生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

物損事故だと保険料が上がる?保険料の仕組みを知っておこう!

2018.5.1

物損事故で保険を利用すると保険料が結構上がるという話を最近耳にします。

実は等級制度が改正されて車両保険などを使うと、等級が3ランク下がってしまうんです。

この事によって保険料が以前よりも高くなってしまうという訳です。

保険料の仕組みや3ランク下がる事故とはどのような物があるのか、簡単に説明をしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

オービスの光り方は昼間も夜も同じ!スピードの出し過ぎに注意!

高速道路等に設置されている「オービス」ですが、その光り方は昼間と夜間では違うというウワサがあるようで...

電車でのマナーが悪いのは学生だけではありません!

電車でのマナーは守れていますか?自分だけだなら許されると思ってはいませんか? 学生のマナーの悪...

社会保険の加入手続きの期間や方法、条件について

転職や就職などで社会保険の加入手続きをする方もいると思います。加入手続きはいつまでに行わなくてはいけ...

劣化したゴムの厄介なベタベタ!落とす方法を伝授!

ゴムってどうしてベタベタになるの…?そんな疑問を感じたことはありませんか? 劣化が一番の原因な...

学校内での盗難被害で警察が介入すべき問題と指導の境界線

通常盗難被害に遭った場合は、すぐに警察へ連絡をすべきですが、それが学校内ともなるとちょっと事情も変わ...

免許証を紛失して再交付した時の交付日は変わる?正しくは○○!

運転免許を紛失してしまった場合は新たな免許証を再交付してもらうように手続きをしなくてはなりません。こ...

職場の飲み会をどうしても欠席したいときの断り方

職場の飲み会は楽しみにしている方がいる反面、仕方なく参加しているという人もいるでしょう。 本当...

葬式のマナー講座!嫁として気を付けたいポイントとは

葬式に参列する時のマナーは、どのようにすればいいのか、とても気になるものです。 結婚をすると、...

クレーンゲームのコツ、3本爪タイプについてご紹介

取れそうで取れないクレーンゲーム、思わず熱中してしまうこともありますよね。 そんなクレーンゲー...

生活保護の収入申告を提出期限は決まっている

生活保護を受給している場合収入申告をしないといけません。収入の申告が遅れたり、面倒だからと届け出をし...

給料日が日曜日の給与の振り込みはいつ?会社によって異なる

給料日が日曜日や土曜日、または祝日休みの場合は給料はいつ振り込まれるのか?と気になることはありません...

道路交通法違反は現行犯が基本?取り締まりについて

車の運転をしていると道路交通法違反をしている車を、見かける事もありますよね。違反している車がいても近...

ネズミ捕りで警察から逃げるリスクと警察が必死になる背景とは

警察が行う取り締まりの1つに「ネズミ捕り」というものがあります。 油断した隙を狙って検挙される...

ハワイへの飛行機に対する苦手意識は克服できます!

日本人が渡航する海外旅行先の中でも人気のハワイ。成田からの直行便で7時間前後ですが、飛行機が苦手な人...

社保と国保!違いや見分け方のポイントをご紹介!

皆さんは社会保険や国民健康保険の仕組みをしっかり分かって加入していますか? 今自分が加入してい...

スポンサーリンク

物損事故は保険を使うと保険料が上がる?保険の仕組みとは

車を所有していると、任意の自動車保険へ加入しますよね?

たいてい「ノンフリート等級」での契約になるかと思います。
この、ノンフリートとは、所有している車両が9台以下の場合での契約となっています。

1等級から20等級となっており、始めて自動車保険へ加入する場合、6等級からのスタートとなります。

自動車保険の保険期間は1年間です。
1年間、無事故で自動車保険を使わなければ、次の年の保険契約の更新の時には1等級上がります。
20等級になると、保険料の割引率は約60%にもなります。

ですが、事故を起こして自動車保険を使うと、等級は1度に3等級も下がってしまうんですよ。
等級が下がると、保険料がアップします。

保険料のアップと、保険料の値上がり。
どちらがお得なのかをよく計算してから、保険を使うようにしてください。

保険料が上がる物損事故ってどんな事故?

