生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

じゃがいもレシピをご紹介!簡単にお家で出来ちゃいます!

2018.5.13

じゃがいもって家にあることが多い食材のひとつですよね。

このじゃがいもとシンプルな食材を合わせただけで、いろんな料理が作れちゃいますよ!

そこで、じゃがいもを使った簡単レシピをまとめてご紹介いたします。

お弁当に人気なものからレンジで簡単にできるもの、またはダイエット中でもオススメなものなど、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

野菜たっぷりうどんを食べて風邪を予防する方法

風邪をひいたときには消化の良い食べ物が一番ですが、消化の良い食べ物と言えばうどんですよね。 う...

味噌汁の美味しい作り方を紹介!簡単に一人分が作れるのは味噌玉

味噌は体にいい食べ物なので、出来れば味噌汁は毎日食べたいものですね。 味噌汁を作ろうと思っても...

黒い車に洗車傷をつけないようにするには?洗車のコツをお教えします

黒い車は洗車の傷さえも目立つ!? ピカピカの車を保つための洗車のコツは?洗車傷がついた時の対処...

クッキーはこのコツでサクサクに美味しく作ることができる

クッキー作りはコツやポイントを掴めば、初心者でもサクサクに美味しく作ることができます。 では、...

No Image

新車のオイル交換のタイミング!目安の時期や走行距離はコレ!

新車を購入した時は、メンテナンスもしっかりと行って車の状態を保ちたいですよね!新車のオイル交換のタイ...

ガーデニングの雑貨をDIYしよう!意外と簡単ですよ!

庭やベランダが緑やお花やかわいい雑貨や小物、ウッドフェンスなどで飾られているのは、華やかで癒されます...

春は風が強いのはなぜ?実は秋よりも強風の日が多い!

風が強いと言えば秋や冬の寒い季節を想像すると思います。 ですが実際には強い風が吹くことが多い季節良...

ハンバーグをジューシーにしちゃうゼラチンを使ったレシピ

ハンバーグは大人も子供の大好きな料理ですよね。 じゅわっと肉汁溢れるハンバーグはたまりません。...

トイレ掃除は女性が後回しにするNo.1?毎日掃除のススメ

清潔な方が気持ちいいとわかっていても、ついつい後回しにしがちなトイレ掃除。 ほとんどの家で女性...

フライパンの焦げが外側!?頑固な汚れはこうやって落とそう

フライパンにつく焦げ、しかも外側につく汚れや焦げはなかなか落ちません・・・。 でもそんな焦げを...

カレーうどんの付け合わせに野菜をプラスして美味しさアップ

カレーうどんってそれだけでも美味しいのですが、せっかくなら付け合わせに野菜を合わせてみてはいかがでし...

部屋のカビの消臭方法は○○を使うと解決!

部屋のカビ対策はこまめに換気することが大切です。カビの予防策はマメな掃除になります。 部屋の嫌...

ボールペンの落書きをキレイに消す方法。テーブルや壁編

子供にボールペンなどを持たせると、紙からはみ出しテーブルの上にも書かれてしまったり、気が付いたら壁に...

料理のレパートリーを増やす方法は簡単だった!調味料の使い方

毎日の献立で悩んでいませんか? 肉・魚・野菜とバランスの良い食事を摂りたいものですが、料理のレ...

洗濯機に入れた柔軟剤が効かない気がする…その理由や対処法とは

衣類に香りづけをしてくれる柔軟剤は、洗濯する際には欠かせないですよね。 そんな柔軟剤を洗濯機に...

スポンサーリンク

お家で簡単!じゃがいもレシピとは

子供も旦那も大好きなジャガイモガレット風の簡単レシピをご紹介します。

肉じゃがやポテトサラダはじゃがいもを煮る時間が必要ですよね。手早く夕食や朝食を作りたい時にはチョット面倒!そんな時にこのレシピが大活躍なんです。

材料はじゃがいも2~3個、ベーコン2~3枚、溶けるチーズ適量、サラダ油大さじ2、塩コショウ少々です。

ベーコンはウィンナーに変えても美味しいですよ。

では作り方をご紹介していきます。

じゃがいもは皮をむいて千切りに、ベーコンも太めの千切りにして下さい。

フライパンを火にかけてサラダ油を入れてじゃがいもとベーコンをお好み焼きのように丸く焼きます。(じゃがいもとベーコンは混ぜ混ぜして下さい)

