生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ソフトテニスのサーブを打つときのコツとポイントについて

2018.5.15

ソフトテニスはサーブから始めるスポーツですが、そのサーブが入らないとゲームを進めることはできません。サーブが上達すれば試合に勝てる楽しみも出てきますよね。

なかなか上手に打てないと言う初心者の方も多いかと思いますが、どんなコツを掴めばサーブを決めることができるのでしょうか?

今回は初心者の方に向けたサーブのコツを掴む方法を、調べまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

バレエ発表会当日に必要な持ち物とあったら便利な持ち物

女の子の習い事の中でも人気があるのが「バレエ」です。そしてバレエを習っていて避けては通れないのが発表...

車が趣味だとどうして「貧乏」と言われるのかを検証!

車が趣味だという男性は多くいらっしゃると思います。車って男のロマンですよね。 車を所有するだけ...

ドールカスタムのメイク道具をご紹介いたします

ドールカスタムって知ってますか?自分でメイクをしてオリジナルのドールを作る事が出来るんです。 ...

バイクのコーナリングが怖いと感じるなんてもったいない!

バイクはコーナリングが最も楽しい!と感じるライダーがいる一方、初心者にとっては「怖い」と感じるポイン...

バイクの趣味はお金がかかる?節約にはメンテナンスが重要です!

バイクが趣味だとメンテナンスやパーツにガソリン…お金がどんどん出て行ってしまう! でも、メンテ...

バスケのディフェンスが上達する練習メニューを紹介

バスケのディフェンスが上手くなりたい!ディフェンスを強くするにはどんな練習メニューをこなしたらいいの...

卓球の「ドライブ」とは、ボールに回転をかけて打つ技術のこと

卓球の試合では小さなボールが実際にどんな動きをしているかまでは目で追うことはできません。 しか...

子供に人気のハンドスピナーの作り方は意外と簡単です

2017年、子供に大人気になったハンドスピナー。 手で回すだけという単純なものですが、これまで...

スノーボードのワックスのかけ方や頻度が知りたい!

スノーボードのソールは、ワックスをかけて使うようにできてますので、ワックスをかけないとなかなか滑りま...

日本の危険な山とは?こんな山が危ない?山の危険について

日本は活火山も多い国ですよね。私もたまに登山でもしてみたいな(もちろん軽い登山から)という気持ちには...

バドミントンのダブルスの練習メニューのオススメを紹介

バドミントンのダブルスではどんな練習メニューをしたらいいのでしょうか? シングルとはまた違った...

空手の練習で動画を見る効果は?練習方法もご紹介!

ネットを検索すれば、強い選手の動画をたくさん見ることができます。動画を参考に練習に活かすこともあると...

ミサンガが簡単に作れちゃう!初心者向けのミサンガ

手首や足首に付けるミサンガ!切れると願いが叶うと言われていますよね。 このミサンガ初心者でも簡...

バスケのシュートは回転が必要!?回転をかけるための練習方法

バスケのシュートをする時には、回転をかけた方がいいと言われますよね。 では、シュートに回転がか...

くるみボタンを使った簡単可愛いヘアゴムの作り方

自分の好きな布を簡単にボタンにできちゃうくるみボタンは、アクセサリーの材料としても人気です。 ...

スポンサーリンク

初心者がソフトテニスのサーブのコツを掴むのは打ちやすいフォームで打つこと

サーブは「自分の型」を見つけることが大切です。型が安定すれば、打球も安定します。打球が安定することによってダブルフォルトが少なくなるでしょう。

基本的にサーブは、自分が打ちやすいフォームで打つのが一番です。まずは、自分が打ちやすいフォームを決めてしまいましょう。

そこから、もっとパワフルにする打ち方、もっと曲がる打ち方、コントロールを高めるなどの修正や練習を重ねましょう。

ソフトテニスを始めたばかりの頃は、どうしても肩や腕の力でサーブを打ってしまいます。しかし、上手い人を見てみると全身を使っているのがわかるでしょう。

腕の振り方は、まるでムチを振るようにしなってはいませんか?

