生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

化粧下地の基本的なやり方とキレイなベースメイクのポイント

2018.5.12

きれいなベースメイクを目指すなら、やはり化粧下地の使用をおすすめします。

イマイチ下地の重要性がわからないという方もいるかもしれませんが、美しい素肌のような仕上がりを目指すなら、ぜひプラスしましょう。

お肌の気になる点を補正してくれるような効果のあるものもありますよ。

ベースメイクの基本的なやり方や、キレイなベースメイクのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

身長163cmで体重が45キロ。標準体重とは?

女性なら誰でもスタイルが良くなりたいと思っていますよね。身長163cmで体重が45キロの場合の平均体...

運動の効果は体だけではなく精神にもよい影響を与えます!

あなたが運動をするのは、どんな効果を求めたり期待したりしますか?健康のため?ダイエットのため?ストレ...

韓国コスメ、シミが気になる方におすすめ化粧品を紹介します!

韓国コスメは日本でも注目されています。 日本では売っていないようなコスメも多く、その効果は口コ...

顔が大きいと悩む女性に、知っておいて欲しいあれこれをご紹介!

顔が大きいことに悩む女性も多い事でしょう。ファッションもきまらず、似合う髪型も見つからず、様々な場面...

トイレが近いのはなぜ?お酒の席で頻繁にトイレに立つ理由

お酒を飲むと、なんだかトイレが近いなぁ……と感じたことありますよね。 とくにビールを飲んだ時に...

朝のランニングはダイエットに最適!?さらに日焼け対策にも!

朝のランニングは晴れていると、清々しい気持ちになりますよね。 でも日焼けが心配・・・。そんな方...

筋トレとストレッチの違いとは?正しいストレッチのやり方

筋トレとストレッチは何が違うの?ダイエットに向いているのは筋トレ?それともストレッチ? 筋トレ...

眼鏡をかけると視力って悪くなるの?その真相を解明!

”眼鏡を掛けると視力が悪くなる”というウワサを聞いたことはありませんか? そのウワサの真相はど...

体重は減ったのに見た目が変わらないのは?スッキリ見せる方法

体重は減っているのに見た目に変化がないのはどうして? 体重だけを気にしてダイエットをしていると、見...

顔に出来た黒い点や穴は何?その原因と対処法をご紹介します

顔に黒い点があり穴も空いている場合、原因が気になりますよね。 単なるニキビ?それとも何かの病気...

夏になると朝から頭痛が…その原因は何?対処法をご紹介

夏になると気温や湿度も上がって、寝苦しい夜が続きます。 この時期には、朝目覚めると頭痛がしてい...

脂肪を燃焼して排出する方法は?効果的な方法はコレです!

きちんと脂肪を燃焼して排出することが出来れば、効果的にダイエットをすることが出来ます。 脂肪を...

No Image

足の太さが左右で違う人の原因とその直し方を徹底解説!

鏡の前に立って自分の足の太さを見てみると「あれ?なんだか左右で太さが違う?」と感じたことはありません...

前屈ストレッチで腰痛予防!?タオルを使って効果的に!

前屈をすると、太ももの裏やふくらはぎなど脚裏が、痛くなる人はいませんか? この脚裏が伸びるスト...

アトピーには塩風呂がおすすめ!塩風呂効果と入浴方法

アトピーやアレルギーにお悩みの方は入浴剤を選ぶのも一苦労ですよね。 あまりケミカルなものは使い...

スポンサーリンク

化粧下地を付ける前に!肌の保湿のやり方

きれいなベースメイクのために、肌の保湿は大切です。

洗顔後には、きちんと化粧水や乳液で肌の保湿をします。
お肌にしっかりと潤いを与えることで、ベースメイクがきれいに仕上がります。

乳液には、油分が含まれますので、ベタベタ付け過ぎてしまうと、ベースメイクがよれる原因になることがあります。
夜に使う量よりも、少し少な目くらいでも良いでしょう。
また、スキンケアの最後に軽くティッシュオフすると、余分な油分が取れ、ファンデーションのムラ付きを防ぎます。