最初は中火で、少し焦げ目がついたら裏返します。後は蓋をして弱火でじゃがいもに火が通るまで待ちます。

火が通ったら溶けるチーズを上にかけて、蓋をして火を止めましょう。

コツはじゃがいもを水にさらさない事。水にさらしてしまうとじゃがいも同士がくっつかなくなってしまうので注意をして下さいね。

お弁当にも大人気!じゃがいもで出来る簡単レシピ

上記のガレット風と同じ材料でお弁当のおかずにピッタリのレシピをご紹介します。

じゃがいもは皮をむいて8等分程度に切って茹でます。茹で上がったらお湯を捨てて水分を飛ばしてください。

じゃがいもに塩コショウを振って軽く潰して、ベーコンで巻いて下さい。

ベーコンで巻いたじゃがいもは油を薄くしいたフライパンで、少し焦げ目がつく程度に焼きます。

中のじゃがいもには火が通っているのでベーコンに火が通るだけでOKです。

子供が大好きなお弁当のおかずです。

じゃがいもはつぶさずにフライドポテトのような形のまま、ベーコンに巻いてもいいですし一緒にチーズを入れてもさらに美味しくなります。

ベーコンに巻かずに、餃子の皮や春巻きの皮が余った時には皮に巻いてパリッと揚げる事もあります。

お弁当に入れるのでパリッと感はなくなりますが、それでもリクエストが来るほどこちらも子供の大好きな一品です。

だしなしで簡単!肉じゃがいものレシピ

やっぱりじゃがいもと言えばこのレシピは外せません!

しかし味が薄くなったり、濃くなったりとなかなか調度いい味にするのは難しいんですよね。そこで失敗しない簡単肉じゃがレシピをご紹介します。

材料はじゃがいも、玉ねぎ、牛肉と調味料です。

まずは鍋にサラダ油少々とじゃがいもと玉ねぎを投入、軽く炒めます。底に焦げ付かないように下からすくいながら混ぜましょう。

野菜の表面の色が少し透明に変わってきたら、300ミリリットルの水を鍋に入れて下さい。

水が沸騰して来たら、牛肉を適当な大きさに切って広げて鍋に入れていきます。この時に塊のまま入れてしまうと、そのままの形で出来上がってしまいますので注意をして下さいね。

お肉を入れるとあくが出ますので、取り除いて下さい。

あくを取ったら砂糖を大さじ3、酒を大さじ3、みりんを大さじ3、醤油を大さじ3と塩を少々入れて味付けをします。

これで落とし蓋をして、じゃがいもに火を通します。火加減は落し蓋をした状態で煮汁が沸騰してあふれ出さない程度です。

弱火から中火の間という感じですね。その状態で10分ほど煮たら竹串などでじゃがいもに火が通っているかを確認をして、今度は蓋を取って煮汁を煮詰めていきます。

煮汁が少ししかない程度まで煮詰めれば出来上がりです。

レンジで簡単に出来る!マスタードポテトをご紹介!

大人ならマスタードが効いたこんなじゃがいも料理はどうでしょうか。

材料はじゃがいも3~4個、ベーコンまたウィンナー適量、ツナ缶適量、マヨネーズ、粒マスタード、生クリーム各大さじ1、塩コショウ少々です。

じゃがいもは皮をむいて一口大に切り、軽く水に入れてザルで水を切り耐熱容器に入れてレンジで4分ほどチンします。(じゃがいもの大きさ、電子レンジのワット数によりますので3分くらいで一度様子を見て下さい)

次にベーコンを加えてもう一度、今度は1分程度レンチンして下さい。

火が通ったらツナとマヨネーズ、粒マスタード、生クリームを混ぜたものに入れて塩コショウで味付けをして下さい。

これで出来上がりです!とっても美味しいお酒のつまみになりますよ。

ダイエットにも!じゃがいものサッパリ甘酢がけとレモンバター炒め

いつものじゃがいも料理に飽きたらサッパリと酢が効いた、このレシピをオススメします。

じゃがいもは大きめの物を1個、皮をむいてスライサーなどで薄切りにして水にさらしておいてください。

鳥のささみ1本を使いますので筋を取って、火が通りやすいように細く薄切りにしておきます。

みつば1/2束を2センチに切っておいてください。

細切りにしたささみはお湯でゆでて、色が変わったら同じ鍋にじゃがいもをいれて透明になるまで茹でて下さい。

この時にじゃがいもがくっつかないように菜箸で混ぜながら茹でて下さいね。

茹で上がったらザルで水気を取って三つ葉と甘酢と絡めてお食べ下さい。

またサッパリしたじゃがいもならレモンを使ってもいいですよ!

じゃがいもは皮をむいて5ミリ程度の輪切りにして、オリーブオイルをひいたフライパンでじっくりと火が通るまで焼きます。

火が通ったらバターとレモン汁を合わせたものフライパンに入れて、塩コショウで味付けをして終了です。

簡単なのにサッパリと美味しいじゃがいも料理ですので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