生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

車のボンネットから煙が出る原因や対処方法を紹介します

2018.4.21

ん?まさかっ!?車のボンネットから煙が出ている?こんなときはいったいどうしたらいいのでしょうか?

車のボンネットから煙が出る原因はどうやらいくつかあるようです。原因として多いのは?

車のボンネットから煙が出てしまったら、落ち着いてこのように行動しましょう。日ごろから車の点検をしておくことで防げるでしょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

江戸時代の食事はどんな物?当時の庶民の食生活はこうだった!

江戸時代の庶民の食生活はどんな様子だったのでしょうか? 今の時代は色々な食べ物があり、コンビニ...

フランスの歴史を簡単説明!フランスの魅力や国民性も紹介

フランスと言えば芸術の国でありおしゃれなブランドの発祥地や世界的に有名な美術館があったり、美しく美味...

東京でのセレブ生活に憧れる!どのような人達がなれるのかを調査

東京に住んでいるセレブに憧れる女性もいらっしゃいますよね。 しかしセレブな生活するには、どのく...

刑務所へ面会に行くには?面会時間や規則などが知りたい!

刑務所での面会は、いつでも誰でもできるものなの? 実は、刑務所にも面会に関する規則があるため、...

引き寄せの法則。ノートに結婚相手の具体的な理想を書こう

引き寄せの法則。信じるものは救われる?願いは叶う? そんなことで、思い通りの人生を歩めたら苦労...

4ナンバー車を車検に出すときの注意点!タイヤは貨物用タイヤを

車を車検に出して安全に走行できるか検査してもらう時、4ナンバーの車を車検に入れる時は装着しているタイ...

軽で高速を走るのは怖い?高速道路も安全運転で走ろう

軽自動車で高速を走るのはなんだか怖い・・という人は多いのではないでしょうか? しかし、なぜ軽だ...

高学歴女性の未婚率が高い理由と未婚から抜け出し結婚する方法

高学歴女性の未婚率が高いのは事実です。容姿端麗で頭脳明晰、すぐにでも結婚相手が見つかりそうなのに未婚...

オートマ車のエンジンブレーキの使い方のコツと注意点

オートマ車に乗っているみなさん、普段エンジンブレーキを使いこなしていますか? エンジンブレーキ...

北半球と南半球での星座の見え方や種類の違いについて説明します

北半球の日本とオーストラリアやニュージーランドのような南半球では、季節が反対になっていることは皆知っ...

イギリスへ食べ物は持ち込み禁止!?持ち込める食べ物もあります

イギリスへ旅行や留学などで訪れる時は、持ち込み禁止の食べ物について調べておくことも大切です。 ...

日本の天皇は世界一の歴史を持つ?その歴史と誕生の謎

日本の天皇は、その長い歴史から世界に類を見ない存在なのです。 海外の著名な王室からも一目置かれ...

原子と分子。知っているようで知らない!違いを考えよう

「原子」や「分子」という単語はよく耳にしていても、その違いをきちんと理解しているでしょうか? ...

車のシガーソケットコンセントでドライヤーは使えるのか!

車のシガーソケットのコンセントを使って、今は携帯の充電ができる時代となりとても便利ですよね。 ...

血液型がab型の人の特徴のウソ・ホントを調べてみた!

4つの血液型で一番少ないab型。でもab型っていろんなことを言われてしまいますよね。 二面性が...

スポンサーリンク

車のボンネットから煙が出る原因とは?

車のボンネットから煙が出るときに考えられる原因は冷却水の減少?

古い車では珍しくないのが冷却水の減少して、オーバーヒートの状態になっている場合です。

ボンネットを開けると冷却水タンクが確認できるはずです。(車種によっては見えにくい位置にあるかもしれません)

緑色やピンク色をした液体が入っています。

このラジエタータンクには「冷却水はここまで入れて下さい」という目印のラインがあります。

煙が出るような状態だと、このタンクが完全に空になっている場合があります。

エンジンオイル漏れをしていると車のボンネットから煙が出ることもある

煙が出るとともに焦げ臭い臭いがしていたら、エンジンオイルが漏れている可能性が濃厚です。

エンジンオイルが漏れ、オイルパンにこぼれて焦げて煙が出るのです。

古い車ではオイルパンを塞ぐゴム製のパッキンの劣化が考えられます。

稀にオイル交換直後に劣化したパッキンから漏れ出ることもあります。

車のボンネットから煙が出たらまずは・・・?

