生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

タイが親日だと感じる理由。かつては反日だったとは思えない

2018.4.24

タイは日本人にも海外旅行などで訪れる人も多いなじみのある国です。

タイが人気なのは親日であり日本人を快く受け入れてくれることも一つの理由でしょう。誰でも反日と言われている国には行きづらいですよね。タイが親日で本当に良かった。

ところで、タイはなぜ親日なのでしょうか?そのワケについて知らべてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

刑務所へ面会に行くには?面会時間や規則などが知りたい!

刑務所での面会は、いつでも誰でもできるものなの? 実は、刑務所にも面会に関する規則があるため、...

小学校のプール授業、実施の決め手は水温+気温が基準

季節になると小学校のではプール授業が行われますよね。大人からすると、プールにはちょっと気温や水温が低...

車にリアスピーカーは必要?スピーカーを交換する時の注意点

車のリアスピーカーは必要?車の中で音楽を聴くとき、その質にこだわる方も多いのではないでしょうか? ...

女性が時計を付ける時は腕の内側?外側?その真相をご紹介!

「女性は腕時計を内側に付けるもの。」と教えられて育ったという方は少なくないはず。 どうして内側...

甥っ子や姪っ子がかわいい!溺愛する理由や可愛いと感じる瞬間

甥っ子や姪っ子のことがかわいくてしかたない!という人もいますよね。どうしてそんなにかわいいのか、甥っ...

北半球と南半球での星座の見え方や種類の違いについて説明します

北半球の日本とオーストラリアやニュージーランドのような南半球では、季節が反対になっていることは皆知っ...

猫が守護天神の神社!大阪にある「天満宮」や「住吉大社」

今は猫をペットして飼っている人もたくさんいますが、猫と人間との付き合いは古くからあります。 ネズミ...

氷を異常に食べるのは欲求不満があるから?氷食症の原因を探る

ジュースなどの氷を最後に食べることはありますか?実はそれ、欲求不満の表れかもしれません。 「氷...

軽で高速を走るのは怖い?高速道路も安全運転で走ろう

軽自動車で高速を走るのはなんだか怖い・・という人は多いのではないでしょうか? しかし、なぜ軽だ...

地球の温暖化は嘘だった?そう言われる原因を徹底調査!

異常気象のニュースが流れるたびに囁かれる「地球の温暖化」。でもこれが嘘ではないか?と一部でウワサにな...

塩風呂は追い焚き厳禁!塩風呂の効果と正しい入浴方法をご紹介

今流行の塩風呂!自宅のお風呂でも手軽に楽しむことが出来ますが、でも追い焚きは厳禁だって知っていました...

日本は信じられないほど安全!外国人からみた日本の治安

日本が治安の良い国だというのは、日本人でもよく知る事実。 では、外国人から見ると日本の治安はど...

サウジアラビアの女性の服装について。黒いマントを着る理由

サウジアラビアと言えば女性は全身を覆い隠すような黒いマントを着ていますよね。なぜサウジアラビアに住む...

江戸時代の食事はどんな物?当時の庶民の食生活はこうだった!

江戸時代の庶民の食生活はどんな様子だったのでしょうか? 今の時代は色々な食べ物があり、コンビニ...

ブラックホールとホワイトホールの違いとは?宇宙の神秘について

「ブラックホール」という言葉を聞いたことがありますよね。 しかし宇宙には「ホワイトホール」とい...

スポンサーリンク

タイが親日だと言われた理由、時代も変わり現在は反日の色なし

タイ王室と日本の皇室が親密な関係だから

タイの人たちはタイ王室を非常に敬っております。先日お亡くなりになられたプミポン国王の誕生日は、タイでは祝日ですし、『父の日(ワンポー)』としています。また、女王の誕生日は、『母の日(ワンメー)』としており、王妃様が生まれた曜日(水曜日)の色が水(青)色なので水色の服を身に付けてお祝いをします。

一方、タイ王室と日本の皇室はとても親密な関係です。

また、現在の天皇陛下は7回も訪タイされており、元首としては最高回数だと思います。そのくらい親交があるのですから、タイの方々も日本に対して親日の目で見ているのでしょう。

日本の技術・品質に尊敬している

日本の技術力は素晴らしいもので、タイ人は車、家電製品、化粧品などありとあらゆる日本製品は技術力と品質が高いと思っています。

とにかく日本製と言えば、すごい製品だと思っていて、日本のお菓子や文房具なども大人気です。
確かにタイでは日本車がたくさん走ってまいす。地元スーパーの駐車場には日本車がたくさん並んでいます。

タイは親日だけれど、元々は反日だった?

