せの法則。ノートに結婚相手の具体的な理想を書こう

引き寄せの法則。信じるものは救われる?願いは叶う? そんなことで、思い通りの人生を歩めたら苦労...

伊勢神宮の神様は女性。カップルでお参りすると…の迷信について

伊勢神宮の神様は女性です。天照大神(アマテラスオオミカミ)です。 伊勢神宮へカップルで参拝する...

ミニトマトの栽培のわき芽とりとは?取り方とポイント

ミニトマトの栽培のわき芽は取ったほうがいい?それとも、取らないほうがいい? 肥料のやりすぎや少...

田舎と都会では結婚が早いのは○○だった!こんな理由が!

田舎と都会では、どちらが結婚しやすいというのはあるのでしょうか? 田舎と都会では結婚に対する意...

三峯神社の奥宮参拝は冬でも楽しめる!冬装備は必須です

三峯神社の奥宮をご存知ですか?最強パワースポットとしても人気のある場所です。 三峯神社の奥宮参...

シンガポールの近場のおすすめの旅行先は?人気スポットはココ!

シンガポールに旅行に行くという人は、近場にあるおススメの旅行スポットをチェックしてみてください! ...

タイが親日だと感じる理由。かつては反日だったとは思えない

タイは日本人にも海外旅行などで訪れる人も多いなじみのある国です。 タイが人気なのは親日であり日...

早稲田を目指す浪人生に必要な勉強時間とは?偏差値で考えよう

難関私大である早稲田。浪人生は「来年こそは絶対合格したい!」と1年間猛勉強する決意をしていることでし...

原子と分子。知っているようで知らない!違いを考えよう

「原子」や「分子」という単語はよく耳にしていても、その違いをきちんと理解しているでしょうか? ...

刑務所へ面会に行くには?面会時間や規則などが知りたい!

刑務所での面会は、いつでも誰でもできるものなの? 実は、刑務所にも面会に関する規則があるため、...

ライブグッズは何時間前に並んで買う?気になる疑問を解決!

好きなアーティストのライブに行ったらグッズを買いたいですよね。人気のあるグッズは売り切れてしまうこと...

オートマ車のエンジンブレーキの使い方のコツと注意点

オートマ車に乗っているみなさん、普段エンジンブレーキを使いこなしていますか? エンジンブレーキ...

教習所の期限延長は稀!期限切れになってしまった時の対処法

教習所に通う時間がなくて気付いたら期限切れが迫っていた!ということはよくあります。 期間が延長...

スポンサーリンク

イギリスへ持ち込みが禁止されている食べ物

イギリスへ持ち込みが禁止されている食べ物があるのを知っていますか?いったいどんなものが禁止されているのでしょうか?

EUへの持ち込みが禁止されているのは、牛乳、肉製品、乳製品などです。

また、乳児用粉ミルク、ベビーフード、医療上の理由で必要な特別食品も禁止されていますが持ち込み、輸送する場合この条件を守っていれば大丈夫です。

  • 重量が合計一人当たり10キロを超えない場合
  • 開封前に冷蔵を必要としないもの
  • 製品が包装されており企業の製品
  • 未開封で未使用

規制要件を満たしていなければ、動物性食品はEU到着後に処分しなくてはいけません。

また、水産物も規制があります。魚であれば切り身のもの、一人当たり20キロまでとなり一匹の重量が20キロを超える場合は一匹までになります。

個人消費目的の少量の動物性食品であれば、問題はありません。

保護種動物の加工食品は、追加的に制限が加えられることがあります。チョウザメ種のキャビアの制限重量は、一人当たり最大125グラムになります。

イギリスへの食べ物以外の持ち込み禁止物

では、食べ物以外で持ち込んではいけないものはなんでしょうか?