ボンネットから煙が上がった場合、慌てて開けようとするとボンネット自体が高温になっている可能性があるので火傷には注意が必要です。

エンジンオイルが漏れてボンネットから煙がでている場合

焦げ臭い臭いがある場合はエンジンオイル漏れの可能性が高く、オイルパンについたオイルが焦げて煙を発します。

オイル交換時にたまたまこぼれたオイルが焦げているだけであれば、拭き取っておきます。

古い車の場合はパッキンの劣化も含めて修理業者で確認してもらいましょう。

オーバーヒートしている車の場合

ラジエータータンクが空っぽになってオーバーヒートを起こしている場合は、ラジエーター補充液を補充します。

入れる量はタンクに示されたラインまで。

万が一補充液を入手できない状況の場合には、応急処置として水道水を補充して使うこともできます。

ただし、あくまでも応急処置なので後で業者で見てもらいましょう。

オーバーヒートが原因で車のボンネットから煙が出ている場合は?

車に異常を感じたら、すぐに安全な場所まで移動して停車しましょう。

高速道路であれば路肩に駐車し、ハザードランプを点灯して発煙筒や三角表示板などを置きます。

停車したあと路肩に十分な非難スペースが無いと判断したら、車を降りて安全な場所で避難します。

一般道の場合で、可能な状態であれば日陰に停車するほうが望ましいでしょう。

クーラントが空であったり、状態がわからない場合はエンジンを停止しておきます。

ボンネットを開け、風を通してエンジンを冷却しましょう。

対処の仕方がわからない場合は、とりあえず安全な場所に車を停車したらロードサービスに連絡し指示してもらいます。

オーバーヒートの状態で車の走行を続けるのは大変危険です。

それにエンジンが焼き付き、その後の修理で費用が高くなってしまうことが考えられます。

自分で対処できない場合は、早めにロードサービスに連絡し、レッカーによる移動を要請しましょう。

車のボンネットから煙が出る原因のラジエーターの故障は駐車するとわかる?

車について詳しくない人でもボンネットを開けてみると、一目で「コレだ!」とわかるほど湯気が上がっている場合があります。

ラジエーターとは、液体や気体の熱を放熱するための機械やシステム。

冷却水や潤滑油の冷却に使われるケースや、逆に熱源としての利用のために暖房機器で使われるケースがあります。

ラジエーターの本体は、劣化や整備不良のほか、走行中に石などが当たったために損傷する可能性もあります。

ホース類であれば、多くはゴムの劣化が原因でひび割れることがあり、ウオーターポンプから回転部のガタで水が漏れるというトラブルも。

停車中の車から冷却水が漏れ出ていると、車の下に駅だまりになっていることがあるので気を付けてみましょう。

普段、車に乗る人でも計器類やランプを見ていないということも多いでしょう。

時々水温系などに目をやるクセをつけた方がいいかもしれませんね。

車のボンネットから煙が出ている、火が見える場合はすぐに消防署に連絡を

車のボンネットから煙が上がった場合、稀にエンジンルームでの火災の場合もあります。

その原因は、燃料系・電気系・排気系など、ケースバイケース。

煙だけでなく、小さくとも火が見えたらすぐに車から離れて避難しましょう。

車両火災は突然起こることがあります。

ボンネットから煙が上がるのを見たら、最悪の事態も想定して動きましょう。

稀なこととはいえ、消防庁のデータから見ても車両火災は珍しいものではありません。

すぐにエンジンを切り、とにかく早く車から離れましょう。

このとき、キーは車内に残します。

自分で消火しようとボンネットを開けるのは危険ですのでやめましょう。

状況によっては、エンジンルームでくすぶっていた火が大量の空気に触れることで一気に燃え上がることがあるからです。

手元に消火器がある場合に、素早い消火活動を取ることも大切ですが、それには危険が伴います。

すぐに消防署に通報することを忘れないようにしてください。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 知識・雑学のコツ