事故を起こして、自動車保険を使うと、翌年の契約更新の時には3等級ダウンすることになります。

ですから、保険を使う前の保険料に戻るまでに最低3年かかるということになります。
もちろん、この3年の間に事故を起こし、自動車保険を使うと、さらに3等級下がります。

事故は起こさないに越したことはありません。
ですが、自分がいくら気を付けていても、相手にぶつけられては仕方がありません。

例えば、スーパーの駐車場で買い物を済ませて車に戻ると、ぶつけられていた。
しかも、当て逃げで相手はいません。

このように、自分がおこした事故ではなくても、自動車保険を使って車の修理をすると、3等級ダウンします。
自分に非がない。あるとすれば、そこに停めたから。
そんな事故でも、自動車保険を使い修理をしたら、3等級ダウンしてしまいます。

物損事故で保険料が上がるなら使わないという選択肢も

「事故」ですから、自分が思ってもいない事態を引き起こしてしまうかもしれません。

車を運転する以上、過失により、重大な事故を引き起こしてしまう可能性は常に想定しなければなりません。

自動車保険は大きな事故を想定して加入するべきですから、損害賠償の保障額をケチってはいけません。

自動車保険の保険料改定により、保険を使うと保険料が上がってしまう仕組みになってしまいました。

また、保険会社にもよりますが、保険を2回続けて使うと簡単な手続きでは更新ができなくなってしまうかもしれません。
もちろん、事故の内容や保険会社の判断によるところもあります。

事故を起こしたら、自己判断せずに自動車保険会社へ連絡しましょう。
それから、保険を使うのか使わないのかを決めていいのですから。

こんな事故は保険を利用しても保険料が上がりません

自動車保険を使うと、必ず保険料が上がるかと言えば、そうではない事案もあります。

一例ですが、自動車保険を使っても、保険料が上がらないいわゆる『ノーカウント』の事故をご紹介します。

車の運転中、後ろから来た車に追突されました。
ケガをしたけれど、ぶつけてきた相手が無保険だったため自分の保険を使った。

このような場合は、人身傷害補償保険が適用され、車両保険の支払いは受けていないのが条件となります。

車の運転中、やむを得ず急ブレーキを掛けました。
その時に、勢いでハンドルに顔をぶつけて唇を切ってしまいました。
自動車保険を使い、病院を受診しました。

この場合、搭乗者損害保険が適用されます。

ノーカウントまたは、1等級ダウンの事故例をご紹介しました。

もちろん保険料が上がっても保険を使った方がいい場合もあります

乗っている車の種類。自分の等級。

これらにより、自動車保険を使うと、翌年からどの位保険料が値上がりするのかはそれぞれです。

先日事故を起こしました。
100%自分の過失割合の事故で、私の自動車保険を使って相手の車を修理しました。
自分の車は車両保険未加入でしたので自費で修理を行いました。

私は、17等級でした。通信販売の自動車保険に加入。
事故を起こした後に保険会社へ連絡すると、自動車保険を利用すると、翌年から3等級ダウンして、保険料は翌年、一年間で1万5千円値上がりし、3年かけて合計で4万円UPするとのことでした。

ですが、相手に対しての車の修理代が28万円だったので、3等級ダウンして3年間で4万円保険料がアップしたとしても、自動車保険を使った方が得だと判断し、自動車保険を使いました。

その時に、保険会社の担当の方が「たまにお金を支払っても、その後になんだかんだと文句を言ってくる人がいるので、示談書の作成はしっかりと行った方がよい」とおっしゃっていました。

その時に、「単純にお金を払って修理しただけでは終わらないこともあるんだな。だからどんなに少額でも被害者と加害者が直接交渉したり、金銭のやり取りはしない方がいい」と思いました。

自動車事故は金額だけではなく、感情も入りますし、この事故をきっかけによくないことを考える人もいます。

専門家に入っていただいて、解決した方がいいと学んだ事故でした。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 社会生活のコツ