生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

オートマのマニュアルモードの使い方!こんな時に役に立つ!

2018.4.17

オートマでもマニュアルモードが付いている車が増えてきていますが、その使い方についてはよく知らないという人もまだまだ多いと言われています。

マニュアルモードのメリットとは?みんなはどんな時に使っているの?燃費が良くなるってホント?

オートマのマニュアルモードは本当に便利?その使い方について詳しく説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

採血される時に1回で終えるコツ!受ける側も気を付けたいこと

病院や健康診断の時にされることが多い採血。 採血を受ける側の血管が細かったり、針を入れると血管...

貧乏だから節約するって変!家計簿はつけただけでは意味がない

貧乏って何ですか?貧乏だから節約するの?それとも貧乏にならないために節約するの? 貧乏と節約を...

チャーハンのご飯がべちゃべちゃになってしまう原因はコレ!

チャーハンを作ったけどご飯がべちゃべちゃになり失敗したと思うことはありませんか? せっかくなら...

灯油のホームタンクは水抜きが必要!そのやり方を徹底解説!

灯油ファンヒーターなどのホームタンク、本格的な冬を迎える前に水抜きをしないとファンヒーター本体が故障...

一人暮らしの部屋が実家に近い!?メリットとデメリット

実家の近くに一人暮らしする必要はあるのでしょうか? 学校や職場が近ければ実家から出る必要性を感...

夫と旦那の正しい使い分けについてを説明します!

結婚したら相手をなんて読んだらいいのか悩みますよね。 夫、旦那、主人、など。どの呼び方が正しい...

気持ちをリラックスさせる効果的な方法を紹介!

緊張やストレスから今すぐ脱出したい!そんな時ありますよね? 何をすれば、その時の緊張が和らぐの...

10年住んでいた賃貸物件を退去する時にかかる費用について

10年間住んでいた、賃貸物件を退去する時、退去費用はどの位になるのでしょうか? 大家さんから、...

夏は蒸し暑くなる部屋で、湿度を下げて快適に過ごす方法をご紹介

夏は温度だけでなく部屋の湿度も上がり、蒸し暑くてイヤな気持ちになりますよね・・・。 どうすれば...

小麦粉の保存は密封ケースと冷蔵庫で!常温保存は危険です

開封後の小麦粉はどうやって保存していますか? まさか輪ゴムで止めて常温保存? 実はきちんと密封...

コバエが大量発生して窓が開けられなくなる前にやること

コバエが大量発生していた経験ありませんか?大量に発生していたら窓もあけれない状態になりますよね。 ...

トイレの消臭をしたい!アンモニア臭を消す方法

掃除をしているのにトイレに入ると「アンモニア臭」が気になる事ありませんか? 気になるアンモニア...

友達と遊びに行く高校生の予算は?お金がない時にはコレ!

友達と遊びに行く時、高校生が遊びに使う予算はいくらぐらいなのでしょうか? 同年代のお子さんがい...

クリスマスを盛り上げよう!新婚でもできる料理や工夫について

新婚なら2人の家で初めて過ごすクリスマスですよね。 でも料理を作るのが苦手だったり、どのような...

ホイップクリームの作り方はミキサーなしでも大丈夫!

お菓子作りに欠かせないホイップクリームですが、ハンドミキサーで泡立てるという方が多いと思います。 ...

スポンサーリンク

オートマについているマニュアルモードの基本的な使い方とは?

オートマ車でも、マニュアルモードが付いている車は増えていますね。

フロアMTモードとはなんでしょうか?

ギアをマニュアル操作できる仕組みになっていて、シフトノブの「プラス」や「マイナス」で操作します。

持っている免許がAT限定の場合でも、運転は出来ます。
フロアMTモードを使わなくて、普段の運転に支障が出ることはありません。

ではフロアMTモードはどんな時に使われているのでしょうか?