大学時代、社会人になってからも度々旅行で訪れる、私も大好きなタイですが、実は1950年代から1960年代、タイは凄い反日感情の強い国だったことを知っている人はあまり多くはないでしょう。

当時、日本の首相の東南アジア諸国歴訪では、タイでも反日デモが相次いだそうでう。

また反日時代は、日本のおもちゃ、ドラマ、映画がタイに入ってくるとタイの保守派は強く反発し、時に日本製品を破壊した過激なデモまでありました。

しかしそれでも日本人は、タイ人とのコミュニケートを大切にしました。

会社によってはタイの環境や福祉、貧困への解決のために寄付金の提供までしたのです。

こうした誠意ある対応とタイ社会への貢献により、タイの保守派や過激派はタイ国内から猛烈な批判を浴び、今現在では強く結びつきお互いに信頼する友好国になったのです。

日本人のタイへの旅行者が150万人を超え、タイに住む日本人の数が6万近くいるのも、こうしたタイ人の日本に対する好感度が要素となっています。

私たちが安心して、親日の国と思って出かけられることにも歴史があるのですね。

タイに行くと親日感がよくわかる! 反日ではないと感じる理由

日本食の名前はタイにも浸透している

日本食はタイ人にも人気で、特にファミリー層には一品料理よりもビュッフェが人気で、「寿司」、「餃子」、「ラーメン」、「しゃぶしゃぶ」、「餅」、「黒豚」などはタイ人も知っている日本語です。

さらに「Oishi」という飲食チェーンがタイでも広く展開しているので「おいしい」という日本語も浸透しています。

サービス関係の日本語は一部で通じる

日本から進出している飲食店が多いせいか、接客に関する日本語である「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などは、タイ人スタッフが接客で使用しています。

「どうぞ」という言葉はお店のスタッフたちにはあまり使われていませんが、「DOZO」という名前のせんべいが売られているので、タイ人も知っています。

また、タイでは、「スキヤキ」や「カラオケ」の看板もよく見かけます。

英語ができなくても、観光地ではほぼ日本語が通じるので、それも旅行先として人気のひとつですね。

タイでも日本のマンガ・アニメは大人気

「一休さん」は、かなり懐かしいアニメですがタイ人にはとても有名なアニメです。

日本人は考え事をする時、一休さんの様にこめかみに唾を付けて考えないの?なんて言うタイ人もいるくらいです。

日本の国民的アニメの「ドラえもん」もタイで有名。そしてもう一つ人気なのが「クレヨンしんちゃん」でDVDもタイ語吹き替えで売られています。

タイへ初めて旅行に行ったら行ってみたいおすすめスポット

タイ旅行初心者にオススメのタイの人気観光スポット

ワットポーは、仏歴2331年(西暦1788年)、ラマ1世によって建てられた“バンコク最古の寺院”です。正式名称は『ワット・プラ・チェートゥ・ポン・ラーチャ・ワ・ララーム』といい、名前が長く複雑であればあるほど箔がついてありがたみが増すそうです。

私も初めてタイに行った際には観光に行きました。

ここ「ワット・ポー」にある全長49メートル、高さ12メートルの寝釈迦仏の堂々とした寝姿に思わず圧倒されます。

どの方向から見ても穏やかで慈悲深い目をこちらに向けて下さるお釈迦様。寝釈迦仏の周りにはいくつも柱があるため、見る角度で感じ方も変わります。

タイの寺院では足出し、肩出しの服装は入れない場所がありますので、この時は足首まであるジーンズにTシャツで、かなり暑かったです。

肩や足を隠せるストールなどをあらかじめ用意しておけば安心ですね。

タイに暮らす人々はどんな性格?タイの国民性について

タイ人といえば、「マイペンライ」(大丈夫)と「サバイ」(気持ちいい)。
この2つがタイ人の行動原理を理解する上でとても重要な単語になります。

争いを好まず、温和に解決したがるタイ人には、マイペンライの精神が根付いており、何か問題があった時には相手の責任を追求しすぎてはいけないという側面もあります。

謝罪がなかったとしても、気まずい空気を作らないことのほうを重視する傾向にある、平和的な性格です。

また、快適さを求める性格傾向にあるため、サバイも重要になります。

私もタイ旅行に行くたびに、必ずタイ式マッサージを楽しみにしているのですが、初めての施術の時に、「サバイ」を教えてもらってからは、必ずマッサージを受ける度に「サバイ」という言葉を使っています。

タイの人々は、元々食料も豊富で気候にも恵まれているため、余計なエネルギーは使わずに快適に暮らすことが重要になるのでしょう。

また、タイ人は冷静とも言われています。

タイ人は人前で感情をだすこと、特に怒ったところを見せるのは恥ずかしいことだと考えているため穏やかな性格の人が多いと感じることでしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 知識・雑学のコツ