ほとんどの国があてはまるかもしれませんが、イギリスへの持ち込みや郵送してはいけないのは不正薬物、ナイフ(種類に関係なく)などの武器類、唐辛子・ガスなどの護身用スプレー、スタンガン、わいせつな文書や画像、ニセモノ・海賊版の品物・特許権を侵害する品です。

自分自身で直接持ち込む、贈り物として家族や友達が直接持ち込む、品物を郵送するなどどれであっても犯罪や病原菌等の感染から国を守るため、海外からの持ち込みや郵送を完全に禁止しています。

正式な許可書や免許がある場合は、小火器・銃器・爆発物・銃弾、模造小火器、刀類、生きた動物、動物や植物などの絶滅危惧種、動物の毛皮を使用した既製品、ラジオ送信機(機種が限定されています)、ダイヤモンドの原石などを持ち込み、郵送することができます。

日本からイギリスに犬や猫を持ち込む場合は、書類や手続きが必要となります。具体的な手続きとして、動物病院でマイクロチップを埋め込み、狂犬病の予防接種と血液採取をしなくてはいけません。

半年ほどの期間が必要となるので、早い段階で手続きを行いましょう。

イギリスへ持ち込み可能な、あると嬉しい日本の食べ物

イギリスに持って行くことのできる、日本の味を紹介します。

乾物類となる昆布、にぼし、どんこ、かつおぶし、ワカメ、ひじき、海苔、青のりはそこそこ日持ちもするので持って行きたい荷物となります。

イギリスで入手することもできますが、とにかく値段が高いです。乾物であっても、いつ日本から空輸してきたものかわかりませんし、質が悪いモノであることも考えられます。
また、乾物類の他に和風だしを持っていくといいでしょう。

しかし、いくら手に入りにくいといっても大量に持っていったり送ってもらうと消費しきれないこともあるのでほどほどにしましょう。

また、めんつゆと、ポン酢はあると便利な調味料となります。イギリスでも売っていますが高いです。お酢は現地でも手に入れることができるので醤油やめんつゆがあるといいですね。

また、外国に恋しくなるのが日本茶です。粉末やスティックのものを用意するといいでしょう。

その他、お米、梅干し、ふりかけ類などは一緒に送ってもらえるといいですね。手に入りにくい、なかなか食べられないと思うと日本の味が恋しくなるものです。カリカリ梅やおしゃぶり昆布など和風のものを荷物に入れてもらえるとほっこりします。

食べ物はNG!?気になるイギリスの免税について

免税とは、税金を免除することです。

「免税店」で免除されているのは、消費税です。消費税は、国内で消費されるものに課される税金なので外国人がその国で消費せずに郷土に戻って消費するものは消費税を課される対象にならなりません。

免税店で購入したものをその国で消費してしまうと、それは免税の対象にはならないので気をつけましょう。

外国人旅行者が同一店舗で、一定金額以上の買い物をした場合はパスポートを提示することで商品にかけられている20.0%の付加価値税を免除してくれます。

ショッピング最低額は£30以上ですが、お店により違います。書籍・食料品・こども服など一部のものは除外となるので気をつけましょう。

払い戻し率は、2.6%~10.5%となります。

免税方法となるのは、付加価値税を含んだ金額を支払っていて免税書類をもらい、出国時に税関で、未使用の購入品、免税書類及びパスポートを提示し、確認のスタンプをもらうと税金が還付されます。

税金が還付される方法として、現地空港にて現金、銀行小切手の自宅へ郵送、クレジットカードの口座への振込みがあります。

しかし、免税措置を取り扱わない店もあるので現地係員やお店で確認してください。

日本からイギリスに荷物を送るときの注意点とは?

日本からイギリスに荷物を送るときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

日本からイギリスに荷物を送るときには、荷物を送る側がイギリスの税関申告書に英語で記入する必要があります。

申告書の内容に関する法的な責任は荷物の受取人になります。送る前に、書く内容や送る内容をお互いに知っておくことでトラブルを防ぐことができるでしょう。

正しい申告書の種類を選びましょう。申告書に記入漏れがないようにチェックしてください。

イギリスに荷物が郵送されたときに、持ち込み禁止物の有無や申告書の内容と関税が発生するかどうかの確認することがあります。

イギリスの検査官が中身の検査を行いますが、場合によっては荷物が検査のために開けられます。この手数料は受取人に請求されるので、荷物の申告書に未記入の箇所がないように気をつけましょう。

荷物に多額の関税が発生すると、関税請求の手紙が受取人の元に届き支払いが必要となります。支払いが確認されると荷物の受け取れます。この関税の支払いには、請求の手紙に記載されている参照番号が必要です。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 知識・雑学のコツ