では、ベースメイクの手順を見ていきます。
化粧水や乳液で保湿した後には、日焼け止めを塗り、ベースメイクに入ります。

  1. 化粧下地
  2. ファンデーション
  3. コンシーラー(必要な場合)
  4. フェイスパウダー

基本的には、このような流れになります。
パウダリーファンデーションの場合には、コンシーラーを先に使った方がヨレが防げます。

化粧下地のやり方…。下地の役割とは

化粧下地の役割は、ファンデーションを密着させて、持ちを良くすることですが、他にもさまざまな効果があります。

化粧下地は肌のキメを整え毛穴をカバー

化粧下地は、肌表面のキメをなめらかに整え、毛穴をカバーしてくれる効果もあります。そのため、ファンデーションが密着しやすくなり、化粧くずれを防ぎます。

化粧下地で肌の保護を

化粧下地を使うことによって、肌表面に1枚の膜を作ることができます。
ファンデーションのみよりも、肌を保護してくれます。

化粧下地で肌をトーンアップ

化粧下地には、色の付かないタイプもあれば、気になる肌悩みを補正してくれる効果のあるタイプもあります。
肌の赤みが気になるという方には、薄いグリーンの下地を使ったり、肌のくすみが気になるという方には、薄いピンク系やオレンジ系がおすすめです。
ファンデーションだけでカバーするよりも、厚塗り感がなく自然な感じでカバーできます。

化粧下地を顔に伸ばす際の上手なやり方

化粧下地は、指に取った後、右頬・左頬・おでこ・顎・鼻の5点に分けて顔にのせましょう。
伸ばす時には、中指と薬指を使い顔の内側から外側へと伸ばしていきます。

化粧下地を5点に分けて伸ばすと、全体に均等に伸ばしやすくムラ付きを防ぐことができます。
また、伸ばす際には、毛穴を埋めるように伸ばしていくとファンデーションのツキが良くキレイに仕上がります。

そして、ヨレを防ぐためには、顔の中でもよく動く部分の口元やまぶたといった場所には、下地やファンデーションはなるべく薄く付けるというのが大切です。
動きのある部分は、どうしてもファンデーションがヨレやすくなってしまうので、時間がたったときに、ファンデーションがたまっていたり、変なシワができている、なんてこともあるのです。

化粧下地を伸ばす時には、次の点に注意して伸ばしましょう

  • 顔と首の境目がハッキリしないように気を付ける
  • 生え際の部分もうすく丁寧に伸ばす
  • 鼻筋や小鼻は指の腹を使いポンポン置くようになじませる
  • 口元、目元はなるべく薄目を心掛ける

ベースメイクに欠かせないファンデーションの種類

ファンデーションには、さまざまなタイプのものがあります。

季節や肌の状態、使うシーンによって使い分けしてみましょう。

基礎化粧品でも同じですよね。
化粧水を使う場合には、夏の暑い季節は毛穴を引き締める効果の高い収れん化粧水を使う方も増えると思いますが、冬の乾燥する季節には保湿を重視して化粧水を選ぶと思います。

ファンデーションも同じように、季節によって、肌の状態によって使い分けるのがベストです。

では、ファンデーションの目的について考えてみましょう。

ファンデーションの役割

  • 肌色のムラを均一にする
  • 紫外線から肌を守る
  • シミやソバカスをカバーする
  • 肌のくすみを補正する

では、リキッドファンデーションの特徴を見ていきます。
リキッドファンデーションは水分を多く含むため、パウダーファンデーションよりも肌への密着度は高くなります。
その分、クレンジングは丁寧に行う必要があります。
ファンデーションにコラーゲンやセラミドが配合されたスキンケア効果のあるファンデーションや、乳液のようにサラサラした軽いタッチのファンデーションなど、テクチャーもさまざまです。

冬の乾燥が気になる季節におすすめなのは、クリームファンデーションです。
リキッドよりも、固く重めのテクチャーで、カバー力も高くなります。
しっかりとカバーしたいという方におすすめです。

最近話題のBBクリームってどんなもの?

最近では、普段のメイクはBBクリームで簡単に済ませるという方も多いようです。

BBクリームはもともと『Blemish Baim(欠点・傷を補うクリーム)』という名称で、略してBBクリームと呼ばれるようになりました。

本来は、美容医療後の炎症を抑えたり肌の保護のために作られたものだったのです。

しかし、今のBBクリームと言うと、美容効果のある下地のいらないオールインワンファンデーションという意味合いが強いですよね。

このBBクリーム、商品や使い方によってはメイク崩れしにく便利なアイテムです。

ベースメイクには、いろいろなアイテムがありますが、全てのアイテムを使う必要はありません。
最低でも使って欲しいのは、紫外線カット効果のある化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーなどです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