生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

住民票の移動が必要な理由とは?手続きしないと罰金の可能性も

2018.5.12

引越しをすると色々な手続きが必要になるため、とても面倒に感じますよね。
住民票の移動もしなければなりませんが、そもそもどんな理由にせよかならず移動させなければならないのでしょうか。例外はないのでしょうか?
住民票の移動が必要な理由や移動しなくてもいい人、また住民票を移動させるタイミングなどについて調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

一人暮らしの部屋が実家に近い!?メリットとデメリット

実家の近くに一人暮らしする必要はあるのでしょうか? 学校や職場が近ければ実家から出る必要性を感...

水槽をリセットする方法!コケの発生を抑える注意点と掃除方法

水槽内がコケでいっぱい!思わず水槽の中すべてをリセットしたい!と思う人も多いのではないでしょうか。 ...

食パンとマヨネーズは相性抜群!のせて焼くだけ簡単レシピ

マヨネーズは、肉も野菜も魚介類もいろんな食べ物との相性がすごく良いですよね! 私もマヨネーズが...

夏にジーパンは暑い?暑苦しく見えないコーデをご紹介!

夏にジーパンって暑い感じがしますよね~。 でもコーデ次第では周りからは涼しげに見られる事も! ...

卵で作れる簡単料理レシピをご紹介!卵があればなんとかなる

卵が冷蔵庫にあるならこの簡単料理がおすすめです。いざというときに役立つ卵料理のレシピを紹介します。 ...

お風呂に入らないで寝るリスクとは?寝る前のバスタイムは大事!

「仕事で疲れてお風呂に入るのが面倒だし、今日はいいか!」とお風呂に入らないで寝ることもあるでしょう。...

部屋の湿度は何%程度が最適?湿度が高すぎ・低すぎで弊害も

部屋の温度は暑い、寒いと感じて調節しますが、湿度は意外と気にしていないかも。 最適に感じる湿度...

部活が楽しくない!大学の部活が楽しくない時の円満な退部方法

大学に入学して部活に入部したのは良いけれど、なんだかその部活が楽しくない!思っていたのと違った!とい...

野菜たっぷりうどんを食べて風邪を予防する方法

風邪をひいたときには消化の良い食べ物が一番ですが、消化の良い食べ物と言えばうどんですよね。 う...

失敗しないハンバーグ作り!肉汁逃さないゼラチンがポイント

ハンバーグは簡単なようで、上手に焼くのが難しい料理ですよね。肉汁が逃げてパサパサになってしまうのはあ...

小麦粉の保存は密封ケースと冷蔵庫で!常温保存は危険です

開封後の小麦粉はどうやって保存していますか? まさか輪ゴムで止めて常温保存? 実はきちんと密封...

ボーナスを新入社員は貰えるの?いつから本採用かで決まる

新入社員はいつからボーナスを貰うことができるのでしょうか? 4月に入社をして、ほとんどの企業は...

台所のシンクの掃除はスポンジでは効果がある?掃除の仕方のコツ

台所のシンクの掃除は毎日行っていますか?掃除をする時にはスポンジでしますか? どんな洗い方だと...

しゃっくりを止める方法は耳に指を入れる!?その他もご紹介!

しゃっくりを止める方法というと、息を止めたり、水を飲んだりと様々な方法がありますよね。 ちなみ...

部屋の湿度の平均は?湿度を上手にコントロールしよう!

部屋の湿度の平均ってどの位?適した湿度は私たちの健康にも大きく関係しているようです。 また湿度...

スポンサーリンク

引越しをしたら住民票の移動はどんな理由にせよ、しないといけないの?

