生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

じゃがいもレシピをご紹介!簡単にお家で出来ちゃいます!

2018.5.13

じゃがいもって家にあることが多い食材のひとつですよね。

このじゃがいもとシンプルな食材を合わせただけで、いろんな料理が作れちゃいますよ!

そこで、じゃがいもを使った簡単レシピをまとめてご紹介いたします。

お弁当に人気なものからレンジで簡単にできるもの、またはダイエット中でもオススメなものなど、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

部屋の湿度は何%程度が最適?湿度が高すぎ・低すぎで弊害も

部屋の温度は暑い、寒いと感じて調節しますが、湿度は意外と気にしていないかも。 最適に感じる湿度...

料理の盛り付けを勉強したい人必見!簡単にできる盛り付けのコツ

料理で大切なのはもちろん味ですが、それと同じくらい大切なのが「盛り付け」です。 盛り付けが良い...

洗濯機のホースの中はキレイ?おすすめのお掃除方法

洗濯機のお掃除、定期的にしていますか?毎日たくさんの洗濯物を洗う、洗濯機が何だがかび臭いと感じる事が...

夏にジーパンは暑い?暑苦しく見えないコーデをご紹介!

夏にジーパンって暑い感じがしますよね~。 でもコーデ次第では周りからは涼しげに見られる事も! ...

クッキーを作るのにオーブンなしでも簡単に作れる方法

クッキーを作る時にオーブンなしだと作れないと思ってはいませんか?実はオーブンがなくても簡単に作れる方...

水草が枯れる原因はナゼ?正しく対処し、魚が住みやすい環境を

水草は水槽内をキレイに見せてくれる役目をしてくれる他、光合成で酸素を出してくれたなど、無くてはならな...

居酒屋に女性が1人で行くのはどうして?その心理と周りの意見とは

近頃流行っている「おひとり様」ですが、居酒屋で女性が1人で飲んでいるのはどうしてなのでしょうか? ...

晩御飯にオススメ!簡単!安い!美味しい!のレシピ集です。

「今日の晩御飯メニューは何にしようかな」 「給料前だからお金はかけたくないな」 「忙しいので時短...

足のサイズを小さく見せる為に!今日から出来ることをご紹介

足のサイズが大きい人というのは、なんとか小さく見せたいと思いますよね。 足のサイズを小さく見せ...

一人暮らしのキッチンは狭い。スッキリさせる収納術をご紹介

一人暮らしのキッチンって、狭いんですよね・・・。 収納に困っている方も多い事かと思います。 ...

クッキーはこのコツでサクサクに美味しく作ることができる

クッキー作りはコツやポイントを掴めば、初心者でもサクサクに美味しく作ることができます。 では、...

住民票の移動が必要な理由とは?手続きしないと罰金の可能性も

引越しをすると色々な手続きが必要になるため、とても面倒に感じますよね。 住民票の移動もしなければな...

トイレを快適空間に!消臭剤をおしゃれに変身させるワザ

雑誌やブログなどで紹介されているおしゃれなインテリア。参考にしている方も多いでしょう。 生活感...

オートマのマニュアルモードの使い方!こんな時に役に立つ!

オートマでもマニュアルモードが付いている車が増えてきていますが、その使い方についてはよく知らないとい...

一泊二日の旅行に行くなら荷物はコレで決まり!

一泊二日の旅行に行くとき、荷物の量やどんな鞄で行くか迷う事はありませんか? そこで、一泊二日の...

スポンサーリンク

お家で簡単!じゃがいもレシピとは

子供も旦那も大好きなジャガイモガレット風の簡単レシピをご紹介します。

肉じゃがやポテトサラダはじゃがいもを煮る時間が必要ですよね。手早く夕食や朝食を作りたい時にはチョット面倒!そんな時にこのレシピが大活躍なんです。

材料はじゃがいも2~3個、ベーコン2~3枚、溶けるチーズ適量、サラダ油大さじ2、塩コショウ少々です。

ベーコンはウィンナーに変えても美味しいですよ。

では作り方をご紹介していきます。

じゃがいもは皮をむいて千切りに、ベーコンも太めの千切りにして下さい。

フライパンを火にかけてサラダ油を入れてじゃがいもとベーコンをお好み焼きのように丸く焼きます。(じゃがいもとベーコンは混ぜ混ぜして下さい)

