生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

厚生年金と国民年金の両方払うことがあったときの対処方法

2018.4.21

厚生年金と国民年金の両方払う時期があった場合はどのように対処したらいいのでしょうか?

基本的には、国民年金から厚生年金への切り替えは自動で行われますが、口座から引き落としで支払っている場合や半年、一年単位で支払っている場合は2重に支払ってしまうこともあるようです。

厚生年金と国民年金の仕組みや2重に支払っていたときの対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

近所の子供がうるさくて、迷惑だと感じた時の対処法!

近所の子供の遊んでいる声がうるさくて、迷惑で仕方がない! それが原因でご近所トラブルの原因にな...

専門学校に行きたいけど家計が苦しく、学費が払えない時の対処法

子供が専門学校に行きたいみたいだけど、入学金や授業料が高額で親としては頭を悩ますところ。学費が払えな...

保育園や幼稚園を休ませたい時、こんな理由でOK!

幼稚園や保育園を病気以外で休ませたい場合ありますよね。 そんな時、皆さん理由はどうしているので...

キャリーケースを機内持ち込みするなら何泊分?その目安とは

旅行する時に便利なキャリーケース。その大きさや素材にもいろいろな種類がありますよね。 飛行機に...

窓の防音対策アレコレ、簡単に出来る方法も教えちゃいます

窓の防音対策が騒音には一番効果的! どんな防音工事が出来るのか?自分で出来る防音方法などをご紹...

窓やドアに防音対策!簡単に出来る防音グッズをご紹介!

賃貸物件に住んでいると気になるのは、やはり防音がしっかりなっているかどうかというところ。 出来...

東京の電車のマナーとは?こんなマナー違反はNG!

東京の通勤時や帰宅時の満員電車は過酷!その中でマナーの悪い人は必ずいますよね。 東京の電車マナ...

運転免許証の写真は度ありカラコンはNGって本当!?そのワケは

運転免許証は何年も使用していろいろなことに提示することもあるから、できるだけ写真映りが良い状態であり...

車が故障した時の代車はどうすればいい?万が一の備えも大事!

外出先で突然車が故障して動かなくなった!代車が必要にもなりますし、どうすればいいのか困りますよね。 ...

バイクのウインカーが点滅しない場合の対処法をご紹介します

バイクのウインカーが点灯するのに点滅しない・・・。そんなトラブルが起こった時は、どのように対処すれば...

お通夜に参列していただいたときのお礼やマナーについて

お通夜に参列してくれた人や香典のお礼はメールでも大丈夫なのでしょうか? 親しい人でも、こんなお...

メガネをすると目が小さい!そんな悩みを解消する似合うメガネ

コンタクトを付けいているときに比べると、メガネをしている時の方が目が小さい?感じることはありませんか...

仕事で失敗をしてしまった”最大の失敗談”をご紹介!

仕事で失敗をしてしまった時って、どんな言葉も響かずに落ち込んでしまいますよね。 それがとっても...

郵便局の転送!期間限定することはできる?手続きについて

引っ越しなどで住む家が変わった時に、郵便物が新しい住所に届くように手続きすることが出来ます。 ...

一時停止の標識を変更する!?賛成派反対派の意見をご紹介

東京五輪へ向け、外国人にもわかりやすいように一時停止の標識を変更しようという案が出ているようです。 ...

スポンサーリンク

厚生年金と国民年金、両方払うことはある?

年金には「国民年金」「厚生年金」「共済年金」の3種類があります。この3つのは加入の仕方によって老齢年金や遺族年金などの貰える金額が変わります。

国民年金は、自営業や個人事業主などが入る年金で基礎年金とも言います。厚生年金は、会社に勤めているサラリーマンや会社役員などが入る年金です。共済年金とは、公務員が入る年金です。

厚生年金は国民年金部分と報酬比例部分から成り立っているため、国民年金よりも高額です。

厚生年金に入っているということは国民年金にも加入していることになり、更に国民年金よりも多く支払ってるということになります。そのため、国民年金よりも老齢年金などが多くもらえます。

