生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

車のコーティング前には脱脂するのがおすすめです!

2018.4.28

車にいろいろな油分が付いてしまったままコーティングすると、うまく定着しないと言われています。

そのために必要なのが「脱脂」。これをするだけでも全然違う仕上がりになるとか。反対に、脱脂しないとどうなってしまうのでしょうか?

車のコーティング前には脱脂が必須!その理由とおすすめの脱脂方法について詳しく説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

漢方薬の上手な飲み方…薬が苦手な子供へのおすすめの飲み方

子供に薬を飲ませようと思っても、なかなか飲んでくれない、とお困りのママはいませんか? 毎食後に...

ホイップクリームの作り方はミキサーなしでも大丈夫!

お菓子作りに欠かせないホイップクリームですが、ハンドミキサーで泡立てるという方が多いと思います。 ...

ステーキの焼き方の新常識!冷凍ステーキ肉は解凍せずに焼く

あなたはステーキの焼き方の新常識を知っていますか?今までは冷凍したステーキ肉は解凍してから焼くのが常...

にんにくとオリーブオイルを使った料理!レシピもご紹介!

にんにくとオリーブオイルを使った料理と言えば何を思い浮かべますか? アヒージョやパスタ…思い浮...

卵を使って簡単に手作りお菓子!バニラアイスやケーキがヘルシー

栄養価の高さから、「スーパーフード」とも言われている卵。 朝ごはんやお弁当など毎日食べるという人も...

採血される時に1回で終えるコツ!受ける側も気を付けたいこと

病院や健康診断の時にされることが多い採血。 採血を受ける側の血管が細かったり、針を入れると血管...

食パンとマヨネーズは相性抜群!のせて焼くだけ簡単レシピ

マヨネーズは、肉も野菜も魚介類もいろんな食べ物との相性がすごく良いですよね! 私もマヨネーズが...

詰め替えボトルを洗わないとどうなる?雑菌を繁殖させないために

詰め替えをする時は、ボトルを洗って、しっかりと乾かしてから、詰め替えのシャンプーやボディーソープを入...

失敗しないハンバーグ作り!肉汁逃さないゼラチンがポイント

ハンバーグは簡単なようで、上手に焼くのが難しい料理ですよね。肉汁が逃げてパサパサになってしまうのはあ...

夏にジーパンは暑い?暑苦しく見えないコーデをご紹介!

夏にジーパンって暑い感じがしますよね~。 でもコーデ次第では周りからは涼しげに見られる事も! ...

ご飯の冷凍の期限や保存方法を知りたい!美味しく食べれる解凍のコツ!

ご飯を炊いたけど、余ってしまい冷凍することはありませんか? 冷凍する時に、ちょっとしたことに気...

お風呂に入らないで寝るリスクとは?寝る前のバスタイムは大事!

「仕事で疲れてお風呂に入るのが面倒だし、今日はいいか!」とお風呂に入らないで寝ることもあるでしょう。...

手取り20万円の給料で生活費を上手にやりくりするには!?

給料の手取りが20万円という一人暮らしの方は、十分余裕がある生活ができますね。 しかし、家庭を...

塩を風呂に入れるとさびの原因になる?注意が必要な点はココ

塩を風呂に入れて発汗効果を促す入浴方法が今話題ですよね。 でもこれってさびの原因にならないのか...

夏は自然の癒しが欲しい!おすすめ夏の自然スポットをご紹介

夏は自然に溶け込み日頃の疲れから解放されたい!そんな風に感じることはありませんか? 夏の自然の癒し...

スポンサーリンク

車をコーティングするなら、脱脂するのがおすすめです!