最初は中火で、少し焦げ目がついたら裏返します。後は蓋をして弱火でじゃがいもに火が通るまで待ちます。

火が通ったら溶けるチーズを上にかけて、蓋をして火を止めましょう。

コツはじゃがいもを水にさらさない事。水にさらしてしまうとじゃがいも同士がくっつかなくなってしまうので注意をして下さいね。

お弁当にも大人気!じゃがいもで出来る簡単レシピ

上記のガレット風と同じ材料でお弁当のおかずにピッタリのレシピをご紹介します。

じゃがいもは皮をむいて8等分程度に切って茹でます。茹で上がったらお湯を捨てて水分を飛ばしてください。

じゃがいもに塩コショウを振って軽く潰して、ベーコンで巻いて下さい。

ベーコンで巻いたじゃがいもは油を薄くしいたフライパンで、少し焦げ目がつく程度に焼きます。

中のじゃがいもには火が通っているのでベーコンに火が通るだけでOKです。

子供が大好きなお弁当のおかずです。

じゃがいもはつぶさずにフライドポテトのような形のまま、ベーコンに巻いてもいいですし一緒にチーズを入れてもさらに美味しくなります。

ベーコンに巻かずに、餃子の皮や春巻きの皮が余った時には皮に巻いてパリッと揚げる事もあります。

お弁当に入れるのでパリッと感はなくなりますが、それでもリクエストが来るほどこちらも子供の大好きな一品です。

だしなしで簡単!肉じゃがいものレシピ

やっぱりじゃがいもと言えばこのレシピは外せません!

しかし味が薄くなったり、濃くなったりとなかなか調度いい味にするのは難しいんですよね。そこで失敗しない簡単肉じゃがレシピをご紹介します。

材料はじゃがいも、玉ねぎ、牛肉と調味料です。

まずは鍋にサラダ油少々とじゃがいもと玉ねぎを投入、軽く炒めます。底に焦げ付かないように下からすくいながら混ぜましょう。

野菜の表面の色が少し透明に変わってきたら、300ミリリットルの水を鍋に入れて下さい。

水が沸騰して来たら、牛肉を適当な大きさに切って広げて鍋に入れていきます。この時に塊のまま入れてしまうと、そのままの形で出来上がってしまいますので注意をして下さいね。

お肉を入れるとあくが出ますので、取り除いて下さい。

あくを取ったら砂糖を大さじ3、酒を大さじ3、みりんを大さじ3、醤油を大さじ3と塩を少々入れて味付けをします。

これで落とし蓋をして、じゃがいもに火を通します。火加減は落し蓋をした状態で煮汁が沸騰してあふれ出さない程度です。

弱火から中火の間という感じですね。その状態で10分ほど煮たら竹串などでじゃがいもに火が通っているかを確認をして、今度は蓋を取って煮汁を煮詰めていきます。

煮汁が少ししかない程度まで煮詰めれば出来上がりです。

レンジで簡単に出来る!マスタードポテトをご紹介!

大人ならマスタードが効いたこんなじゃがいも料理はどうでしょうか。

材料はじゃがいも3~4個、ベーコンまたウィンナー適量、ツナ缶適量、マヨネーズ、粒マスタード、生クリーム各大さじ1、塩コショウ少々です。

じゃがいもは皮をむいて一口大に切り、軽く水に入れてザルで水を切り耐熱容器に入れてレンジで4分ほどチンします。(じゃがいもの大きさ、電子レンジのワット数によりますので3分くらいで一度様子を見て下さい)

次にベーコンを加えてもう一度、今度は1分程度レンチンして下さい。

火が通ったらツナとマヨネーズ、粒マスタード、生クリームを混ぜたものに入れて塩コショウで味付けをして下さい。

これで出来上がりです!とっても美味しいお酒のつまみになりますよ。

ダイエットにも!じゃがいものサッパリ甘酢がけとレモンバター炒め

いつものじゃがいも料理に飽きたらサッパリと酢が効いた、このレシピをオススメします。

じゃがいもは大きめの物を1個、皮をむいてスライサーなどで薄切りにして水にさらしておいてください。

鳥のささみ1本を使いますので筋を取って、火が通りやすいように細く薄切りにしておきます。

みつば1/2束を2センチに切っておいてください。

細切りにしたささみはお湯でゆでて、色が変わったら同じ鍋にじゃがいもをいれて透明になるまで茹でて下さい。

この時にじゃがいもがくっつかないように菜箸で混ぜながら茹でて下さいね。

茹で上がったらザルで水気を取って三つ葉と甘酢と絡めてお食べ下さい。

またサッパリしたじゃがいもならレモンを使ってもいいですよ!

じゃがいもは皮をむいて5ミリ程度の輪切りにして、オリーブオイルをひいたフライパンでじっくりと火が通るまで焼きます。

火が通ったらバターとレモン汁を合わせたものフライパンに入れて、塩コショウで味付けをして終了です。

簡単なのにサッパリと美味しいじゃがいも料理ですので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