なお、国民年金よりも多く支払っていると言っても、厚生年金は労働者と会社で折半して払っているため、サラリーマンが実際に払う金額は国民年金よりも安い場合も多いです

厚生年金と国民年金の両方払うことは基本的にはありません

年金には種類がありますが、老後に沢山年金が欲しいからと言って勝手に沢山入れるわけではありません。国民年金か厚生年金のどちらかしか入れません。

雇われて働いていても、バイトやパートで正社員の3/4以下の短時間勤務の労働者は厚生年金に加入できませんので国民年金に加入することになります。

既定の日数や時間以上の勤務をしている場合は、会社が加入している厚生年金に入ります。多くの場合は給料から天引きになっているはずです。

国民年金は全額自己負担ですが、厚生年金は会社が半分支払いをしてくれます。

国民年金に加入していた人が就職した場合、その月から厚生年金になり、一般的には給料から控除されます。

国民年金はまとめて支払いをする制度があるため、厚生年金になった月の国民年金をすでに払っている場合などがあります。その場合、保険料を二重に支払っていることになります。もちろん、就職した月以降の国民年金保険料は還付されますので、心配ありません。

厚生年金と国民年金の両方払う時期があった場合は?

国民年金と厚生年金を二重に支払っている場合は、保険料は還付されます。還付を受けるにはどうしたらいいのか、ご説明します。

二重に払っている人には、就職して1~2か月後に「国民年期保険料過誤納額還付・充当通知書」というものが届きます。2ヶ月経っても届かない場合は、年金事務所に問い合わせて再発行してもらいましょう。

届いた「国民年金保険料還付請求書」に返金希望口座情報を記入し、年金事務所に郵送するか直接行きます。本人が申請する場合は難しい手続きはありませんが、代理人が行う場合は手順があるので注意が必要です。

国民年金保険料還付請求書の手続きがされると、「国庫金振込通知書」というはがきが届きます。振込先金融機関、金額、振込予定日などが記載されていますので、確認しましょう。

なお、「国民年金保険料還付請求書」の提出から返金までは1~2ヶ月かかります。

国民年金から厚生年金に変わるときの手続きとは?

就職して国民年金から厚生年金に変わるための手続きは自分でする必要はありません。会社が厚生年金加入の届け出を出すと、国民年金は自動的に脱退するように手続きされます。

国民年金を口座振替で払っている場合でも国民年金を脱退すると口座登録も解除されるので、口座振替を止めなければいつまでも引き落としされるということはありません。

ただし、手続きしたら即座に口座振替が解除される訳ではなく、手続きに時間がかかってしまうと引き落としされてしまう場合もあります。

万が一、手続きが間に合わなくて引き落としになってしまった場合も返金してもらえるので大丈夫です。

2ヶ月程経つと年金事務所から「国民年金保険料還付請求書」が届きます。この書類に返金を希望する口座番号を記入し返送するか、年金事務所に直接持って行きましょう。

届かない場合や書類を紛失してしまった場合は再度送ってもらうことも出来るので、年金事務所に問い合わせしてください。

なお、返金してもらえる期間は決まっています。国民年金保険料還付請求書が届いた翌日から2年経過すると返金してもらえなくなるので注意が必要です。

還付請求書が届いたら忘れないうちに手続きしてしまいましょう。

厚生年金や国民年金の仕組みとは?会社員と自営業は違う?

公的年金を家に例えると、1階が国民年金で2階が厚生年金というような構造です。

厚生年金は国民年金とプラスαで構成されています。日本の公的年金の主は国民年金で、厚生年金に加入していた人は国民年金とプラスαが貰えるという状態です。

家は1階がないと2階は存在しませんが、年金も国民年金を支給されず厚生年金だけ支給されるということはあり得ません。また、国民年金は基礎年金とも言いますが、基礎年金を受け取るには条件を満たさなければいけません。

つまり、厚生年金に加入している人も、国民年金を受け取るための条件を満たさなければいけないということです。

例えば、高校卒業してすぐに就職して定年まで勤めあげてその間厚生年金に加入している人は心配ありません。

しかし、フリーターだったり無職の期間があった人、自営業の人など、自分で国民年金に加入しなければいけない期間が長かった人は注意が必要です。

厚生年金と違って国民年金は自分で支払いをするので場合によっては支払いしていない期間が存在する人もいます。そういう人は国民年金の加入状況を確認してみましょう。

フリーターや自営業の人は国民年金に加入します。フリーターや自営業の後、就職して厚生年金に入る人、脱サラして自営業を始める人など国民年金と厚生年金に加入するケースも多いです。

例えば、国民年金10年、厚生年金15年加入していた場合は、合計の加入年数が25年なので国民年金を受け取る資格を得られることになります。この場合、25年分の国民年金と15年分の厚生年金が支払われます。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 社会生活のコツ