引っ越しなどをした時、必ず住民票を移さなくてはならないのでしょうか。

住民票は引っ越しをしてから14日以内に移動させないと、5万円以下の過料が科せられることがあります。

引っ越しをしたら14日以内に住民票の移動を行いましょう。

ですが、以下のような場合は住民票を移さなくても問題はありません。

  • 生活をする拠点は移動しない
  • 新しい住所に住む期間が1年未満とわかっている

大学などに進学する為に実家を離れる場合、卒業後にまた実家に戻るという時は住民票を移動させなくても罰則を受ける可能性はないです。

実家に戻る予定がない場合は住民票を移動させましょう。

1年未満の転勤とわかっている場合も移動させなくても大丈夫です。

住民票の移動は

  • 前に住んでいた役所に転居届を出して転居証明書をもらう
  • 新居のある役所へ行き、転出証明書と一緒に転入届を出す

この手順で行うことが出来ます。

また、同じ市区町村内の引っ越しの場合は転居届だけを出せば大丈夫です。

住民票を移動すべき理由、住民票以外に手続きが必要なものは?

引っ越しなどで住んでいる場所が変わった時に住民票を移すのは法律で決められていることになります。

このため、14日以内に住民票を移動させないと、5万円以下の過料が科せられることもあります。

引っ越しをするときは、電気やガス、水道、電話など、色々な手続きを行う必要がありますよね。

色々と忙しくしていると、住民票を移動させてしまうのを忘れてしまうこともあるでしょう。

でも、住民票を移動させないと不便な事もあり、新しい住所で選挙権が使えない、免許証の書き換えができない。印鑑登録の証明賞なども古い住所になる、確定申告も古い住所の税務署になるなど、不便な事も起こります。

引っ越しをした時に行う手続きを前もってチェックして手続きをスムーズに行いましょう。

国民健康保険、国民年金、印鑑登録、郵便局の転居届、金融機関、電話やインターネットも手続きが必要です。

住民票をあえて移動しない理由とは?

住民票を移さなくても問題のない人とは

学生

  • 実家を離れている期間が1年未満で実家に戻る予定がない場合
  • 1年以上学生の期間があっても週末やお休みの時に定期的に実家に帰省している、生活の拠点が実家の場合

単身赴任

  • 単身赴任の期間が1年未満の場合
  • 週末やお休みの時に定期的に帰省している、生活の拠点が元の家の場合

期間が1年未満で定期的に住民票のある家に帰っている場合は住民票を移さなくても問題はありません。

どこに生活の拠点があるかで、住民票を移すかどうかの判断をするようになります。

生活の拠点の判断基準はその人によっても異なることから、週末や休みの時に家に帰って来ることや、生活の基盤・家財道具がどこにあるかで判断するようになります。

住民票の移動は代理でもできるの?

住民票の移動をするときは、本人か世帯主が届け出をする場合は委任状の必要はありません。

世帯主以外の親族が代理人として転出届を出す場合は、転居しようとしている人との関係を確かめるようになります。

委任状は絶対に必要だというわけではないようですね。

ですが、親族に代理人をお願いする間合いは、親族の身分を証明出来るものと印鑑を持参していくと良いでしょう。

その時の状況によっては、転居する人との関係を示す為に戸籍謄本を提出する必要があることもあります。

代理人にお願いする場合は、前もって役所にどのような方法で手続きをすることになるのか確認をする方が安心です。

転入届の場合も同様に、事前に役所に確認をしましょう。

その方がスムーズに手続きを行うことが出来ます。

住民票の移動手続きをするタイミングは?

住民票を移すタイミングは、実際に新しい住所に引っ越す直前に前の住所のところで転出手続きをすれば、引っ越し先での手続きの期間が長くなります。

転出届は「引っ越しをする前」に、転入届は「引っ越しをして14日以内に」行うようにしましょう。

ですが、以下のような引っ越しの定義があいまいな場合もあります。

引っ越しについて、新しい引っ越し先と契約をしているが、古い家で生活をしながら少しずつ家財道具を運び出す場合や、新居を契約下けど一時的に実家に戻っているという場合、住んでいない場所に住民票を移すことは出来ませんので、うるさく言われることは無いと思います。

ここで注意したのが「まだ住んでいないけど先に手続きをさせてください」と申し出ることです。

もし何か聞かれた場合は「〇月〇日から住んでいます。」

と言うように言い切りましょう。

嘘とわかっているのに手続きをすることは職員の人も出来ませんので。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