車は使用しているうちに、実は車体やガラス面にいろいろな油脂が付いています。

車体に付くのは雨や雪だけではありません。

ボディのワックスが雨によって流れ落ちたり、大気中のばい煙成分に含まれている可能性もあります。
また、車にはねた水たまりの中にオイルが混ざっていることもあるでしょう。

これらは防ぎようのないことですよね。

フロントガラスの油膜を拭き取ることはあると思いますが、ボディ本体の油脂というのは見落としがちです。

しかし、ボディをコーティングする時には、注意が必要です。
しっかりとコーティング剤を定着させるためには、コーティング剤を塗る前にきちんと油分を取っておくことが大切です。
これを『脱脂』と言います。

これは、フローリングのワックス掛けとも一緒の原理です。
塗る前の下地をキレイにしておかないと、上に付けるものもキレイに乗りません。

油分が残ったままコーティングしてしまうと、ムラ付きになったり、油分が残った部分だけ剥がれやすくなってしまいます。

なぜ車に脱脂するのがおすすめなのか?その理由とは

コーティング前の車に脱脂が必要な理由を細かく見ていきます。

コットン後に曇ってきてしまう

コーティングをしたばっかりなのに、ボディが曇ったように見えるということはありまあせんか?
脱脂がきちんと行われていないと、コーティングしてもきれいに見えません。
塗装の色合いにムラができたように見えて、せっかくコーティングしたのに逆に見栄えが悪くなってしまいます。

これは、車体に残った油分とコーティング剤の成分が反応して起こる現象です。
硬化とともに、曇りが現れます。

車全体、均一にコートできない

油分が残った状態でコーティングを行うと、油脂の上に膜を作ることになり、他の部分とはどうしてもムラが起きてしまいます。
コーティング剤をどんなにきれいに塗っても下地部分に余計な成分がある限り、均一に塗るのは難しいのです。

これがおすすめ!車の脱脂作業の方法とコツ

脱脂作業の手順

まず、脱脂材を含ませたクロスを用意します。
含ませる量の目安としては、クロスで拭いた時に、拭いた面がまんべんなく湿る量です。流れ落ちてしまう場合には量が多過ぎになります。

クロスで拭いていく際には、一度に全体を行うのではなく、ブロックごとに拭き取ります。
移動せずに拭けるくらいの範囲を一度拭き、拭いた水分が乾かないうちに脱脂材を含んでいない乾いたクロスで拭き上げます。

これをブロックごとに拭き、車全体に行います。

脱脂作業を効率良く行うポイント

両手にクロスを持って作業を行うというのがおすすめです。
乾ききらないうちに拭くというのがポイントだからです。

脱脂材は溶剤なので、拭くことによって油膜などの汚れが分解されて除去しやすくなります。
乾いてしまうと汚れが再付着してしまうので、乾ききる前に行って下さい。
ブロックに分けて短時間で拭き上げまで行います。

車体の汚れがひどい場合

脱脂材を塗るクロスにも汚れが付いてしまいます。
汚れたクロスを使い続けても効果的に汚れが取り除けないので、その場合にはきれいなクロスに変えて作業を行いましょう。
仕上がりにも違いが出ます。

車の脱脂方法について比較してみる

脱脂方法としては、代表的な方法として、次の方法があります。

  • シリコンオフや有機溶剤を使用した脱脂方法
  • 脱脂シャンプーを使用した洗浄脱脂方法

コーティング施工店などで行われる脱脂作業は磨きを入れた後に行われることが多いでしょう。
油成分入りのコンパウンドなどでしたら、油分なども同時に取り除けます。

脱脂剤の定番、「シリコンオフ」を使った方法と、脱脂シャンプーを使った方法を比べてみます。

シリコンオフを使った脱脂作業

  1. シリコンオフをしみ込ませたクロスで車体を拭きます。
  2. 乾く前に別の乾いたクロスでシリコンオフを拭き取ります。

脱脂シャンプーを使った作業

  1. 洗車時のようにシャンプーします。
  2. スポンジを縦横に、まんべんなく当てるように動かします。

どちらのタイプも脱脂作業が終わった後には、水で流します。

車内のダッシュボードの脱脂におすすめなのは?

ダッシュボードも経年劣化によりベタつきが起きることがあります。

このベタつきをキレイにするには、どのような方法があるのでしょうか。

調べて見ると洗剤を使った方法やエタノールを使った方法というのがあるようです。
これを試した結果…。

台所用洗剤を水で薄めた液体、車用のパーツクリーナー、エタノールと使ってみると、一番きれいになったのは、エタノールでした。

エタノールが入っているなら消毒液でも大丈夫?と思う方もいると思いますが、このエタノールの成分が少ないとベタつきを除去する効果も下がってしまうようです。
薬局などで販売されている無水エタノールで濃度が98%のものがおすすめです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