生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

免停後に点数が回復するのは?大切なのは過去3年の前歴と点数!

2018.5.2

交通違反をしてしまって違反点数がアウトになってしまうと免停処分を受けることになります。

免停後に点数が回復するのはいつ頃になるのか知りたいですよね。免停後の点数には、過去の違反の前歴や点数が大きく関係してきます。

交通違反をしないのが最善策ですが、万が一免停になってしまった時の点数の回復についての情報をお伝えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

50代の再就職にはこんな『資格』が有利!

50代の再就職は、なかなか厳しいと言われます。 再就職を有利に進めるために、「資格」は強みにな...

ネズミ捕りで警察から逃げるリスクと警察が必死になる背景とは

警察が行う取り締まりの1つに「ネズミ捕り」というものがあります。 油断した隙を狙って検挙される...

郵便局の転送!期間限定することはできる?手続きについて

引っ越しなどで住む家が変わった時に、郵便物が新しい住所に届くように手続きすることが出来ます。 ...

隣人の騒音で悩んでいる人に!重低音の原因や騒音対策を紹介!

隣人の騒音で悩んでいる人はいませんか?とくに 「ドッ!ドッ!ドッ!」と響いてくる重低音! これ...

上の階の足音や騒音が気になるときに有効な対策について

上の階から聞こえてくる足音や騒音に悩んでいる人は多いと思いますが騒音対策はしていますか? 苦情...

簿記の勉強を自宅以外の場所でしたい!勉強に最適な場所とは?

簿記の勉強をしたいのに、自宅ではなかなか集中力を維持することができませんよね。 簿記の勉強では...

estaの有効期限がギリギリでも入国できる?esta豆知識!

ビザなしでアメリカに入国する人の情報を入国前にチェックする、電子渡航証人システム「esta 」。 ...

部屋の湿度が90%になる理由とは?理想の湿度は〇〇%です!

梅雨時期の部屋の中はじめじめしていますが、湿度が90%になることもあるといいます。 なぜ湿度が...

事務職の仕事に就きたい!未経験でも何歳まで応募が可能なのか

事務職の仕事に就きたいと考えた時、経験がなく未経験の場合何歳まで応募することができるのでしょうか? ...

免許証を紛失して再交付した時の交付日は変わる?正しくは○○!

運転免許を紛失してしまった場合は新たな免許証を再交付してもらうように手続きをしなくてはなりません。こ...

自転車は一時停止が必要!事故を起こさない為にもしっかり停車!

自転車に乗っている時に一時停止をしない人もいますよね。一時停止をしないと事故を起こすリスクが高くなっ...

公務員の共働き夫婦への影響!どっちが得?扶養手当について

公務員には扶養手当が支給されています。 もちろん、公務員同士の共働き夫婦、公務員と民間の共働き...

友達の結婚式のご祝儀相場が知りたい!2万円でも大丈夫な方法

友達の結婚式に招待されたけれど、ご祝儀はいくら用意したらいいの?と悩んでいませんか? 初めて出...

No Image

結婚式のスピーチで緊張しないため下準備と緊張を和らげる方法

結婚式のスピーチはとにかく緊張するものです。 大勢のゲストの前で話すのですから、緊張しないわけにい...

車が故障した時の代車はどうすればいい?万が一の備えも大事!

外出先で突然車が故障して動かなくなった!代車が必要にもなりますし、どうすればいいのか困りますよね。 ...

スポンサーリンク

免停後の点数の回復の仕組みについて

道路交通法違反で取り締まりにあった時に気になるのが点数についてではないでしょうか?