  • エンジンブレーキを使いたい時
  • 加速や減速を調整したい時

フロアMTモードを使うことで、通常よりも直感的な運転ができるといいます。

エンジンブレーキについて知っておくといいですね。

急な下り坂を通常のドライブモードで走っていると、速度が出過ぎてしまいすね。
また前方の信号が赤なので減速したい時に、惰性でスピードが出ている場合があります。そんなエンジンブレーキが効きにくい時に、使うと便利です。
エンジンブレーキを使うと、燃費の向上にもなり、ブレーキパッドの消耗の抑えることが出来ます。

オートマのマニュアルモードの使い方!坂道で使ってみよう

長い下り坂を車で走るときは、エンジンブレーキを活用しましょう。

下り坂を降りる時は、スピードがでないように何度かブレーキを踏んで調整しますよね。
何度もブレーキを踏むことで、ブレーキに摩擦熱が加わりブレーキが利かなくなるということが起こる可能性があります。

ですので、AT車で下り坂を走行するときドライブモードから、「2」や「L」にギアチェンジしましょう。

ギアチェンジをすると、出過ぎたスピードをおさえることが出来ます。そうすることで、ブレーキを踏む回数が減り滑らかな運転が出来ます。

ギアチェンジ・エンジンブレーキをうまく使いましょう。

では一般の道路ではどうしたら良いのでしょうか。
一般道でもエンジンブレーキをうまく使いましょう。燃費の向上にもなります。
エンジンブレーキを使うと、無駄な燃料の消費の防止になります。

前方をよくみて、信号で止まるような状態ならエンジンブレーキを使って減速します。

オートマのマニュアルモードの使い方!どんなシ―ンで使うべき?

通常の走行は「ATモード」で問題ないと思います。

ですが、カーブの手前や渋滞しそうな場合はエンジンブレーキを使うことをオススメします。

ある車の場合は、4ATより設定が細かくなっています。2・3個落とさないとききが弱いと感じるといいます。
ですが指一本でチョンチョンと動かすことが出来ます。

また別の車に乗っている方は、MTモードが役に立つ!ガチャガチャ操作していると楽しい!と言います。
減速のギアチェンジをやって、ブレーキパッドが消耗するのをおさえているそうです。

ギアチェンジで減速する際には、後続車に注意してくださいという声もあります。

オートマのマニュアルモードでサーキットを走ってみよう

サーキットといえば鈴鹿サーキットや富士スピードウェイなどを想像しますよね。
実は、全長が1kmくらいのミニサーキットもあります。

ミニサーキットなら、現在乗っている愛車でも走行できるそうです。

スピードを出して走行してみたいという人はいますよね。
公道では絶対にムリだし、高速道路でも速度制限はあります。
そんな時はサーキットを走るといいですよ。

サーキットなら対向車はいません。ガードレールや崖などもありません。
危険なイメージがあるかもしれませんが、公道よりも安全だといいます。

サーキット走行は普段しない走行をするわけですから、スピンしたりコースアウトしたりする可能性は高くなってしまうかもしれません。
でも自分と車の限界を超えることがなければ、大丈夫です。

マニュアルモードで運転している場合の注意点

MT車は軽快な走行を楽しみたい人のものというイメージがあるかもしれませんね。
燃費が大事、スポーツ走行には興味がないという人も多いと思います。

MTやATや2ペダルMTのマニュアルモードは、高回転域で走行するものという考えがあるかもしれません。
ですがそれだけではないんです。反対とも言えます。

燃費の為に、マニュアルモードがあれば、マニュアルシフトをオススメします。

このマニュアルモードを活用する走行には注意点があります。

信号前の減速などで、マニュアルモードにした場合変速したことを忘れてしまうことがあります。
ギアが低いまま発進することになります。またそのまましばらく気が付かないで走行していたなんてこともききます。
それではエコドライブの意味がなくなってしまいますね。

ギアチェンジもオススメの走行方法ですが、変速したことを忘れない運転をこころ掛けて下さいね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