生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

メガネのフレームが色落ちする原因や対処法をご紹介します

2018.4.16

メガネのフレームが色落ちしてしまうことがありますよね。

どうして色落ちしてしまうのでしょうか?色落ちしてしまった場合の対処法は?

気になるあれこれを調べてみました!

長く使う為にも、日頃から手入れはきちんとしてあげてくださいね♪

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夏は蒸し暑くなる部屋で、湿度を下げて快適に過ごす方法をご紹介

夏は温度だけでなく部屋の湿度も上がり、蒸し暑くてイヤな気持ちになりますよね・・・。 どうすれば...

ワンピースとドレスは何が違うの?フォーマルとカジュアルの違い

ワンピースが好きで、普段からワンピースを着ているという女性もいますよね。 それがドレスになると...

暖房による部屋の乾燥、喉が痛む前に今すぐできること!

寒くなるとエアコンやストーブを付けますが、暖房に気をとられて乾燥対策を怠っていませんか? 乾燥...

食パンとマヨネーズは相性抜群!のせて焼くだけ簡単レシピ

マヨネーズは、肉も野菜も魚介類もいろんな食べ物との相性がすごく良いですよね! 私もマヨネーズが...

春は風が強いのはなぜ?実は秋よりも強風の日が多い!

風が強いと言えば秋や冬の寒い季節を想像すると思います。 ですが実際には強い風が吹くことが多い季節良...

料理を失敗したら捨てる?でも実際に捨てちゃう人は少数派!

私もつくり慣れた料理でも失敗する時がありますし、新しい料理に挑戦した時も大失敗する事が良くあります。...

車のフロントなどの雪かきはどうやる?傷つけたくない方必見です

雪が車に積もると、車の雪下ろしが必要ですよね。 フロントの雪かきは、氷を無理に取ろうとすると傷...

夏に長ズボンは暑い!?少しでも快適に過ごせる工夫をご紹介

夏に長ズボンは暑い!と敬遠していませんか? 照り返しが強いアスファルトの上では、意外に長ズボン...

お風呂に入らないで寝るリスクとは?寝る前のバスタイムは大事!

「仕事で疲れてお風呂に入るのが面倒だし、今日はいいか!」とお風呂に入らないで寝ることもあるでしょう。...

栄養豊富な鯖缶の味噌煮、そのまま食べるだけじゃもったいない

味噌煮の鯖缶は長期保存ができて、ちょっと1品が足りない時などにも活躍する食材です。 常に数個は...

失敗しないハンバーグ作り!肉汁逃さないゼラチンがポイント

ハンバーグは簡単なようで、上手に焼くのが難しい料理ですよね。肉汁が逃げてパサパサになってしまうのはあ...

塩を風呂に入れるとさびの原因になる?注意が必要な点はココ

塩を風呂に入れて発汗効果を促す入浴方法が今話題ですよね。 でもこれってさびの原因にならないのか...

No Image

雨の日の釣りはアジが釣れるのかメリットや注意点とは

雨の日に釣りをするという人も多いかもしれませんが、アジも雨の日に釣ることができるのでしょうか? ...

部屋へ虫を侵入させない!防ぐ方法は網戸の張替やスプレーで!

部屋に虫が侵入してくる!暑さに加えて虫にもイライラする季節がやってきました。 虫が入ってくる場...

住民票の移動が必要な理由とは?手続きしないと罰金の可能性も

引越しをすると色々な手続きが必要になるため、とても面倒に感じますよね。 住民票の移動もしなければな...

スポンサーリンク

メガネのフレームが色落ちする場合に考えられる原因

メガネのフレームが気が付けば色落ちしていることがありますよね。金属系のフレームよりも、プラスチックフレーム(セルフレーム)の方が色落ちしやすいようです。

どうして色落ちしてしまうのかと言うと、汗によるフレームの劣化、整髪料の付着、皮脂の付着などが挙げられるでしょう。

整髪料をいつも使っている人の場合は特に、色落ちが早いと感じていることでしょう。こういった理由で色落ちした場合には、研磨をしなくてはいけません。この際には、色落ちしていない部分まで削らなくてはいけなくなってしまい、若干元のフレームとは形が変わってしまうこともあります。

その他にも、お湯がかかったことによって色落ちしているケースもあります。メガネをかけたままお風呂に入る人もいるようですが、フレームが変色してしまう危険性がありますのでやめておいた方が良いでしょう。一度色が変色してしまうと、洗っても元に戻ることはありません。

また、蝶番などに金属が使用されており、そこのサビを取り除こうとして除光液などを使う方がいるようです。しかし、その除光液がフレームに付いてしまって、色落ちしてしまう可能性もあるのです。

