生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ハローワークの求人に直接電話をかけるのはアリ?その答えは○○

2018.5.13

ハローワークの求人情報をチェックしていて働きたいと思った企業を見つけた場合は、ハローワークを通して連絡をしてもらうようになります。

この時、自分で直接その会社に電話をかけることはNGなのでしょうか。紹介状がないとやっぱりだめなの?実際に直接電話をかけてみるとどうなるの?

そこで今回は、ハローワークで仕事を探している人の素朴な疑問にお答えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

トラック運転手の食生活の実態!トイレ休憩もままならない現実

トラック運転手と一言でいっても様々ですが、特に長距離トラックに乗っている運転手は、その食生活が問題と...

結婚式の前にカメラマンと打ち合わせしなかったら後悔する!

結婚式でカメラマンに要望を伝えなかったり打ち合わせをしなくて後悔してる花嫁が多いことを知っていますか...

新入社員は電話で失敗がつきもの!知っておきたい電話のポイント

新入社員のうちは、誰しもが電話でいろいろな失敗をするものです。 相手の顔も見えない電話というの...

うつ病から仕事復帰するために支援してもらえる施設とは

うつ病が原因で退職を余儀なくされた方も多いでしょう。体調も徐々によくなり、仕事へ復帰したくても襲って...

トラックの運転手はどんな生活を送っているのか聞いてみました

トラックの運転手というと、長距離を運転しなければならないので大変!というイメージがありますよね? ...

派遣会社の営業の仕事内容とは?臨機応変さが大事!

派遣会社の営業マンになろうと考えている方も多いでは?そこで気になるのが仕事内容ですよね。 派遣...

上司に相談するタイミングとは?相談のタイミングや聞き方

上司に仕事上の相談や退職の意思を伝える時には、タイミングや聞き方、切り出し方などをどうしたらいいのか...

就活の面接で緊張してしまうのは何故?対処法をご紹介します

就活の面接って、誰しもが緊張するものですよね。内定が欲しいという思いが強いほど、どんどん緊張してしま...

深夜バイトは女性でも出来る?始める前に知っておいて欲しいこと

深夜バイトは時給が高い為、女性でもやってみたいと思う方がいると思います。 深夜だと防犯上の心配...

休みの理由を結婚式などの冠婚葬祭にする際の注意点

仕事を休みたい理由様々。身内や友人の結婚式を理由にする場合もよくあるのでは? 結婚式などの冠婚...

お中元シ―ズンのバイトはかなり大変!その実態を教えます!

短期間のバイトとして人気のお中元関連のバイトですが、経験者によるとかなり大変だと言います。 お...

接客のバイトで辛い事とは?接客業の先輩に聞いた経験談

バイトの接客業で思いつくのは、主にコンビニや居酒屋など接客業が一般的です。 でも、接客業は土日...

公務員試験の面接の順番は成績順?その真偽を調査!

公務員試験の面接当日・・・誰でも緊張するでしょうが、一番気になるのはその「順番」ではないでしょうか?...

深夜で仕事を探すなら!少しでも楽にバイトをしたい人必見

効率良くお金を稼ぎたいと思うときには、時給の高い深夜の時間帯で働くのもおすすめです。 同じ仕事...

スーツにバッジや社章を付ける場合の付け方と位置

スーツや制服に社章やバッジをつける時に、どこに付けたらいいのか困ったことはありませんか? サラ...

スポンサーリンク

ハローワークの求人に直接連絡をしてもいい?

ハローワークを利用して求職活動を行う人が多いと思いますが、ハローワークへ直接いって求人を探すこともありますし、ハローワークのインターネットサービスを利用することもあります。
自宅にいながら求人を探すことができるメリットがありますが、そこで自分の条件にあった求人を見つけたら、すぐにでも申し込みたい気持ちになりますよね。

その場合、ハローワークを通さずに直接連絡して応募しても構わないのでしょうか。

結論から言えば、応募しても違反ではありませんが、印象が悪くなる可能性が高いので避けた方がいいでしょう。
それは、ほとんどの求人票に「ハローワークの紹介状が必要」と記載されているからです。

ハローワークでの求人活動を行う場合は、求職者登録をしてパソコンを使って求人を探し、気になる求人をもって職員を職業相談を行い、紹介状を発行してもらってから書類審査や面接へと進んでいきます。
ハローワークの紹介状が必要と記載している求人に、ハローワークを介さずに応募するのは、マナーに欠ける行為だと認識されてしまう可能性があるのです。