肩や腕の力だけでなく、上半身、下半身を上手く使っていると言えます。このように、特定の部分だけでなく全身を使うことで強いサーブが打てたり、体に負荷がかかりにくいと言えるでしょう。

テニスサーブの時の上半身の使い方は野球のボールを投げるときに似ているのでキャッチボールをしてフォーム練習をするといいでしょう。

ソフトテニスのファーストサーブを入れる方法やコツとは?

ソフトテニスのサーブは、スピードが上がるほどコントロールが難しくなります。コントロールすることに意識がいってしまうと、スピードは落ちてしまいます。

ファーストサーブを打つときは、どのようにすればいいのでしょうか?

まず、トスを上げるときは肘を伸ばして自分の目の高さくらいで放しましょう。自分の打ちやすい高さが一番いいのですが、目安としては身長の2倍となります。

ラケットを後ろに回し、ボールの右上を打ちましょう。

サーブで大切なのは、トスです。

ボールに直角に当てるフラットサーブにしても、ボールの右上に当てるスライスサーブにしても、ボールの左側に当てるリバースサーブフラットにしても大切なのは、トスです。
サーブを打つときは、高い場所で打つことが求められます。なるべくトスを高く上げるように練習しましょう。

サーブのトスが成功すれば、サービスは8割成功するとも言われています。唯一自分で打てるショットでもあるので、身につけられるようにすると強みになるでしょう。

ソフトテニスのサーブのコツを掴むには繰り返し練習することが重要

試合において、最もやってはいけないミスというのがダブルフォルトになります。ダブルフォルトをしてしまうと、相手はなにもぜずにポイントが入ってしまいます。

ダブルフォルトをするよりも、遅くてもいいからとにかく入るサーブを打つようにしましょう。ダブルフォルトは、相手のメンタルというよりも本人のメンタルにとくに悪く働いてしまうと言えるでしょう。

初心者がまず覚えるべきなのは、コースをコントロールした確実に入るサーブとなります。相手にとっては、速いサーブよりも確実に入るサーブのほうが脅威となるでしょう。

練習をするときには、できるだけサービスエリア内にターゲットとなるものを置いて狙う練習をしましょう。

ゆっくりサーブでいいのでとにかく当てることです。ターゲットも大きめから始めましょう。当たるようになったら、スピードを意識して行うのです。

サーブを打ったあとは、自分のボールの軌道をよく見るようにしましょう。動画に撮影するとわかりやすいでしょう。

ソフトテニスでサーブを打つときのグリップの握り方

グリップはプレーによって変えるのが基本となります。フォアが打ちやすいグリップ、バックが打ちやすいグリップ、カットやサーブを打ちやすいグリップなどそれぞれ特徴があります。

では、サーブを打つときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

サーブのスピードを上げるには、コンチネンタル・グリップ、イースタンフォアハンド・グリップのどちらかで握るといいでしょう。

サーブを打つときには、ラケットが上を向いていないか、手が離れていないか確認しましょう。ラケットが上を向いていると、パワーが伝わりません。ラケットヘッドが下を向くようにしてください。手が離れていると、手の力だけで打っている状態となります。

スピードを上げるには、インパクトの直前に腕時計を見るように腕をひねるようにしましょう。

グリップは握りやすい方法でもいいのですが、ボールに回転をかけたい、最も高い打点で打ちたいなど細かい調整をするのであればグリップの握り方を変えることでメリットが生まれます。

セカンドサーブを打つ時にはカットサーブが効果的!打ち方の方法

カットサーブを打つときには、回転がかかるように練習しましょう。

では、どのようなことを意識したら回転がかかりやすくなるのでしょうか?イメージとしては、ボールの表面を薄く切るように打ちます。

表面を薄く切るという感覚が薄くなればなるほど回転がかかります。しかし、回転を意識しすぎると強さがないものになってしまいます。

注意するポイントは、ボールが飛ぶ方向とラケットを振る方向です。このふたつは一致するわけではないので気をつけましょう。

ボールが飛ぶ方向はインパクト時にラケットの面が向いている方向になります。ラケットを横に振っていたとしても、面が前を向いていたら前に飛びます。

スピードを落とさないためには、ラケットのスイングスピードを速くしなくてはいけません。

このときに、力を込めてラケットを早く振ってしまわないようにしましょう。腕のしなりをうまく利用することが大切です。

腕のしなりや腰のひねりを意識して、スピードを落とさないように練習してみてください。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 趣味のコツ