こういった場合も、もう研磨するしか対処法は無くなってしまいます。

メガネフレームが白く色落ちしてしまった場合の対処法

研磨剤が入った歯磨き粉で色落ちしたメガネのフレームを磨く

メガネのフレームが白く変色した場合は、表面を削って落とすしかありません。そこでおすすめなのが、研磨剤入りの歯磨き粉です。

これを指につけ、優しく擦ってください。白く変色した部分が落ちてきたようであれば、クロスなどを使って丁寧に磨きましょう。

その後は水で濡らしたクロスなどで歯磨き粉をふき取って、最後は乾いた布で水気もしっかりと拭きます。ここで水分の拭き取りが不十分だと、そこからまた白く変色してしまう可能性がありますので気を付けましょう。

色落ちしたメガネのフレームをサンドペーパーで磨く

歯磨き粉でも効果を感じられない場合は、更に強く磨く為にサンドペーパーを使用してみましょう。ホームセンターなどで購入可能です。色々な種類があり迷うかと思いますが、一番目の細かいものを選ぶようにしてください。

サンドペーパーを使用する際にもまずは歯磨き粉を付け、その上から優しく磨きます。あまり強く擦ると他の部分が削れてしまう可能性がありますので、優しく丁寧に磨いてあげてください。

メガネフレームの色落ちを補修する時には、車用の補修ペンがおすすめ?

人と話す時は目を合わせますし、目の周りってよく視界に入る部分なんですよね。なのに、メガネのフレームが色落ちしていたら恥ずかしい!だから、メガネを新調しようと思ったんです。でも、選びに行っても買いたいと思うのは結局いつもと同じようなメガネ。なんだかそれもつまらないなと感じて、結局買いませんでした。

そこで、直せるものなら直した方が早いんじゃないか!と思いました。私が使っているメガネのフレームは、金属で出来ています。だから、直す際に必要な条件として以下のことをあげました。

  • 金属でも塗れるもの
  • 塗った後にはがれにくいもの(耐久性がある)
  • 油性
  • 簡単に出来る

ちょっと条件が厳しかったかな?と思ったのですが、探してみれば見つかりましたよ!

それはなんと、車用の補修ペンでした。私は車を持っていないので、こういったものがあるのを知らなかったのですが、車の引っかき傷などに使うペンのようです。

確かに考えてみると、車を塗装する際にも耐久性が必要なもの、雨にも負けないもの、金属でも塗れるものが必要になりますもんね。まさに、私が求めていた条件です!しかもペンのようになっていて、塗装も簡単!

現時点で塗装してから1週間たっておりますが、今のところは塗装も剥げていませんし良い感じです。是非皆さんも、使ってみてはいかがでしょうか。

メガネフレームにも寿命があります

メガネの枠組みとして無くてはならないフレームですが、もちろん寿命はあります。値段の安いプラスチック素材の場合なんかは、もって3年くらいでしょう。

色落ちや傷が気になった場合には、交換することになります。やはり、素材や仕立てが良いフレームの場合はその分値段も高くなりますが、きちんとメンテナンスをしていれば10年くらい使うことも可能です。

使う頻度が多いと、どんなフレームでもその分歪んできたり広がってきたりするものです。長く使えるフレームを使っている場合でも、デザインが古いと感じてきたり、色落ちなどの経年劣化がある場合には、フレームの替え時かもしれません。

フレームを踏んで割ってしまったなんてことはないように、お気を付けください。

また、定期的にメガネの度数を測りにいって、自分の視力に合ったものに調整するようにしてくださいね。メガネというのは結構繊細なものなので、大切に扱う必要があります。メガネが無いと生活に支障が出るという人も多くいるかと思います。

なるべく長く使用して、メガネライフを楽しんでください。

日頃からメガネのお手入れをして、長く使いましょう

気付いたらメガネが汚れていた・・・。なんてことも多いかと思います。ホコリや花粉、皮脂、汗、化粧品などでメガネは知らず知らずのうちに汚れていきます。その為、長く使うには定期的にメンテナンスをする必要があるのです。

水でメガネの汚れを洗う

まずは、水でメガネについている汚れを落とします。この時にお湯を使ってしまうと、レンズのコーティングまで剥がしてしまう可能性があるので、必ず水で洗いましょう。
もし汚れの原因が皮脂や化粧品の場合には、水で薄めた中性洗剤を指につけて軽く擦ってください。汚れが落ちたら、水でキレイに洗い流しましょう。

メガネを柔らかい布で拭く

水で洗い流した後は、メガネ拭きやマイクロファイバーなどの柔らかい布を使ってメガネを拭いてください。水で洗う前の汚れが付着した状態で拭いてしまったり、目の粗い布で拭いてしまうとレンズが傷ついてしまう危険性があるので要注意です。

メガネを保管する際は、正しくたたむ

基本的にメガネは、左側からたたむものとなっています。右からたたんでしまうとバランスが悪くなってしまって、レンズが傷ついてしまう可能性もありますのでご注意を。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