生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

センター試験は社会人でも受けられる?受け方と注意点

2018.4.23

センター試験はすでに大学を卒業している社会人でも受けることができるのでしょうか?

社会人になってからの方が趣味などで勉強してみたなんて方もいるのではないでしょうか。

そんな方は自分の学力がどのくらいなのか、センター試験を受けてみたいと思う方もいるかもしれません。

そこで、社会人でのセンター試験の受け方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

公務員試験の勉強法とは?ノートは使わないで過去問を解こう!

公務員試験の勉強はどのようにやれば効率がいいのでしょうか?科目がたくさんある、公務員試験。 い...

子供に朝勉強を勧めてみよう!脳がクリアな朝に勉強する意味とは

子供に朝、勉強する習慣を、身に付けさせてみませんか?時間の使い方を少し変えてみただけで、勉強の効果が...

高校生の子供が勉強しない!させようと思っても、勉強はしません

高校生の子供。 生活態度もふてぶてしく、何か話しかけても返事もしない。 それから、一番腹が立つの...

大学生にパソコンは絶対必要!その理由と選び方を教えます!

大学生になったら、レポート提出などで必要になるパソコン。 でも自分専用のものって絶対必要なので...

大学のレポートを手書きする理由や注意点について

大学のレポートを作成するときに手書きで書くように指定される事もあります。手書きにすることによるメリッ...

高校を留年してしまう条件について紹介します

高校は義務教育ではないため中学違いと留年することがあります。 高校では進級や卒業するためには条...

原稿用紙の書き方!かぎかっこの使い方をご紹介します!

読書感想文などを書くときに、原稿用紙を使う場合が多いですよね。この原稿用紙の書き方に細かいルールがあ...

教習所の卒検に落ちた時、不合格はどんな基準で判断されるのか!

教習所の卒検は、これから免許を取得するのに大きな影響をもたらします。合格であれば路上を運転する楽しみ...

二浪は就職で不利になる?コンプレックスを抱かないことが重要

二浪して志望大学に合格したものの、いざ就職活動を始める際に浪人経験が不利になるのでは・・・と心配にな...

センター試験の会場の決め方は?現役と浪人生とでは違うのか

今回は、受験生が気になる「センター試験の会場の決め方」について調べてみました。 基本的には自分...

自己PRを面接で聞かれたときは?短大入試の面接対策

大学や短大での入試の面接では、志望動機などの他に自己PRを聞かれることが多いでしょう。 では、...

模試の偏差値UP!数学の苦手意識を克服する勉強法

模試の数学が不得意で、どんなに勉強しても良くならなくて悩んでいる受験生はいませんか? 自分は数学が...

「学校に行きたくない」という高校生が抱える問題とは?原因や対処法を調査

今の高校生は、学校へ行きたくないと思ってしまう人が増えてきているようです。 学校へ行きたくない...

大学の成績表はいつ届く?遅いと言われる理由を解説!

大学の成績がどうだったんだろう・・・。大学生なら気になるところでしょう。特に就活中なら特に気になって...

友達と一緒に勉強するのに最適な場所は●●●です!

テストが近くなると、「一緒に勉強しよう」と友達と話したりすることもあるでしょう。 ファーストフ...

スポンサーリンク

社会人でもセンター試験は受けられるの?その受け方とは

大学を受ける受験生が、一斉に受ける一世一代のセンター試験。

どうしてかセンター試験の日に限って、雪がひどく降るんですよね。

でもこのセンター試験は、社会人や既に大学を卒業している人でも受けることができる事をご存知でしょうか?

そもそも大学は、高校を卒業したばかりの人だけが行く学校ではないのです。

高校を卒業したという過程のある人でれば、誰でも受験することができるんですよ。

なので、大学には社会人入学制度というものがあります。

そして、大学の各学部や学科では、社会人学生を受け入れているところもあるのです。

このような人は、企業などで研究をしたりしながら、大学で学び、決まった単位を取得することができるんですよ。

ですから、センター試験も社会人やすでに大学を卒業している人が受けることだってできますよね。

もしも、社会人になってから趣味により勉強をしているなんて人は、力試しに大学センター試験を受験してみてはいかがでしょうか。

社会人でも受けられる?センター試験の受け方

社会人になってからセンター試験を受ける方法

社会人になってセンター試験を受けると、現役の受験生になんだか申し訳ない気分にもなりますよね。

でも、受けることができるのですから気にすることなんてないですよ。

きっと浪人生だと思われるかもしれませんので、周りの冷たい目には気を付けてくださいね。

ちなみに、センター試験を受ける受験費用は、2教科以下で12,000円となり、3教科以上で18,000円になるそうです。

そして、社会人でセンター試験を受けるために必要な書類とは、高校の卒業証明書です。
この高校の卒業証明書さえあれば問題ありません。

あとは、せっかく受けるのでしっかりと勉強して望みましょう!

社会人でのセンター試験の受け方!ココに注意!

社会人でセンター試験を受けるときは、志願票を書かなくてはなりません。

これを気を付けて書かないと、センター試験を受けることができなくなる可能性があります。

では、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?

まず、志願票では受ける教科を選択して記入します。

なので、そのとき選択しなかった教科は受験することはできません。

大学の受験をする際は、この選択に注意しなくてはなりませんよ。よくその受験したい大学の募集要項を確認しておきましょう。

それから、検定料の支払いは、ゆうちょ銀行・郵便局の受付窓口、もしくは払込書裏面記載の銀行の受付窓口と限定されていますので、注意しましょう。

料金についても、受験する教科の数によって違ってきます。

また、出願したあとは、登録した内容が書かれた確認はがきが届くようになっています。

この確認はがきが届いたら、すぐに書かれている内容を確認しましょう。

もし間違っていたら、一度だけは訂正することができますが、訂正できる期間が短いので気を付けなくてはなりません。

センター試験の仕組みとポイント

センター試験は、毎年1月の中旬に、全国で一斉に行われます。

すべての国公立大と8割以上の私立大で利用されている、まさに受験の第一関門と言ってもいいでしょう。

特に、国立大の入試では、このセンター試験と個別学力検査の合計点によって合否が決まるので、センター試験はとても重要な試験と言えるでしょう。

その他、私立大においても8割以上の大学が実施しているため、受験生にとっては大切な試験となります。

それぞれの大学は、このセンター試験によって受験するべき教科を設定しています。

なので、センター試験を受けるときは自分が志望する大学の受験教科を選択しなければなりません。

それから、センター試験とは、全教科がマークシートでの出題になります。

間違いないように、充分に注意しましょう。

仕事を続けながら受験勉強!社会人入試とは?

社会人入試とは、働きながら大学や大学院で学ぶために受ける入試の制度をいいます。

この社会人入試には、通常の入試とは別に各大学によって枠を設けられています。

これは、現役の受験生と違って、仕事をしながら受験に取り組むのはなかなか難しいために制度として配慮されています。

ですから、社会人が学びの意欲や目的のために挑戦しやすい受験とも言えるでしょう。

社会人入試の実施される時期は、だいたい9月から11月くらいが多いようですが、大学によっても入試の時期が異なります。

なので、受験したい大学の入試時期を確認しておきましょう。

大学を選ぶ際には、自分の目標に向かって努力できる環境かどうかをきちんと見極める必要があります。

また、大学によっては社会人を対象にした入学金免除や、授業料減免などといった嬉しい制度があるので、ぜひ利用したいですね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 勉強のコツ