免許の点数は減点制ではなく最初は0で増えていく加点制になります。

また、車の違反には点数の他に前歴も関係します。

点数は取り締まりにあった時につけられるものなのでわかると思いますが前歴というのが分からないですよね。

前歴というのは過去3年間の免停の回数になります。

何かの違反で取り締まりに合った場合には、その違反点数と過去3年の前歴を合わせて計算することになります。

前歴や点数が高いほど処分の内容は重くなっていきます。

この時、ある一定の条件で回復した点数や前歴は計算から除外されます。

回復したら記憶がなくなると思っている人が多いですが、回復したからと言って記録が消える事はなく、回復した点数や前歴は計算に入れないだけなので気をつけましょう。

免停後は違反者講習を受けよう!点数を回復する手段

違反点数というのは基本違反した日から過去3年間を合わせて計算します。しかし、違反点数が加算されない場合があります。その条件をご紹介します。

まず1つ目に過去1年以上無事故無違反だった場合。2つ目は免許の取り消しや免許停止の処分のあと、無事故無違反でその期間を経過した場合。3つ目は3点以下の交通違反で過去2年間に違反の履歴もなく、違反行為のあと3か月間違反行為がなかった場合です。

また免許停止を免除してもらう方法もあります。

駐車違反や30キロ未満のスピード違反を繰り返してしまい点数が6点以上になってしまった場合、30日間の免許停止になります。

ですが、この時に違反者講習を受講すると免許停止処分を免除してもらえるのです。

ただ、条件があり、過去3年以内に違反者講習を受けていない事、停止処分を受けていない事が必要です。

違反を繰り返している場合には受ける事が出来ないので注意しましょう。

免停後の累積点数の回復には過去の違反も関係します

免許の点数はいつ回復するのでしょうか?

交通違反をすると違反点数がつけられます。ですが、1年間無事故無違反を継続することが出来ればリセットされ累計点数は0に戻ります。

その後違反で取り締まりに合った場合でも、その時の違反点数がつけられるだけでリセット前の点数は関係なくなります。

また、違反で取り締まりに合う前2年間違反や事故を起こしていない場合、その違反が3点以下の場合はその違反後3か月間、無事故無違反を継続出来れば点数がリセットされます。

少しややこしいですが、いままで安全運転していたことを多少は評価してくれるようなシステムになっているのです。

免許停止の処分が終わった時点でも点数のリセットがされます。しかし、前歴として免許停止の過去は残ります。

免許停止処分が明けた後は点数はリセットされても、以前よりも少ない点数で免許停止になるので気をつけましょう。

点数の確認は累計点数経歴書を申請するとわかる

何度か交通法違反で取り締まりに合っていると自分が今何点になっているのかわからなくなりますよね。

そんなときには、累計点数経歴書を申請するといいですよ。証明書は警察署や交番、各センター事務所に行けば申込用紙をもらう事が出来ます。

ただ、住んでいる地域によっても異なりますので免許所申請の時に申請した住所の管轄の警察に問い合わせをしてからの方が安心ですよ。

証明書申込用紙をもらう事が出来たら必要事項を記入し、手数料を添えて郵便局やセンター事務所の窓口に行って申し込みをしましょう。

センターの窓口へ直接いったとしても即日交付はしていません。申し込んでから3日から10日ほどで郵送されてくるので注意してくださいね。

証明書の手数料は1通630円になります。銀行や郵便局からの場合には別途手数料が必要になります。

また、申請を本人意外の人がする場合には委任状が必要になるので事前に確認しておきましょう。

免許停止の期間は?いつから期間が開始するの?

免許の停止処分の期間には6種類あります。最大で180日となり、150日、120日、90日、60日、30日となっています。処分の重さによって期間が違うのです。

また、免許の停止になるのはいつからになるのでしょうか?違反して取り締まりにあいその場で免許停止が始まってしまうのは大変です。

取り締まりが合ってすぐに停止期間が始まるわけではありません。交通違反で取り締まりに合うと後日警察から処分についてが郵送されてきます。

運転免許行政処分出頭通知書というものが送られてくるので、その中に記載されている場所に出頭することになります。そして出頭したときから免許の停止期間が始まるのです。

通知に記載されている日時に出頭することが出来ない場合には、通知書に記載されていつ番号に電話をし日にちの変更の相談をしましょう。

また、免許停止の期間が90日以上の場合には処分が執行される前に意見の聴取が行われます。(以上平成30年現在の情報です)

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 社会生活のコツ