ハローワークの求人に直接連絡すると企業は紹介状をもらえない

ハローワークで求人情報を印刷すると、求人情報の一覧や企業への連絡先が書かれています。ハローワークインターネットサービスも同様で、求人によっては会社名や連絡先を記載している企業もあります。

企業名や連絡先が記載されているのであれば、そのまま直接応募した方が効率が良いのでは?と思いますよね。

確かに効率的に考えれば、ハローワークを通す方が時間もかかりますし、非効率的かもしれません。
でも先ほども説明した通り、ハローワークで求人情報を探したのであれば、紹介状を発行してもらってハローワーク経由で応募すべきです。
ハローワークで求人を出している企業の多くは、紹介状を欲しがっているからです。

この紹介状は、簡単に言えば「真面目に職を探している人ですよ」という証拠となるものです。職安側から企業側に要請するために発行されるものなので、職安経由から紹介された人の方が身元も知られているいため、企業側も安心して面接できるというわけなのです。

ハローワークの求人に直接電話をかける人もいます

ハローワークで求人活動を行うには、求職者登録をする必要があります。

とはいっても、今はハローワークに直接行かなくてもインターネットサービスで閲覧することができますので、ネット環境さえあれば誰でも求人を閲覧することができます。
求職者登録をしなくても求人を見ることはできるのです。
ハローワークから紹介してもらうのは手間もかかるし面倒・・・と直接会社に連絡をして応募することも実はできます。

直接応募するのは避けた方が無難だと説明はしてきましたが、これは企業側が安心して面接できるのと、助成金等の問題もあるからです。
ただ、別にハローワークを通さなくても応募可能としている企業もあり、実際に直接会社に連絡して応募し、その後面接を経て採用された人もいます。
ただ、その方の場合、電話で話した際の感じが好印象で面接に呼ばれたとのことです。

ハローワークで紹介を受けると、最初はハローワークの担当者と企業の採用担当のやりとりだけになります。応募者とは面接に呼ぶまで直接やりとりすることがないので、書類だけでしか人となりがわかりません。

直接電話をすることで、採用担当者に書類だけでは伝わらない自分の良さをアピールすることもできるのかもしれません。

ハローワークの求人の特徴は?

ハローワーク以外にも求人を探すことはできますが、ハローワークの求人はとにかく求人数が多いというメリットがあります。
中小企業も多く、地方の求人にも強いといった特徴もあります。

転職サイトやエージェントとは比較にならないほど求人数が多いため、ハローワークを利用することで選択肢が大きく広がるといった利点はありそうです。

中小企業は大手企業のように採用にお金をかけることができないため、無料で求人を出せるハローワークに集中します。
大企業に比べると待遇面で劣る点はあるかもしれませんが、中小企業の中にも優良企業がたくさんありますので探す価値はあります。

地方の求人こそハローワークの強みであり、全国あらゆる地域の求人を扱っているため、すぐに希望する地域の求人を見つけることができます。
転職際は大都市圏の求人が多くを占めるので、その点でもハローワークは利用しやすく求人を見つけやすいのかもしれません。

ハローワークでは職業訓練も受けられます!

ハローワークには職業訓練があります。
すぐにでも申し込みたい気持ちもわかりますが、すぐ行って申し込めるわけではありません。

ハローワークというのは、失業者に仕事を紹介するのが本来の業務です。
失業率を下げる目的がありますので、窓口担当者によっては受講申込書をもらえず、仕事の紹介の話を優先されることもあります。

ハローワークの職業訓練は無料で受けることができます。税金が使われているのです。
税金が使われている以上、この訓練を申し込みたいと申し出たところですぐにOKしてはもらえないのです。

職業訓練を了承してもらうには、受講を希望したい強固な意志を示すことが大切です。最低でも3回以上は出向くことが大切ですし、各職業訓練校のセミナーへの参加も必要です。

本音を言えば、「いい仕事を見つけたいけど、とりあえずは職業訓練に通ってみようかな」ではないでしょうか。
職業訓練に頼る前に、まずは自分にはどんなスキルが欠けているか、自分はどんな仕事に就きたいかを今一度考えることが大切です。
その上でスキルに不安があるなら、ハローワークの職員に職業訓練を受けたい気持ちを伝えましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 仕事のコツ